Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『島守の塔』あらすじ感想と評価解説。キャストの萩原聖人が新境地と“結末の香川京子のセリフ”に刮目してほしい

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『島守の塔』は2022年7月22日(金)より全国ロードショー!

第二次大戦終結間近、沖縄に大きな被害を被った沖縄決戦の中、県民の命を救うべく奔走した人々の姿を描いた映画『島守の塔』。

終戦間近に沖縄県知事として赴任、激しい戦火の中人命を第一として自身の使命に向き合った人物・島田叡と荒井退造警察部長らを中心に、彼らを取り巻く人々が生き延びるための戦いに挑む姿を描きます。

タイトルにある『島守の塔』とは、沖縄県糸満市にある、沖縄戦で殉職した島田知事と荒井部長をはじめ、県民の命を救うべく行動した戦没県職員469柱を祀る慰霊塔の名前です。

スポンサーリンク

映画『島守の塔』の作品情報


(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
五十嵐匠

【脚本】
柏田道夫

【出演】
萩原聖人、村上淳、吉岡里帆、池間夏海、香川京子

【作品概要】
第2次世界大戦終結直前に沖縄の大木の住民が犠牲となる中で行われた地上戦「沖縄戦」の最中に、沖縄県民の人命を守るべく奮闘した県知事と警察部長、そして戦争への盲信と現実とのはざまで翻弄された人々の複雑な心情を描きます。

監督は『地雷を踏んだらサヨウナラ』などを手掛けた五十嵐匠。また五十嵐監督が手掛けた『二宮金次郎』でもタッグを組んだ柏田道夫が共同脚本を担当しました。

主人公の沖縄県知事・島田役を『BOX 袴田事件 命とは』などの萩原聖人、警察部長・荒井役を『夕方のおともだち』などの村上淳が担当。ほかにも、吉岡里帆、池間夏海、香川京子らのベテラン、個性派、実力派など錚々たる面子が名を連ねています。

映画『島守の塔』のあらすじ


(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会

第2次世界大戦末期の1945年。戦争を続けていた日本軍は沖縄が戦場となる危機が迫っていることを認識し、決戦に向けて準備を進めていました。

一方、そのころ本土より任命され新たな沖縄県知事として現地に赴任した島田叡は、沖縄の自身の来島以前から県民の疎開を積極的に推し進めていた沖縄県警察部長の荒井退造(村上淳)と共に、沖縄での決戦に備え県民の安全確保の必要性を考え行動を起こしていました。

そして4月、アメリカ軍はいよいよ沖縄本島に上陸し、沖縄では日本軍と間で激しい戦闘を展開します。戦いが県民を巻き込んで激化していく中、島田は住民を追い詰める軍の指令に異議を唱えますが、まったく動じない軍に意気消沈します。

それでも自身の信念を貫くべく、荒井と共に県民の命を守るために死力を尽くしていく…。

スポンサーリンク

映画『島守の塔』の感想と評価

本作は実在した人物、および史事をモチーフとした物語ですが、単にそのモデルを使い展開していく物語というよりは、明確なテーマを示しているようにも感じられます。

そのテーマとは、「『疑う』ことを忘れない」という点にあります。

もちろん作品の大きなテーマとしては、戦争という行為がもたらすリスク、すなわち直接その行為に関与しない人たちが犠牲になるという副作用に対して、反戦というテーマを深く描いています。

一方、本作の主人公である島田叡は、戦争で一般市民が犠牲になってはいけないという信念を持ちながらも、一般の市民よりさらに国側の立場に近い身としては軍の意向にすべて逆らうわけにもいかず、県民の命を守るべく奔走しながらも苦悩の表情を見せます。

そんな島田のそばに就くことになる島民の女性・比嘉凛は、当初日本は必ず戦争に勝つという根拠のない思いに駆られ、と戦争の犠牲になることもいとわない人間でしたが、周辺の人間が次々と亡くなっていく様や島田の思いなどに触れ、戦火を逃れながら自身に疑問を呈し思いを変えていきます。

そして戦火が途切れたクライマックスシーンへ。凄惨な光景が広がる沖縄の海辺で見せる、凛を演じた吉岡里帆の表情は、ラストで見られる同役・香川京子の表情とうまくオーバーラップし、心の中で芽生えた凛の胸の内を明確に描いています。

また劇中では、新聞メディアが日本軍の戦況を群から伝えられるままに報じることに疑問を持つ展開や、沖縄戦が展開する中で洞窟に逃げ込んだ一般市民を、日本軍が戦争優先だと恫喝する姿など、物語のあちこちに「疑問」を想起させるポイントが点在しています。

総じて見ると、果たしてこの戦争が結局何を生み出したのであろうか?もし日本軍が作戦を成功させていたところで、何が人々にもたらされていたのだろうか?と戦争という行為に対する様々な疑問が胸の内に残るでしょう。

他方、例えば近年ではロシアによるウクライナ侵攻が世界的な問題として物議を醸していますが、まさしくこの物語にダブってくるような印象もあり、物語で告げられているメッセージが決して過去のことではなく明日にでも起こり得ることであることを改めて思い知らされるところでもあります。

まとめ


(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会

主人公役を務めた萩原聖人は、どちらかというとシャープな面持ちをベースとした役柄をメインに演じていましたが、本作ではイガグリ頭で細目、そして眼鏡、さらに戦争という緊張下に置かれた人々の前で、大声で歌いリラックスさせるなど、まったくこれまでの傾向とは異なる役柄を披露しています。

性格的にもナイーヴな男性というよりは、大らかでも信念は曲げず強い意志を貫くその姿は、これまでの萩原の出演作に見慣れた人からすれば新鮮にも感じられることでしょう。

そんな萩原と警察部長・荒井役を演じた村上淳の共演シーンは、本作の大きな見どころの一つといえるでしょう。二人はかつて阪本順治監督作品の映画『この世の外へ クラブ進駐軍』でも同バンドのメンバー役として共演した経験もあります。

本作でも役の立場を変えながらも息の合った演技を見せています。この部分は残酷な史事の中で自身の戦いに挑んだ彼らの挑んだこと、貫いた信念の大切さを示し、ラストシーンでつぶやかれた香川京子のセリフとともに作品のメッセージとして深く表しています。

映画『島守の塔』は2022年7月7月22日(金)より全国ロードショー


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

天才バレエ少女が、自らの踊りを探求し、挫折を経ながら成長していく姿を描いたフランス映画『ポリーナ、私を踊る』をご紹介します。 本作が映画デビューとなる新星アナスタシア・シェフツォワの魅力がたっぷり詰ま …

ヒューマンドラマ映画

『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ネタバレ感想レビュー。映画化が繰り返されてなお、新たな解釈に挑む

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「戦争と平和」と並び称される名著「アンナ・カレーニナ」をベースに映画化。 カレン・シャフナザーロフ監督が、20世紀前半に活躍したグィッケーンチィ・ヴェレサーエフの日露 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『夏時間』あらすじ感想と解説評価。ユンダンビ監督が描く“日常生活”という印象深い描写が胸を熱くする

映画『夏時間』は2021年2月27日(土)より全国順次ロードショー! 三世代家族の何気ない日常の風景から、世代を通した理解を問う映画『夏時間』。 とある一家の、夏のひと時の風景から韓国の『今』を描いた …

ヒューマンドラマ映画

ゴダール映画『女は女である』あらすじネタバレと感想評価。アンナカリーナがヒロインで音楽にはミシェル・ルグランが初参戦

「破廉恥じゃないわ。私はただの女よ」 ミシェル・ルグランの没後1年/生誕88年特別企画「ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち」が2020年2月21日よりYEBISU GARDEN CINE …

ヒューマンドラマ映画

映画『マルクス・エンゲルス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【共産党宣言の誕生】

2018年はカール・マルクス生誕から200年を迎え、映画『マルクス・エンゲルス』は、岩波ホールほか全国順次公開。 19世紀を代表する革命的な名著『資本論』を著したカール・マルクス。 フリードリッヒ・エ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学