Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/26
Update

映画『キュクロプス』感想と内容解説。大庭功睦監督が描く「情報が錯綜する現代」で信じるべき“本質”とは|サスペンスの神様の鼓動17

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介する作品は、2019年5月3日から公開される、妻を殺された男の復讐劇を描いたノワール・スリラー『キュクロプス』です。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『キュクロプス』のあらすじ


(C)2018 Norichika OBA
妻と愛人を殺害した罪で、14年の服役を終えた篠原洋介は、事件のあった街へと戻っていました。

篠原は服役中に、自分を訪ねてきた刑事、松尾から「真犯人は別にいる」と聞かされます。

篠原の事件を担当した松尾は、当時から捜査に違和感を抱いていましたが、捜査の方針に口出しできず、篠原に濡れ衣を着せる形となってしまいました。

松尾は「その事を後悔している」と、篠原に真犯人を教え「報復するなら、目を瞑る」と伝えます。

真相を聞かされ荒れ狂う篠原ですが、亡き妻、亜希子の敵を討つため、真犯人であるヤクザの若頭・財前を殺すことを決意します。

篠原は松尾から、情報屋である西を紹介され、財前を殺す為に射撃の訓練などの手ほどきを受けます。

着々と進む、篠原の復讐計画。

それと共に、篠原は事件当日の記憶が徐々に蘇るようになり、悪夢を見るようになります。

ある日、篠原は偶然立ち寄ったバーで、亜希子に似た女性ハルと出会います。

驚いた篠原は、逃げるように店を立ち去りますが、後日、再びバーを訪れます。

それは、亜希子に似たハルに、救いを求めているようでもありました。

しかし、篠原はバーでトラブルを起こした事で、財前に存在を知られてしまいます。

そして篠原の復讐は、思わぬ事態へ転がっていきます。

サスペンスを構築する要素①「無謀とも思われる復讐計画」


(C)2018 Norichika OBA
本作は、妻を失い人生を狂わされた男、篠原の復讐劇が物語の軸となります。

篠原が復讐すべき相手、財前はヤクザの若頭であり、容易に近づける相手ではありません。

篠原は刑事の松尾と、松尾が連れてきた情報屋の西の協力を得て、着実に復讐の準備を進めます。

ですが、亡き妻の亜希子に似た女性、ハルとの出会いで、復讐を果たす為だけに生きてきたはずの、篠原の心に動揺が走ります。

素性がバレると計画に支障がある為、勝手な行動を慎むように忠告する松尾を無視し、結果的に財前に近づく形になってしまう篠原。

ただでさえ、実行不可能とも思われる計画が、篠原の人間的な弱さにより、さらに危うい方向に転がっていきます。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「渦巻く疑心暗鬼」


(C)2018 Norichika OBA
篠原の復讐を手助けする松尾と西。

何故この2人は、無謀とも思える篠原の復讐を手助けするのでしょうか?

松尾は篠原の捜査を担当した際に、違和感を抱いたまま篠原の刑が確定してしまった事を後悔し「罪滅ぼしの為」と語っています。

一方、西の目的は不明。

西は事あるごとに「こっちも命を賭けている」と語りますが、その真意は明かされず篠原も不信感を抱きます。

無謀とも思える復讐計画に、信用できない人間からのサポートを受けるしかなくなった篠原。

「何を信じて良いのか?」という不安を感じながらも、松尾と西の手助けを受けるしか無いという状況が、篠原をさらに苛立たせます。

また、松尾と西も、身勝手な行動を取り始める篠原に、不信感を抱くようになります。

3人の中で渦巻く疑心暗鬼。

それでも進めていくしか無い復讐計画。

異常とも言える状況が、作品に溢れる緊張感をさらに高めていきます。

サスペンスを構築する要素③「絵画に込められた意味」

オディロン・ルドンの絵画《キュクロプス》(1898〜1900年頃に作画)

映画のタイトル『キュクロプス』は、作中にも登場する絵画のタイトルでもあり、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品です。

花に囲まれた洞窟で寝ているニンフの後ろに、岩山に囲まれた丘から姿を現した一つ目の怪物、キュクロプスのポリュペーモスが、彼女を見下ろしている様子を描いています。

ニンフを見下ろしていると思われる、ポリュペーモスの視線は上向きになっており、鑑賞しているこちら側を見ているようにも感じます。

また、ポリュペーモスは「人食いの怪物」として描かれる事もありますが、この絵画では「穏やかで気まぐれな生き物」として描かれています。

絵画は鑑賞者が受ける印象で、解釈がいろいろと変わる所が面白い部分でもあり、同じ物を見ていても、その人の立場や考え方で、事実の解釈も変わるという事です。

篠原は、亜希子が殺害された事件当日、酒に酔っており記憶が残っていません。

事件の真相は、松尾から見た視点のみでしか分かりません。

篠原は自身の両目で、事件を捉える事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素④「一筋縄ではいかない登場人物」


(C)2018 Norichika OBA
復讐に取り憑かれた男の、無謀とも思える計画を描いた映画『キュクロプス』。

最初から最後まで緊張感の溢れる作品ですが、人間の本質的な部分も描かれています。

特に主人公の篠原は、妻を失い人生を狂わされ、自暴自棄ともいえる復讐に取り憑かれますが、妻の亜希子を守れなかった後悔を抱き、苦しみ続けるという弱さを持った人物です。

篠原は、射撃訓練の途中で出会った野良犬を飼い、可愛がるのですが、この野良犬とのやりとりで、篠原の優しさと人間臭さを際立たせています。

また、錯綜する情報に右往左往しながら、計画を進めようとする篠原の姿は、情報化社会の中で右往左往している現代人の姿と被ります。

本作は、ただの犯罪映画ではなく、人間の持つ本質的な弱さや優しさを描き、情報が錯綜する現代で「何を信じて生きるべきか?」を問いかける作品となっています。

本作は篠原以外の登場人物も、魅力的なキャラクターが多く、篠原を小馬鹿にしたような態度を取る西、時に感情的になりながらも、篠原をサポートする松尾。

そして、復讐を決心した篠原の心を惑わせる存在となるハル。

特に篠原の復讐相手となる、ヤクザの財前は、何を考えているのか分からない掴みどころのない人物で、コミカルな雰囲気だからこそ際立つ、異常さや恐ろしさを兼ね備えており、面白いキャラクターです。

『キュクロプス』は、練り込まれたストーリーだけでなく、一筋縄ではいかない登場人物も見どころとなっています。

映画『キュクロプス』まとめ


(C)2018 Norichika OBA
本作の監督である大庭功睦は、自身の貯金を全て投じて本作を制作し、10日間というハードなスケジュールで撮影しました。

大庭監督の作品に込められた情熱が実を結び「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」では高い評価を受け「シネガーアワード」と「北海道知事賞」のダブル受賞を達成しています。

さまざまな情報が飛び交う現代に、人間としての本質的な部分を問いかける本作は、手に汗握る展開と相まって、見応えのある作品です。

そして、絵画《キュクロプス》をタイトルにした本作の意図は?

実際に映画を鑑賞して、皆さんの両目で作品の本質を捉えて下さい。

映画『キュクロプス』は、2019年5月3日(金)より、テアトル新宿他で順次公開となっています。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も魅力的な映画を取り上げ、作品の魅力と手法などについて考察していきます。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

韓国映画『パラサイト』ポン・ジュノ監督インタビュー【カンヌ2019年パルムドール受賞作】FILMINK-vol.15

FILMINK-vol.15 Bong Joon-ho: Parasite Filmmaker オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海 …

連載コラム

映画『ナンシー』ネタバレ感想と考察。サイコスリラーとしての高評価はサンダンス映画祭でもお墨付き|未体験ゾーンの映画たち2020見破録54

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第54回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第54回で紹介するのは、孤独を抱えた人々を描く、サスペンス・スリラー映画『ナンシー』。ドキュメンタ …

連載コラム

映画『ひとくず』あらすじと感想レビュー。監督・主演の上西雄大が描く虐待する側が抱える問題と守るということ|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 映画『ひとくず』が、2020年3月14日(土)より渋谷ユーロスペース、3月28日(土)より名古屋シネマスコーレ、2020年4月17日(金)よりテアトル梅田、京都み …

連載コラム

韓国映画『アワ・ボディ』あらすじと感想レビュー。キャストのチェ・ヒソが全身で表現するヒロインの共感力|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録4

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第4回 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で14回目となります。 2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に渡ってアジア全域 …

連載コラム

映画『ザ・スリープ・カース 失眠』ネタバレ感想。香港ホラーに日本人俳優の姿も⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第29回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は極 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP