Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/12/20
Update

【ネタバレ】THE UPSIDE最強のふたり|リメイクとオリジナル版はどこが違うの?変更点を比較解説

  • Writer :
  • 松平光冬

大ヒット作『最強のふたり』をハリウッドでリメイク!

本国フランスで2011年の興行No.1を獲得し、日本でも翌年に大ヒットを記録した『最強のふたり』。

そのハリウッドリメイクとなる映画『THE UPSIDE/最強のふたり』が、2019年12月20日(金)より ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開されます。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』の作品情報


©2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The upside

【監督】
ニール・バーガー

【キャスト】
ケヴィン・ハート、ブライアン・クランストン、ニコール・キッドマン、ゴルシフテ・ファラハニ、ジュリアナ・マルグリーズ、アヤ・ナオミ・キング、スザンヌ・サヴォイ、テイト・ドノヴァン

【作品概要】
本国フランスのみならず、ヨーロッパ各国や日本で大ヒットを記録した『最強のふたり』をハリウッドリメイク。

スラム街出身の主人公デルに扮するのは、「ペット」シリーズ(2016~19)や「ジュマンジ」シリーズ(2018~19)でのコメディ演技も絶好調のケヴィン・ハート。

そして大富豪フィリップを、テレビドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』で注目され、映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015)でアカデミー賞にノミネートされたブライアン・クランストンが演じます。

そのほか、オスカー女優のニコール・キッドマンや、『パターソン』(2016)のゴルシフテ・ファラハニ、テレビドラマシリーズ『ER 緊急救命室』のジュリアナ・マルグリーズといったキャストが脇を固めます。

本作は、全米では2019年1月に公開され初登場1位にランクイン、オリジナル版の200倍の北米オープニング週末成績を上げるヒットとなりました。

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』のあらすじとネタバレ


©2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

アメリカ・ニューヨーク、夜のマンハッタンで、2人の男が高級車を爆走させていました。

警察に止められた運転手は、助手席にいる四肢麻痺の男が発作を起こしており、急いで病院に行かないと危険だと説明。

警察の理解を得て、病院に着いて笑みを見せる2人。

発作の演技をしていた助手席の男は、「これからどうする?」と語ります――。

それからさかのぼること半年前。

スラム街に暮らすデルは、拳銃の不法所持で逮捕されたことで職に就けず、妻ラトリスと息子アンソニーに愛想を尽かされ、水漏れが酷い住まいを追い出されてしまいます。

保護観察下にあるデルは、とりあえず勤労意欲を示すために、あえて仕事をしたくない職種の雇用元からサインを貰うことに。

次々とサインを貰っていったデルが最後に訪れたのは、豪華なペントハウスの清掃人の面接でした。

あまりの大豪邸に驚いたデルは無断で書斎に侵入し、アンソニーの誕生日プレゼントにと本棚から「ハックルベリー・フィンの冒険」を盗みます。

ペントハウスの住人フィリップは資産運用で莫大な富を築きましたが、パラグライダーでの事故で首から下が動かない障害を抱えており、新たな介護人を同時に探していたのです。

ところが、上辺だけのお世辞を並べる求職者たちにウンザリしていたフィリップは、表裏のない態度のデルを気に入り、秘書のイヴォンヌの反対を押し切って介護人に採用。

介護の仕事に全く興味のないデルでしたが、その高給ぶりに惹かれて住み込みで働くことにします。

慣れない介護の仕事を雑に行うたびに、イヴォンヌから叱られまくるデル。

それでもお構いなしに、毎晩フィリップが聴くルチアーノ・パヴァロッティのオペラ「Nessun dorma (誰も寝てはならぬ)」に文句を言ったり、下階に住む嫌味な男カーターをからかったり、あげくはフィリップの高級車を乗り回します。

ガンで他界した亡き妻への思いが断ちきれず、自分に何かあった時は蘇生措置をするなと常に言い渡していたフィリップですが、そんな自由気ままなデルと接するうちに心が解放されていきます。

身体の痛みと心の痛みを打ち明けたフィリップを夜の街へと連れ出したデルは、マリファナを吸い合いながら起業への夢を語るのでした。

そんな中、フィリップがイヴォンヌの代筆で、リリーという女性と1年間も文通していることを知ったデルは、すぐさま手紙に記された電話番号に連絡し、フィリップに留守番メッセージを残させます。

イヴォンヌや介護士のマギーといったスタッフたちとも打ち解けていたデルでしたが、フィリップが思い入れのある本の初版本のコレクターで、その中の一冊「ハックルベリー・フィンの冒険」を盗んでいたことを後悔していました。

ある日、フィリップとともに息子のアンソニーに会い、3人で楽しいひと時を過ごしたデルは、別れ際にアンソニーに誕生日にあげた本を返すよう告げます。

他人の物を勝手にプレゼントとして渡したことがバレて、再び息子を失望させてしまうデル。

盗んだことを詫びるデルに、「人間誰しも過ちは犯す」と諭すフィリップ。

2人がペントハウスに戻ると、待っていたのはフィリップの誕生日を祝う者たちでした。

望まぬ誕生パーティーを開かれたことで怒り狂うフィリップは、デルに誕生日プレゼントや家にある絵画を壊させて、その鬱憤を晴らすのでした。

気分を変えてパーティーを楽しむフィリップ宛てにリリーから電話があり、食事を一緒にすることとなります。

その当日、先にテーブルに着いたフィリップとデル。

そこでフィリップは、以前にデルが描いたドーベルマンの絵画をカーターが5万ドルで買ったことを伝え、そのお金で事業を始めろと語るのでした。

遅れて到着したリリーは、デルを退席させてフィリップと2人で語らいます。

フィリップが障害者であることはすでに知っていたというリリーは、甲斐甲斐しく彼の口に食べ物を運びます。

しかし、お酒が進んで手元が乱れてしまうあまり、デルがこの場にいないことの不便さをつい口走ってしまいます。

ショックを受けて退席したフィリップは帰宅してすぐに、「なぜ彼女と会わせたのか」とデルを責めます。

そして口論の末に、本を盗んだことと拳銃の不法所持のことも持ち出し、デルを解雇してしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『THE UPSIDE/最強のふたり』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

介護人をクビとなって半年後、デルは5万ドルを元手に一軒家を買ってラトリスとアンソニーを迎え入れ、電動車イスの製造会社で働いていました。

その勤務先を訪れたマギーは、フィリップが誰とも会わずにふさぎ込んでいる事と、イヴォンヌが秘書を辞めてしまった事をデルに告げます。

数日後、久々にフィリップの元に現れたデルは、彼を夜のドライブに連れ出します。

デルが警察をごまかして猛スピードで走らせたことで、笑顔が戻るフィリップ。

フィリップから「これからどうする?」と尋ねられ、デルは見晴らしの良い高原に車を走らせます。

車中でデルが敬愛するアレサ・フランクリンが歌う「Nessun dorma」を聴き、到着した先でパラグライダーを楽しむ2人。

コテージでデルはたくわえていたフィリップのヒゲを剃り落し、「会わせたい人がいる」と告げてその場を離れます。

デルと入れ替わりに現れたイヴォンヌに、「ずっと会いたかった」と告白するフィリップ。

2人が楽しく語らう様子を満足げに見ながら、デルは家族の元に帰るのでした──。

スポンサーリンク

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』の感想と評価

参考:『THE UPSIDE/最強のふたり』の米国版ツイッター

フランス製作のオリジナル版『最強のふたり』のハリウッドリメイクにあたる本作『THE UPSIDE/最強のふたり』は、人物設定などにおいていくつかの変更点があります。

オリジナル版では、介護人となるドリスがアフリカ系移民ゆえの差別に直面するという、フランス国内の移民政策の失敗による問題(そもそもモデルとなった人物がアルジェリアからの移民)が反映されていましたが、移民によって建国されたアメリカが舞台の本作では、そうした背景は薄められています。

もっとも一番の変更点は、ニコール・キッドマン扮する秘書イヴォンヌでしょう。

オリジナル版のイヴォンヌの存在も決して小さな役どころではありませんでしたが、リメイク版での彼女は、さらにその存在を大きくさせています。

ラストの展開も、ニコールをキャスティングしたことへの配慮といえなくもないかもしれません。

まとめ

参考:『THE UPSIDE/最強のふたり』の米国版ツイッター

細かい変更点こそあれど、本作『THE UPSIDE/最強のふたり』はオリジナル版の脚本をベースに脚色しているだけあって、大まかなあらすじは同じです。

オリジナル版を未見の人は本作から観てもいいし、オリジナル版をすでに観ている人も、両作品のアプローチの違いを比較して楽しむのもいいかもしれません。

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は、2019年12月20日(金)より ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』あらすじと感想レビュー。ロケ地である岩手花巻の“まちづくりの精神”

来るのかな?新幹線!花巻に!? 映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語』は、東北新幹線の新花巻駅設置を巡り、奮闘した花巻市民たちの14年間に渡る活動を描いた作品です。 当時の …

ヒューマンドラマ映画

映画『青の帰り道』ネタバレあらすじと感想。原作なしで邦画おすすめの名作との共感性を描く

悩み、葛藤、挫折…誰もが経験する青春の1ページ。 同郷の若者たちが歩んだ2008年から2018年の10年間の人生模様を、リアルに描いた青春群像劇『青の帰り道』をご紹介いたします。 スポンサーリンク C …

ヒューマンドラマ映画

心が叫びたがってるんだキャストとあらすじ!映画試写会や舞台挨拶情報も

日本中を感動の渦に巻き込んだ、大人気アニメが待望の実写化! 歌の仲間との出会いが奇跡を起こす青春共感ムービー『心が叫びたがってるんだ。』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『心 …

ヒューマンドラマ映画

映画『人形(1968)』あらすじネタバレと感想。ポーランド派の監督ヴォイチェフ・イエジー・ハスの描く演出法とは

映画『人形』は2019年11月10日から23日まで開催のポーランド映画祭にて上映。 今回ピックアップするのは2019年で8回目を迎えるポーランド映画祭の上映作品、奇才ヴォイチェフ・イエジー・ハス監督に …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじネタバレと感想。LOVESPREADが担当した楽曲がエモい感情を掻き立てる

生きてるのに死んでる。それは感情のないゾンビみたい。 偶然、同じ火葬場で出会った両親を亡くした子供たち。彼らの共通点は泣けないこと。 彼らは感情を失くしたゾンビなのだろうか? 自分の心を取り戻すため4 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学