Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】ボイリング・ポイント 沸騰|あらすじ感想と結末の解説評価。全編90分ワンショットで撮影した“厨房とシェフのスリリングな一夜”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

戦場のようなレストランの裏側を、ワンショットで撮影した人間ドラマ

1年で最も忙しい、クリスマスの夜を迎えたロンドンの高級レストランを舞台に、それぞれの限界点が爆発する人間ドラマを描いた、映画『ボイリング・ポイント 沸騰』

戦場のようなレストランの舞台裏を、全編90分ワンショットで撮影し、世界中で高い評価を得た本作。

高級レストランの料理長、アンディが直面するさまざまなトラブルは、ワンショットで撮影したからこその臨場感と緊迫感があり、作品の世界にどんどん引き込まれていきます。

厨房を仕切るアンディに、ラストで降りかかる悲劇の解釈など、映画『ボイリング・ポイント 沸騰』について考察していきます。

スポンサーリンク

映画『ボイリング・ポイント 沸騰』の作品情報


(C)MMXX Ascendant Films Limited

【公開】
2022年公開(イギリス映画)

【原題】
Boiling Point

【監督】
フィリップ・バランティーニ

【脚本】
ジェームズ・カミングス、フィリップ・バランティーニ

【キャスト】
スティーブン・グレアム、ジェイソン・フレミング、レイ・パンサキ、ハンナ・ウォルターズ、マラカイ・カービー、ビネット・ロビンソン、アリス・フィーザム、イーズカ・ホイル、タズ・スカイラー、ルルド・フェイバース、スティーブン・マクミラン、ダニエル・ラカイ、ガラ・ボテロ、ローリン・アジュフォ、エイン・ローズ・デイリー、ゲイリー・ラモント、ロビン・オニール、ローズ・エスコダ、トーマス・クームズ

【作品概要】
クリスマス前の金曜日という1年で最も忙しい時期に、ある高級レストランが迎えた、戦場のような一夜を描いた人間ドラマ。

主役である料理長のアンディを『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021)や『アイリッシュマン』(2019)のスティーブン・グレアムが演じています。

監督は、自身もシェフとして12年間働いた経験を持つ、新鋭のフィリップ・バランティーニ。

映画『ボイリング・ポイント 沸騰』のあらすじとネタバレ


(C)MMXX Ascendant Films Limited

クリスマス前日の金曜日。

ロンドンの人気高級レストランで、料理長を務めるアンディは、家族に電話をしながらレストランに向かっています。

この2ヵ月、忙しさのあまり、まともな睡眠をとっていないアンディは、家族とも関係が上手くいっていません。

アンディがレストランに到着すると、待ち構えていたのは、保健所から来た衛生管理の監査員でした。

ただでさえ、オープンに向けた仕込みに時間がかかる時に、監査員の存在にいら立ちが隠せないアンディ。

さらに監査の結果、評価が前回の半分の数字に落ちたことで、アンディは不満を爆発させ、レストランスタッフに八つ当たりをします。

しかし、冷静さを取り戻したアンディは、厨房のスタッフに詫びを入れ、仕込みを開始します。

レストランの支配人であるエミリーが現れ、予約件数が100件を超えたことと、カリスマシェフである、アリステア・スカイが来店することを報告します。

かつて、アリステアと同じレストランで働いていたアンディは、アリステアの突然の来店に動揺します。

また、ただでさえレストランが忙しい時に、スタッフが何名か遅刻しており、エミリーの機嫌が悪くなっていきます。

アンディには、カーリーという相棒の料理人がいますが、カーリーは現在の給料に不満を抱き、他のレストランへ移ることを考えています。

スタッフが足りないうえに、仕込みも完璧に出来ていない、カーリーの給料交渉も考えないとならない中、アンディは料理長として厨房に入り、レストランをオープンさせます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ボイリング・ポイント 沸騰』ネタバレ・結末の記載がございます。『ボイリング・ポイント 沸騰』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)MMXX Ascendant Films Limited

オープンしたレストランは、すぐに満席となります。

ですが、人種差別者のお客が、黒人のウェイトレスであるアンドレアに辛く当たったり、お客のアレルギー情報が正しく伝わっていなかったり、自称大人気インフルエンサーのワガママで、メニューに無い料理を作ることになったりと、トラブルが絶えません。

そんな中、アリステアが料理評論家のサラを連れて来店します。

「このレストランの料理は、全部自分の店の真似」と言われ、明らかに、アリステアを意識するアンディ。

ですが、お客はアリステアだけではなく、次々に来る注文をこなさなければならず、カーリーの不満が爆発し、エミリーを「過剰な予約も把握できない馬鹿オーナー」と罵ります。

ショックを受けたエミリーは、トイレで泣きながら父親に電話しますが、涙を拭い、すぐに業務へ戻ります。

サラが席を立ったタイミングで、アンディはアリステアの席に行き、突然レストランに来店してきた真意を尋ねます。

アリステアは、テレビにも出演しているカリスマシェフですが、実は破産寸前な程、お金に困っており、アンディに貸した20万ポンドの、返済を求めに来ていました。

20万ポンドをすぐには返せないアンディは、これを断りますが、アリステアはレストランの経営権を渡すように迫ります。

その時、7卓のお客が呼吸困難を起こし、救急車で運ばれます。

ナッツアレルギーであることが、正確に伝わっていなかったことが原因で、アンディは厨房のスタッフを裏に集めてヒアリングを開始します。

その結果、アンディの適当な指示がこの事態を招いたことが判明し、アンディを支えていた料理人、フリーマンの怒りが爆発します。

ただでさえ忙しい時期に、厨房スタッフの結束も壊れてしまい、限界を感じたカーリーは、別のレストランへ移ることを決意します。

アンディは、レストランの裏に行き、酒を飲み始めます。仕事が忙しく、家庭も崩壊してしまったアンディは、酒に溺れるようになっていました。

ですが、アンディは家族との電話で酒を断つことを宣言し、全てやり直すことを決意します。

全ての酒を捨て、厨房に戻ろうとしたアンディですが、そのまま倒れて意識を失ってしまいます。

スポンサーリンク

映画『ボイリング・ポイント 沸騰』感想と評価


(C)MMXX Ascendant Films Limited

クリスマス前の金曜日の夜という、最も忙しい時期の高級レストランで、限界を迎えたアンディの一夜を描いた映画『ボイリング・ポイント 沸騰』

クリスマス前日の金曜日に、高級レストランで食事をするというのは、誰にとっても特別な夜になるでしょう。

レストラン側も、スタッフ全員が一致団結し、特別な夜を演出する為、全力を出すべき…なんですが、高級レストランのスタッフも1人の人間、当然いろいろ悩みや不安を抱えています

本作のタイトルでもある「ボイリング・ポイント」は「沸騰点」「我慢の限界点」というような意味があります。

主人公であり、レストランの共同オーナーで料理長のアンディは、仕事が忙しすぎて家庭が上手くいっていません。

子供の電話に何度も出ようとしますが、その度にトラブルが起きて、満足に話せないことに不満が溜まります。

アンディの相棒である料理人、カーリーは、忙しい時に目の前のことに集中していないアンディに不満を抱え、支配人のエミリーは、父親から引き継いだレストランを回す為に、スタッフへ辛く当たり、ウェイトレスのアンドレアは、お客から人種差別を受けて傷つきます。

それでも、お客にとって「特別な夜」を提供しないとならない為、忙しく、スタッフ同士が話し合い、問題を共有することすら出来ません。

そして、それぞれの不満が「ボイリング・ポイント」を迎え、更なるトラブルが次々に起きるようになります

全編90分ワンショットで撮影されていることで、90分間で次々に起きる問題、それぞれの限界点、そして修復不可能となった人間関係が、徐々に迫って来るという、非常にスリリングな効果を生んでいます

そして、アンディも「ボイリング・ポイント」を迎えたラストでは、酒を断つことを誓い、厨房に戻ろうとしますが、意識を失い倒れてしまい、そのまま映画は終了します

最初は「ここで終わり?」と思いましたが、自身も長年レストランで働いてたフィリップ・バランティーニは、酒に溺れ、精神的に病んでいた、自身の過去を反映させていることを、インタビューで語っています。

「高級レストランの料理長」の顔が前面に出ている時のアンディは、腕も確かで頼りがいのある「良きボス」です。

ですが、プライベートでは、問題を抱えており「良きボス」の顔を維持することが出来なくなっていました

それでも、周囲はアンディを頼り、全ての決断を委ねます。

「もし、誰かがアンディの異変に気付いていれば」と思いますが、誰もが自分のことで精一杯で、自分のトラブルを解決させることしか頭にありません。

それは、一般社会において、似た状況はあるのではないでしょうか?

そう考えると、本作のラストは決して他人事ではなく非常に怖く、同時に「人を救えるのは人である」ということを、あらためて考えさせられる、奥の深さがあります。

まとめ


(C)MMXX Ascendant Films Limited

これまでも、ワンショットの映画はいくつかあり、古くはヒッチコックの『ロープ』(1948)近年では『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)『1917 命をかけた伝令』(2019)があります。

ですが、これらの作品は、テクニックでワンショットのように見せている作品で、それはそれで凄いですが『ボイリング・ポイント 沸騰』のように、正真正銘ワンショットで撮影された作品は、なかなか珍しいのではないでしょうか?

ワンショットの撮影に、非常にこだわった本作は「どうすればワンショットで撮影できるか?」を話し合い、現場で何度も脚本を変えながら進められました。

ワンショットの撮影は、合計4回行われたそうです。

また、決して過剰ではなく、リアリティのあるトラブルの連続が、本作の臨場感を生んでいます。

レストランの外から始まり、レストラン内部での幾多のトラブル、そしてアンディが限界を迎えるまでを、90分間で違和感なく見せた構成は、単純に凄いので、可能であれば映画館で、尋常じゃない臨場感と緊迫感を、是非味わって下さい!




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミッドナイト・バス』あらすじとキャスト。公開日時と劇場も

映画『ミッドナイト・バス』は全国公開に先立ち、1月20日(土)より新潟先行ロードショーが行なわれ、引き続き1月27日(土)より全国順次公開されます。 最近俳優としても活躍を見せつつある原田泰造を主演に …

ヒューマンドラマ映画

ガイ・ピアースが語る映画『ブリムストーン』の魅力。牧師とは何者か?

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門選出された、“愛と暴力と信仰心”を巡る壮絶な年代記とは? 1月6日より公開中の映画『ブリムストーン』で、牧師を演じたガイ・ピアースによるインタビュー映像が配信 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの溝口渉役は浅香航大。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い|ネタバレ考察と結末の感想解説。タイトルの意味と実話911の“生実況と生活”

最愛の父が残したメッセージを探しに、少年の冒険は始まった 今回ご紹介する映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで、最愛の父を亡くした少年の喪失感 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学