Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/29
Update

映画『純平、考え直せ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【野村周平×柳ゆり菜】

  • Writer :
  • 松川準輝

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

今、注目の若手俳優野村周平を主演に、奥田英朗の著書を実写化。

眠らない街新宿歌舞伎町を舞台に、1組のカップルの3日間の行動をリアルで鮮明に描いた作品です。

監督は、『上京ものがたり』の森岡利行。

共演は、ヒロインに『マッサン』で話題になった柳ゆり菜など、フレッシュなメンバーを使いハードな作品に仕上がった今作を紹介して行きます。

映画『純平、考え直せ』の作品情報

(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

【公開】
2018年9月22日公開

【原作】
奥田英朗 『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)

【監督】
森岡利行

【キャスト】
野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、戸塚純平、佐藤祐基、森田涼花、下條アトム、藤原季節、日向寺雅人、木下愛華、やしろ優、二階堂智、片岡礼子

【作品概要】
直木賞作家・奥田英朗の同名小説を映画化。

新宿歌舞伎町で一人前の男になるのを夢見ながら信頼する兄貴の舎弟を務める純平(野村周平)。

ある日、 親分から対立する組の幹部の殺害を頼まれ、これで男になれると喜ぶ。

親分に与えられた期限は三日間、拳銃一丁と数十万円の支度金を手に、ひょんなことから一緒になった女性加奈(柳ゆり菜)と行動を共にしていくことになるのだが…。

映画『純平、考え直せ』のあらすじとネタバレ

(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

新宿歌舞伎町で、一人前の男になるのを夢見る坂本純平は、北島の舎弟を務めながら、雑用に追われる毎日でした。

純平は、馴染みのショーパブに行くと、その店のママに頼まれごとをされます。

店の女の子が不動産屋から違法に家の修理費を請求されたため助けて欲しい、ということでした。

純平はカッコつけ、快くママの頼みを引き受けることにしたのでした。

問題の不動産屋に行った純平はまさしくチンピラの如く、脅しを仕掛けます。

しかし、不動産屋は協力しているヤクザを呼び出し、純平を返り討ちにしてしまうのです。

ボコボコにされ、階段に置いていかれた純平に、ハンカチを差し出す女性の姿がありました。

純平はその女性をあしらいながら、「この借りは24時間で返す」と言い、不動産屋を去って行くのでした。

女性はそんな純平の姿に心を奪われながら、不動産屋に入って行きました。

この女性、加奈は、同僚の男性からの嫌なデートの誘いなどもあり、ここの不動産屋を辞めたいのですが、不動産屋がヤクザとつるんでいるために辞めづらく、辟易しながら働く従業員でした。

話は、純平の方へ戻ります。

次の日純平は、組の親分から呼び出しをくらいます。

親分は、男にならないかと話し始め、対立する組の幹部を3日間のうちに殺してこいと純平に頼むのでした。

純平は威勢のいい返事と共に、親分から渡された拳銃と数十万の支度金を持って組を後にします。

彼は拳銃を構え、昨日の不動産屋に乗り込みに行くのでした。

不動産の従業員は怯え、純平の言う通りに金を渡しました。

ママからの頼みを果たし、神社で一息ついている純平。

そこへヒールを脱ぎ、ストッキングを血まみれにしながら走ってくる加奈の姿が見えました。

加奈はお金を持って逃げて行った純平を、一生懸命追いかけてきたのでした。

そこから純平と加奈は意気投合、そのままの勢いで、ホテルで一夜を過ごします。

加奈は純平が気になり質問していくのですが、その中で純平が3日後、対立する組の幹部を殺す鉄砲玉になることを知るのでした。

純平が野暮用があるとホテルを出た後、加奈はネットの掲示板に今日起きた出来事を投稿するようになりました。

この投稿にネットの住人たちも反応を見せます。

自宅で自殺しようとしていた女子高生、司法試験を受けるはずがホストクラブに勤めている男、果てはホームレス、様々な人が彼女の投稿を気にするようになるのでした。

純平は、殺しの決行現場近くへ下見にきました。

コインランドリーがあったので入ると、ゲイの男の子がそこにいました。

ゲイの男の子は純平を客だと勘違いし、お尻を触ります。

焦った純平は、自分はノンケで今も女と寝てきたところなんだよ、と事情説明しながらも彼と仲良くなるのでした。

コインランドリー前に車が停まります。

何と、ターゲットの幹部が来るのでした。

焦った純平は目の前にいたゲイの子を抱き寄せ、背中を向け顔を隠しました。

一難去り、純平は、ゲイの子から幹部がよく来る時間帯などを聞き、その場を後にするのでした。

ホテルに戻った純平は、加奈と共にホテルを出ます。

純平は、またも野暮用があると言い、自分の兄貴分北島の元に行くのでした。

北島は、今回の親分の話には納得ができないとしながらも、純平の決意に涙を流し「行ってこい」と指示を出します。

残りの2日間、良いものを食べて良い部屋泊まって良い女を抱けと、純平に支度金を渡すの北島。

その心意気に感動した純平は、涙ながらに頭を下げるのでした。

加奈と再会した純平は、道端でホームレスとぶつかりトラブルになります。

警察沙汰になったら困ると思った純平は、ホームレスに焼肉を奢ることにします。

自分の大好物の焼肉を、加奈とホームレスという妙な三人で食べるものの、純平はその時間を楽しく過ごすのでした。

その後、純平と加奈は、新宿にある高級ホテルのスイートルームに泊まるのでした。

初めて見る光景に、純平も加奈も興奮しながら過ごします。

そして、夜は更け抱き合う2人…。


(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『純平、考え直せ』ネタバレ・結末の記載がございます。『純平、考え直せ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
2人は、この時間がいつまでも続くものじゃないと知りながらも抱き合います。

純平は自分が涙を流していることに気づくのでした。

他の誰でもない、自分自身が鉄砲玉になることを恐れているかのように、加奈に会えなくなることを嘆いてるかのように、彼は加奈の腕の中で涙を流すのでした。

純平が昨日と同じ時間にまた下見に赴くと、またゲイの男の子がいました。

彼が言うには「幹部はもう来てしまった。」と言うことでした。

明日にはと意気込むような顔の純平に、ゲイの男の子は「逃げるんなら小回りが利くバイクがいい」と助言めいたものを伝えます。

純平は、良いことを教えてもらったお礼にと、一万円札を彼のポケットに入れるのでした。

そして朝、純平はバイクを手に入れるため、加奈を連れて実家がある埼玉へ向かうのでした。

地元の先輩からバイクを手に入れた純平たちは、17才で家出をして以来、一度も帰っていない実家に顔を出すのでした。

スナックをやっている純平の母。

恋人?の加奈と三人で話しながら近況報告する純平や、昔の話をする母親。

別れ際、飲み物代にと金を置いてく純平を見て、全て悟ったように純平の母は「またな」と告げるのでした。

純平は、一言「おう」とだけ応え、実家を後にし、歌舞伎町へ戻るのでした。

新宿に戻った純平と加奈。

加奈が「鉄砲玉になんかならずに逃げればいい」と純平に思いをぶつけたことから言い争いになり、そのまま2人は喧嘩別れしてしまいます。

イライラした加奈は、純平と会って以来逐一投稿を書き続けていた掲示板に、思いの丈を書いていきます。

気がつくと、掲示板に「純平」の文字が・・・

加奈は勢い余って、純平の名を掲示板に投稿してしまったのでした。

一方、純平は組への最後の挨拶を済ませて帰路についてました。

すると、組の仲間が純平に語りかけてきます。

組の仲間は、純平は北島に売られたんだと言ってくるのです。

北島は、純平を鉄砲玉にして出世するつもりだと。

信じられない純平は、聞く耳も持たずに去って行くのでした。

加奈は、純平と逃げるために金を工面しようとしていました。

そして、2日前に逃げた不動産屋に戻り、金庫を開けお金と封筒を持ち出すのですが、そこには以前から加奈に付きまとっていた男性社員の姿が!

そんなこととは知らずにホテルの部屋へ帰った加奈。

インターホンが鳴り、純平だと思いドアを開けると、そこには男性社員の姿が・・・

男性社員は加奈に暴行を働いた挙句、加奈の綺麗な長髪を切り落とし、去って行きました。

嵐のようにひどいことされた加奈は、下着姿で自分の不揃いな髪を見るのでした。

そして、カミソリで髪をどんどん切っていきます。

何も知らない純平が戻ると、そこには短髪の彼女が立っていました。

激昂した純平は、仕返しに行こうとしますが、「今は、ここにいて」と頼む加奈。

彼らはベッドの上で、最後の2人っきりの時間を過ごすのでした。

将来のこと、行きたい場所、彼らは色々なことを話します。

そして出発。

純平は加奈に、「全て終わったら神社に行くから、そこで待っていてくれ」と告げるのでした。

加奈は、起こったことを掲示板に投稿していきます。

この出来事が事実だと信じたネットの住人たちは、次々と投稿を残していきます。

「純平、考え直せ」と。

挙句には、彼を探しに歌舞伎町まで訪れる者も現れました。

そんな中、純平は向かっていきます。

まずは、加奈に酷いことをした奴に借りを返すため、不動産屋に現れ暴れ回るのですが、圧倒的な数の差に、またしても返り討ちにあってしまいます。

ボコボコにされ、外に捨てられた純平。

気がつくと、幹部があの場所に現れる時間が迫ってきていました。

コインランドリーに向かった純平、いつものようにゲイの男の子と話します。

「来ないと思った、純平さん」と話す彼に、何故名前を知っているのかと純平は聞きます。

彼は答えるのでした「だって、今有名よ歌舞伎町の純平って」。

その言葉を聞いた純平は、ついに自分もビッグになったと思います。

気がつくと、幹部の車が止まることもなく純平に向かって行き、そして引き金を引くのでした。

完全に夜が明け、純平を待つ加奈。

そこへ純平が現れます。

抱き合う2人…。

先を急ぐ純平に背を向け、加奈は携帯を取りに行きます。

振り返ると純平の姿はありません。

そう、彼女が見たのは幻でした。

もう純平は戻って来ないという事実に、彼女の両目から涙がこぼれ落ちて行きます。

彼女の涙を止める人はもういないのでした。

映画『純平、考え直せ』の感想と評価


(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

まず、始めに言っておきたいのはこの作品はR15指定ですので、過激な表現があります。

それを気にせず観られる方限定で、楽しめる作品です。

全体的に、歌舞伎町の華やかで怖い雰囲気が出ています。

東京以外の人が思う東京ってこんな場所かな、というイメージがぴったりと会う作品でした。

次に、柳ゆり菜の体当たりの演技に驚かされました。

見ながら、あれ?グラビアアイドルさんでしたよね?と思ってしまうほどに、後半に行くに連れて彼女の演技に引き込まれていきます。

終盤に、彼女がある行動を起こすのですが、そのシーンは是非見てもらいたいです。

彼女の笑顔も涙も、嘘がなく感じられ、見ていて気持ちのいいものでした。

野村周平演じる純平ですが、良い意味で古く感じました。

その理由は格好や言葉遣いなど、何個か理由があるのですが、一番大きな理由は、純平がよく言う“任侠”という言葉。

それが純平の行動理念であり、鉄砲玉になって男になるということを信じて疑わない、昔堅気で硬派な漢の生き様をスクリーンで楽しめました。

ただ、ちょっと北島には、裏切られた感じが否めないですよね。

カフェでのアニキと舎弟の最後の会話。

周りに客がいるのに大声でも気にしない!あんなシーンを見せられた後に、実はこうだったと言われてもなんか納得できないです。

逆にいえば、あのシーンは、最近注目株の毎熊克哉と野村周平が織りなす名シーンです。

あ、ヤクザって別に声を張り上げなくても怖いわ、最高だなこのアニキ、毎熊克哉が演じる北島がそう見えてきますよ。

後は、コインランドリーでの男同士の会話なんですが、初日、2日目、3日目と佐野岳が演じるゲイの彼と純平の間には、たしかに友情が目に見えて育まれて行きます。

特に3日目の2人の会話は、是非見て欲しいものになっています。

まとめ


(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

『純平、考え直せ』は1人の若者が男になるために、与えられた時間を後悔することなく生き抜くお話でした。

ある登場人物が「若者が死ぬのを怖がらないのは、我が子を抱いた感情も父や母を看取った経験もなく、ロクな経験をしてないからだ」と言っていましたが、正しくその通りです。

そんな経験をしていない純平や加奈だからこそ、たった3日間であれだけの物語を紡いでいきました。

近年の恋愛モノに飽きた皆さんや、刺激が足りない人にぴったりな映画です。

タイトルだけ見てちょっと違うなと感じている方にも、ぜひ考え直して観に行ってほしい、そんな作品でした!

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開です。

ぜひ劇場でご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ソフィアコッポラ監督の新作公開はいつ?カンヌ受賞作『ビガイルド欲望のめざめ』

カンヌ国際映画祭で大注目されたソフィア・コッポラ監督作品『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。 めでたく!ソフィア・コッポラ監督は、カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞しました! ©20 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハートストーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

北欧アイスランドの漁村を舞台に、思春期を迎えた幼馴染の少年たちの揺れ動く感情を繊細に描いた青春映画『ハートストーン』は、2017年7月16日より全国順次公開中です。 CONTENTS1.映画『ハートス …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイトル、拒絶』ネタバレあらすじと感想解説。伊藤沙莉が演技力で見せたセックスワーカーの“女たちの生き様”

2013年初演の舞台を主宰の山田佳奈自ら映画化、セックスワーカーの女たちを描いた映画が公開! 「私の人生なんて、クソみたいなもんだと思うんですよね」という伊藤沙莉演じるカノウの核心をつく独白から始まり …

ヒューマンドラマ映画

映画『Fukushima 50』あらすじネタバレと感想・評価。佐藤浩市らキャストが語る“今”痛みを描く意味とは

映画『Fukushima 50』は2020年3月6日(金)から全国ロードショー 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿 …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ハーフ・オブ・イット』ネタバレ解説と考察感想。ラブレターの代筆がもたらす真実の愛

愛は寛大でも親切でも謙虚でもない。愛は厄介。おぞましくて利己的。それに大胆。 Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』は、「ラブレターの代筆」という古典的な設定から始まる青春ス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学