Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】ビューティフル・マインド|あらすじ結末感想と評価解説。実在の数学者ジョン・ナッシュの半生をノーベル賞受賞の“現実と幻想の境”を生きる⁈

  • Writer :
  • 谷川裕美子

実在の天才数学者の波乱万丈の人生

ノーベル賞を受賞した実在の数学者ジョン・ナッシュの半生を、『アポロ13』(1995)の名匠ロン・ハワードが映画化。

グラディエーター』(2000)の名優ラッセル・クロウが主演を務めます。

狂気の世界を生きる天才数学者の苦悩と彼を支え続けた妻の愛を描き、2002年・第74回アカデミー賞で作品賞を含む4部門を受賞しました。

優れた頭脳で華々しい活躍を遂げ、愛する女性と結婚して幸せいっぱいだったはずの数学者が陥った不運とはどんなものだったのでしょうか。

人間の幸せとは何かについて考えさせられる名作ヒューマンドラマの魅力をご紹介します。

映画『ビューティフル・マインド』の作品情報


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

【公開】
2002年(アメリカ映画)

【原作】
シルビア・ネイサー

【監督】
ロン・ハワード

【脚本】
アキバ・ゴールズマン

【編集】
マイク・ヒル、ダン・ハンリー

【出演】
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、クリストファー・プラマー、ポール・ぺたにー、アダム・ゴールドバーグ、ジョシュ・ルーカス、ビビエン・カーダン、アンソニー・ラップ、ジャド・ハーシュ

【作品概要】
アポロ13』(1995)のの名匠ロン・ハワード監督と、『グラディエーター』(2000)でアカデミー主演男優賞を受賞したラッセル・クロウがタッグを組んだヒューマンドラマ。

米ソ冷戦を背景に、ノーベル経済学賞を受賞した実在の天才数学者ジョン・ナッシュの苦悩と、彼を支え続ける妻の愛をサスペンスフルに描き出します。

2002年・第74回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、作品賞を含む4部門を受賞しました。妻アリシアを好演したジェニファー・コネリーがアカデミー助演女優賞を受賞しています。

共演はエド・ハリス、クリストファー・プラマーほか。

映画『ビューティフル・マインド』のあらすじとネタバレ


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

1947年、プリンストン大学院の数学科に入学した優秀な学生ジョン・ナッシュは、周囲から変人扱いされながらも研究に没頭していました。

ナッシュは仲の良いルームメートのチャールズに向かい、この世を支配できる理論を見つけ出したいと話します。その後、ナッシュは画期的な「ゲーム理論」を発見し、功績を認められてマサチューセッツ工科大学のウィーラー国防研究所に採用されました。

それから5年後。授業を受け持つようになったナッシュは、生徒のひとりだった利発で美しいアリシアと出会います。

同じ頃、ナッシュは国防省の諜報員パーチャーからソ連の暗号解読という極秘任務を受け、そのプレッシャーにより次第に精神のバランスを崩していきました。

アリシアから夕食に誘われたことをきっかけにナッシュは彼女と心を通わせるようになり、やがてふたりは結婚します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ビューティフル・マインド』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ビューティフル・マインド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

雑誌から暗号を読み取る任務にナッシュは没頭し始めました。ある夜、ナッシュが解読した暗号を届けに行った帰りにパーチャーの車に乗り込むと、敵に追われて銃撃戦となります。激しいカーチェイスの末、敵が海に車ごと転落するのをナッシュは恐怖に震えて見ていました。

帰宅したナッシュのただならぬ様子を見てアリシアは心配しますが、彼は部屋に鍵をかけて閉じこもってしまいます。

アリシアの妊娠をきっかけにナッシュは極秘任務から降りようとしました。しかし、もしやめるならソ連にナッシュの名をばらすとパーチャーから脅されます。

恐怖にとらわれたナッシュは部屋の電気をつけることすら嫌がるようになり、そんな彼を前にアリシアは不安を募らせます。

ナッシュは幼い姪を連れたチャールズと何度も遭遇します。チャールズらが見守る中、講演会の最中に追手の姿をみつけたナッシュは壇上から逃げ出しました。その後ナッシュは精神科医のローゼン博士に取り押さえられ、病院に連れて行かれます。

ローゼン博士は、ナッシュを統合失調症だと診断します。チャールズもパーチャーもすべてナッシュの幻覚でした。

ナッシュの大学の仕事部屋を訪れたアリシアは、壁中に貼られた雑誌の切り抜きや散乱した部屋を見て絶句します。その後、彼女はナッシュが暗号を届けていた建物が廃墟であることを知りました。

病院でナッシュに面会したアリシアは、彼がまだ妄想にとりつかれていることを知ります。彼女はナッシュがポストに押し込んだ未開封の大量の文書を見せ、パーチャーも含めてすべて幻影だったことを告げますが、ナッシュは現実を受け止められずに席を立ちました。

腕にチップが埋め込まれていると信じ込んでいたナッシュは自傷行為をし、拘束されて辛い治療することとなります。けいれんする夫の姿から、アリシアは思わず目をそらしました。

1年後。アリシアは出産し、ナッシュの治療はひと段落しました。アリシアは複雑な思いを抱きながらも彼を支え続け、一方のナッシュは薬の影響で脳も体も不調であることに苦しみます。

こっそり薬を飲むことをやめてしまったナッシュはまた幻影を見始め、パーチャーも再び現れるようになりました。

ある日、子どもを風呂に入れると言うナッシュに子どもを預けたアリシアは、離れの壁一面に雑誌の切り抜きが貼られていることに気づきます。夫がまた妄想の中に戻ってしまったことを知ったアリシアは自宅に飛び帰り、バスタブに入れっぱなしにされていた我が子を必死で救い出しました。

ローゼン医師に電話をするアリシアを見たパーチャーが、ナッシュに殺すようにと命じます。パーチャーから助けようとしたナッシュは、思わずアリシアを突き飛ばしてしまいました。

車に乗って逃げようとするアリシアに向かい、ナッシュはすべて自分の幻想だったことを認めます。チャールズの姪が、少女のまままったく成長していないことに気づいたがゆえでした。

アリシアは入院を拒むナッシュに寄り添うことを決心します。

幻覚に苦しみながらも、アリシアに支えられナッシュは母校に通い始めました。彼はチャールズらに別れを告げ、その後は彼らを完全に無視するようになります。

周囲の嘲笑にあいながらもナッシュは大学の図書館で研究を続け、長い年月の後、教壇に立つまでに回復しました。

1994年。若い頃に生み出した「ゲーム理論」が認められたナッシュは、ノーベル経済学賞を受賞しました。授賞式に登壇した夫を、アリシアが客席から見守ります。ナッシュは妻に感謝を伝え、夫婦は涙をたたえながら笑顔で見つめ合いました。

ナッシュにはまだチャールズと姪、そしてパーチャーの姿が見えていましたが、彼は妻の腕をとって会場を出ていきました。

ナッシュの理論の応用範囲は広きに渡り、彼は今もプリンストン大に勤務しています。

映画『ビューティフル・マインド』の感想と評価


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

二転三転するサスペンスフルなストーリー

名匠ロン・ハワード監督が実在の天才数学者ジョン・ナッシュを主人公に描き出すヒューマンドラマ『ビューティフル・マインド』

これまで猛者を数多く演じてきたラッセル・クロウが、統合失調症を患い狂気の世界に生きる天才の苦悩を見事に表現しています。

学生時代から変わり者として知られながらも、その天才的頭脳を高く評価されてきたジョン・ナッシュは憧れのウィーラー研究所に採用され、そこで国防総省エージェントのパーチャーからソ連の暗号解読を任じられます。

米ソ冷戦の中での緊迫感あるやりとりや、銃で襲われる恐怖のカーチェイスなどのサスペンスフルなシーンが連続する中、キーパーソンであるパーチャーを演じる名優エド・ハリスの存在感に目を奪われます

前半の特殊任務から一転し、本作のサスペンス要素は後半まったく異なる形で姿を現します

実は、パーチャー、学生時代のルームメートのチャールズ、そして彼の幼い姪の存在すべてがナッシュの妄想でした。

コードを読み取るために壁一面に貼られた雑誌の切り抜きは、ナッシュの内面の狂気を物語っていました。部屋を見た妻のアリシアは戦慄し、夫が別の世界に生きていることを認めざるを得ませんでした。

どこまでが現実でどこからが幻想なのかわからない恐怖。その恐ろしさを知りながらも、薬の副作用を嫌ってナッシュは服薬を勝手にやめてしまいます。

ナッシュの病気が再発したことをアリシアが知って衝突するシーンは、大きなクライマックスです。幼い我が子をバスタブに入れたまま別のことに気をとられてしまうナッシュ。アリシアがバスルームに飛び込み子どもを救出するシーンは、思わず手に汗握る緊迫感に満ちています。

とうとう夫婦が決裂するかと思われたその時、ナッシュは自分の見ていたものが幻影だと突如認めます。理論を重んじる彼は、チャールズの姪が何年たっても少女のままであるのに気づき、現実にはあり得ない存在だと自力で理解したのです。

その後も、幻影の3人は昔のままの姿で延々と姿を現し続けます。いつまた同じ狂気に陥るのかというサスペンス要素を残しつつも、ナッシュは彼らを無視しながら共存するという方法で穏やかな生活を手に入れるのでした。

夫を支え続けた妻の覚悟


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

天才ノーベル賞学者のナッシュの波乱万丈の人生とともに、大きな見どころとなっているのは彼を支えた妻・アリシアの存在です。

少女時代に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984)で鮮烈なデビューを飾ったジェニファー・コネリーが、素晴らしい演技でアカデミー助演女優賞ほか数々の賞を受賞しました。プライベートでは本作でチャールズを演じたポール・ベタニーと結婚しています。

社会性がなく、単刀直入にしかものが言えないナッシュ。そんな部分も含めて、純粋な彼の魂をアリシアは深く愛するようになります。

ナッシュがアリシアの手をとり、彼女が好きだと言った傘の形を夜空の星をたどって作り出して見せるシーンは、とても素敵なシーンです。堅物の数学者が見せるロマンチックな愛情表現に感動することでしょう。

結婚に対して不安を抱くナッシュに、アリシアはやさしく「愛は宇宙と同じ」だと教えて安心させます。ナッシュにとって、アリシアは人生の羅針盤となってくれる存在でした。

しかし、残酷にもナッシュの狂気は加速していきます。アリシアが気づいた時には、病はかなり進行していました。

自分の愛した人が、まったく異なる世界を生きていたという事実は、アリシアの心を引き裂きますそれでも彼女は踏みとどまり、夫を支えることを決心しました。

「何が現実か区別するのは、頭ではなくここかも」そう言ってナッシュの胸を示すアリシア。「人間の力を超えたことだって可能だと信じたい」という妻の言葉を聞いたナッシュは、幻想と共存しながら現実世界を生きていく決意をします。

よく知っている環境と人々に囲まれて過ごすのが大切だと言って、彼女は毎日ナッシュを母校プリンストン大学へ送り出しました。ナッシュはコツコツとゆっくり回復していき、とうとうノーベル賞受賞という晴れの日を迎えます

ふたりにとってはこれまでの苦労が報われた日だったことでしょう。これ以上ないほどの華々しい快挙でしたが、夫妻にとっては苦しみの末に手に入れた今の穏やかな生活の方がずっと価値あるものだったに違いありません

まとめ


(C)2001 Universal Studios and Dreamworks LLC, All Rights Reserved.

天才数学者ジョン・ナッシュの苦悩に満ちた人生を、輝きとともに映し出した名作『ビューティフル・マインド』

主人公夫婦役のラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、冷酷なエージェント役のエド・ハリスらキャスト陣が、名匠ロン・ハワード監督の期待に見事に応え、アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞する快挙を成し遂げました。

ノーベル賞受賞という晴れの舞台を迎えたナッシュ。愛し愛される環境に夫を毎日送り出した賢明な妻アリシアの存在や、幻覚との境目で苦しむナッシュを見守り続けた友人たちの温かさに心を打たれます。

困難を抱えながらも、ひたむきに毎日を生きることの貴さを教えてくれる一作です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

ドラマ『賭ケグルイ双』ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。キャスト森川葵vs生田絵梨花の最終決戦!

英勉と長野晋也の両監督が描くドラマ『賭ケグルイ双』 河本ほむらと尚村透による大人気漫画『賭ケグルイ』。 登場する異質すぎる登場人物が魅力的な『賭ケグルイ』は、本編と並行して連載されるスピンオフ漫画も高 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】秘密の森の、その向こう|結末あらすじと感想評価。思い出のマーニーやジブリアニメを敬愛するセリーヌ・シアマ監督の思いとは⁈

女系3世代で繋がる母娘孫の絆を神話的で、リリカルに描いた少女の物語 今回ご紹介する映画『秘密の森の、その向こう』は、 第72回カンヌ国際映画祭にて脚本賞とクィア・パルム賞を受賞した『燃ゆる女の肖像』( …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】銀平町シネマブルース|結末感想評価とラストまでのあらすじ。城定秀夫監督といまおかしんじがタッグを組んで‟映画大好き人間”の再生を描く

なんとか営業している映画館で、なんとか生きてる人々の物語 今回ご紹介する映画『銀平町シネマブルース』は、『女子高生に殺されたい』(2022)『愛なのに』(2022)の城定秀夫が監督を務め、脚本に『れい …

ヒューマンドラマ映画

映画『聖なる泉の少女』ネタバレ考察と内容解説レビュー。清らかな水が湧く森に見た自然への敬意と恩恵

変わりゆく時代の中で、私達が忘れてしまった信仰とは。 映画『聖なる泉の少女』は、実際にジョージアのアチャラ地域に昔から口承で伝わってきた物語に基づいた作品です。 むかしむかし、泉の水で人々の傷を癒して …

ヒューマンドラマ映画

映画『女は二度決断する』あらすじネタバレ感想とラスト結末考察解説。ダイアン・クルーガー演じる母の絶望の決断を“水”と“血”から読み解く

絶望の中、彼女がくだす決断とは──。 世界三大映画祭で映画賞を受賞したファティ・アキン監督と、『イングロリアス・バスターズ』や『戦場のアリア』に出演した女優ダイアン・クルーガーがタッグを組んだ映画『女 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学