Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/12
Update

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』あらすじと原作紹介。発売情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

太賀と吉田羊が親子役を熱演を見せる、歌川たいじ原作の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の映画公開決定しました。

原作者自らの実話に、読者は心掴まれる号泣する壮絶な母と子の関係を赤裸々に描く感動の話題作です。

スポンサーリンク

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

歌川たいじ著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」KADOKAWA刊

人気ブロガーで漫画家や小説家としても活躍を見せる歌川たいじ。

彼が自身の母親との関係を描き、多くの反響を呼んだコミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)が映画化され、主演に若手実力派俳優として注目を浴びる太賀が抜擢されました。

また、主人公の母親役を吉田羊が共演者として務めることもあり、今秋より全国公開されること注目は間違いなしの作品となるでしょう。

原作は2013年に発行され、作者の歌川たいじ自身が実際に経験した母親との問題を乗り越え、母親の愛を取り戻していくストーリーです。

社会人として働くタイジが、友人との出会ったことをきっかけに、自身の壮絶な過去を振り返り、何年もの関係を断っていた母親と向き合い、母への愛情を伝えて、親子関係を取り戻そうとするものです。

参考映像:『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(2012)

本作の監督には、2012年に益田ミリ原作の漫画「すーちゃん」シリーズを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修監督が務め、主人公タイジが辛い過去に向き合いながらも、母親との問題に真正面から向き合っていく姿を丁寧に描いています。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の原作者の歌川たいじ

会社勤めをしていた時代からゲイであることを公表していた歌川たいじ。

2010年に単行本『じりラブ』(集英社)にて、漫画家デビューを果たすと、2012年に自費出版本『ツレちゃんに逢いたい』を自費出版させると、発行部数10000部を超えて注目を集めます。

その後も同性愛者や性的マイノリティへの理解を求め続け、作家やまんが家として活躍している作風には、マイノリティである本人のパーソナリティが反映されています。

そんな歌川たいじは自身の作品の映画化にあたり、監督をはじめとするスタッフやキャストに、次のような言葉を述べています。

「他人におおっぴらに話せなかった過去。それを思いきって本にしてみたところ、「この本に救われました」と声を寄せてくださる方が大勢いらっしゃいました。各方面から大きな反響をいただきました。でも、まだ無名な私の本を「ぜひ映画化したい」と仰ってくださったプロデューサー、御法川監督をはじ めスタッフ・キャストの皆様には感謝しかありません。主役が太賀さんに決まり、母役を吉田羊さん、ばあちゃん役を木野花さん、他の役についてもこれ以上望むものは何もないと思うほどの役者さんが参加してくださり、私が自分の半生を通して世の中に伝えたかったことを表現してくださいました。試写を拝見して、自分の過去が、大勢の人の力で翼を広げ、映画になって自分のもとから飛び立ったの だと感じました。「飛び立ったのならば、できるだけ遠くまで飛んでいってほしい。そして、届くべき ところにちゃんと届いてほしい」そんな気持ちで、いまはいっぱいです」

歌川たいじの半生をどのように、御法川修監督率いる御法川組で描かれたのか、映画が楽しみですね。

また、歌川たいじの本作の原作本は、2013年02月28日にKADOKAWAから既に刊行されています

版製のサイズはA5版で、ページ数は128ページとなっており、定価1080円(本体1000+税)となります。

ですが、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、2018年初夏には加筆新版も刊行予定になっています。

こちらも手にして、一読しておきたいですね。

2.主人公タイジ役を若手実力派の太賀


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
主人公のタイジ役を演じるのは、2016年の映画『淵に立つ』にて山上孝司役を果たして、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し一躍注目を浴びた太賀。

彼はその後2016年にテレビドラマ『ゆとりですがなにか』や『仰げば尊し』などに出演。

2017年には主演作『ポンチョに夜明けの風はらませて』、『南瓜とマヨネーズ』、などで独特の存在感を見せ、圧倒的な演技力で実力派俳優として確固たる地位を重ねています。

タイジ役を演じ、主演を務めた太賀は本作についてファンにこのようなメッセージを贈っています。

「歌川さんの実人生を追体験するのは勇気がいる事でしたが、タイジという役の人間的な愛おしさと、たくさんの困難を乗り越えて来たという事実が、何よりも僕を突き動かし、演じるうえでの原動力になりました。心の底から嬉しかったことや、心の底から悲しかったこと、主人公が感じてきた事が何一つとして溢れ落ちないよう、全力で演じました。歌川さんの半生を描いたこの作品が、見てくださる方の喜びになれば幸いです」

演技派と呼ばれる太賀の原動力となったのは、実際の原作者タイジの「困難を乗り越えて来たという事実」と語り、「感じてきた事が何一つとして溢れ落ちないよう」と繊細なまでに演じたことが想像させられますね。

本作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のタイジをどのように演じて見せてくれるのか、期待が高まります。

スポンサーリンク

3.タイジの母光子役を演技派女優の吉田羊

タイジの母光子役には、2014年に公開された『映画 ビリギャル』『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』などの演技が評価され、第40回報知映画賞助演女優賞や第58回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した、昨今、活躍の勢い収まらない吉田羊が熱演。

演技派女優の吉田羊は光子役を演じた

脚本を読んでも原作を読んでも、この「母さん」に共感できない、なのに気付けばボロボロ泣いていました。子の躰の底から湧いて尽きない母への愛の叫びが、太賀さんの苦しいほどに繊細なお芝居と私演じる未熟な母を通して皆様の心に届いたら幸いです。
「母親像」は人それぞれ。いろんな感想があるでしょうが、観終わったあと「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の後に続くのは、愛の言葉だといいな」

吉田羊はタイジ役を演じる太賀の芝居を繊細と言い、自身の演技を未熟な母と卑下して評価を述べていますが、これもまた見どころになるチェックポイントではないでしょうか。

吉田羊が“共感できないお母さん”と語った母親像をどのように演じ切ったのか、演技派女優の手腕に注目したいですね。

4.そのほかの出演キャストは?

主人公タイジを支える友人役には、俳優としてスティーブン・スピルバーグ監督の2018年公開作『レディ・プレイヤー1』へ出演を果たし、ダンスボーカルユニットPrizmaXのメンバーとしても活躍する森崎ウィンが、キミツ役を演じています。

また、2012〜13年に放映されたドラマ『仮面ライダーウィザード』で人気を博し、大河ドラマ『真田丸』や『東京喰種』など映像作品への出演が相次ぐ白石隼也が、大将役を演じています。

そのほかにも秋月三佳はカナ役として名を連ね、幼少期のタイジ役を人気子役の小山春朋、父親役を斉藤陽一郎が演じ、幼少時代よりタイジの心の支えとなり、彼の人生に転機をもたらす重要な役どころである婆ちゃん役を木野花が演じるなど、実力派俳優たちが脇を固めた作品となっています。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジは小さい頃から大好きな母親の光子に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母親と向き合う覚悟をしました。

大人になっても自分を拒絶していた母親に歩み寄り、タイジは“母さんからの愛”を取り戻すために立ち向かっていきます…。

まとめ


(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

歌川たいじ原作の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を映画化した御法川修監督は、原作を初めて手にした際に心を震わせたそうです。

その日の感動から5年が経ち、映画化の実現できた感慨も深かったようです。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の映画作品ついて、次のような言葉を述べています。

「『母をたずねて三千里』の昔から脈々と続く《母と子の物語》です。そして、たったひと言「お母さんが大好きです」と告げるために身を焦がす《ラブストーリー》でもあります。 深く重い題材とは裏腹に、抱きしめたくなるほど愛くるしい人々で満ち溢れた作品に仕上がっています。「まるで私のために作られた映画だ」と、切実に感じてくださる人がひとりでも多く生まれることを願っています」

太賀と吉田羊がギリギリの親子やを演じ、その脇を森崎ウィンや白石隼也、秋月三佳などが脇を固めた作品です。

また、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花も共演しています。ぜひ、注目したいですね。

2018年秋より全国公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画MR.LONG/ミスター・ロン|あらすじと感想。チャン・チェンが座頭市のような勇姿を見せる!

2017年公開される映画のなかで文句なしにベスト級な作品なのが『MR.LONG/ミスター・ロン』。 ドイツ・香港・台湾・日本合作で製作された本作は、ベルリン映画祭コンペティション部門に正式出品され、主 …

ヒューマンドラマ映画

『暁に祈れ』あらすじと感想レビュー。実話の映画化に実際の囚人と本当の刑務所で撮影した徹底的なリアリズム

映画『暁に祈れ』は12月8日(土)より、ヒューマントラスト渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか、全国順次公開。 犯罪と不正が渦巻き、「地獄」とも呼ばれるタイの刑務所で、ムエタイを武器にのし上がっ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』あらすじとキャスト。原作者の小説への思いは

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、11月1日(木)より全国ロードショー。 原作の三上延が書いた『ビブリア古書堂の事件手帖』は、累計640万部突破。 日本中から愛される文芸ミステリーを最高のスタッフ& …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドリームプラン』ネタバレ結末感想とラスト考察。娘をテニスの王者にするために父が作った“常識破りな計画”とは⁈

娘をテニスの王者にするために、父が作った常識破りのプランとは!? 世界最強のテニスプレイヤーと称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を世界チャンピオンに育てあげたテニス未経験の父親の実話を基に、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』あらすじと感想考察レビュー。フランソワオゾンが新作で性的虐待行為をテーマに描く

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は2020年7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショー! フランス映画界の最前線に立つフランソワ・オゾン監督が実話に基づいた物 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学