Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/01/11
Update

映画『秘密への招待状』あらすじ感想と評価。アフターウェディングのリメイクをジュリアン・ムーアが熱演

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『秘密への招待状』はTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー

映画『秘密への招待状』は、デンマークの名監督スサンネ・ビアによる映画『アフターウェディング』のハリウッドのリメイク作品です。

女優ジュリアン・ムーアと夫で監督のバート・フレインドリッチが共同で製作を務め、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ビリー・クラダップという豪華キャストが出演しています。

スポンサーリンク

映画『秘密への招待状』の作品情報


(C)ATW DISTRO, LLC 2019

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
バート・フレインドリッチ

【キャスト】
ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ビリー・クラダップ、アビー・クイン

【作品概要】
本作の企画として最初に動いたのはプロデューサーのジョエル・B・マイケルズでした。

スサンネ・ビアの『アフターウェディング』の物語の力強さに圧倒され、デンマークの映画会社からリメイクの権利を得るためにほかの多数の映像会社との競争の末、2007年に権利を獲得したのです。

そして初期段階の脚本が完成してからじっくりと時間をかけ本作にふさわしい監督を探し続けました。監督が決まったのは2016年、同じく本作の魅力を十分に理解したバート・フレインドリッチが就任しています。

バート監督とジョエルは共に本作を「人間の弱さと生きていく上で関係を築いてゆく人々からもらう喜びについて描いた物語」にするために話し合いを重ね、完成させました。

スサンネ・ビアの『アフターウェディング』に感銘を受けていたジュリアン・ムーアは、夫のバートが脚本を完成させた段階で出演を決意しました。

また、登場人物たちや彼らに関する洞察など、アドバイスをすることで本作をより深いヒューマンドラマ作品として完成させる役割を担っていました。

ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ビリー・クラダップら実力派俳優が名を連ねる中で重要な役である娘のグレイスを演じたのは、アビー・クインです。

グレタ・ガーヴィグ監督『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』ではアニー・モフェット役を演じています。

今回はオーディションでグレイス役を獲得しましたが、その演技力は、キャスティング前からジュリアン・ムーアのお墨付きでした。

映画『秘密への招待状』のあらすじ


(C)ATW DISTRO, LLC 2019

インドで孤児院を経営するイザベラは資金不足のため経営難を感じていました。

そこにニューヨークの実業家であるテレサから、多額の支援の申し出が届きます。条件はニューヨークに一度来て直接話すこと。

ニューヨークへ向かったイザベラはテレサの娘の結婚式に招待されます。

気乗りしないまま寄付金のために向かった式でテレサの夫のオスカーが、かつてやむを得ない事情で別れたイザベラの元恋人だったことに気づいてしまいました。

そして、娘が自分とオスカーとの子どもではないかということにも気がついたイザベラは動揺を隠せず式を逃げ出そうとします。

スポンサーリンク

映画『秘密への招待状』の感想と評価


(C)ATW DISTRO, LLC 2019

オリジナル版を好きな人へのススメ

オリジナル作品に根強いファンが多いだろう本作は、実力派の俳優たちの熱のこもった演技と無駄のない展開によって新しい映画へと生まれ変わりました。

オリジナル作品が好きな人はどうしても比べてしまって違うと思ってしまう箇所は多々あるはずです。

静かな中に突然感情が爆発するような演出や、回想シーンを用いない作風はスサンネ・ビア監督ならではのものです。

そのあたりはかなり違うのと、主人公ふたりが男性ではなく女性になっていることによってギャップを感じるかもしれません

本映画は、きちんとしたハリウッドリメイクとしては大衆に受け入れられやすい映画でしょう。

しかし、オリジナルを好きな人はまったく別の作品として、俳優陣の演技やニューヨークの街並みなど画のダイナミックさを楽しみに鑑賞することをお勧めします。

ニューヨークの華やかさと俳優陣の熱演

本作は、母と娘、父と娘、夫婦やかつての恋人など、様々な関係性の中でそれぞれの揺れ動く心境を豊かに描いています

ストーリーを知っていても感情的なシーンでは目頭が熱くなってしまいました。ミシェル・ウィリアムズとジュリアン・ムーアの感情のぶつかり合いが見事です。

夫役を演じたビリー・クラダップの控えめでありながらも深い愛情を娘に伝えるシーンは心をとても強く打つものでした。

血の繋がりがなくても家族の絆の強さや、愛情の深さを感じられる物語になっています

また、ニューヨークが舞台となったことで映画全体の華やかさも本作の魅力のひとつ。

主人公家族の邸宅に著名な造園デザイナーの自宅が使われていたり、様々なシーンで登場するいくつかのカフェもお洒落です。

一番印象的だったのはミシェル・ウィリアムズ演じるイザベルが宿泊するホテルからの景色です。

物思いにふけるイザベラを包み込むような壮大な空や雲の美しさはスクリーンに映えること間違いありません

まとめ


(C)ATW DISTRO, LLC 2019

本作は、ストーリーに関してはなるべく何の情報も入れずフラットな状態で観に行くことをお勧めします

ポスターとあらすじだけで観に行っても良いかもしれません。結婚式のあとに巻き起こるドラマティックで思いがけない展開に涙を誘われるでしょう。

『秘密への招待状』は2021年2月TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『祈りのちから』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたには、本当の自分に戻れる「場所」がありますか。心を解き放つ、そんな「空間」はあるでしょうか。 この映画の原題は、War Room(ウォー・ルーム)。「戦いの部屋」です。 人生、何と戦うかは人それ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルビノの木』あらすじと感想レビュー!ロケ地紹介も

自然と人間の関係を真摯に見つめ直した金子雅和監督の『アルビノの木』は、農作物を喰い荒らす害獣駆除に従事する若者が、山に生きる人たちにとって、長きにわたって特別な存在として敬ってきた一頭の白鹿を撃つため …

ヒューマンドラマ映画

映画『シアター・プノンペン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アジアの若手女性の監督ソト・クォーリーカーが自国の歴史に向き合った作品『シアター・プノンペン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シアター・プノンペン』の作品情報映画『シアター・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』感想とレビュー評価。リメイクでも描かれたのは普遍性のある2人の絆

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は2019年12月20日(金)よりロードショー! 大富豪ながら体に大きなハンディキャップを負い心に傷を持つ男と、スラム街出身で完全に運に見放された男。そんな二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『高崎グラフィティ。』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

地方都市を舞台にリアルで甘酸っぱい青春模様を描いた映画『高崎グラフィティ』。 ワケありで将来に悩みを抱える卒業間近の高三男女5人の3日間の触れ合いと、一瞬の輝きを切り取った王道的な青春映画です。 商業 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学