Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/05
Update

『レゴ バットマン ザ・ムービー』ネタバレ感想。キャラクターの魅力や評価を監督らの手腕で増幅させた作品|最強アメコミ番付評27

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第27回戦

こんにちは、野洲川亮です。

『スパイダーマン:スパイダーバース』で、第91回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したフィル・ロード&クリストファー・ミラーコンビ。

そのふたりが製作を務めた2017年の映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』をご紹介します。

“キャラクターの真髄”を理解、解体し、新たな形で観客に評価させてくれるフィル・ロード&クリストファー・ミラーの手腕から、作品の魅力を探っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『レゴ バットマン ザ・ムービー』のあらすじとネタバレ

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ゴッサムシティの平和を長年守り続けてきたスーパーヒーロー、バットマン。

今日もジョーカーや他のヴィランたちが仕掛けた、発電所の爆破計画を見事に食い止めてみせます。

そこで「バットマンの宿敵」を自称していたジョーカーは、バットマンに「宿敵はスーパーマン」だと否定されてしまい、悪役としてのプライドが傷つきます。

そのバットマンは市民の喝さいを浴びる一方、孤独をこじらせ、執事のアルフレッド以外は信頼できる友達も家族も作ろうとしませんでした。

翌日、バットマンはブルース・ウェインの姿でゴードン警察署長の退任、娘のバーバラ・ゴードンの新本部長の就任パーティに出席します。

バーバラに惹かれるブルースでしたが、バットマンに頼らない体制を築く宣言をバーバラがしたのでショックを受けます。

そこへジョーカー率いるヴィラン軍団が乗り込み、突如彼ら全員が警察に自首してしまいます。

ジョーカーの真意を疑うバットマンは、極悪囚人が集まる空間、ファントムゾーンへとジョーカーたちを送り込むことを決意します。

ひょんなことから自分が引き取る羽目になってしまった孤児の少年ロビン。

彼も連れて、ファントムゾーンへの転送に必要なプロジェクターを手に入れるため、スーパーマンの元へ向かうバットマン。

そこでは、自分以外の全ヒーローが招待されたパーティが開かれており、ショックを受けながらもプロジェクターを盗み出したバットマンは、遂にジョーカーたちをファントムゾーンへと送ってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『レゴ バットマン ザ・ムービー』ネタバレ・結末の記載がございます。『レゴ バットマン ザ・ムービー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ところが、それこそがジョーカーの狙い、計画でした。

ファントムゾーンにいる他の極悪囚人たちと手を組んで、ゴッサムシティへと襲撃を仕掛けるジョーカー。

追い詰められたバットマンは、バーバラ、ロビン、アルフレッドを交えた4人でチームを結成し、ジョーカーたちに対抗します。

しかし、仲間を失うことを恐れたバットマンは、1人でジョーカーへ立ち向かいますが、逆にファントムゾーンへと飛ばされてしまいました。

ファントムゾーンの看守に戻ってくることを約束し、バットマンは再びゴッサムシティへと舞い戻ります。

自らの行動を悔い、再びバーバラたちと協力してジョーカー阻止へと向かうバットマン。

ジョーカーに裏切られたヴィランたちとも共闘し、ジョーカーに迫りますが、仕掛けられた時限爆弾が爆発。

ゴッサムシティは真っ二つになりかけます。

人で繋いだはしごで、かろうじてゴッサムシティを繋ぎとめる中、バットマンはジョーカーを宿敵として認める思いを吐き出します。

それを聞いたジョーカーも思いに応え、二人は手を繋ぎゴッサムを守り抜きました。

これからも宿敵としてジョーカーと戦うことを約束したバットマンは、約束通りファントムゾーンへ戻ろうとしますが、看守の計らいにより戻らなくて良いことに。

その後、バーバラ、ロビン、アルフレッドと4人で家族のように過ごすバットマン。

かつて殺された両親との家族写真の隣には、4人で撮った写真が飾られていました…。

構造を楽しませてくれるフィル・ロード&クリストファー・ミラー演出

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『LEGO(R) ムービー』(2014)の登場、その大ヒットはCGアニメ映画の新境地を切り開くものとなりました。

全世界で4億6千万ドルの興行収入を稼ぎだすメガヒットとなった『LEGO(R) ムービー』は(日本ではわずか1億8000万円でしたが)、レゴパーツを使ったコマ割り風演出をCGで再現し、メタフィクション的なストーリーテリングを用いた、“子供騙し”どころか、大人までも騙されるクオリティーの作品となっていました。

その『LEGO(R) ムービー』の監督・脚本を務めたのが、フィル・ロード&クリストファー・ミラーのコンビです。

参考映像:『くもりときどきミートボール』(2009)

このコンビの監督作は『くもりときどきミートボール』(2009)、『21ジャンプストリート』(2012)などがあります。

アニメ、実写作品どちらも映画ファンの間ではよく知られる傑作を作ってきていました。

この二人の作品、『LEGO(R) ムービー』や本作『レゴ バットマン ザ・ムービー』でも特徴的な演出として、“映画の構造そのものを楽しませる”ことが挙げられます。

CGで“わざわざ”コマ割り風演出にすると言う、変態的なこだわりを披露し、レゴという人間が操る玩具に人格をもたせてメタ的なストーリーに仕立てるなど(また詳細は伏せますが、映画の世界観がひっくり返る仕掛けもある)、我々観客が生きる現実とフィクションの世界を軽やかに行き来してみせ、スリリングな鑑賞体験を与えてくれます。

そしてレゴの根本的な魅力である、“組み立てる楽しさ、気持ちよさ”も具体的に描写し、そこに主人公が組み立てる腕を磨いていく、ストーリー上の意味合いも付加してみせ、ビジュアル、物語の両面を同時に楽しませてくれました。

スポンサーリンク

最もバットマン映画らしい作品

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

そして、その構造的面白さは、本作で言えば単なるバットマンパロディに終わらせ無かったこと。

「孤独をこじらせて、他者との関係を築いていくことが出来ない」という、コミックや、アニメ、実写映画で一貫してシリアスに描かれてきたバットマンのキャラクターをイジッてギャグのネタにしてみせ、さらに孤独を克服する過程を物語の核心に据えてみせます。

特に実写映画で“バットマンのカッコいい部分”とされてきた孤独さに、あえてツッコミを入れる。

これは、長年コミック映画に漠然と抱いてきた違和感も解消してくれる手法です。

さらに、“結局いつも負ける”ヴィランたちの存在意義にも焦点を当て、本来は狂気の敵であるジョーカーに「バットマンの自分を宿敵と認めさせる」という承認欲求を抱かせる導入も鮮やかで、これはヴィランたちの新たな魅力、キャラクターの可能性を広げる演出でもありました。

こういった一連の演出に、キャラクターの魅力や真髄をかみ砕いて、ユーモラスで魅力的に描き観客に提示しつつ、より真摯に題材に向き合っている製作者の姿勢がうかがい知れる本作は、最もバットマン映画らしい作品と言えるでしょう。

冒頭で触れた『スパイダーマン:スパイダーバース』でも、監督ではなく製作に名を連ねていますが(フィル・ロードは脚本も兼務)、このコンビの、キャラクターの魅力を正確に把握し、それをより増幅させて観客へ提示してくれる手法には期待が持てます。

スパイダーマンという皆が知っている超有名ヒーローの、気づかなかった新たな魅力を発見できるのではないでしょうか。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第28回戦は、3月8日に公開となる『スパイダーマン:スパイダーバース』を解説していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『仮面ライダー龍騎』あらすじとキャスト。最終回と複数の結末を解説|邦画特撮大全32

連載コラム「邦画特撮大全」第32章 現在放送中の『仮面ライダージオウ』に、『仮面ライダー龍騎』(2002~2003)が登場しました。更に『仮面ライダージオウ』のスピンオフとして『龍騎』のオリジナルエピ …

連載コラム

【スマホ2ネタバレ】映画と原作の違いを比較考察。結末に登場のキャストは続編への伏線か!?|永遠の未完成これ完成である9

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第9回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 情 …

連載コラム

映画『Mrs Lowry&Son』【ティモシー・スポールへのインタビュー:わびしさの中にある美】FILMINK-vol.31

FILMINK-vol.31「Timothy Spall: The Beauty in Bleakness」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche …

連載コラム

映画『ふたりのJ・T・リロイ』あらすじと感想レビュー。ベストセラー作家の裏の裏や、海外の出版業界の様子が垣間見られる|銀幕の月光遊戯 53

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第53回 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』が2020年2月14日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国公開されます。 2000年代の半ば、アメリカ文 …

連載コラム

ディズニー映画『ノエル』キャスト【アナ・ケンドリックとシャーリー・マクレーンのインタビュー】FILMINK-vol.29

FILMINK-vol.29「The First Noelle」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP