Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/11/17
Update

映画『ミッション・ワイルド』あらすじとキャスト!オススメ評価は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画「メン・イン・ブラック」シリーズ、缶コーヒーBOSSのコマーシャルなど、日本で圧倒的な認知度を誇る俳優トミー・リー・ジョーンズ。

2017年10月に開催された東京国際映画祭では、コンペティション部門の審査員長を務めました。

日本での人気に揺るぎや翳りはありませんね。そんなトミーが監督と主演を果たしたのが、映画『ミッション・ワイルド』

カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作であり、ヒラリー・スワンク、メリル・ストリープの2大オスカー女優出演といった豪華キャスティングな作品です。

スポンサーリンク

1.映画『ミッション・ワイルド』の作品情報


© 2014 THE HOMESMAN LIMITED PARTNERSHIP

【公開】
2014年(アメリカ・フランス映画合作)

【原題】
THE HOMESMAN

【脚本・監督】
トミー・リー・ジョーンズ

【キャスト】
トミー・リー・ジョーンズ、ヒラリー・スワンク、グレイス・ガマー、ミランダ・オットー、ジェームズ・スペイダー、ヘイリー・スタインフェルド、メリル・ストリープ

【作品概要】
ハリウッドスターで知られるトミー・リー・ジョーンズが、カンヌ映画祭にて2部門を受賞した映画『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』以来、自身2作目となる監督・主演で、19世紀のアメリカ・ネブラスカを舞台に、西部開拓時代を生き抜く人々の姿を描いた作品。

カンヌ映画祭ではコンペティション部門に出品された本作には、豪華キャストにオスカー女優のヒラリー・スワンクとメリル・ストリープがキャスティングに名を連ね大きな話題となった映画。また国内の京都ヒストリカ映画祭でも上映されました。

2.映画『ミッション・ワイルド』のあらすじ


© 2014 THE HOMESMAN LIMITED PARTNERSHIP

19世紀のアメリカ・ネブラスカ。小さな集落で暮らす独身女性メアリー。

彼女は病で豹変した3人の女性をアイオワの教会まで連れて行く役目の「ホームズマン」に立候補します。

メアリーは馬車に揺られ出発した直後に、木に吊るされた悪党ブリッグスに遭遇。

処刑寸前だったブリッグスを旅に同行することを条件に、メアリーは彼を助け出しました。

こうして始まった、孤独な女と大悪党の約400マイル(650km)の長い旅。

だが彼らを待ち受けたのは、地獄と例えられ生きて帰ることもままならない最も危険な荒野でした。

過酷な気候や先住民との出会い、そして命を狙う盗賊たち。メアリーとブリッグズは無事に任務をまっとうすることができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

3.映画『ミッション・ワイルド』の感想と評価


© 2014 THE HOMESMAN LIMITED PARTNERSHIP

ハリウッドスターとして知られるトミー・リー・ジョーンズは、2005年に世界公開された初監督作品『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』で、カンヌ映画祭の男優賞(自身)と脚本賞の2部門を受賞してから、第2作目となる監督&主演作品です。

本作『ミッション・ワイルド』は、カンヌ映画祭のコンペティション部門で上映されると鳴り止まないスタンディング・オベーションを浴び、世界的なニュースとなりました。

この作品のプロデューサーにはリュック・ベッソンやピーター・ブラント、またブライアン・ケネディの名前が並び、さすがにキャスティングが超豪華な作品です。

トミー・リー・ジョーンズ自身はもちろんオスカー女優のヒラリー・スワンク、同じくオスカー女優のメリル・ストリープと娘グレイス・ガマーの親子共演と役者だけでも見どころは満載。

また『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのエオウィン姫ことミランダ・オットー『ピッチ・パーフェクト2』『スウィート17モンスター』でティーンのハートを掴み人気急上昇中のヘイリー・スタインフェルドなど、驚くほど充実した面々が集結しています。

さらには驚くことなかれ、スタッフも超豪華なのです!!

名作『ブロークバック・マウンテン』で映画賞を総なめにし、『沈黙-サイレンス-』でのオスカーノミネートも記憶に新しい撮影監督ロドリコ・プリエトが、西部開拓時代のネバダ荒野を四季に渡り、美しい映像を作り上げています。

脚本は、映画『スノーデン』で世界的評価を集めたキーラン・フィッツジェラルドが担当。音楽は現代版西部劇を再現に挑んだ映画『LOGAN/ローガン』のマルコ・ベルトラミが担当しています。

現在のハリウッドを背負って立つ最高峰の人員たちが集い、壮大な世界観を見事に具現化している作品だけに、これは俳優たちが一緒に仕事をしたいはずですよね。

まとめ


© 2014 THE HOMESMAN LIMITED PARTNERSHIP

今回ご紹介した作品『ミッション・ワイルド』に、あなたは見どころ満載そうだなと感じませんか

多くの知人である俳優仲間や、ハリウッド切っての名スタッフ陣とともに、主演を務めたトミー・リー・ジョーンズ。

そのうえ今回の作品では、彼の監督としての演出の力量も見ることができるトミーだけでもダブルでお得な作品です。

レンタル&DVD販売は、2017年12月22日(金)より開始です。

さて、もう少し本作に登場するキャスティングに触れるなら、映画『セックスと嘘とビデオテープ』のジェームズ・スペイダーや、『フランシス・ハ』のグレイス・ガマーも出演していますよ。

ぜひ、年末年始の冬休みにレンタル店で、どんな映画を観るか迷った際には、ぜひ、オススメです!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『苦役列車』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『苦役列車』の原作は芥川賞を受賞した西村賢太原作の同名私小説。 友ナシ、金ナシ、女ナシ。愛すべき、ろくでナシである北町貫多の青春を描いたヒューマンドラマです。 『苦役列車』のあらすじや作品解説、ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『私の知らないわたしの素顔』ネタバレあらすじと感想。結末でビノシュが新たな始まりを予感させる

映画『私の知らないわたしの素顔』は2020年1月17日より全国順次ロードショー。 人間は誰でも様々な顔を持つ生き物です。 会社での自分、家庭での自分、友人に対しての自分、恋人といる時の自分、そして“意 …

ヒューマンドラマ映画

映画『狼煙が呼ぶ』あらすじネタバレと感想。松田龍平らキャストの演技力で魅せる16分の短編

火防盗賊除 枷鎖難除 魔除けの札は手に入った。 法という権力に縛られない想像力で狼煙を上げろ! 2019年4月。拳銃の不法所持で逮捕され、不起訴処分になった豊田利晃監督。その拳銃は、祖父の代から受け継 …

ヒューマンドラマ映画

映画『フィッシャーマンズ・ソング』感想とレビュー評価。現役漁師の最年長ボーイズバンドの実話をもとに描く人生賛歌

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より、新宿ピカデリー・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! イギリス南西部のコーンウォール地 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』ネタバレあらすじ感想と評価解説。“移民法により引き裂かれる”家族と男の不器用さ

養子としてアメリカにやってきた韓国生まれの青年が移民法により家族と引き離されてしまう悲劇を描いたドラマ 養子として3歳の時に韓国からアメリカにやってきたアントニオ(ジャスティン・チョン)。 キャシー( …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学