Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/25
Update

映画『さがす』感想評価と内容解説。佐藤二朗×片山慎三監督が生む“見つけたくないもの”だらけの異色エンタメ

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『さがす』は2022年1月21日(金)より全国ロードショー!

片山慎三監督×佐藤二朗のタッグによる異色のヒューマンドラマ『さがす』。

岬の兄妹』で注目された片山監督の商業デビュー作品となった本作は、ある少女が謎の失踪を遂げた父を探す中で一人の不審な男性に遭遇するとともに予想だにしない結末へと向かっていく様を描いた物語。

失踪した父親役を佐藤二朗、その娘を伊東蒼、そして二人の前に現れた謎の男性を清水尋也が熱演。個性あふれる俳優陣が集い、独特の世界観を作り上げています。

スポンサーリンク

映画『さがす』の作品情報

(C) 2022『さがす』製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
片山慎三

【キャスト】
佐藤二朗、伊東蒼、清水尋也、森田望智

【作品概要】
岬の兄妹』を手がけた片山慎三監督によるオリジナル作品。突然行方をくらませた父親を探すべく、一人家に残された娘が奔走する中で驚愕の真実にたどり着く姿を描きます。

「マメシバ」シリーズなどの佐藤二朗、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)などの伊東蒼が、物語のメインキャストとなる父娘を演じます。ほかにも『東京リベンジャーズ』(2021)などの清水尋也、ドラマ『全裸監督』などの森田望智ら個性派が出演。また本作は第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門にも出品されました。

映画『さがす』のあらすじ

(C) 2022『さがす』製作委員会

母を亡くし、自暴自棄気味に過ごしていた父と、そんな父を叱り飛ばしながらも励ます娘。

ある日、父は「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と娘に告げ、翌朝に姿を消しました。

孤独と不安を押し殺しながらも、父の行方をさがし始める娘。やがて父が務めていた日雇いの工事現場にたどり着きますが、そこにいたのは父の名を騙って働く一人の男でした……。

スポンサーリンク

映画『さがす』の感想と評価

(C) 2022『さがす』製作委員会

とある街中で、様々な事情を抱え不遇な状況に生きる父と娘。そしてある日起こった父の失踪。

いわゆる「中流」的な立場にある人たちの目線で見れば、警察などの機関に相談ししかるべき対処を、と判断するであろうところで、物語では弱者の立場に全く寄り添う様子もありません。

東京、または関東方面の場所が舞台であれば、物語は普遍的なテーマを示しているように見えますが、関西方面という局所的な地域が物語の舞台となっている本作。

意外にこのロケーションとしていながら物語の描き方により、かえって作品に埋め込まれている社会的な現状の普遍性を幅広く表現しているように感じられます。

ところが一方で、本作はそういった社会的な問題、課題を背景に置きながら、それを直接強く訴えることを敢えて避けているようでもあります。

強烈な印象で2019年の公開後には大きな反響を得た映画『岬の兄妹』。そして片山監督の商業デビュー作となった『さがす』は、エンタテインメント性を加えながらも前作の鮮烈な印象をたっぷりと含んだ作品となっています。

(C) 2022『さがす』製作委員会

何もかもから見放され、一人で父を探すことを決意する娘。そしてその彼女が遭遇する、父の名を騙る一人の男性。

彼もまた複雑な事情を抱えた一人であり、物語は父娘とこの一人の男性を中心に意外な方向へ展開していきます。

非常にユニークなポイントは、冒頭は父娘の境遇などに重きを置いて描いており、社会派ドラマ的な雰囲気をたたえていたのに、中盤に差し掛かるにつれ、物語はエンタテイメント性をたたえ、ミステリアスな展開にもつれこんでいくところにあります。

この展開はふと「自分は今どんな作品を見ているのだろうか」と思わせます。いい意味で肩透かしを食らわせ、見るものをさらに物語に引き込む働きをしています。

このような作風は先述の『岬の兄妹』でも同様に見られた方向性であります。ですが、作品を作る上で込めたいと考える自身の思い、描きたいものを描くという製作者自身の製作欲求がある上で、商業映画であるという責務をうまく盛り込んでいます。

映画は作品によって、社会問題などのテーマを単一視点でダイレクトに描き訴えるものもありますが、近年は様々な視点で問題をとらえ、決して解決の道を決めつけない、一つの問題提起で様々な要因を想起させる新たな作風を持った作品が、多く排出されるようになっています。

本作もそういった作品の一つともいえ、ミステリー的要素をエンタテインメント性として盛り込みながらも、物語の世界観で描いている様々な人々の事情、境遇から見るものへの共感を引き出し、世にはびこる様々な問題を想起させ、深く考える機会を与えてくれる展開を生み出しています。

まとめ

(C) 2022『さがす』製作委員会

本作の見どころは、なんといっても佐藤二朗の存在感にあります。

個性的な俳優陣が名を連ねる中でも突出した個性を持つ佐藤ですが、本作で見せるその表情、演技は役柄そのものに同化することに徹しており、物語が展開するにつれて、彼が“佐藤二朗”という名の人間であることを忘れてしまうほど。

これまで数々のコメディー作品でアクの強い演技を見せていた佐藤ですが、ただひたすらに消極的でいつもどこかに絶望感をたたえた本作の役柄は、そんな彼の実績から思い浮かぶ性質からは最も遠い印象であり、そんな難題をものともせず、本作のキャストとして演じ切った力量のほどを思い知らされることでしょう。

そしてもちろん伊東蒼、清水尋也ら若手俳優の緊張感あふれる演技も本作の世界に花を添えています。

荒削りな面もありながら、体当たりで役に向き合う瑞々しさも随所に現れています。また佐藤との共演でも程よい緊張感を見せており、物語の味わい深い展開と同時に役者同士の化学反応のさまを味わえる作品となっています。

映画『さがす』は2022年1月21日(金)より全国ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

三澤拓哉映画『ある殺人、落葉のころに』モンゴル人と日本人の特徴を活かし合う交流

三澤拓哉監督の映画『落葉のころ』には香港人の撮影監督ティムのほかにも外国人スタッフがいました。 三澤監督と香港人の撮影監督ティム 東京芸術大学に映画を学ぶために留学中の内モンゴル人のトリグルです。 ト …

ヒューマンドラマ映画

映画『バハールの涙』あらすじと感想。実話から描かれた女性たちが戦地へと身を投じた理由とは

映画『バハールの涙』は、1月19日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国でロードショー。 本作はニュースだけでは決して分からないイラク紛争の光景を、IS(イスラム国)が行ってきた人身売買の …

ヒューマンドラマ映画

『ムーンライト下落合』あらすじとキャスト!柄本佑監督作に加瀬亮出演!

『美しい夏キリシマ』や『フィギュアなあなた』、また『追憶』などの映画で出演で知られる俳優である柄本佑。 その柄本佑が自ら監督を務めた短編映画『ムーンライト下落合』は、11月11日(土)より渋谷ユーロス …

ヒューマンドラマ映画

映画『フロントランナー』あらすじネタバレと感想。実在の大統領選候補者をヒュー・ジャックマンの演技力で堪能する

1988年のアメリカ大統領選挙の民主党予備選の中で実際に起きたスキャンダルを映画化した『フロントランナー』。 ジョン・F・ケネディの再来と呼ばれ当時の世論のトップを走り、まさに最有力候補(=フロントラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛なのに』あらすじ感想と評価解説。オトナの恋愛をL/R15の城定秀夫×今泉力哉が描く“優しさとユーモア”

映画『愛なのに』は2022年2月25日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 『アルプススタンドのはしの方』(2020)の城定秀夫監督×『街の上で』(2020)の今泉力哉監督が脚本を務めた本作。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学