Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/03/08
Update

映画『サンドラの小さな家』あらすじ感想と評価解説。キャストのクレア・ダンが実話を基に人生の再出発を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『サンドラの小さな家』は2021年4月2日(金)より公開。

アイルランド出身の女優クレア・ダン。舞台出身の彼女が、家を失った友人の話から着想を得て脚本を書き上げた『サンドラの小さな家』。

その脚本に心を打たれたフィリダ・ロイド監督が映画化し、主演はクレア・ダンが務めました。

DV、シングルでの子育て、貧困、移民など、現代社会の問題に切り込みながらも、希望が光る温かな作品です。

2021年4月2日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開となる映画『サンドラの小さな家』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サンドラの小さな家』の作品情報


(C)Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

【日本公開】
2021年(アイルランド・イギリス合作映画)

【原題】
herself

【監督】
フィリダ・ロイド

【キャスト】
クレア・ダン、ハリエット・ウォルター、コンリース・ヒル、イアン・ロイド・アンダーソン、アニータ・ペトリー

【作品概要】
『マンマ・ミーア!』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のフィリダ・ロイド監督、『女王陛下のお気に入り』『ルーム』のチームが製作。

企画・脚本・主演を務めたのはアイルランドの新星クレア・ダン。

映画『サンドラの小さな家』のあらすじ


(C)Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

サンドラには、幼い2人の娘がいます。姉がエマで、妹がモリー。

ある日、夫ガリーから暴力を受けたサンドラは、エマに秘密の合言葉を伝えて、通報を頼みます。

女性支援グループから支援を受けて、夫の元から逃げ出し、娘たちと3人で生活を始めたサンドラ。

公営住宅は申込者が多いため、ホテルでの仮住まいをすることになりますが、ホテルは勤め先から遠く、ホテルスタッフからは「ロビーやエレベーターは使わないでください」と言われる始末。

サンドラは生活のために、元軍医のペギーの家で清掃婦の仕事と、横柄な店主が切り盛りしているパブでダブルワークをしており、心も体もクタクタです。

週末には、元夫との取り決めで、面会のために娘たちを彼の実家に送り届けます。

元夫と顔を合わせるだけでも、DVを受けた時の記憶がフラッシュバックしてしまい、サンドラは苦しんでいました。

ある晩。娘のエマが、ベッドで横たわるサンドラに「聖ブリジット」の話をします。王様の凍てついた心を和らげたブリジットは、広大な土地を手に入れて、そこに修道院を建て、みなが自由に使える場所として提供したと言うんです。

それを聞いたサンドラは、自分の家を自分の手で建てることを考え始めます。

インターネットで検索すると、格安で家を建築できると話す建築家のサイトを見つけました。

サンドラが家を作ろうとしていると知った雇い主のペギーは、家の裏の土地を譲ってくれます。亡くなったサンドラの母も、ペギーの家で清掃婦として働いていたことがあり、ペギーは恩を感じていたんだそう。

土地の次は、家の資材集めです。建築家のサイトに載っていた資材について、ホームセンターで相談しますが、店員は愛想なく突っぱねます。

それを見ていた土木建築業者のエイドは、店員の接客態度を注意。サンドラはエイドに、家づくりを手伝って欲しいと頼みます。

最初は乗り気ではなかったエイドですが、サンドラの熱意に押されて、息子と共に家づくりを協力することに。

パブで一緒に働くエイミーや、その友人たち、ママ友のローザも手伝ってくれることになり、みんなでサンドラの家を建てることになりました。 

唯一のプロであるエイドの指示のもと、少しづつ家は完成に近づいていきます。

そんな中、サンドラと元夫の間で再びトラブルが発生。末娘のモリーが元夫と会うのを嫌がり、元夫に会わせなかったことが面会権の侵害にあたると言い、法廷で親権を争うことになったんです。

不利な証拠を次々と挙げられたサンドラは……。

スポンサーリンク

映画『サンドラの小さな家』の感想と評価


(C)Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

本作は、主役のサンドラ役を務めたクレア・ダンが、親友から「ホームレス状態になってしまった」という電話を受けたことがきっかけとなり、誕生しました。親友は、家主から、1ヶ月後に追い出すと言われたんだそう。

憤りを感じたダンは、数日間そのことが頭から離れなかったと言います。3人の子どもを育てている女性に、住む場所すら与えられない状況。

なんとかしたいと思い立ったダンは、初めて脚本を執筆します。その脚本が、プロデューサーであるシャロン・ホーガンと、フィリダ・ロイド監督の目に止まり、製作が開始。

当初、キャストとして参加するつもりはなかったダンでしたが、ロイド監督が本作を撮るための条件として、ダンがサンドラを演じることを挙げます。

そして、ダンは、自らの想いを込めたサンドラという役を、不思議な魅力あふれる人物として演じ切りました。

自立のメタファーとしての家

サンドラには、左目の下に生まれつきの大きなアザがあります。「サンドラ」というありふれた名前の彼女を、特別な存在にしているのがそのアザです。

コンプレックスであるそのアザは、サンドラの人生そのもの。隠そうとすればするほど、彼女自身を苦しめていきます。

DVによる怪我の痛みとフラッシュバック、仮暮らし、ダブルワークなどで、心身ともに疲れ切っているサンドラは、一番大切にしたい存在である娘たちの前でも、明るく振る舞うことができません。

他人との関係の構築も苦手な彼女は、雇い主ペギーの前でも、エイドに家の建築を頼むときも、無愛想で悲壮感に満ちています。

そんなサンドラですが、彼女の熱意に触れた多くの人間が心を動かされ、手を貸そうと歩み寄ります。

シングルマザーで住居がないという、いわばマイノリティのサンドラの元に集うのは、社会の中では同じくマイノリティとされる人々

ペギーはかつて軍医だったものの、いまは引退し、腰の痛みから介助が必要な状態。エイドは心臓を患っており、精力的に働けません。また、彼の息子のフランシスはダウン症です。

手伝ってくれることになるエイミーとその友人も、住居を不法占拠している、移民や無職だったりと、それぞれに事情を抱えています。

サンドラが完璧ではないからこそ、みなが「自分ごと」として彼女を支えてくれるんです。

彼らの愛を受け、サンドラはアザを隠さずに、ありのままの自分でいられる勇気を手に入れます。

まとめ


(C)Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

本作で描かれる、アイルランドに昔から伝わる「メハル(皆が集まって助け合い、結果自分も助けられる)」の精神は、日本の「情けは人の為ならず、巡り巡って己がため」に通じるものがあります。

サンドラを柱に、寄せ集めの仲間たちが作り上げる「家」。人と手を取り合えば、人生は何度でもやり直せることをそっと伝えてくれます。

折に触れて鑑賞したくなる、優しさに満ちた作品となっています。

映画『サンドラの小さな家』は、2021年4月2日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

あゝ、荒野|動画を無料で見る方法!【菅田将暉主演】

映画『あゝ、荒野』を今すぐ無料で観る方はこちら 演劇、映画、文学などマルチなアーティストして活躍した、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 その寺山が唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』を実写映画化。 若 …

ヒューマンドラマ映画

『二重生活』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想とラスト考察

無作為に選んだ相手をただ尾行する”だけ”という、ソフィ・カル著『本当の話』からのアイデアを使い、修士論文のために他人の生活を覗き込んでしまう女子大生…。 映画『二重生活』に登場する女子大生 …

ヒューマンドラマ映画

日本映画『鉄道員』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。高倉健・志村けん共演の“ぽっぽや”の奇跡の物語

名優・高倉健が演じる、 孤独な鉄道員(ぽっぽや)のもとに訪れた「奇跡」とは? 作家・浅田次郎が直木賞を受賞した短編小説を映画化した『鉄道員(ぽっぽや)』。 鉄道員として鉄道一筋で生き続け、定年を間近に …

ヒューマンドラマ映画

三度目の殺人|福山雅治(重盛)の娘役女優は誰?【ゆか/蒔田彩珠】

“本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないのかな、あなたはー。” この呼びかけは被疑者である三隅が、弁護士の重盛に伝えた言葉。山中社長という咲江の父親の命を奪った真相へと、三隅が …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウォール街』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マイケルダグラス×チャーリーシーンおすすめ代表作】

1987年公開の名匠オリバー・ストーン監督のアメリカ映画『ウォール街』。 世界の金融市場の聖地として知られるアメリカ・ニューヨークのマンハッタンの南端部に位置する細い通りの俗称こそが、このウォール街と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学