Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/08/02
Update

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー|あらすじネタバレと感想レビュー!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、8月24日(金)より公開!

2008年に公開され大ヒットしたミュージカル映画『マンマ・ミーア』の10年ぶりの続編。

アマンダ・セイフライド、メリル・ストリープ以下オリジナルキャストが再集結、さらにアンディ・ガルシア、そしてアメリカのエンターテイメントのリビングレジェンドシェールが追加キャストに加わりました。

新たな支配人として亡き母ドナのホテルを守る娘ソフィの姿と若き日の母のドナのドラマを重ねて描きます。

スポンサーリンク

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』の作品情報


(C)Universal Pictures

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Mamma Mia! Here We Go Again

【オリジナル台本】
キャサリン・ジョンソン

【脚本・監督】
オル・パーカー

【キャスト】
メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー、リリー・ジェームズ、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、ジェレミー・アーバイン、アレクサ・デイビーズ、ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール

【音楽(原曲)】
ABBA

【作品概要】
「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。

キャストはドナ役のメリル・ストリープ、ソフィ役のアマンダ・セイフライドなど前作のメンバーが再結集を見せ、若き日のドナ役に『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に『戦火の馬』のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に『バーレスク』のシェールといった新メンバーも参加しています。

演出は『17歳のエンディングノート』で知られるオル・パーカーが脚本と監督を務めています。

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のキャラクター&キャスト


(C)Universal Pictures

ソフィ(アマンダ・セイフライド)
母の残したホテルVilla Donnaの新装開店の準備にいそしむ一方で、今は亡き母に想いを馳せる。

ドナ(メリル・ストリープ、リリージェームズ)
一年ほど前に死去。亡き今も島で愛され続けている。

サム(ピアース・ブロスナン、ジェレミーアーヴィン)
建築家でドナに改めてプロポーズしていこう島で暮らす。ソフィの三人の父の一人。

ハリー(コリン・ファース、ヒュー・スキナー)
銀行家でソフィの三人の父の一人。

ビル(ステラン・スカルスガルド、ジョシュ・ディラン)
冒険家兼作家。ソフィの三人の父の一人。

セニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)
Villa Donnaの支配人。

ターニャ(クリスティーン・バランスキー、ジェシカ・キーナン・ウィン)
ドナの親友。いつまでも恋心を忘れない。

ロージー(ジュリー・ウォルターズ、アレクサ・ディヴァーズ)
ドナの親友。一度ビルとくっついたが今はまた関係がない模様。

スカイ(ドミニク・クーパー)
ソフィの夫でNYのホテルで研修中。

ルビー(シェール)
ドナの母親、ソフィの祖母。母子関係はあまり良くなかった。


(C)Universal Pictures

スポンサーリンク

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Pictures

ドナがこの世を去ってから一年。ソフィはホテルVilla Donnaの新装開店に向け3人の父ビル、ハリーなどに招待状を書きます。

彼女はまた祖母のルビーにも手紙を書いていますが、どうせ来ないだろうと招待状を破り捨てます。

ホテルの支配人であるセニョールは、ホテルオープンの豪勢なパーティーを計画していますが、ソフィの真の願いは母ドナの誇りを保つことでした。

支配人は自分に任せてくれと胸を張ります。

70年代、若きドナが大学を卒業。学長が彼女にスピーチ託すと、ドナはガウンを脱ぎ捨てコスチュームを露わにし、ラニアとロージーとともにステージで歌いあげます。

卒業式の後、ドナは母親が式に参加しなかったことが心残りの様子です。

三人は卒業後の計画について話し、ドナは世界中を旅することを決心します。最初の行き先はパリです。

ソフィはニューヨークで研修中のスカイに連絡して、彼にグランドオープンに参加していてほしいと考えていますが、彼の仕事のことも理解していて心揺れます。

ソフィーは新装開店の場に島で暮らしているサムしかいることができないことを悲しく思っています。

ハリーは重要なビジネスで東京に出張中。ビルはある授賞式に参加しています。

70年代、パリでドナはハリーと出会い意気投合、熱烈なアプローチの後に一夜を共にします。

ハリーは銀行家として生きていく道が決まっていて、ドナにそれとなくアピールしますが、ドナはギリシャのカロカイリ島に運命を感じパリを後にします。

フェリー乗り遅れたドナに声をかけたのはボートで旅をしているビルでした。

そこで建築家志望のサムと出会い恋に落ちます。

楽しい島の暮らしもつかの間、サムには婚約者がいたことを知って別れを告げます。そんな彼女の心を支えたのはビルでした。

島の廃墟に居を構えていたドナはここにホテルを建てようと決心します。

そんなとき自分の妊娠に気が付きました。

以下、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』ネタバレ・結末の記載がございます。『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

島を襲った嵐で新装開店パーティの準備は台無しになり、ソフィは落ち込みます。

そんな彼女にソフィこそが何よりも大事だ!時が付いたハリーとビルが漁船をチャーターして島にやってきました。

パーティーは即興になりましたが、ソフィにとってこれほど嬉しいことはありません。

さらにそこにはスカイの姿もありました。そしてソフィはスカイに自分の妊娠を伝えます。

そんな時ヘリコプターの爆音が、ドナと疎遠でソフィともなじみが薄かった祖母のルビーが飛び入りで参加。

パーティーは更に盛り上がります。

約9か月後、ソフィとスカイの間に生まれた新たな命の洗礼式。そこには当然のように家族たちが揃っていました。


(C)Universal Pictures

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』の感想と評価


(C)Universal Pictures

あなたはシェールを知ってますか?

映画をクライマックス。ホテルVilla Donnaの新装開店パーティにヘリでやってきたやたらと存在感のある、お祖母さま。

歌いだすとやたらと上手い、というかうますぎる。すっごい存在感!

そして、エンドロールでグレードが違う最後から二番目、メリル・ストリープの直前にクレジットされるCherという文字。


(C)Universal Pictures

人名だということは分かっても、読み方もわからない人もいるんじゃないかという感じ。

しかして、彼女こそが70年代から活躍をし続けるグラミー賞歌手にして、アカデミー賞女優のシェール。

70年代から歌手活動を始めているということはそう!

ABBAと同世代。オールドファンからすれば“シェールがABBAを歌う!”ということもちょっとした大事件です。

そんな部分もバージョンアップした『マンマ・ミーアヒアウィーゴー』は最高です。


(C)Universal Pictures

スポンサーリンク

まとめ


(C)Universal Pictures

シェールもABBAを歌うといった、ABBAを好きな世代に見逃せない『マンマ・ミーアヒアウィーゴー』。

ABBAのヒット曲によって構成された大人気ミュージカルの舞台の映画化を果たした『マンマ・ミーア!』から10年ぶりとなる続編。

ギリシャのカロカイリ島に帰って来た妊娠したソフィ。

彼女は母親の親友たちと久しぶりに再会を果たしますが、出産を不安がるソフィに、親友たちはドナの若き日のことを語りはじめすが…。

そんなお馴染みの登場人物たちの今と若き日を交錯させながら描く映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、8月24日(金)より公開!

バージョンアップした続編!『マンマ・ミーアヒアウィーゴー』は最高映画、お見逃しなく!!


(C)Universal Pictures

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アイズワイドシャット』ネタバレ感想と考察。動画無料視聴法も

スタンリー・キューブリックの遺作であり、主演の2人が今をときめくハリウッドスターと言う話題性から、R-18でありながら多くの注目を浴びた『アイズ・ワイド・シャット』。 ある意味謎が謎を呼ぶ展開と、夫婦 …

ヒューマンドラマ映画

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレ感想。結末で火葬された宮沢りえ演じる母双葉の演技力とは

家族とは何かを問う物語 2017年開催の日本アカデミー賞を初めとし、さまざまな映画祭で数多くの賞を授かった、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。 難病を扱った本作ですが、それだけでは終わらない、深い感動と …

ヒューマンドラマ映画

実写『ホリックxxxHOLiC』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。原作とは異なる映画化を見せる女郎蜘蛛編を蜷川実花によって艶やかに彩る

伝説的人気漫画を幻想的に映像化した新感覚オカルトファンタジー映画 「魔法騎士レイアース」や「カードキャプターさくら」など、時代を代表する作品を手掛けてきた作家チーム「CLAMP」が2003年から連載を …

ヒューマンドラマ映画

【ベルイマン代表作】映画『仮面/ペルソナ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。“芸術は多くを救う”の正体は価値観の定義

イングマール・ベルイマン監督が描く自意識の仮面。 映画『仮面/ペルソナ』は、失語症となった女優と、献身的に療養を見守る看護婦の物語です。自意識の境目を無くし、仮面が剥がれていく様子を描いた心理ドラマ。 …

ヒューマンドラマ映画

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ネタバレ感想と評価。誰にでも通じる繊細な感情を鮮やかに表現

明日へぶっ飛ばす! おばあちゃんを見舞うため、砂田は大嫌いな故郷へいやいや帰ることになるのだが・・・! 夏帆とシム・ウンギョンという日韓を代表する女優が共演した箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ば …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学