Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/20
Update

映画『タロウのバカ』あらすじとキャスト。大森立嗣監督が15年温め続けた集大成的な作品のビジュアル解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』は、今秋、テアトル新宿ほかにて公開!


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

大森立嗣監督が、15年余り温めてきた自身の脚本よるオリジナル作品となる『タロウのバカ』。

映画のティザービジュアルと、出演者の情報が解禁となったのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』のティザービジュアル


(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

解禁になったビジュアルには、パンダとウサギとハトらしき覆面をした3人の少年が佇んでいます。

すでに発表済みの主演YOSHI(ヨシ)を含め、菅田将暉、太賀の顔は見えません。

不穏な空気が漂う3人の少年。少年の手には鉄パイプや拳銃らしき物が見えます。

そもそも彼らは何者なのか?ただならぬ事態が巻き起こりそうな予感が伝わってくるビジュアルです。

“世界を壊し 常識を覆す 3人の少年を 目撃せよ”とキャッチコピーにはあります。

彼ら3人が何やら大きなことをしでかすのではないかという含みを持たせていますね。

彼らが覆面をして武装することにも何か意味があるのではないでしょうか。

大森立嗣監督の渾身の一作『タロウのバカ』

参考映像:『日日是好日』(2018)

日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの監督を務めた大森立嗣監督が次に手掛けたのは彼のオリジナル脚本作品。

大森立嗣監督が15年前から温めてきたもので、ここ最近の彼の監督作品とは真逆のイメージに振り切った集大成的な作品です。

この作品は、生まれてから一度も学校へ行ったことがない少年タロウの物語

俗世間と全く縁のない生活を送ってきた彼が、年上の少年2人と出会い始めて「世界」を知ることでどうなっていくのか…という内容です。

主役は新人の15歳

主人公タロウ役にはYOSHI。オフ・ホワイト、ヘルムート・ラング、X-GIRL、NIKEなどの世界的なファッションブランドのモデルとして活躍していました。

「Forbes JAPAN」が実施した次代を担う30歳未満の革新者の1人として選出されています。

“異端児”と言われているYOSHIは大森立嗣監督が今回の映画のためにオーディションした300人以上の候補者の中から大抜擢した人物です。

撮影当時若干15歳だったYOSHI。初めての演技ながら菅田将暉と太賀と堂々と渡り合い、鮮烈な映画デビューを果たしました。

YOSHI自身の自由奔放なキャラクターとも重なる“タロウ”は、唯一無二の存在としてスクリーンで輝きを放っています。

共演は実力派の2人

(C)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会

タロウに慕われるエージ役には菅田将暉。2009年の『仮面ライダーW』で映像デビュー以来、数々の話題作に出演。

現在彼を見ない日はないというくらい、映画・CM・テレビドラマに引っ張りだこですが、人気だけではなりません。

2013年の『共喰い』で日本アカデミー賞新人賞を受賞、その後の作品でも日本映画プロフェッショナル大賞や映画評論家大賞報知映画賞など数々の賞を受賞し実力も兼ね備えた若手俳優の1人です。

エージとともにタロウに慕われるスギオ役にはドラマ『ゆとりですがなにか』で山岸ひろむを演じて脚光を浴びた太賀。


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

日本が世界に誇る映画監督の是枝裕和が、エグゼクティブプロデューサーを務めたオムニバス作品『十年Ten Years Japan』の1作品『美しい国』で主役を務めました。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『町田君の世界』など、出演作も続々と控えています。

第6回TAMA映画賞では今回共演した菅田将暉とともに最優秀新進男優賞を受賞しています。

映画の内容とともにYOSHIの今後の活躍が期待されますね

スポンサーリンク

映画『タロウのバカ』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
大森立嗣

【キャスト】
YOSHI、菅田将暉、太賀

【作品概要】
『日日是好日』(2018)で報知映画賞監督賞を受賞した大森立嗣監督の最新作。

学校に一度も行ったことのない少年タロウの物語で、大森立嗣監督のオリジナル脚本作品です。

主演を務めるのは300人の候補者から大抜擢されたYOSHI。演技経験が全くないため、今回の作品がはじめての映像作品出演となります。

タロウに慕われるエージ役には菅田将暉。『セトウツミ』以来2度目の大森立嗣監督作品です。

エージとともにタロウに慕われるスギオ役にはドラマ『ゆとりですがなにか』で山岸ひろむを演じて脚光を浴びた太賀。

映画『タロウのバカ』のあらすじ

主人公は少年タロウ。

彼は生まれてから一度も学校に行ったことがありません。自分の年齢すら知りません。

母親、家族、社会。タロウは誰からも振り向かれません。それでも自由に生きています。

そんなタロウは年上の少年エージ、スギオと出会い、初めて「世界」を知ることになるのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

『日日是好日』や『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』「まほろ駅前」シリーズなどのヒューマンドラマ作品を手がけることが多かった大森立嗣監督。

最新作の『タロウのバカ』はそれまでとは真逆の“超過激な問題作”と言います。

主演は映画初出演のYOSHIと話題性は十分ですがそれ以上に、彼と共演するのは菅田将暉と太賀という日本映画界を牽引する実力派の2人です。

タロウに慕われ、共に行動するエージに菅田将暉、スギオに太賀が扮していますが、彼らの役柄はまだ詳しくは明らかにされていません。

公開が今秋ということで、映画の速報が待ち遠しいですね!

大森立嗣監督渾身のオリジナル脚本による『タロウのバカ』は今秋、テアトル新宿ほかで公開します!

大森立嗣監督映画『タロウのバカ』の最新情報は追って、当サイトでご紹介いたします。

関連記事

新作映画ニュース

谷川俊太郎がイゾール・ミュルトリエを絶賛!映画『アマンダと僕』公開日と予告編・本ビジュアル解禁

映画『アマンダと僕』公開日は2019年6月22日(土)! © 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA 第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジッ …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント限定20名『世界が愛した料理人』三ツ星シェフのバスク料理を満喫【エネコ東京9/19】

スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリー。 映画『世界が愛し …

新作映画ニュース

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』あらすじ。シネマートにて公開決定!

男たちの悲哀に満ちたストーリーと壮絶なアクションシーンに心を揺さぶられる歴史大作! 韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定しまし …

新作映画ニュース

イーストウッド演じる実在の主人公アールに共感の声続出!映画『運び屋』は俳優・監督人生の集大成

ひとりの老人がイーストウッドの心を動かした 2019年3月8日(金)に全国ロードショーされ、大ヒットしているクリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』。 俳優クリント・イーストウッドが自身の監 …

新作映画ニュース

イーストウッド出演映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじ。日本公開日と上映館情報も

STAR CHANNEL MOVIES作品『Sad Hill Unearthed(英題)』日本公開&邦題決定! 2017年東京国際映画祭で話題沸騰、強烈な爪痕を残した ドキュメンタリー映画『Sad H …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP