Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/06/25
Update

映画『ゆずりは』ネタバレ感想。コロッケの演技力と現代の死生観とは

  • Writer :
  • 福山京子

ものまねタレントとして知られるコロッケ。

その得意なお笑いやものまねを封印して、本名である滝川広志として臨んだ初主演した映画『ゆずりは』6月16日(土)より、K’s Cinema、イオンシネマ板橋ほか全国順次ロードショー。

この作品には、ゆずりはの撮影したショットが、時々映画に差し込まれます。ある時は風に靡き、ある時は太陽の眩い光を受け葉を煌めかせます。

一瞬動きが止まり、そして次の世代の若葉に命を繋ぐ。その度に涙が出てくるのは何故なのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『ゆずりは』のあらすじ


(C)「ゆずりは」製作委員会

52歳の水島正二は葬儀社・安宅の営業部長。

彼の務める会社に、茶髪にピアスという風貌の高梨歩が新入社員として面接にやって来ました。

見るからに素行は葬儀屋の社員としては不向きと思われた今時の若者を、周囲の反対を押し切っても採用を決めたのは水島でした。

高梨を厳しく指導する水島たち葬儀社スタッフ。
しかし、一見では破天荒な高梨のなかに、実はご遺族にしっかりと向き合い、自然体で心に寄り添う豊かな感受性があることに気が付き始めます。

一方で水島はかつて、妻の直子を自死で失っていました。長い間子宝に恵まれず、彼自身の身体に原因があると知った水島は、妻の死の要因と関係があるとずっと後悔をしていたのです。

妻の死後、自暴自棄になって荒れていた自分を救ってくれたのは、亡き妻の父親である松波でした。

松波は自身が経営する葬儀社に水島を迎え入れ、立ち直りのきっかけをもたらしてくれました。

葬儀社の庭には、松波が大切な思いを持って育てる「ゆずりは」の樹が植えられていました。

「ゆずりは」の由来は、春に枝先に若葉が出た後、前年の葉がそれに譲るように落葉することから、一年を通して緑葉を絶やすことがないためだといいます。

松波は「ゆずりは」の樹を親から子へと代々受け継がれていく命に見立て、故人が去っても絶えることのない命の営みへの願いを込めて、この場所に植えていました。

水島は松波の教えである「葬儀中に涙は禁物」を守り、妻の死を悲しむ心と共に多くの人の「死」を悲しむ心を押し殺し、葬儀社の仕事に従事してきました。

そんな水島にとって、ありのままの自分をご遺族に見せる高梨の存在は、心を隠すことに慣れきってしまった自分の心を徐々に揺らしていきます。

そんなある日、高梨が葬儀場でイジメを苦に自死した故人の少女に想いを寄せるあまり、参列した騒がしい女子学生を罵倒する騒ぎを起こしてしまう…。

コロッケを封印した滝川広志の存在感


(C)「ゆずりは」製作委員会

人は歳を重ねる度に大切な人との別れに出逢い、時が止まる一瞬に身を置き、心と体が離れそうになる自分に出逢うときがあります。

本当に悲しく辛い時に言葉が出ないかもしれないし、感情を閉じ込めてしまうかもしれません。

明日からまた生きていかなければならないからです。

そんな感情に流されず、私情を挟まず寡黙に葬儀社の営業部長を務める水木役をコロッケが本名滝川広志として、その苦悩を真摯に受け止めて演じています。


(C)「ゆずりは」製作委員会

そこには、コロッケはいませんでした。と言うよりも永年にわたり多くの有名人のものまねで一世風靡し、なおかつ唯一の特徴をデフォルメするパフォーマンスは誰もが認めるコロッケだからこその演技と言えます。

多くの芸能人のものまねをする時、彼はその方と交流しきちんと承諾をもらい、心から尊敬し敬意を持って演じているそうです。

だから彼のパフォーマンスの笑いの中に慈愛を感じてしまいます

人生の機微を知り、果敢に新たなことに挑んでいくコロッケだからこそ、水木役を演じる滝川広志に徹することができたのでしょう。

スポンサーリンク

映画『ゆずりは』の現代の死生観


(C)「ゆずりは」製作委員会

この映画には、今を映す鏡がいくつも出てきます。

告別式に導師さまが体調を崩して読経に間に合わないシークエンスです。

導師さまは糖尿病で低血糖を起こし、甘いジュースを飲んで事無きを得るのですが、僧侶も高齢化そして病気、誰しも避けられない現代の悩み。

視覚障がいを持った主の死を気丈に愛情深く見送る妻。いじめを苦にして自死した女子高校生の会葬で、母親に叱責され土下座する担任と嘲笑しながらその写メを撮るクラスメートの姿…。

その中で水木と社長の松波の関係が明らかにされていきます。

水木は自分が無精子症だと知り、苦悩して自暴自棄の日々を過ごしていました。

妻の直子は二人で過ごしていれば幸せだと何度も話していましたが、自死しました。水木は自分のせいだと自分を責め続けています。

会葬中、幾度と無く直子が飛び降りた瞬間ベランダの窓から風が吹き込んでいるショットが現れます。水木は事あるごとに思い出し、自責の念にかられています。

そっといつも壁の横で、社長の松波が見守っています。

ある時は厳しくある時は言葉少なに、彼も同じ無精子症でした。

直子を養子で授かり、本人には言わず我が子の如く大切に育ててきました。水木が自分と同じ無精子症だと言うことを直子から聞き、初めて自分も同じことと直子が養子であることを話しました。

映画の後半、松波も父として娘の直子を自死に追いやったと水木に遺書残します。

自分の死期を知っている松波は、水木にゆずりはの木を植えたのは直子が生まれた日だと語ります。

血が繋がっていなくても松波は最後まで娘直子を想い、娘婿の水木を息子として会社で見守りゆずりはの木そして会社を託します。

命というものは、心とともに次世代に引き継がれていく、心無くしては有り得ないというメッセージをこの二人から強く感じます。

もうひとりの血の繋がらない親子関係


(C)「ゆずりは」製作委員会

新入りとして茶髪の軽い口調で話す、如何にもいまの若者風の高梨が入ってきます。

自分が可愛がっていたオカメインコが死んだことを泣きながら語る場面は、この映画に一筋の光が差し込んだ瞬間でした。

この眩しさに水木の心が、少しずつ開かれていきます。

私情を挟むことが厳禁である葬儀社の仕事に何故この青年が?

水木とともにこの青年と一緒に自分も成長していくような気がして、観る側も魅入ってしまいます。


(C)「ゆずりは」製作委員会

最後に水木が過去に私情を挟んで励ました男の子を傷つけてしまったと高梨に話すシーンがあります。

高梨は、その子は傷ついていないと笑顔で答えます。その男の子が自分で、一緒に仕事をしたいからここに来たと付け加えました

ここにもひとひらのゆずりはが一瞬見えたように感じます

スポンサーリンク

まとめ

朝起きてお日さまを見たとき、紫陽花が咲いているとき、小鳥が鳴いているとき、何気ない挨拶をしたとき、そんな当たり前の光景が愛しくなるとき、この一瞬一瞬がかけがえのない宝物だときっと気づかせてくれるそんな作品が、滝川広志(コロッケ)主演の『ゆずりは』です。

真摯にシンプルに自分の生と死を見つめに行ってみませんか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『僕はイエス様が嫌い』あらすじと感想。研ぎ澄まされた映像とセリフで見せる少年と神の関係

映画『僕はイエス様が嫌い』は、5月31日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国順次公開。 新人監督・奥山大史の幼き日の個人的体験に根差した意欲作『僕はイエス様が嫌い』。 祖母と一緒に暮らすために …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』あらすじネタバレと感想評価。知識と価値を熟成させた深みのあるストーリー

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』は、父の息子への期待と息子が見つけた道の現実を描く! 跡継ぎ問題は日本でもよく聞かれる話。親たちの苦労はわかっていても、自分に成し遂げたい夢ができたら、その …

ヒューマンドラマ映画

映画『ペーパームーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

1973年の公開された『ペーパー・ムーン』は、名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の代表作! 2017年に「午前十時の映画祭8」にて、デジタルリマスター版として再公開されています。 ペテン師の男と9歳の …

ヒューマンドラマ映画

映画『犬猿』あらすじとキャスト。公開日時と上映館も【吉田恵輔作品】

『ヒメアノ〜ル』の吉田恵輔監督が約4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化! 窪田正孝、新井浩文、「ニッチェ」の江上敬子、筧美和子ら異色の組み合わせが果たしてどのような化学反応を起こすのか? 兄弟姉妹とい …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホモ・サピエンスの涙』感想と考察評価。ロイ・アンダーソン監督がヴェネチア映画祭にて銀獅子賞を受賞した“人類の愛と希望”

映画『ホモ・サピエンスの涙』は2020年11月20日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ヴェネチア国際映画祭にて銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した映画『ホモ・サピエン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学