Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/11
Update

Netflix『全裸監督』第2話あらすじネタバレと感想。黒木香の登場と無修正ビニ本ビジネス|パンツ一丁でナイスですね〜!2

  • Writer :
  • 白石丸

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』二丁目

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信されています。

第二話ではビニ本ビジネスで大成功する村西とおるや、新たな仲間、宿敵が登場し、話はどんどん拡大していきます。

80年代日本の再現度や、キャストの豪華さにも注目です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

【総監督】
武正晴

【監督】
河合勇人、内田英治

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、内田英治、仁志光佑、山田佳奈

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、玉山鉄二、リリー・フランキー、石橋凌

【作品概要】
80年代、ビニ本ブームを爆発させ、49番目の体位“駅弁”を生み出し、AVという言葉を日本に定着させた男・村西とおる。

エロで外交問題を起こし、前科7犯、アメリカでは懲役370年を求刑された生きる伝説を描く、Netflix限定配信ドラマ『全裸監督』が配信中です。

村西を演じるのは日本を代表する怪優となった山田孝之。

村西と深い絆で結ばれる有名女優・黒木香を演じるのはオーディションで抜擢された森田望智。

その他、満島真之介、玉山鉄二、リリー・フランキーをはじめ、カメオ出演まで含めてそうそうたる豪華キャストが出演しています。

総監督は『百円の恋』(2014)『リングサイド・ストーリー』(2017)『銃』(2018)の武正晴。

演技、演出と同じく、80年代の日本を見事に再現した美術も見所のひとつ。

すべてが世界基準のアウトロー一代記です。

ドラマ『全裸監督』第二話「無修正」のあらすじとネタバレ

1980年当時、人気商品だったビニ本を売ることに決めた村西とおると相棒のトシ。

彼らはサラ金から大金を借りてまで札幌市内のとある書店を即金で買い取り、その店長まで雇いました。

村西はその書店を本格的にビニ本専門店に改造、敢えて「北大神田書店」という固い名前をつけました。

北大神田書店は大繁盛、あっという間に二号店が出来て、そこから全国へとグループ展開をしていきます。

しかし、警察はこのビニ本が風紀を乱すと考え、厳しい監視と検閲を始めました。

ある日、ぼかしが甘いという刑事を論破した村西は帰りにビニ本を渡します。

北大神田書店グループのビニ本は大人気で、みんなは油やマヨネーズを使えばぼかしが消えるという都市伝説を信じて必死にぼかし部分をこすっていました。

ある日、東京でも男子学生たちが神社に集まってぼかしをこすっていると、突然女子高生が「私にも見せて」と話しかけてきてみんなは驚いて逃げ出します。

その女子高生の名は恵美、後に村西とおる作品に出演して世間を騒がせるAV女優・黒木香でした。

恵美は散らばったビニ本のぼかしを楽しそうに擦り始めます。

性に興味津々な恵美ですが、厳格なクリスチャンの母に育てられていました。

一方、村西とトシはある日、北海道の大手ビニ本制作会社ポセイドン企画の社長・池沢に声をかけられとあるクラブに連れてこられます。

池沢は村西たちを褒めたあと、3億円の詰まったアタッシュケースを目の前で広げて、北大グループを買取りたいと提案してきます。

このまま北大グループが拡大していけばポセイドン企画とバッティングしてしまうことを懸念していたのです。

しかし村西はそれを毅然と断り、それから数日後、自分の手でぼかしの入っていない無修正のビニ本を作りたいと動き出しました。

様々な制作会社を回るも、そんなものは違法だと門前払い。

しかし、プロダクション川田編集という会社では反応が違いました。

その日、川田編集ではビニ本の撮影が行われていました。

社長の川田は大人しく気弱そうな男でしたが、無修正本の話には興味を持っていたようで、村西に「あなたならどう撮りますか?」とビニ本モデルの撮影を頼んできます。

村西はモデルにメガネをかけさせ、裸にジャケットを羽織わせて、現場のスタッフの青年をハイヒールで踏みつけ罵倒させました。

村西はモデルを「もっと、もっと、もっと!」と女優を乗せて、生き生きとした表情を撮ります。

川田は村西の斬新なアイデアに感動、その場で協力を約束し、得意先の印刷所を訪れ、5千万円でそこを買取ります。

そこから村西たちの無修正ビニ本が刷られて出回っていきます。

人々はボカシなしという新鮮さに飛びつき、本は飛ぶように売れていきました。

村西のビニ本を見た池沢は苦々しげな表情を浮かべます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『全裸監督』第二話「無修正」ネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督』第二話「無修正」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

その頃、村西たちはビニ本の流通を取り仕切ってくれる古谷という暴力団員と出会いました。

組を破門にされた古谷は、村西のビニ本を気に入っていました。

ある日、村西、トシ、川田の3人でビニ本を積んだトラックを運転していると警察の検問に引っかかってしまいます。

荷台を調べると言われ万事休すと思いきや、川田が札束を挟んだ絵本を賄賂として渡したおかげで切り抜けることが出来ました。

村西とトシは川田に一目置き始めます。

その頃、恵美は性に目覚め、自宅の風呂場で自慰をしていましたが、母親はそれをすりガラス越しにじっと見ていました。

また同時期、北海道警察は村西を検挙しようと追っていましたが、署内では押収されたビニ本の回し読みが流行っていました。

そこに警視庁の武井という刑事が現れ、署員たちに喝を入れ、捜査を本格化させます。

ある夜、絶好調の村西たちは各書店員や関係者を集め、店舗拡大を祝したパーティを開きます。

しかし、その同時刻、北大神田書店に納品をしようとしていた業者が検挙されてしまいました。

村西たちはそんなことも知らず飲んで踊って大騒ぎ。

深夜、村西は店を抜け出して久しぶりに母と子どもたちが住む家に戻ってきます。

息子の大輔の誕生日でした。

豪華なプレゼントを渡して子どもたちを喜ばせていると、そこに武井と警官が現れます。

武井は部下たちに「確保しろ」と指示しますが、村西は必死の抵抗を見せて、家の窓から脱出。

武井は逃げる村西に「お前、逃がさねえからな」と笑いながら伝えます。

村西はそのまま夜の闇に消えて行きました。

ドラマ『全裸監督』第二話「無修正」の感想と評価

参考:Netflix Japanの公式ツイッター

伝説のAV監督村西とおるの一代記を描くドラマ『全裸監督』。

第二話は特定の世代にとっては懐かしいビニ本のビジネスでのし上がる村西が描かれ、新しく盟友で参謀役の川田、学生時代の黒木香、そしてドラマ全体での商売敵となる池沢や悪徳刑事武井も登場します。

凄まじいスピード感と細部へのこだわり

第一話では村西がエロの世界に入っていくきっかけを描いていた『全裸監督』。

村西が人の性欲を売って生きていくと決めてからの展開は恐ろしい程のスピード感を見せます。

第一話のラストでビニ本を売ることを決めたばかりなのに、借金をして書店を買取り、その後成功して店舗が拡大するまでの物語を第二話冒頭のたった10分で描ききりました。

おまけにそこに、規制し逮捕しようとする警察組織や、全話を通して村西と対峙するライバルのポセイドン企画の社長・池沢まで登場させ、今後の話の展開まで提示してみせるのですから、とんでもない密度です。

単にテンポがいいというだけでなく、このスピード感が村西の天才性と、生き急いでいる人生を象徴しています。

そして話の規模が広がっていくに連れ、従来の日本のドラマでは考えられない予算とこだわりで作られている『全裸監督』の凄みが伝わってきました。

セットを組んで80年代前半の札幌の風景やビニ本などの小細工を完全再現している美術に度肝を抜かれますし、そこに出てくるビニ本の購買者たちが服装や顔つき含めて、みな昭和の空気を醸しているのも素晴らしい点です。

80年代という、日本全体が浮かれていた時代を知らない方も「きっと当時はこうだったんだろうな」と納得させられるでしょう。

盟友川田との出会いと黒木香の登場

そして第二話の白眉は、村西の協力者となる川田との出会いの場面でしょう。

それまで理知的に対応していた村西が、フラストレーションを爆発させるかのように「もっと!もっと!」と撮影を盛り上げるのを見て、一瞬で川田がその手腕に惚れ込むという熱いシーンです。

村西とおるの言動をモノマネするわけではなく、彼の衝動に寄り添った山田孝之の演技プランがリアリティをもたらしています。

玉山鉄二も爽やかなイメージを捨て去って、内向的ながらエロには情熱が有り只者ではない機転を見せる川田を好演。

直後の印刷所を買い取って事業を始める場面では、作品そのものが“大量印刷”されていくことのカタルシスが描かれており、気分が高揚します。

そのシーンと前後して出てくるのが、後にAV女優黒木香としてブレイクする佐原恵美です。

演じる森田望智は非常に上品な雰囲気を持っており、そんな彼女が過激なエロスに目覚めていくからこそ、後に逸材としてデビューする説得力があります。

また、小雪が演じる厳格なクリスチャンの母と、恵美の生活。窮屈かつまるでホラー映画のような緊張感で撮られており、こんな状態からどうやって村西と出会ってAVデビューするのか大いに興味をそそられました。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

村西の成功が猛スピードで描かれた分、その崩壊もあっという間にやってきます。

彼を苦しめる事になる警視庁の悪徳刑事・武井役のリリー・フランキーが第二話の終盤10分ほどを牽引していきました。

子どもたちの元に戻った村西が父の顔を見せた途端に逮捕されそうになるという非情さも今後の波乱万丈な展開を予期させ、続きが気になりますね。

逃亡した村西はその後どうするのか、どうやって伝説のAV監督になるのか、恵美はいかにして黒木香へと変貌を遂げるのか、今後も目が離せません。

第三話「ひっくり返すんだよ」の記事をお楽しみに!

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』は2019年8月8日から全世界で配信中です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

松川千紘映画『シオリノインム』あらすじと感想。2分に1回ホラーかエロの恐るべき幽霊の正体|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019③

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 映画『シオリノインム』は、8月24日(土)の開会式に続く上映作品として登場します。 第6回目となる、 …

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

連載コラム

『ゾンビ』以後の生ける死体映画の感想と考察。SF的状況下における人間闇とは|SF恐怖映画という名の観覧車19

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile019 突如、地球の侵略を始めた宇宙人と人類の壮絶な戦いを描いたSF映画最新作、『スカイライン 奪還』(2018)が劇場で公開され、「立場の垣根 …

連載コラム

マーベル映画・ドラマ【MCUフェイズ4】情報まとめ解説!アベンジャーズの2020~21年の行方を占う|最強アメコミ番付評35

連載コラム「最強アメコミ番付評」第35回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は2019年7月に、アメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル」にて発表された情報とその後の続報を基に、 …

連載コラム

福士蒼汰&吉沢亮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』と映画夢の共演|邦画特撮大全5

連載コラム「邦画特撮大全」第5章 (C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会 2018年7月20日から公開となった久保帯人原作の人気漫画『BLEACH』の実写映画版。主人公 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP