Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/09/21
Update

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』あらすじと感想評価。シャラメの眼差しに高校教師が揺れる

  • Writer :
  • 石井夏子

傷つき笑い恋をした、忘れられない週末。
あの時、あなたはたしかに私を見つめていた。

ティモシー・シャラメが出演した『マイ・ビューティフル・デイズ』が2019年11月1日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開されます。

本作は2016年に製作され、撮影当時19歳だったシャラメの成長期ならではのアンバランスな妖艶さと、彼が恋するスティーブンス先生を演じたリリー・レーブのあらゆる葛藤を抱えた佇まいが胸に残る作品です。

また、おもな登場人物は5人と少ないため、よりキャラクターへの共感をしやすく、それぞれの個性が際立ちました。

この記事では、不器用さゆえに生まれるユーモアたっぷりの映画『マイ・ビューティフル・デイズ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』の作品情報


(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Miss Stevens

【監督・脚本】
ジュリア・ハート

【キャスト】
ティモシー・シャラメ、リリー・レーブ、リリ・ラインハート、アンソニー・クインタル、ロブ・ヒューベル

【作品概要】
本作は2016年に製作されました。

監督・脚本を務めたジュリア・ハートは、本作が長編初監督。

プロデューサー兼共同脚本のジョーダン・ホロウィッツは『ラ・ラ・ランド』(2017)のプロデューサーとして知られ、ジュリア・ハート監督のパートナーでもあります。

『君の名前で僕を呼んで』(2018)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた俳優ティモシー・シャラメが、英語教師ミス・スティーヴンスに秘かに恋心を抱く、行動障害がある男子学生ビリーを演じました。

スティーヴンス先生役のリリー・レーブは本作でサウス・バイ・サウスウエスト映画祭最優秀女優賞を獲得。

そのほか、『キング・オブ・サマー』(2017)『ガルヴェストン』(2018)のリリ・ラインハートや、カリスマYouTuberのアンソニー・クインタルが出演しています。

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』のあらすじ


(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

高校で英語を教えている、29歳のスティーブンス先生。

生徒の前では凛とした姿を見せていますが、内なる悩みを抱えています。

クラスのリーダー的存在・マーゴットに頼まれ、先生は週末の3日間、演劇大会の引率をすることに。参加者はマーゴット、いつも明るいサム、そして無口なビリーです。

ビリーは友達がおらず、課題も提出しない、ちょっと問題を抱えている生徒。スティーブンス先生は校長先生から、ビリーには行動障がいがあり服薬しているため、目を離さず薬の管理をするよう念を押されます。

金曜の放課後、先生の自家用車に乗り込み、大会へと向かう4人。ビリーは自然と助手席に座ります。

生徒との関係には細心の注意を払うスティーヴンス先生でしたが、ストレートに感情をぶつけてくるビリーに翻弄されていき…。

スポンサーリンク

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』の感想と評価


(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

理想を叶える舞台という場所

ビリーには優れた芸術的才能がありながら、集団生活になじむことができません

言ってはいけないことの線引きをうまく引けない、他人との距離感がわからない、突然衝動的なスイッチが入る…。彼は他者とコミュニケーションを取るのが困難です。

そんなビリーですが、他人の気持ちにはとても敏感で、殊に他人に扮する演劇では特異な才能を発揮します。

舞台の上でなら、感情も言葉も真っすぐに伝えられるのに、舞台からおりるとなにもかもうまくいかない。そんな葛藤が「セールスマンの死」のビフ役のセリフと重なり、彼の独白は本作必見の場面となっています。

スティーズンス先生がふとした瞬間に見せる翳りを見逃さず、ビリーなりの愛情を持って励ます様子は微笑ましくもありますが、距離の詰め方は少し恐ろしく感じてしまうほど危うく、少年から青年への転換期ならではの不安定さと相まって、独特の色気を発しています。

泣き方を忘れてしまった大人へ

大人になると、誰かに頼ることが難しくなり、自分の感情を押し殺すことが増えていきます。

いつも優しく親身で芯の強いスティーブンス先生。29歳という、まだ若いけれど、夢を見るには現実を知りすぎた年齢。

加えて、彼女にはずっとぬぐえない“喪失”が付きまとっています。

常に微笑んでいるかのような彼女の顔は、能面の小面のようで、泣き顔と表裏一体。

スティーブンス先生の笑顔の裏を見抜いたビリーは、彼なりの愛情をぶつけ、先生の心の柔らかい部分に踏み込みます。そして先生も、彼に振り回されながら、自分自身と向き合っていきます。

原題は『Miss Stevens』。本作は、“先生”であり、“お嬢さん”でもあったミス・スティーブンスが、誰かの力を借りながらも再び立ち上がれるようになるまでを描いた作品です。

スティーヴンス先生とビリーが選んだ道は、ぜひ劇場で確かめてください。

まとめ


(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

本作の監督、ジュリア・ハートはインタビューでこう答えています。

「世の中の映画を見ていると、女性には失恋しか悩みがないみたいに思えるでしょ。でも女性には、恋愛とは全く無関係の色々なことが同時に起こっている」

失恋では無い“喪失”に悩み、それでも目の前にいる生徒と向き合おうとするスティーブンス先生は、教師としては未熟ながらも親しみのある等身大の人物として存在しています。

彼女に新たな悩みを与えるビリーの熱を帯びた眼差しも印象深く、頭から離れません。

スティーブンス先生を演じた、トニー賞ノミネート経験者であり、本作でサウス・バイ・サウスウエスト映画祭最優秀女優賞を獲得したリリー・レーブと、あどけなさと妖艶さが共存する19歳のティモシー・シャラメの駆け引きに、ぜひ惹きこまれてください。

span class=”caption”>
(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『30年後の同窓会』あらすじネタバレと感想。ラスト結末に見た人間の絆を考察【リチャード・リンクレイター監督のロードムービー】

鬼才・リチャード・リンクレイター監督の映画『30年後の同窓会』は、妻を病気で、息子をイラク戦争で亡くした男がかつてのベトナム戦争の戦友と旅をするヒューマンドラマ。 中年男たちの珍道中をユーモアたっぷり …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーストラック』感想と考察。原作や音楽を博物館的な表現で描く

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された …

ヒューマンドラマ映画

グッドウィルハンティング|動画配信の無料視聴とネタバレあらすじ。結末感想の紹介も

『サバービコン』の主演マット・デイモンが自ら脚本を書き、天才でありながらも恵まれない過去を持つ繊細な青年ウィル役も演じています。 最愛の妻を亡くし、生きる希望を失ってしまった精神分析医ショーンを熱演す …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『無垢なる証人』ネタバレ感想とレビュー評価。キムヒャンギの演技力と熱演で描いたものとは⁈

あなたはいい人ですか? 人気俳優チョン・ウソンと、「神と共に」シリーズの使者ドクチュン役で一躍スターダムにのし上がった天才子役・キム・ヒャンギがそれぞれ殺人容疑者の弁護士と、事件の目撃者で自閉症の少女 …

ヒューマンドラマ映画

山谷花純映画『フェイクプラスティックプラネット』感想レビューと考察。似てる芸能人を知ったことをきっかけに“不思議な国の自分探し”へと奔走

『フェイクプラスティックプラネット』は2020年2月7日(金)よりアップリンク渋谷ほかにて順次公開。 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」のファンタスティック・オフシアター・コンペティショ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学