Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/15
Update

ザ・ディフェンダーズ シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のレンタルと、『アントマン&ワスプ』(2018)の劇場公開が始まり、活気が収まることのないマーベルヒーローの世界。

実はNetflixで公開中のマーベルヒーローたちも、「アベンジャーズ」のように結集して戦った作品があります。

今回は、そんなNetflix版「アベンジャーズ」とも言える、『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』のあらすじと魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』の作品情報

【公開】
2017年(Netflix独占配信)

【原題】
Marvel’s The Defenders

【キャスト】
チャーリー・コックス、フィン・ジョーンズ、マイク・コルター、クリステン・リッター、シガニー・ウィーバー

【作品概要】
ドラマ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」の主人公が結集するNetflix独占配信ドラマ。

各ドラマの主要人物を演じた俳優に加え、『エイリアン』(1978)の主人公リプリーを演じた大女優シガニー・ウィーバーが敵役を演じ話題となった。

海外ドラマ『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』の登場人物紹介

マット・マードック/デアデビル(チャーリー・コックス)

ヘルズ・キッチンを拠点とする盲目の弁護士。
正義のため、赤いコスチュームに身を包み悪と戦うクライムファイターとしての顔も持つが、親友の強い願いと恋人の死によって現在は引退している。
別名「ヘルズキッチンの悪魔」。

ダニー・ランド/アイアン・フィスト(フィン・ジョーンズ)

世界有数の大企業「ランド社」の役員であり大富豪。
クン・ルンでの修行の結果、「アイアン・フィスト」としての力を身に着け、悪の組織「ヤミノテ」との果ての無い戦いを繰り広げている。

ルーク・ケイジ(マイク・コルター)

人体実験の結果、銃弾をも通さない鋼の肉体となった「ハーレムの英雄」。
恩人の死をめぐるハーレムでの騒動で街を守る想いに目覚め、出所後ハーレムへと帰還し、若者の連続不審死を知ることになる。

ジェシカ・ジョーンズ(クリステン・リッター)

ヘルズ・キッチンで探偵業を営む女性。
驚異的な身体能力を持つものの、口が悪く酒浸りな毎日から貧乏生活が長引いている。

クレア・テンプル(ロザリオ・ドーソン)

ルークの恋人であり、ダニーやマットとも面識を持つ看護士。
ある事件を調べるルークから「手の光る男」の話しを聞き、ダニーと引き合わせる。

アレクサンドラ(シガニー・ウィーバー)

悪の組織「ヤミノテ」の実質的なリーダーを勤める女性。
病気による自身の死が目前に迫り、ニューヨークの存亡を揺るがす計画を実行に移すため、「アイアン・フィスト」の確保に動き出す。

エレクトラ・ナチオス/ブラック・スカイ(エロディ・ユン)

マットの元恋人であり、戦闘経験も豊富な令嬢。
「ヤミノテ」との戦いで死亡したはずだが、アレクサンドラにより蘇り、「ヤミノテ」の武器として行動する。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』のあらすじとネタバレ

キルグレイブとの戦いで街でも一目を置かれるジェシカ、ハーレムを救った英雄として釈放が認められたルーク、弁護士としての才覚を存分に発揮するマットはそれぞれの生活を送っていました。

「ヤミノテ」を追いカンボジアに行っていたダニーとコリーンは、「ヤミノテ」の手先と戦い死亡した男が最期に残した言葉をもとに、ニューヨークへと戻ります。

失踪した夫、ジョンの捜索を依頼する親子がジェシカを頼りますが、気分の悪いジェシカは断ります。

しかし、留守番電話に声を変えた音声で「ジョンの捜索はするな」と録音があったことで、ジェシカは依頼とは関係無しにジョンの動向を探ることにし、独自の調査でジョンの部屋を見つけ出すジェシカですが、その部屋は無人で、代わりに大量の爆薬が置かれているのを発見します。

一方、ルークはハーレムに戻り、恋人であるクレアと刑事のミスティと再会し、ハーレムの街で立て続けに7人の若者が不審死していることを知り、不審死した男の弟であるコールのもとを訪れますが、彼は何かを隠したままルークの助言を聞き入れようとしません。

現代医学では治療不可能な病気にかかり余命を宣告されたアレクサンドラは、自身に残された時間が短いことを悟り「ヤミノテ」の幹部であるガオに計画を実行に移すように命じます。

深夜、ニューヨークを大地震が襲います。

クライムファイターとしての行動を辞めていたマットですが、大地震の最中、火事場泥棒の声を聞きつけ、着の身着のままの姿で現場に駆け付け、銃を持った男を撃退してしまいます。

翌日、親友のフォギーから連絡を受け、久々に二人でバーに行くマットはフォギーがホガース弁護士事務所で働いていることを聞きます。

秘密を知るフォギーに、手の傷から昨夜の地震の際にクライムファイターとして活動したことを気づかれるマット。

フォギーはマットの身を案じ、自身が抱えている大量の案件の一部をマットに委託し彼を忙殺させることで「デアデビル」としての活動をさせないようにとします。

失踪したジョンの行方を追うジェシカは彼の勤めていた会社を突き止めますが、会社はいわゆるペーパーカンパニーで、更にその経営権は数百年にも渡り、幾度となく他人に譲渡された記録しか残されておらず、実態が見えませんでした。

1820年よりも前の情報にさかのぼろうとするジェシカですが、ジェシカを庇護する弁護士ジェリー・ホガースが、調査を辞めるようにと言います。

ジェリーが言うには、大量の爆薬が発見されたことによってジョンはテロリストとしてFBIの指名手配となっているとのことでした。

ハーレムで地震の後片付けを手伝うルークは、同じく負傷者の治療を無償で行うクレアから悪者が集まるバーの事を聞きます。

ルークはバーで「ホワイト・ハット」と名乗る男がコールに危険な仕事を斡旋していたと言う情報を得るのでした。

ダニーとコリーンは、カンボジアで死亡した男の発言から、ニューヨークに「ヤミノテ」と戦う同士がいるのではないか、と考え仲間探しを始めます。

カンボジアの男が持っていた「ツカモト」と言う刀からニューヨークの工房を訪れるダニーとコリーンでしたが、工房では何者かに襲われ死亡している無数の死体とクン・ルンの絵が描かれた掛け軸があるだけでした。

「ホワイト・ハット」の行方を見つけたルークは、コールたちが白い帽子の男に何か指示を受けていることを確認し、コールたちを救うことを決めます。

工房に現れた無数の死体を片付ける男たちを急襲するダニーとコリーンですが、ダニーが逃げた男を締め上げようとすると、突如現れたルークに投げ飛ばされます。

死体処理の仕事をするコールを追いかけてきたルークと、ダニーはお互いの素性も知らぬまま激しい殴り合いが始まります。

鋼の肌を持つルークに全く攻撃が通らないダニーですが、拳に「気」を集めた「アイアン・フィスト」の力を使うことでルークを吹き飛ばすことに成功します。

なおも立ち上がるルークと対峙するダニー。

お互いの「異能の力」に困惑する2人でしたが、警察が到着し、それぞれ別の方角へと逃げていきました。

自宅に戻ったジェシカは、隣人のマルコムが失踪していたジョンによって捕らわれ、ジェシカに対し警告に従わなかったことを責めます。

大物建築家であるジョンは何者かに従わされたことや、地震を止めようとしていたことをジェシカに話しますが、突如部屋に入ってきた謎の女に襲われ、銃を使って自殺します。

謎の女を追うジェシカですが、現場に駆け付けたミスティによって逮捕されてしまいます。

ミスティの取り調べを受けるジェシカのもとに、フォギーから渡された案件の1つとして現れた弁護士のマットがジェシカの釈放手続きをすませ、何かがあったらすぐに連絡を寄こすように言うのでした。

デアデビルと恋仲になり、共に「ヤミノテ」と戦い命を落としたエレクトラを秘術を使いよみがえらせたアレクサンドラは、記憶を失ったエレクトラを自分の子供のように愛し、殺しの技術を再度教え込みました。

「ヤミノテ」に立ち向かう組織「チェイスト」の一員であるスティックは、アレクサンドラとエレクトラにより、「ヤミノテ」に捕らわれています。

拷問を受け、ダニーの居場所を聞かれるスティックでしたがアレクサンドラたちの隙を突き、拘束された手首を切り落として、逃亡に成功します。

手の光る男に殴られ吹き飛ばされたことをルークから聞いたクレアは、以前「ヤミノテ」と共に戦ったダニーのことであると確信し連絡を取ります。

クレアの手引きで対面することとなったダニーとルーク。

他愛のない会話でお互いの距離を縮める2人でしたが、スラム街で生まれたルークと大企業の社長の息子として生まれたダニーの考え方の違いで決裂し、ルークはその場を去ってしまいます。

ルークから諭された自身の拳以外の力であるコネで、「ヤミノテ」との戦い方を模索するダニーは自身が重役を勤めるランド社で、「ヤミノテ」が経営していると思われる金融会社の情報を入手し、乗り込むことを決意するのでした。

一方、ジョンの家を訪ねていたジェシカは帰り道にマットに尾行されます。

マットの尾行を巻き、逆にマットを尾行するジェシカですが、盲目のはずのマットの恐るべき身体能力を目にします。

その後、ジェシカはジョンが勤めていた会社で、ジョンが直近で設計した建物がヘルズ・キッチンに立つ高層ビル「ミッドランド・サークル」であると言う情報を得ることに成功します。

ダニーとの初の攻防のあと、拘置所内で事故に見せかけられ殺されたコールの残した言葉から「ミッドランド・サークル」に辿り着いたルーク。

一方その頃、「ミッドランド・サークル」の上層階では、この建物が「ヤミノテ」の基地であると気づいたダニーが代表取締役として現れたアレクサンドラに宣戦布告。

アレクサンドラの企む計画に必要不可欠な「アイアン・フィスト」の力を手に入れるため、アレクサンドラはダニーを生け捕りにするように部下に命じ、激しい戦いが始まります。

余りの敵の数に、不利となるダニーの前にルークが現れ共闘が始まり、ジョンの足取りを追い「ミッドランド・サークル」を訪れていたジェシカと、彼女を尾行していたマットも戦闘に加わることになります。

4人の余りの強さにアレクサンドラはエレクトラを戦闘に投入。

エレクトラに刺される寸前でダニーに助けられたマットは、匂いで敵が以前死亡したはずのエレクトラであることに気が付くのでした。

「ミッドランド・サークル」から脱出した4人は、追跡から逃れるため中華料理店に身を隠します。

頼りになる仲間を手に入れたと考えるダニーは「ヤミノテ」との全面戦争を提案しますが、かつて「ヤミノテ」との戦いを経験しエレクトラを失ったマットは、自身の正体がまだバレていないこともあり、この戦いから抜け出そうとします。

ジェシカは彼の異常な身体能力と、突然の戦いでも自身の正体を隠そうとする行動から、未だ正体がバレていないヒーロー「デアデビル」であることを見抜いており、現状を切り抜けるために協力を求めます。

しかし、合法的に切り抜けることのみを目指すジェシカとそもそも戦う気の無いルークとマット、そして「ヤミノテ」の殲滅にこだわるダニーの4人の話しは噛み合うわけもなく、話しは平行線のまま続くのでした。

以前話しのまとまらない4人のもとに、「ヤミノテ」から逃げたスティックが現れます。

スティックは、「ヤミノテ」はソワンデ、バクト、ムラカミ、ガオの4人を幹部、そしてアレクサンドラを筆頭として、それぞれの国で権力を握っており、ポンペイ火山の噴火もチェルノブイリの原発事故も彼らの仕業であり、野放しにしていたら必ず大災厄に見舞われると警告し、4人に今は協力して戦うべきだと語ります。

中華料理店で相談を続ける彼らのもとに、直接アレクサンドラが乗り込んできます。

ダニーを引き渡せば、全員の命を助けると語るアレクサンドラ。

バクトを除く「ヤミノテ」の3人の幹部とアレクサンドラ、そしてエレクトラが中華料理店に揃い、スティックは協力しなければ切り抜けられないと4人に言います。

しかし、エレクトラにこだわるマットが連携を乱し、各自はバラバラに戦うことになります。

ソワンデによりルークが連れ去られ、マットにより一瞬正気を取り戻したエレクトラもどこかへと去ってしまい、ダニー、ジェシカ、マット、スティックの4人は下水道を通り、コリーンの経営するチカラ道場へと身を隠すことにしますが、彼らのもとに、ソワンデに連れ去られたはずのルークが帰還、そしてなんと、彼はソワンデを逆にとらえることに成功していました。

捕らえられたソワンデは一切の動揺を見せず、逆にルークたちの身近な人物が危ないぞ、と脅しをかけてきます。

危機感を覚えたルークはクレアを保護。

一方、その付近で待機していたダニーとコリーンは、「ヤミノテ」の車両を追う内にかつて殺したはずの「ヤミノテ」の幹部バクトと再会することになります。

ダニーとルークが力を合わせてバクトを撃退しますが、バクトは未だ何かを計画している様子でした。

マットは自身の正体がまだ敵にバレてはいないとはいえ、いずれの時を考えて、かつての同僚だった記者のカレンに身を隠すように言います。

「デアデビル」としての活動を辞めていたと思っていたカレンは、マットが再び「デアデビル」となったことに不満を隠せない様子でしたが、自身の命を守るため身を隠すことに同意します。

ジェシカはラジオキャスターの友人トリッシュをレストランから連れ出そうとしますが、突如ムラカミに襲われ窮地に陥ります。

しかし、そこに「デアデビル」のコスチュームを身に纏ったマットが現れ、共にムラカミを撃退するのでした。

4人の知り合いは全て、刑事のミスティの監視のもと警察署で保護することになります。

一方、「ヤミノテ」の仲間に、デアデビルがダニーの仲間として加わったことを報告するムラカミ。

「ヤミノテ」の目的は、彼らを不死の存在とするために必要な「蘇りの物質」を手にすることで、そのために何としても「アイアン・フィスト」の力が必要不可欠でした。

アレクサンドラが仲間への相談無しに、エレクトラの復活のため残りの「蘇りの物質」を全て使ってしまい、今は蘇ることが不可能なことや、エレクトラがデアデビルに対し躊躇したこと、アレクサンドラが自身の死に怯えていることを理由に、アレクサンドラは徐々に「ヤミノテ」で求心力を失っていきます。

一方、拘束から逃れたソワンデはダニーを人質に取りますが、スティックにより首を斬られ死亡します。

スティックの言葉から、「ヤミノテ」が狙うものがダニーの生け捕りであることが分かり、ダニーの「アイアン・フィスト」の能力が「ヤミノテ」に渡ればニューヨークを危険に晒すかもしれないと考えるマット、ジェシカ、ルークはダニーをどこかに隠すことを提案しますが、当のダニーはそれを受け入れず交渉は決裂します。

強制的にでもダニーを止めるためマット、ジェシカ、ルークは協力し、抵抗するダニーを昏倒させ拘束します。

その後、かつて「ヤミノテ」との戦いで、建設途中の「ミッドランド・サークル」内に深い縦穴を見たことを思い出したマットはそのことをルークたちに話します。

ルークは昏睡したダニーを見張るために残るといい、ジェシカとマットは深い縦穴の意味と、敵の目的を探るため建築士のジョンがどこまで知っていたのかを確かめることにしました。

ジョンの家にたどり着いた2人はジョンの家にあるピアノの中から「ミッドランド・サークル」の設計図を見つけ、縦穴の下にドーム状の建造物があることを知ります。

設計図に記載されていた文字からジョンが、「ヤミノテ」の計画を阻止するため爆弾を集め、「ミッドランド・サークル」を爆破することで縦穴を塞ごうとしていたことを確信する2人。

一方、目を覚ましたダニーを見張るルークは、スティックが炊いた謎の香により昏睡してしまいます。

ダニーを「ヤミノテ」に渡さないため先手を打ち、ダニーを殺害しようするスティックを突如現れたエレクトラが刺殺。

異変に気付き駆けつけたマットとジェシカ、そして目を覚ましたルークを撃退したエレクトラはダニーをどこかへと連れ去ってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ダニーをアレクサンドラのもとへと連れてきたエレクトラは、ムラカミ、ガオ、バクトが揃う中、アレクサンドラを刺殺し「ヤミノテ」の次のリーダーは自分であると告げ、拘束したダニーを「ミッドランド・サークル」の地下へと連れていきます。

そこにはかつての「アイアン・フィスト」が封印した扉があり、その扉を開けられるのはダニーだけだとエレクトラは言います。

クレアやフォギー、カレンやトリッシュなど、それぞれの大事な人が保護されているハーレムの警察署で目を覚ましたマット、ルーク、ジェシカ。

昏倒していた彼らの近くにスティックとソワンデの死体があったことから事件の参考人として3人は自由を奪われていました。

ミスティから取り調べを受ける3人でしたが、警察の力では「ヤミノテ」を止めることはできないと確信する3人はミスティに深い情報を与えませんでした。

ルーク、ジェシカと違い、正体がバレていないマットに「デアデビル」の衣装を渡すフォギー。

友人として彼を止めたい気持ちはあるものの、フォギーは街を守る勤めをマットにたくします。

敵の目的も分からないままですが、ダニーが連れていかれたのが「ミッドランド・サークル」であることは明らかな状態で、名誉やルールを破ってでも街を守る役目がこなせるのは自分たちだけであると信じているジェシカ、マット、ルークは、ダニーを助けるため警察署の壁を壊し「ミッドランド・サークル」へと向かうのでした。

「ミッドランド・サークル」の裏口で3人は待ち構えていたガオ、ムラカミ、バクトとの壮絶な戦闘を繰り広げますが、警察署を抜け出しダニーを探しに来たコリーンの加勢もありガオたちを撃退。

更に、事態を飲み込めないまま追いかけてきたミスティとクレアが現れます。

警察として見過ごすわけにはいかないと言う気持ちと、自分たちでは太刀打ちできないと言う気持ちに折り合いをつけたミスティは、この場で追ってくる警察を食い止めることを約束し、コリーンとクレアを加えた5人でミッドランドサークル内に踏み込みます。

ダニーを仲間に引き入れようと拘束を解いたエレクトラは、ダニーは戦闘になります。

しかし、ダニーの「アイアン・フィスト」の拳が封印された扉に当たり、とてつもない衝撃と共にニューヨークの街は停電します。

凄まじい衝撃と停電から、崩壊の時間が迫っていることを知るマットたちは、コリーンが警察署から盗んで来たジョンの爆弾と設計図を使い、ダニーを救出後「ミッドランド・サークル」ごと爆破する計画を実行しようと試みます。

ダニーを見つけ救う役目のマット、ルーク、ジェシカは壁に偽装されたドアを破壊し、縦穴に付けられたエレベーターを発見します。

ダニーが目を覚ますと、そこには「アイアン・フィスト」の力の源であり、伝説の龍であるシャオ・ラオの死骸が目の前に広がっていました。

シャオ・ラオの遺骸から「蘇りの物質」を取る作業を始める「ヤミノテ」の構成員たち。

ガオとエレクトラの会話から、遺骸がニューヨークの地盤を支えており、「蘇りの物質」を取り切ることでニューヨークが崩壊することを知ったダニーは、エレベーターから降りて来たマットたちと合流し、ガオ、エレクトラ、ムラカミ、そして武装した「ヤミノテ」の軍勢と最後の戦いを始めます。

一方、「ミッドランド・サークル」内に爆弾を設置する役目のコリーンとクレアのもとにバクトが現れます。

駆け付けたミスティの右腕を刀で切断するバクトでしたが、その隙を突きコリーンはバクトの首をはねます。

しかし、その戦闘によって設置した爆弾はのタイマーが起動してしまいます。

爆弾が起動した音を聞いたマットはジェシカ、ルーク、ダニーをエレベーターに乗せ、自身はエレクトラをの心を取り戻すため地下に残ると告げます。

ダニーに何かを言い残したマットはエレクトラと対峙し、何度も語りかけます。

エレベーターで地上へと脱出を試みるダニー、ルーク、ジェシカは「ヤミノテ」の軍勢を蹴散らし、エレベーターの外壁を登ってきたムラカミを縦穴に突き落とします。

地面に叩きつけられ、瀕死のムラカミをみたガオは、終わりが近づいていることを感じていました。

片腕を落とされたミスティ、コリーン、クレアと合流するルークたちは「ミッドランド・サークル」から脱出。

直後、建物の爆破が始まり、「ミッドランド・サークル」は崩壊を始めます。

死を体験したことから、自身の中にある闇に救いを求めていたエレクトラと、彼女を取り戻そうとしたマットは、望んでいたものとは違う終わり方であったとはいえ、最期を添い遂げることが出来たことに悔いはない様子でした。

そして、建物の崩壊とともに縦穴も地下も闇の中へと消えていきました。

数日後、「ミッドランド・サークル」の崩壊は事故として処理され、関係者が罪に問われることはなく事件は片が付きま。

ジェシカは再び探偵業を再開することに決め、ルークもハーレムの街を自分なりのやり方で守ることを決めます。

マットが最期に残した「僕の街を守ってくれ」と言う言葉が忘れられないダニーは、「デアデビル」のように夜な夜な街に繰り出します。

「デアデビル」の衣装をマットに渡したことを悔やむフォギーと、マットの死を受け入れられず、彼は今もどこかで生きているのではないかと自身に言い聞かせるカレン。

その予感はあたり、傷だらけの状態で運び込まれたマットは修道院で眼を覚ますのでした。

海外ドラマ『ザ・ディフェンダーズ シーズン1』の感想と評価

それぞれのドラマで主人公を勤める4人のマーベルヒーローが集結した今作。

およそ50話にも及ぶ各ドラマの知識があることを前提としたドラマであるため、かなり敷居が高い作品ではありますが、その完成度は他に類を見ないほどでした。

それぞれの目的で動く4人のヒーローが「ミッドランド・サークル」と言う、物語の拠点となる建物に導かれていく様子や、各キャラクターのイメージカラーを使った視点切り替えの演出など、クロスオーバーのさせ方がとにかく上手で、全ての登場人物が活かされた作りになっています。

もともと戦闘シーンの殺陣に定評のあるシリーズではありますが、4人の共闘シーンでは見栄えも含め格好良さはさらにパワーアップし、最初から最後まで飽きを感じさせないドラマでした。

スポンサーリンク

まとめ

本国での評判も高く、「アベンジャーズ」と同じ世界観を共有したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)ドラマとしての人気を確立させ、今後様々な展開が期待される「ディフェンダーズ」の物語。

既に今作の後「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」は好調に続シーズンを発進させ、「ディフェンダーズ」の続シーズンも確実視されています。

1から見始めるのが厳しいと感じている方も、逆に今がチャンスだと見始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『クールランニング』ネタバレあらすじ感想と結末解説。実話の感動作として面白い!ジャマイカのボブスレーチームで笑顔になる

ジャマイカチームがボブスレーでオリンピックを目指した実話の『クール・ランニング』。 映画『クール・ランニング』は、1988年にジャマイカチームがボブスレーでオリンピックを目指した驚きの実話を描きました …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】フラッシュダンス|映画あらすじ感想と結末の評価解説。ラスト感動ダンスシーンで一大ブームを巻き起こした大ヒット作

ヒロイン・アレックスの輝ける夢と愛! プロダンサーを目指すヒロインの夢と愛、友情を描いた世界的大ヒット映画『フラッシュダンス』。主演を務めたのは、本作が映画初主演となったジェニファー・ビールスです。 …

ヒューマンドラマ映画

今週公開の映画おすすめは?『シークレット・デイ』のあらすじ紹介

今週1月6日(土)から公開されるおすすめの映画は、劇場未公開だった『シークレット・デイ』。 2017年にWOWOWで初放送されましたが、この度、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で特集上 …

ヒューマンドラマ映画

LGBT映画『his』あらすじと感想レビュー。宮沢氷魚演じる同性愛者の人を想う“愛しい痛み”を先入観を持たずに見てほしい

映画『his』は2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! これまで様々な恋愛のかたちを切り取り、恋愛映画の旗手と呼ばれる今泉力哉監督が初めて男性同士の恋愛を描いたヒューマンドラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『テルマ&ルイーズ』あらすじネタバレと感想。ラストで見せた解放された笑顔【リドリー・スコット作品】

どうなってもこの旅は最高よ! 本当の自分になれたから。 『エイリアン』『ブレード・ランナー』の代表作で知られるリドリー・スコット監督の、1991年製作アメリカ映画の『テルマ&ルイーズ』。 平凡な主婦テ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学