Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『よりよき人生』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラストの逃避行の賛否について解説

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

セドリック・カーン監督と主演ギョーム・カネのヒューマンドラマ、映画『よりよき人生』。

『倦怠』『ロベルト・スッコ』などで知られるセドリック・カーン監督が、『戦場のアリア』『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のギョーム・カネを主演に迎えてヒューマンドラマを描いた映画『よりよき人生』

2011年にローマ国際映画祭にて主人公ヤンを演じたギョーム・カネが、最優秀男優賞を受賞したほか、同年リスボン&エストーレ映画祭審査員賞やシネウローパ賞を受賞。また、第24回東京国際映画祭でコンペティション部門にエントリーされました。

弱者に対して風当たりが強いフランスの現代社会を背景に、生きるため仕事や生活費の問題や家族のあり方を繊細なまでに描き出す、夢追うフランス人の自称シェフとレバノン人のシングルマザーの物語。

スポンサーリンク

映画『よりよき人生』の作品情報


(C)2011-LES FILMS DU LENDEMAIN-MAIA CINEMA-CINEMAGINAIRE-MARS FILMS-FRANCE 2 CINEMA

【公開】
2011年製作(フランス・カナダ合作映画)

【脚本】
カトリーヌ・パイエ

【監督】
セドリック・カーン

【キャスト】
ギョーム・カネ、レイラ・べクティ、スリマン・ケタビ、ブリジット・シィ

【作品情報】
2011年ローマ国際映画祭最優秀男優賞(ギョーム・カネ)
2011年リスボン&エストーレ映画祭審査員賞/シネウローパ賞
2011年東京国際映画祭正式出品

映画『よりよき人生』のあらすじとネタバレ


(C)2011-LES FILMS DU LENDEMAIN-MAIA CINEMA-CINEMAGINAIRE-MARS FILMS-FRANCE 2 CINEMA

学校給食の調理人でシェフを目指すヤン35歳。採用面接に行ったレストランで調理の腕を見せることなく、シェフ未経験者ということでオーナーから門前払いでした。

しかし、その際にレストランで働く女性ナディアをデートに誘い、仕事終わりに飲みに行く約束を取り付けます。すぐさま恋に落ちた二人は一夜を共にします。

翌朝ナディアはヤンに、レバノン人のシングルマザーだと打ち明け、息子の名前はスリマンで9歳だと、ヤンに伝えます。スリマンとヤンは直ぐに打ち解けると友達のようになりました。

ある日、三人でピクニックに出かけた湖畔。父親のいないスリマンとヤンは仲良く、ラジコンヘリを飛ばして遊びますが、スリマンが操縦を誤って湖に落下させてしまいます。

ラジコンのヘリを取るための棒を探していると、ヤンは偶然に廃屋を見つけます。立地条件の良さ、室内の広さなどから空き家を気に入ったヤンは、キレイにリフォームすれば、素敵なレストランになるとひらめきます。

すぐにナディアに提案すると、不動産会社に電話して物件を押さえ、ここで自分たちの夢のレストランをオープンしたいと決意します。

ですが、夢の実現には資金がかかり、ヤンに行動力があっても融資は思うようにも受けられず、どうしても頭金が用意できませんでした。

ヤンは消費者ローンのリボ払いを、銀行に内緒で複数受けて頭金を用意します。

やがて改築も終わり、消防署が火災点検にやって来ると審査の結果は不合格。理由はヤンが改装の設備の費用を節約した際に厨房との仕切りの壁などが安全基準に満たなかったのです。

開業するためには、どうしても改築をしなければなりませんが、それには2万ユーロ必要と言われ、立ち行かなくなります。

融資は消費者ローンを銀行に内緒で借りたことが、ブラックリストにのってしまったからです。ヤンは職場の友人らにも金の無心に奔走し、資金を集めようとしますが上手くいかず、借金だけが残ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『よりよき人生』ネタバレ・結末の記載がございます。『よりよき人生』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヤンとナディアは法律に詳しい機関へ相談するために訪ねますが、今のままでは一生借金を返す人生になるので、すぐにでもレストランを売却するように言われます。

しかし、ヤンは、夢であるレストランをどうしても売りたくないと、納得できません。

意見がぶつかり、ついにナディアはヤンと喧嘩をしてしまい、スリマンと一緒にヤンの家を飛び出していきます。

その後ナディアは、ウエイトレスをしていたレストランから、カナダでホール主任の仕事を誘われたと伝え、1ヶ月経てば、給料も入り、カナダで家を借りてスリマンを引き取るので、それまでヤンに預かってほしいと交渉されます。

ナディアが出稼ぎに旅立ち、それでも、レストラン開業を諦めきれないヤンは、友人にマルクという人物を紹介されます。

マルクからのアドバイスでレストランの営業権と、レストラン脇で住んでいるトレーラーハウスも売ることという契約に同意。代わりに安価で住む所を紹介してもらったヤンとスリマン。

しかし、住むことになった場所は、家賃は安いのですが、狭くて雨漏りがする、移民の低所得者の住むアパートでした。

スリマンは生活環境の悪いアパートでの生活や、母親ナディアからの手紙が来なくなっやことも相まって、次第に元気が無くなってしまいます。

そんなある日。スリマンはスポーツ用品店でシューズを万引きしていた事実が発覚。そのことに気づいたヤンが強くスリマンを叱り、自分たちは貧しくとも泥棒ではないと教えを説きます。

ヤンとスリマンは盗んだシューズを返却するために店舗を訪ねますが、オーナーはすでに中古になった商品は、購入してもらえないなら警察を呼ぶと引き下がりません。

ヤンは仕方なくシューズを購入、このことで1ヶ月の3分の1の生活費が無くなりました。

その後、困り果てたヤンはスリマンを連れて電車に乗り、友人に会いに遠出をしました。その友人の会社に会いに行くが不在ですと告げられます。翌日から何度もいないと言われるヤン。

友人に会えない間、ヤンはスリマンと釣りをしたり、クラブで騒いだり、知り合った男性のイビキに笑ったりと楽しい日々を送ります。

それまではナディアに見捨てられたと思っていた二人はケンカばかりしていました。友人を4日間待ち続けましたが、結局会えずに帰ることとなります。

お金に困ったヤンは食料を盗み出して、スリマンと二人でお金に変えます。そして美味しいものを食べながらスタジアムの外から試合を観戦します。スリマンはその間学校を無断欠席したことになります。

翌朝小学校の福祉委員が訪ねてきて、児童相談所に連絡するほかないと言われます。ナディアに連絡をしようと、最後にきた手紙の住所から手がかりを探します。手紙を転送した女性を電話で問い合わせるも、その女性については分かりませんでした。

ついにヤンはレストランを売ることを決意します。しかし、思っていたほどお金にならずに、マルクの後をつけます。そして隙を突いて彼を殴り、お金を奪います。急いで準備をして、スリマンの学校へと行き、空港へと向かいます。

カナダに到着したヤンは、転送していた女性の家へと行きます。最初はナディアの事を何も話してくれませんでした。しかし、スリマンが息子であり、1年も母と会ってない事を伝えると居場所を教えてくれます。

ナディアのいた場所は刑務所でした。ヤンは受付に面会を求めると、ナディアが今日は会えないと言っていると聞きます。翌日行くとヤンだけ会うと言うナディアでした。

事情を聞くと、それはとても悲しいものでした。カナダに行くと労働許可証が無くてホール主任として働けず、部屋を借りることができませんでした。

お金が必要なため、副業でホテルの朝食作りをすることにします。そこで出会った女性の男から全国を回る販売員の仕事を紹介され、給料が良いことからナディアは働きます。その女性は手紙を転送していた人でした。

しかしある日、家に戻ると警察官がいて販売していたものから麻薬がでてきます。ナディアは無実でしたが、男が捕まらないために拘留されている状態なのです。

手紙を書きましたが、どうしても出せなかったと泣きながら言うナディアでした。

ヤンは弁護士を見つけて、保釈金で出してあげると言います。そしてスリマンと会ってくれと頼みます。ヤンは近くに家を借りて、コックの仕事をスリマンと街中を回って見つけます。

翌日ナディアに会いに、スリマンとヤンは面会時間に行きます。ためらうナディアとスリマン。スリマンはヤンに微笑んでナディアに抱きつきます。二人の涙は止まりませんでした。

カナダの雪原を疾走するスノーモービルに、ヤンとスリマンが笑顔で乗り、駆け抜けていきます。

スポンサーリンク

映画『よりよき人生』の感想と評価

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(2019)

シェフを夢見るヤン役を演じたギョーム・カネ

2011年に本作『よりよき人生』の主人公ヤンを演じて、ローマ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したギョーム・カネ。

彼は『ザ・ビーチ』『戦場のアリア』『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』などにも出演し、日本でもよく知られたフランス人俳優。

2019年には、『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』で、ウダツのあがらない中年たちが、シンクロナイズドスイミングに夢をかけた作品でも出演を果たしており、記憶に新しい方も多いはず。

しかも、『シンク・オア・スイム』では、本作のシングルマザーのナディア役を演じたレイラ・ベクティとも再共演をしているので、映画ファンは要注目です。

そんなギョームは、2001年に女優ダイアン・クルーガーと結婚するも、その後に離婚。2003年に公開された『世界でいちばん不運で幸せな私』で共演した、マリオン・コティヤールと2007年から交際して、息子を授かります。

給食の料理人ヤンは、シェフになりたいという夢を持っていましたが、ギョームのような深い瞳を持ったイケメン俳優が、本作の冒頭のように、簡単に女性と恋に落ちるのも納得なのかもしれません。

無計画でだらしのない男性ですが、このようなタイプの異性に弱い女性は確実にいることでしょう。しかし、作品タイトルからハートフルなヒューマンドラマを求めた映画ファンなら、きっとストーリーの展開に驚くことでしょう。

里子に出されていたヤンの父性


(C)2011-LES FILMS DU LENDEMAIN-MAIA CINEMA-CINEMAGINAIRE-MARS FILMS-FRANCE 2 CINEMA

本作『よりよき人生』に登場するヤンは、一見どうしようもない人物にも見えます。計画性のない借金、その後の窃盗や国外逃亡に至るまで、いくら社会的な弱者とはいえ納得しかねると思う方も多いかもしれません。

しかし、それらが生む感情は、ギョーム・カネの確かな演技力の賜物であり、説得力がある芝居であるからこそ体現ができたとも言えます。

そして何よりもヤンは、ナディアから預かった少年スリマンを心の底から心配していたのではないでしょうか。

それは、まるで父親のように彼が起こしたスポーツシューズを万引き事件などにも、強い姿勢で接しています。あれは怒りの感情でなく、彼なりの叱りであり、躾であったのでしょう。

また、ラジコン操縦のヘリで遊んだり、スタジアム外でのファストフードを食べながらのサッカー観戦、特に、海釣りをする場面の活き活きしたやり取りは印象的で、ヤン自身が里親に預けられた幼少期を過ごしていたことから、親身になってスリマンの存在を思っていたことは、疑う余地はありません。

ヤンが本当に心底から無責任な人物であれば、カナダに行ってしまったナディアの息子スリマンを、さっさと見捨ててしまい、あれほどまでに面倒を見ることはないでしょう。

ラストシーンでカナダの雪原をスノーモービルで疾走するヤンとスリマンは、きっと、何事も上手くいかなかったパリという状況よりも、明るい未来が待っていると信じたい終わり方をしています。

それはスリマンが万引きしたシューズよりも、スノーモービルの方が映画的な比喩から見て、明らかに早くどこまでも行ける自由な象徴なのですから。

まとめ


(C)2011-LES FILMS DU LENDEMAIN-MAIA CINEMA-CINEMAGINAIRE-MARS FILMS-FRANCE 2 CINEMA

本作の演出を務めたセドリック・カーンは、フランス最高の映画賞の一つルイ・デリュック賞に輝く『倦怠』や、カンヌ映画祭出品した『ロベルト・スッコ』などで知られる実力派の映画監督です。

この作品でもヤンをはじめとした登場人物の感情や人間的な本質をリアルなまでに描き、そして人間賛歌としての自由を真の意味で見つめ直しています。

ヤンと恋に落ちたナディア役をを演じた女優、レイラ・ベクティの演技力にも注目で、移民のレバノン人で若くしてシングルマザーという設定も見事に説得力を見せてくれ、セドリック監督は、新世代のイザベル・アジャーニだと印象を述べています。

また、ナディアの息子スリマンを演じたスリマン・ケタビの見せる表情は、場面ごとに実に複雑さを見せており、また何より嬉しそうな時の笑顔が美しく頼もしい。映画初出演ながら自然な様子が、本作『よりよき人生』の作品を豊かにしています

貧しい弱者の新しく、ささやかな幸せとは何か。社会的な背景を考えさせながらも心に感じさせてくれる1本です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『希望のかなた』あらすじと感想。アキ・カウリスマキの評価も

アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』は、2017年のベルリン国際映画祭で観客から圧倒的支持を受けました。 批評家のみならず、多くの胸に深い余韻を残した本作は、同映画祭で監督賞の栄誉に輝きました。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』あらすじとキャスト。上映館情報も

映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』は、7月28日(土)よりヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 首都ベルリンからユダヤ人は一掃されたといわれていたが、実際には約7000人のユダヤ人が …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』あらすじとキャスト。公開劇場情報も

リューベン・オストルンド監督の第70回カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品。 映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が4月28(土)日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、立 …

ヒューマンドラマ映画

『二重生活』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想とラスト考察

無作為に選んだ相手をただ尾行する”だけ”という、ソフィ・カル著『本当の話』からのアイデアを使い、修士論文のために他人の生活を覗き込んでしまう女子大生…。 映画『二重生活』に登場する女子大生 …

ヒューマンドラマ映画

映画『オリエント急行殺人事件』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

密室の中で起こった殺人事件。列車の中に犯人が潜んでいる。果たして誰なのか?またその動機は。 謎が謎を呼ぶ難解な事件に名探偵ポアロが挑む!豪華キャストで映像化されたアガサ・クリスティの原作『オリエント急 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学