Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/04
Update

映画『ザ・ビーチ・バム』あらすじネタバレと感想。ハーモニー・コリン監督が描く愛と芸術とは【原題:The beach bum】

  • Writer :
  • こたきもえか

ハーモニー・コリン監督『ザ・ビーチ・バム(原題:The beach bum)』

今回ご紹介するのは作家、映画監督、俳優とマルチな才能を持つ独創的な芸術家、ハーモニー・コリンの映画『ザ・ビーチ・バム(原題:The beach bum)』です。

前作『スプリング・ブレイカーズ』と同様、ビーチが舞台の本作はファンの期待を裏切らない、ポップで少し狂気混じり、そして哀愁こもる詩的な作品となっています。

スポンサーリンク

映画『ザ・ビーチ・バム(原題:The beach bum)』の作品情報

【製作】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Beach Bum

【監督】
ハーモニー・コリン

【キャスト】
マシュー・マコノヒー 、アイラ・フィッシャー 、スヌープ・ドッグ 、ザック・エフロン、ジョナ・ヒル 、ステファニア・ラヴィー・オーウェン 、マーティン・ローレンス 、ジョシュア・リッター 、ジミー・バフェット 、バーティ・ヒギンズ 、リッキー・ディアス 、リア・ヴァン・ダール

【作品概要】
ラリー・クラーク監督作品『KIDS/キッズ』(1995)で19歳の時に脚本家としてデビュー、それから『ガンモ』(1997)『ミスター・ロンリー』(2007)と一度観たら忘れられない個性的な作品を作り続けているハーモニー・コリン。

今回コリン監督のもとには豪華な俳優たちが集まりました。

主演は『ダラス・バイヤーズ・クラブ』(2013)でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞ともに主演男優賞を受賞、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)や『インターステラー』(2014)と大作に出演し続けているマシュー・マコノヒー。

主人公の妻を演じるのは『華麗なるギャッツビー』(2013)『グランド・イリュージョン』(2013)のアイラ・フィッシャー。

テレビドラマ「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで一世を風靡、アイドル的イメージを覆す役に挑戦し続け、シリアルキラーのテッド・バンディ役に挑んだ『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』(2019)の公開を控えているザック・エフロンや、『Mid90s』(2018)で監督デビューを果たしたコメディ俳優ジョナ・ヒル、またスヌープ・ドッグやジミー・バフェットというミュージシャン達も出演しています。

映画『ザ・ビーチ・バム』のあらすじとネタバレ

フロリダのビーチ。

詩人のムーンドッグは、ヒッピーなスタイルでゆっくりと次の本の執筆に取り組みながら日々過ごしています。

彼は素朴でカリスマ的魅力があり、地元では伝説的存在。

しかしそんな彼の元に裕福な妻ミニーから電話が。

娘のヘザーが近々結婚するので結婚式に来てくれと頼まれます。

ミニーはムーンドッグの友人であり歌手のランジェリーと恋人関係にありました。

ムーンドッグは案の定、ヘザーの結婚式にいつも通りアロハ柄のセットアップで現れた上に遅刻し、新郎をからかいます。

呆れ顔をするヘザーですが、ミニーは「パパは特別な存在なのよ」と諭します。

パーティーの途中ムーンドッグとランジェリーはハイになり、さらにランジェリーはジャマイカ産の強力な大麻を見せます。

ウェディング・ケーキカットも終わりパーティーも終盤、ムーンドッグは妻のミニーとランジェリーがキスをしているところを目撃し、驚いた彼は噴水に飛び込み、泳いだ後逃亡してしまいました。

近くのバーで客に絡んでいるところに追いかけてきたミニーと合流し、彼らは夜の街や桟橋を歩いてロマンチックな時を楽しみます。

しかしドライブ中に事故を起こし、ムーンドッグは軽傷で助かったものの、ミニーはそのまま亡くなってしまいました。

ミニーの遺志で、財産の半分はヘザーに、そして残りは、ムーンドッグが“まとも”な生活を送るようになり本を書き上げることができたら、彼の元へ行くと言います。

それまでは、遺産はすべてヘザーが預かると。

その仕返しとしてムーンドッグは、ホームレスを数人引き連れてミニーの邸宅へ行き、物を破壊して暴れ回りました。

以下、『ザ・ビーチ・バム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ビーチ・バム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

あっさり捕まったムーンドッグは刑務所の時間を避けるために一年間リハビリ施設に行くことにします。

ヘザーに送ってもらい施設へ入った彼がそこで出会ったのは、フリッカーという名前の若者。

ムーンドッグとフリッカーは友人になり、彼らは施設を脱走して地元へと戻ります。

帰ってきたムーンドッグは昔からの友人ワック船長と再会。

ワック船長はイルカ見学ツアーを行なっていると言い、ムーンドッグは手伝うことに。

ある日観光客の家族を連れて彼らは海に出、ワック船長はイルカを見つけて一緒に泳ごうとしますが、何とそれはサメの群れでした。

ワック船長は足を食いちぎられましたが一命は取り留めます。

ムーンドッグは再び一人になりました。

マイアミに戻ったムーンドッグはランジェリーと会い、ミニーについて語り合います。

ランジェリーはムーンドッグに彼女との関係について告白しますが、ミニーが本当に愛したのは自分ではなくムーンドッグだったと伝えます。

そこへ警察がランジェリーの所持する特別な大麻を嗅ぎつけてやってきたため、ランジェリーはムーンドッグに、大麻を持ってキーウェストへ逃げるよう促しました。

インスピレーションを多々受けたムーンドッグは“ザ・ビーチ・バム”という詩的な回想録を完成させます。

本は高く評価され、彼は賞まで獲得しました。

すでに離婚したヘザーはそんな父の姿を見て、彼の分の遺産を譲渡します。

ムーンドッグを祝うパーティーで、彼はお金を大量に積んだ船で海へ繰り出し、爆発を起こしてお金を焼き払ってしまいました。

舞い落ちてくる紙幣に夢中の観衆。

ムーンドッグは小さなボートで脱出しており、いつも通り笑いながら漂っていました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ビーチ・バム』の感想と評価

軽やかでポップな音楽や鮮やかな色使い、可愛らしく洒落た造形と混在するのは醜悪や破壊。

ハーモニー・コリン監督作品の洒脱な映像表現の背後に広がっているのは底のない虚無や哀愁でしょう。

竜巻で破壊された街に止まり混沌と過ごす住人たちを描いた初期作品『ガンモ』は、どこもかしこも錆び付いた街並み、潜行する狂気に知らず知らずがんじがらめにされた人々とバディ・ホリーの名曲『Everyday』を始めとする音楽のミスマッチ具合がひどく不安定な印象を与えます。

自分という存在を葬り、他人としての人生を送るモノマネ芸人たちの姿を描いた『ミスター・ロンリー』はメランコリックで美しい作品ですが、神を信じる者たちの死や他人に成り代わって生きても訪れる孤独や悲しみが鋭利に突き刺しました。

ティーンに人気の女優たちを起用した狂騒的な作品『スプリング・ブレイカーズ』はネオンの色彩にビーチのパーティーと過激な印象を与えますが、やはり死が付きまとい、戻れない人生の旅路が示唆されています。

本作『ザ・ビーチ・バム』も舞台はフロリダ、大麻に酒と主人公は快楽的な生活を送りやりたい放題

妻ミニーが「彼は特別」と言う通り、カリスマ的な不思議な魅力がありますが、一匹狼の放浪者。

彼の一挙一動はどこか厭世的な考えを超えて、日々の瞬間瞬間にただ存在し続けるという印象を与えます。

それでもコットンキャンディ色の空は終始美しく、カラフルで優しい色使いの中で悲しみや虚しさを描くことができるのは、コリン監督ならではでしょう。

映画が想起させるのは日本の詩人、寺山修司の詩。

どんな詩人が自分の書いた海で泳ぐことができるというのだろう

劇中の、心から自由なムーンドッグは文字通り、また彼の人生を通して“自分の書いた海で泳ぐことができる”そんな詩人です。

彼が空を仰いで名前を呼ぶのは、不思議な関係を通し続けた最愛の妻ミニー。

富には執着せず、ずっと本能の赴くままに生きる詩人。

その姿を愛で包み込んだ本作は、ハーモニー・コリン監督作品の中でひときわロマンチックな映画といえるでしょう。

まとめ

名優マシュー・マコノヒーの奇抜な姿や、ザック・エフロンのイメージがガラリと変わった姿、大麻にビーチ、際どい会話ばかりと異彩を放つ本作『ザ・ビーチ・バム』。

しかし“詩”という芸術のあり方と、空や海のように寄り添う恋人や親子の愛情をほろ苦く描いています。

知らずに溜まっていた鬱憤や、やりきれない孤独や虚無感も、ハーモニー・コリンの手にかかれば突飛な美しい映画へと変わります。

骨の髄から自由な詩人ムーンドッグに、ぜひ劇場で会ってみてください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

祈りの幕が下りる時あらすじとキャスト!ロケ地やエキストラ情報も

ますます人気とともに安定感を見せる俳優・阿部寛。 彼が演じる刑事の加賀恭一郎。東野圭吾の原作による『新参者』シリーズの完結編の映画化です。 2018年公開の映画『祈りの幕が下りる時』を一足先にご紹介し …

ヒューマンドラマ映画

【映画キング TheKing】ネタバレ感想とレビュー評価。ティモシーシャラメに主役を依頼したのはデヴィッド・ミショッド監督のアイデア

Netflixオリジナル映画『キング(原題:The King)』はヴェネチア国際映画祭にて世界初公開 『キング』は、中世のイギリスが舞台。偉大な指揮官として知られるヘンリー五世を描いた歴史ドラマです。 …

ヒューマンドラマ映画

『長いお別れ』映画と原作小説の違いをネタバレ解説。中野量太版と中島京子版を比較

アメリカでは、認知症を患い徐々に記憶を失っていく過程を「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」と呼ぶそうです。 認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説『長いお別れ』の映画化です。 監督は、映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『RAW 少女の目覚め』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

失神者続出! 衝撃のカニバリズム映画!! 少女から女性への成長を誰も観たことのない形で描いた話題作。 2月2日より公開中の映画『RAW〜少女のめざめ〜』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

ヒューマンドラマ映画

映画『俺たちに明日はない』ネタバレ感想と評価。アメリカン・ニューシマネが得た表現の自由

アメリカン・ニューシネマの傑作! 1930年代、大恐慌の風が吹き荒ぶアメリカに実在し、大強盗としてその名を知らしめたクライド・バロウ&ボニー・パーカー。 波乱にとんだ彼らの生涯が、それまでの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP