Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/13
Update

映画『狐狼の血』あらすじとキャスト。感想は原作文庫との違いを調査!

  • Writer :
  • Yasu

ミステリー映画『狐狼の血』は、5月12日(土)より公開

柚月裕子の同題ベストセラー小説を白石和彌が映画化。昭和63年の広島の呉市がモデルになっている架空の都市呉原市を舞台にした、刑事とヤクザの駆け引きを描いたエンターテイメント。

警察の暴力団係の班長、大上章吾を役所広司、大上の下につき、大上と行動を共にすることになった日岡秀一を松坂桃李が演じます。

監督は『凶悪』『彼女を知らない鳥たち』の白石和彌。

今回は柚月裕子の原作小説のあらすじに書かれた事件の真相の結末と、それを映画化した見どころなどを調査しました。

スポンサーリンク

映画『狐狼の血』の作品情報


(C)2018「孤狼の血」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
柚月裕子

【監督】
白石和彌

【脚本】
池上純哉

【キャスト】
役所広司、松坂桃李、真木ようこ、滝藤賢一、中村倫也、阿部純子、中村獅童、江口洋介、竹ノ内豊、ピエール瀧、田口トモロヲ、石橋蓮司

【作品概要】
若松孝二監督の弟子で、その若松監督を描いた映画『止められるのか、俺たちを』の公開も控えている白石和彌が監督をつとめています。

昭和63年の暴力団施工法施工前の県警対組織暴力を描いています。

正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの戦いの物語です。

柚月裕子プロフィールと作品の特徴


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

柚月裕子(ゆづきゆうこ)は、1968年5月12日生まれで岩手県出身の作家です。映画『狐狼の血』公開の日が50歳の誕生日なんですね…⁈狙ったのか、偶然なのかはわかりません!

2008年に、『臨床真理』で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。

2013年『刑事の本懐』で第15回大藪春彦賞を、2016年に『狐狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞

他の著書に『最後の証人』『検事の死命』『蟻の菜園-アントガーデン』『パレートの誤算』『朽ちないサクラ』『ウツボカズラの甘い息』『あしたの君へ』『慈雨』『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』『盤上の向日葵』などがあります。

スポンサーリンク

原作『狐狼の血』のあらすじとネタバレ


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

呉原東署へ赴任してきた、日岡は捜査二課の所属となり、暴力団係に配属されました。そこでは、捜査二課の主任で、暴力団係の班長をつとめる大上の下につくことになります。

日岡は大上の物騒な噂を、県警に採用される前から聞いていました。暴力団員から2度襲撃を受け、相手を半殺しにしたとか、自らも重傷を負って入院した、との噂もあり、日岡は大上のことを会う前から恐れていました。

呉原東署では呉原市暴力団抗争事件対策本部が、暴力団関連事務所の一斉捜査を計画していた時、新興暴力団組織の系列の呉原金融の経理担当社員、上早稲が3か月行方不明になっており、その上早稲の行方を、大上は追っているのでした。

上早稲の妹は、警察に捜索願を出しています。

暴力団係り等が、エスと呼ばれる暴力団内部の内通者を飼っているもので、使えるエスをどのぐらい持っているかで、刑事としての腕が決まるといっても過言ではない、ということは、日岡でも知っています。

大上はそのたくさん飼っているエスを使って、上早稲を追いかけますが、日岡は次第に大上の行動に疑問を持つようになります。

時に暴力で暴力団員を脅し、

時に大金で内部の情報を買う……

暴力団をうまく付き合う事で、上早稲捜索を前進させようとするところまでは、警察内部でも暗黙の了解としてあるものですが、それが度を越しているのです。犯罪組織と警察組織という関係のバランスが崩れていると、日岡は感じるのでした。

しかし、そんな大上の度を越した捜査によって、上早稲の行き先を突き止めることに成功したのでした。

上早稲が向かったのは無人島の赤松島でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『狐狼の血』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラプラスの魔女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

大上、日岡を含めた捜査員たちは、警察犬を連れて赤松島へやってきます。

警察犬の鼻が、ある匂いを嗅ぎつけます。

警察犬が示した地点を掘り起こすことにする捜査員たち。

そして、そこから出てきたのは腐乱死体でした。

鑑識課の手に渡る死体。

鑑識課職員は大上に告げます。
「事前に入手していた、上早稲の歯形と、地中から発見された頭部の歯形が一致しました。この頭部は上早稲本人のもと、ほぼ断定できます」と。

大上は死体に語りかけます。
「成仏してくれい。のう、上早稲」

大上は、今回の事件をきっかけに、排除すべき暴力団の排除に突き進もうとしているのでした。

しかし、赤松島で上早稲の遺体が発見され、大上班が慰労会と称し、酒盛りをした翌日、大上は署長から自宅待機を命じられたのでした。

自宅待機―事実上の謹慎です。

納得いかない班員たちは署長に理由を問い詰めます。しかし、署長は何も話しません。

日岡は、大上から直接聞くのでした。

そこで大上は、[例の500万じゃ」と日岡に話します。

例の500万とは、組と組の間で、やり取りがあるはずだった金を、大上が預かる形となり、大上がその500万円を組と組の間に入りながら、事を丸く収める為に使ったお金のことでした。

そして、それを新聞社の記者に知られることとなった、というのです。

上早稲の死体発見を、きっかけとして暴力団を鎮めるべく、「さぁ、これから」と、意気込んでいた大上が一番ショックであるにも関わらず、日岡には「ガタガタ騒ぐな。ワシがおらんあいだ、班の指揮は係長がとる。係長の指揮に従え」と、逆に日岡を激励します。

ある日を境に、大上と連絡がとれなくなる日岡。

大上は、単独で暴力団間の中に、さらに入り込んでいっていたのです。

不安になる日岡。

田島港の埠頭から、一体の水死体が上がったという一報が入ります。

死体を確認するために田島港へ向かう日岡。死体を確認するや、無線で、「こちら日岡。自分で視認したところ、遺体は大上巡査部長と思われます」。

実は日岡はスパイでした。大上を監視するために大上の下についたのです。

世間では、警察組織と暴力団との癒着が問題視されていました。その、警察が世間に知られたくない様々な問題の情報を大上は握っており、その握っている情報を把握するべく、警察組織が日岡を大上の近くに置いたのでした。

しかし、大上と行動を共にする中で、時に、刑事でありながら、法に触れるようなやり方で捜査を進めることはあるものの、町の平和を守る、という信念や、愛を大上から感じていた日岡。

スパイ活動の対象者でありながらも、直属の上司だった男を亡くした日岡をねぎらう警察上層部に対し、日岡はこう言います。

「俺が持っとるネタは、まだ仰山ありますがのう……。手を出したら広島県警は火傷しますよ」。

日岡は、広島県警の黒い行いが書かれたノートを、大上から託されていたのでした。

『狐狼の血』の原作と映画の違いは?


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

強烈キャラの大上役に名優!役所広司

本作の監督を務めた白石和彌は、名匠若松孝二監督の弟子で師匠を描いた映画『止められるのか、俺たちを』の公開も控える白石和彌が監督をつとめています。

原作小説では、大上はパナマ帽をかぶって、昭和の雰囲気を醸し出しながら、組織の1ピースにおさまりきらない強烈な個性を発揮。

常に暴走していると感じさせるぐらい、自分がこうと決めたらとことん突き進んでいきます。

そこにもはや、法律という壁があったとしても、法律でも介在する余地がないほどです。

また、大上は、品があるタイプではないものの、料理屋の美人女将が惚れるぐらいなので、男の色気はあります。

役所広司がやり過ぎの悪の部分と、実は情に熱く愛に溢れている男の色気の部分をどう表現しているかが映画の見どころになっています。

日岡を演じる松岡桃李に注目!


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

また、日岡演じる松岡桃李にも注目です。

日岡は、基本的には頼りないキャラクターなのです。

ドラマ『ゆとりですがなにか』内で演じた役に近いものがあります。

しかし、そこから、大上が自宅待機にさせられ、大上と連絡を取れなくなると、どんどん逞しくなります。

そして、最後には大上の思いを引き継ごうとするのです。日岡の成長に注目です!

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 映画「狐狼の血」製作委員会

世の中にこんなすごい映画があったのかと、脳天かち割られるぐらいの衝撃があった」と話しているのは、原作小説を執筆した柚月裕子

その柚月が、「『仁義なき戦い』なくして、この作品はあり得なかった」と言っていることからも、分かるように、仁義なき戦いをバリバリ意識して書いた作品です。

また、脇は、江口洋介、竹ノ内豊、中村獅童などが固めまているのも。超豪華!

新時代の東映『仁義なき戦い』になりうるか、はたまた、それを超えるか、あなたの目で刮目してください。

時代を担う、若松イズム継承者白石和彌監督が、どのように昭和のやくざの世界を描いたか、豪華俳優陣を生かすエンターテイメント性を打ち出してくるか、必見です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『エイス・グレード』ネタバレ感想と評価。SNS時代に生きる少女の青春像を繊細なタッチで描く

オバマ前大統領が年間ベスト映画に選出したことでも話題の青春映画 生まれた時からウェブサイトやSNSが存在する、若き少女たちのリアルな葛藤や恋愛。 そして、父親との家族関係を描き、全米で公開4館からわず …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブラッククランズマン』あらすじネタバレと感想。スパイク・リー新作【原題:BlacKkKlansman】

今回ご紹介するのは2018年5月、第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された『ブラッククランズマン(原題BlacKkKlansman)』。 日本での公開はまだ未定ですが、今の時代に見逃すことのできな …

ヒューマンドラマ映画

実話映画アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル|あらすじと感想レビュー

実話映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日(金・祝)より全国ロードショー! 今や国民的スポーツとなったフィギュアスケート。そのフィギュアスケートの歴史の中で最大級の汚点ともいえるト …

ヒューマンドラマ映画

映画『岬の兄妹』あらすじと感想レビュー。初日舞台挨拶で語った片山慎三が真正面から描く貧困とは

映画『岬の兄妹』初日舞台挨拶リポート 2019年3月1日(金)全国ロードーショーの映画『岬の兄妹』。 2018年に開催された『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』のコンペティション部門に選ばれた …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』あらすじネタバレと感想。チャン・リュル監督が死生観を静かに鮮やかに表現

『キムチを売る女』、『春の夢』など世界の映画祭で注目を集めてきた韓国の名匠チャン・リュル監督が描く男と女、生と死の物語 チャン・リュル監督の2014年の作品『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』が、全国順 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP