Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

心が叫びたがってるんだキャストとあらすじ!映画試写会や舞台挨拶情報も

  • Writer :
  • リョータ

日本中を感動の渦に巻き込んだ、大人気アニメが待望の実写化!

歌の仲間との出会いが奇跡を起こす青春共感ムービー『心が叫びたがってるんだ。』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『心が叫びたがってるんだ。』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
熊澤尚人

【キャスト】
中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎、荒川良々、大塚寧々

【作品概要】
2015年に公開され、大ヒットを記録したオリジナル長編アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』を、『君に届け』や『近キョリ恋愛』などの様々な青春映画をヒットさせてきた熊澤尚人監督がメガホンを取り待望の実写化。

主演には“Sexy Zone”として大人気を誇る中島健人さん、共演にはNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で一気にブレイクを果たした芳根京子さん、さらには石井杏奈さん、寛一郎さんなど、フレッシュな若手俳優が集結している。

2.映画『心が叫びたがってるんだ。』のキャスト一覧


(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ

坂上 拓実 / 中島健人

2011年に結成されたアイドルグループ“Sexy Zone”のメンバーとして大人気を誇っている中島健人さん。

俳優としては、2008年の日本テレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』で連続ドラマ初出演を果たしました。

その後も『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』(2009)、『大切なことはすべて君が教えてくれた』(2011)、『生まれる。』(2011)、『家族のうた』(2012)などに次々と出演。

2013年には日本テレビドラマ『BAD BOYS J』ど連続ドラマ初主演を務め、同年に『版劇場版BAD BOYS J 〜最後に守るもの〜』で映画初出演・初主演を飾ることに。

移行も映画『銀の匙 Silver Spoon』や、ドラマ版&劇場版『黒崎君の言いなりになんかならない』でも主演を務めるなど、アイドルとしてのみならず、俳優としても評価を高めていますね。

そんな中島健人ささんが本作で演じるのは、コミュニケーションが苦手な本音を言えない少年・坂上拓実。

中島健人さんご本人はこの作品の印象を…

トラウマで言葉を封印してしまった少女(成瀬順)と本音を言わない物静かな青年(坂上拓実)が「心に閉じ込めてしまった本当の気持ち」を、ミュージカルを通して伝える姿に感銘を受け、演劇をやりたい順の心の言葉に拓実がメロディーを添えたことによって順が変わっていく姿に心を打たれました。
(公式サイトより引用)

…と、語っておられます。拓実によって順がどう変わり、その姿を見た拓実自身はどのような反応を見せていくのか…その辺りが注目ポイントになりそうですね!

成瀬 順 / 芳根京子

東京都出身で1997年2月28日生まれ(現在20歳)の芳根京子さんが女優としてデビューを果たしたのは、2013年のフジテレビドラマ『ラスト♡シンデレラ』。

同年、フジテレビドラマ『リーガル・ハイ スペシャル』や日本テレビドラマ『仮面ティーチャー』にも出演しました。

翌2014年は芳根さんにとって転機の年となり、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で朝ドラデビュー、さらには『物置のピアノ』で映画でデビューを果たします。

その他にも、フジテレビドラマ『探偵の探偵』、TBSドラマ『表参道高校合唱部!』、映画『幕が上がる』、『先輩と彼女』などの話題作に出演。

2016年はさらなる飛躍の年となり、映画『64 -ロクヨン- 前編・後編』で主要キャストを演じた他、なんといってもNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン・坂東すみれ役に抜擢されたことでしょう。

ここから一気にブレイクを果たし、2017年にはTBS日曜劇場『小さな巨人』でもメインキャストとして名を連ねるなど、今大注目の若手女優さんの一人として各方面から期待を寄せられています。

そんな芳根京子さんが本作で演じるのは、話すと腹痛を起こしてしまう言葉を封印されてしまった少女・成瀬順。

この“成瀬順”というキャラクターについてご本人は…

私自身も昔から言いたいことを言えるタイプではなかったので、“成瀬順”というキャラクターに共感する部分も多く、彼女を演じさせていただくことをとても光栄に思います。
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。このような難役をどう表現して見せてくれるのか、最近めきめき力をつけている芳根京子さんだけに非常に期待が持てますね!

仁藤 菜月 / 石井杏奈

1998年7月11日生まれで現在18歳の石井杏奈さんは、E-girlsのパフォーマーとして大人気を博しています。

2010年に『ニコ☆プチ』のモデルとしてデビューを果たしていまいましたが、翌年「VOCAL BATTLE AUDITION 3 〜For Girls〜」で見事を合格し、E-girlsのメンバーとして抜擢されることに。

女優としては、2012年の日本テレビドラマ『私立バカレア高校』でデビュー。同年には『劇場版 私立バカレア高校』で映画初出演を果たします。

2015年には映画『ソロモンの偽証』の他、初主演を務めた『ガールズ・ステップ』など、女優としても評価を高めた1年になりました。

その後もTBS日曜劇場『仰げば尊し』(2016)、映画『世界から猫が消えたなら』(2016)、『四月は君の嘘』(2016)などの話題作に出演し続けていますね。

本作で石井杏奈さんが演じることになるのは、恋に悩むチアリーダー部の優等生である仁藤菜月。

ダンスはお手の物である石井さんなだけに、どんなパフォーマンスを披露してくれるのかが楽しみですね!

田崎 大樹 / 寛一郎

俳優・佐藤浩市さんの息子である寛一郎(かんいちろう)さんは、1996年8月16日生まれで現在20歳。

当初は廣木隆一監督の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017年9月23日から全国公開予定)で、俳優デビューを飾ると報道されていましたが、どうやら本作の方が一足早いようですね。

演じることになるのはヒジを故障し、やさぐれてしまった野球部の元エースである田崎大樹。

本作に挑むにあったてご本人は…

言いたいことが言えないこの世の中、僕自身も心が叫びたがっています。
多分、皆さんも何かしら心が叫びたがっているのではないでしょうか。
若者のトラウマを克服する青春群像劇。
僕も、この映画と一緒に成長していきたいです。同世代の方に、是非観ていただきたいです!
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。三國連太郎さんの孫にあたり、佐藤浩市さんの息子であるという最強のDNAの持ち主・寛一郎さんが、どんな演技を見せてくれるのか…要注目です!

城嶋 一基 / 荒川良々

松尾スズキさんが主宰する「大人計画」所属の超個性派俳優・荒川良々(あらかわ よしよし)さん。

一度見たら決して忘れることの出来ないその独特の風貌と、誰も真似な出来ない演技でドラマや映画(CMにも!)に引っ張りだこの存在ですよね。

特に宮藤官九郎作品には欠かせない存在ですが、そんな荒川良々さんが今回演じるのが教師の城嶋一基ということで…

ま、まさか!自分がまっとうな教師をやるとは!
…思えば遠くへきたもんだ…
(公式サイトより引用)

…と、ご本人も驚きのコメントを残されています。こういったあまりクセの強くない役柄は珍しいとは思いますが、荒川さんがどのように表現してくれるのかに注目が集まっていますね!

成瀬 泉 / 大塚寧々

1988年にモデルとしてデビューした大塚寧々さんは、1992年にフジテレビドラマ『君のためにできること』で女優としてドラマ初出演を果たします。

その後もフジテレビドラマ『HERO』(2001)や『Dr.コトー診療所』シリーズなど、話題作に次々と名を連ねることに。

最近でも『残念な夫。』(2015)や『怪盗 山猫』(2016)、『カインとアベル』などに出演し、存在感を発揮していますね。

そんな大塚寧々さんが本作で演じているのは、順(芳根京子)の母である成瀬泉。

このキャラクターについてご本人は…

私が演じる泉も、芳根京子さん演じる、娘・順へ愛情をきちんと伝えられず、長い間、葛藤を続けています。
(公式サイトより引用)

…と、述べられており、その葛藤をどう表現しているのかを注目して見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

3.映画『心が叫びたがってるんだ。』のあらすじ


(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ

人とコミュニケーションを取るのが苦手で、いつも本音を心の奥底に仕舞い込んでいた少年・坂上拓実。

彼が高校3年生になったある日、担任の教師から「地域ふれあい交流会」(通称・ふれ交)の実行委員に任命されてしまいます。

その時一緒に任命されたのは、他人と話そうとすると腹痛を起こしてしまう少女・成瀬順。

幼い頃に起こったある出来事がきっかけで、言葉を封印されてしまったのです。

さらに、クラスメイトの仁藤菜月、田崎大樹も加わりましたが、4人には何も接点がありません。

そして、菜月が恋に悩んでいるように、野球部の元エースだった大樹もまたケガのためにやさぐれてしまっており、4人が4人とも心に傷を抱えていたのです。

その後、ふれ交の出し物がミュージカルに決定すると、クラスの誰もが全く乗り気でなくなってしまいます。

しかし、拓実は順とふれあっていくうちに、彼女の秘密を知り、「歌なら大丈夫かもしれない」と希望を抱き始めるのです。

その思いに応えようと、順は自らの心の奥底にずっと閉じ込めて来た想いを、歌で表現しようとするのですが…。

果たして、このミュージカルは成功するのでしょうか…?

そして、4人はそれぞれの心に秘めた思いを、声に出して叫ぶことが出来るのでしょうか…?

4.映画『心が叫びたがってるんだ。』公開はいつから?


(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ

映画『心が叫びたがってるんだ。』の劇場公開は2017年7月22日(土)よりスタートすることがすでに決定しています。

前売券や劇場情報については現時点(2017年5月12日現在)では発表されておりません。

おそらくですが、2015年9月19日に公開されたアニメ映画版『心が叫びたがってるんだ。』と同規模(もしくはそれよりも多少の拡大をして)になろうかと思われますね。

第39回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品にも輝いたアニメ映画版は、興行収入が10億円超えと、原作なしのオリジナル作品としては異例の大ヒットを記録したこともあり、実写版である本作への期待も高まるばかり。

しかし、最近では必ずしもアニメの実写化を良しとする風潮ではなくなってきているという点も加味すると、相当なクオリティでないとかなり厳しいかもしれません。

ただ、監督の熊澤尚人さん『君に届け』や『近キョリ恋愛』などで十分な実績を持つ方ですので、実写化する上での設定変更を含め、違和感のない作品に仕上げてきているとほ思いますので、果たしてどんな結果を残すのか…非常に興味深いですね!

スポンサーリンク

5.映画『心が叫びたがってるんだ。』試写会はある?

※映画『心が叫びたがってるんだ。』の試写会は、現在の所予定されておりません。新たな発表があり次第、随時更新してまいります。

6.まとめ

大ヒットを記録したアニメーション映画『心が叫びたがってるんだ。』がついに実写映画としてお披露目される日が迫ってきましたね!

中島健人さんや芳根京子さんをはじめとしたキャストも、フレッシュかつ将来有望な若手俳優が勢揃いしており、かなり期待が持てるものとなっています。

そんな注目の映画『心が叫びたがってるんだ。』は、2017年7月22日(土)により劇場公開が始まります。ぜひ劇場で感動の青春共感ムービーをご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ミは未来のミ』感想レビューと評価。磯部鉄平×櫻井保幸が映画祭で話題を集めた“未来に進む不安と意義”の描写力

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開! 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざま …

ヒューマンドラマ映画

映画『修道士は沈黙する』あらすじとキャスト。予告ビジュアル解禁!

映画『修道士は沈黙する』は、2018年3月17日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー公開です。 各国の一流俳優が豪華共演し、イタリアの鬼才ロベルト・アンドーが作り上げたスタ …

ヒューマンドラマ映画

君の膵臓をたべたいキャストとあらすじ!映画試写会情報も

誰もが想像できない結末と、タイトルに隠された本当の意味を知った時、あなたは必ず涙する ― 。 住野よるさんによる同名ベストセラー小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』をご紹介します。 スポンサーリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『止められるか、俺たちを』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

反骨精神の塊で型にとらわれない伝説の映画監督・若松孝二と、そのもとに集まった若き才能たち。 男だらけのピンク映画の世界で夢に向かって戦った実在の女性助監督・吉積めぐみを通して、ひたすら熱かった時代の映 …

ヒューマンドラマ映画

原田美枝子映画『愛を乞うひと』ネタバレあらすじと感想。演技派女優が可能にさせた対照的な性格の母親二役

傷みを伴う過去と、自分の知らない事実と向き合う映画『愛を乞うひと』 幼い時に台湾人で優しい父親を病気で亡くし、その後実母から凄惨な虐待を受けた少女が17歳になったとき、惨めで壮絶な暮らしと母親を捨てて …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学