Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/02
Update

映画『summer of 85』あらすじ感想と解説評価。フランソワ・オゾン最新作は80年代の楽曲にのせて“少年のひと夏の初恋”を描く

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『summer of 85』は2021年8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次ロードショー。

『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』(2018)で第69回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞し、三大映画祭の常連監督であるフランソワ・オゾン監督による最新作です。

1985年フランスを舞台に、初めての恋と永遠の別れを知った16歳の少年のひと夏の青春物語となっています。

1980年代ミュージックと、当時の映画を思わせるフィルムの質感がノスタルジックな気分を盛り上げる、夏にぴったりの映画です。

スポンサーリンク

映画『summer of 85』の作品情報


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

【公開】
2021年

【監督・脚本】
フランソワ・オゾン

【原作】
エイダン・チェンバーズの小説「Dance on my Grave」(おれの墓で踊れ/徳間書店)

【キャスト】
フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー、フィリッピーヌ・ヴェルジュ

【作品情報】
フランス映画界の名匠フランソワ・オゾン監督が17歳の頃に影響を受けた小説「Dance on my Grave」(おれの墓で踊れ/徳間書店)の映画化。

三大映画祭の常連であるオゾン監督ですが、本作は第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出され、第15回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞、第46回セザール賞では作品賞や監督賞をはじめとした11部門で12ノミネートを果たしています。

映画『summer of 85』のあらすじ


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

1985年フランスのノルマンディーの海辺。友人にボートを借りて海に出たアレックス(フェリックス・ルフェーヴル)は急な悪天候に転覆してしまいます。

そこに偶然ボートで通りかかったダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)に助けられました。ダヴィドはアレックスを家に招き母親に紹介しました。

ダヴィドの母親に気に入られたアレックスは、家業の店でアルバイトをすることになります。

そのことをきっかけに急速に仲を深めていったアレックスとダヴィド。その友情関係は次第に恋愛関係へと発展していきます。

アレックスにとっては初めての恋、一緒にバイクに乗りドライブしたり映画を観たり、幸せな瞬間を嚙み締めていました。

しかし、そんな幸せな瞬間も6週間しか続きませんでした。永遠の別れは突然訪れます。ダヴィドと交わした約束をアレックスは果たすことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『summer of 85』感想と評価


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

オゾン監督の原作とキャストへの思い

映画原作は、フランソワ・オゾン監督が17歳のころに読んで大いに影響を受けた小説「Dance on my Grave」で、長編映画を撮るときには第一作目はこの作品だと決めていたほどでした。

時間をかけ、ようやく映画化にこぎつけた本作。原作者のエイダン・チェンバースもその仕上がりに満足し、「オゾンが小説の神髄に沿ってくれたことが嬉しかった。変更は小説をふまえたものもあって、何なら小説より良くなっているものもあったほどだよ」と評しています。

主人公アレックス役を演じたのは、フェリックス・ルフェーヴル。リヴァー・フェニックスを思わせる幼さと憂いのある魅力に一目ぼれしたオゾン監督によってオーディションで選ばれました。

アレックスの初恋の相手ダヴィド役を演じたのは、バンジャマン・ヴォワザン。はじめは、アレックス役のオーディションを受けていたものの、「アレックスの視点からするとバンジャマンこそダヴィドだ」というオゾン監督のインスピレーションから起用が決定しました。

俳優だけでなく、脚本家としても活動する若手注目株の俳優のひとりです。

フェリックスとバンジャマンの相性ははじめのスクリーンテストからピッタリだったようで、活き活きとした演技の掛け合いを見せています。

他にも魅力的キャストが集結し、オゾン作品の『ぼくを葬る(おくる)』(2005)で共演した、メルヴィル・プポー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキらが重要な役どころで本作にも出演しています。

盲目の恋を文学的美しさにのせて


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

初恋の美しさとあやうさを瑞々しく描き、青春のあの頃を経験した大人たちの誰もが切なさを募らせるだろう作品でした。

純愛のあまりに残酷で儚い、普遍的な一面を見事に描いています。

時に恋は人を盲目にします。特に、10代で経験する初恋はまわりが見えなくなるほど、熱く心を焦がすものです。

本作では、アレックスの燃えるような恋心が丁寧に描かれています。出会いの緊張感と止められないときめきと嫉妬。そして別れによる絶望。

この出会いから別れまでを、アレックスは物語として執筆することになります。

その語りとともに思い出を振り返る構成となっている本作は、文学的魅力も持ち合わせているのが見どころの一つだといえるでしょう。

「理想の友達」としてダヴィドのことを書き連ねる中で、アレックスは盲目の恋から少しずつ現実に目を向けるようになるのです。

また、アレックスを演じたフェリックス・ルフェーヴルの演技は、オゾン監督が言うようにリヴァー・フェニックスを思わせる色気と無邪気さが際立っていました。

狂おしいほどの恋心を抱えながらアレックスが執着した、ダヴィドとの約束についてのクライマックスシーンは必見。今後の彼の活躍に多いに期待したいです。

両親と友人の存在


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

ひと夏の恋物語として記憶に新しいのは、ルカ・グァダニーノ監督、ティモシー・シャラメ主演の『君の名前で僕を呼んで』(2017)ですが、そこでも両親との関係性が描かれていました。

年上の男性を好きになった息子を両親は受け入れ、そっと優しく包み込みます。特に、父親が傷ついた息子に贈る言葉が感動的です。

本作では、アレックスと彼の母親との会話がさりげなくポイントとなっています。また、父親との絶妙な距離感もアレックスの成長を描くうえで重要だといえるでしょう。

アレックスは16歳の少年で、子どもと大人の狭間にいるからこそ両親との関係が描かれるのは必然です。

設定は1985年ですが、その親子の絆や関係性は今と通ずるので多くの観客の心を揺さぶるのです。

また、本作でアレックスとダヴィドの関係に大きな影響を与えるのが、イギリス人のケイト(フィリッピーヌ・ヴェルジュ)です。

16歳のアレックスと18歳のダヴィドに対して21歳のケイトは、冷静に恋愛を見つめる視点を持っています。彼女がアレックスに本音で告げる言葉は、納得の一言でした。そこに恋の本質があると言っても過言ではないでしょう。

本作は、初恋の切なさだけでなく人生における喪失と再出発を描いた青春映画となっています。

まとめ


(C)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

本作は、アレックスとダヴィドの衣装やバイクなど、赤と青のコントラストが夏の港町に美しく映えています。

そして、80年代の音楽とフィルム撮影によるざらついた質感は、ノスタルジックな感覚に観客を引き込むことでしょう。

夏になると本作のことを思い出すような、そんな作品となっています。公開時期もぴったり夏真っ盛りなので、ぜひスクリーンで夏を感じてみてはいかかでしょうか。

『summer of 85』は2021年8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『三度目の殺人』映画撮影担当【写真家/瀧本幹也展】開催日時と場所は?

大ヒット上映中の是枝裕和監督の『三度目の殺人』にて映画カメラマンを務める瀧本幹也。 今回ご紹介するのは写真家として活躍する瀧本幹也の単独写真展「FLAME/SURFACE」のお知らせです。 広告写真や …

ヒューマンドラマ映画

映画『小さな恋のうた』あらすじネタバレと感想。キャストの演技を越えた生身こそが青春モノの醍醐味!

友達どころじゃない、俺たちはバンドだったんだ。 沖縄出身の人気バンドMONGOL800の名曲にインスパイアされた物語! 沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、沖縄社会に深く根ざす問題を見つ …

ヒューマンドラマ映画

『こちらあみ子』原作小説のネタバレと結末の感想解説。トランシーバーの届かない呼びかけがあみ子と世界との乖離を示す

小説『こちらあみ子』が井浦新と尾野真千子が両親役で実写化に! 小説『こちらあみ子』は、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子のデビュー作。第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スティング』あらすじネタバレと感想。どんでん返しのラストが魅力のコンゲーム代表作

これぞ、詐欺師の中の詐欺師! お金よりも大切なものとは? アカデミー賞作品賞を始め、1973年度最多7部門を受賞した不朽の名作『スティング』。 同じく数々の輝かしい賞を受賞した、1969年製作映画『明 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファヒム パリが見た奇跡』内容解説。実在の天才チェス少年を描き難民問題への向かい方を問う

映画『ファヒム パリが見た奇跡』は2020年2020年8月14日(金)より全国順次ロードショー! バングラデシュから父とともに脱出し、フランスで新たな生活を目指していた少年・ファヒム。希望のカギは、彼 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学