Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/29
Update

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催!

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されます。


(C)Cinemarche

そして本映画祭にて特別招待作品の一つとして上映されるのが、2016年に異例の大ヒットを記録した長編アニメーション映画『この世界の片隅に』の続編的作品にして、前作では描き切れなかったこうの史代の原作漫画における魅力的なエピソードを多く描いた映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』です。

主人公・すずを取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれることで、すずの中にあった温かく哀しい秘密が浮き彫りにしようと試みた本作。

開催初日の10月28日(月)のレッドカーペットでは、片渕須直監督ら制作スタッフ陣、そして前作に引き続き主人公・すずを演じた女優・のんが登壇。

本記事では映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』監督・キャスト陣のレッドカーペットでのご様子をお届けいたします。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』レッドカーペット・リポート


(C)Cinemarche

のんさん


(C)Cinemarche

前作に引き続き主演を務めた女優・のんは、純白のドレスでレッドカーペットに登壇。

その優しさと癒しを感じられる笑顔には、自らが演じた主人公・すずの人柄と笑顔が重なります。

また一般客席では多くの人々からサインを求められ、前作『この世界の片隅に』が、そしてのん自身がどれほどの人々を惹きつけているのかが分かりました。

片渕須直監督


(C)Cinemarche

前作『この世界の片隅に』はもちろんのこと、その徹底された時代考証とストーリーテリング、何よりも卓越したアニメーション描写で知られる片渕監督。

レッドカーペットではメディア報道陣のスチール撮影のみならず、映像インタビューにも対応。様々な質問に対しにこやかに、そして真摯に受け答えを続けました。

真木太郎さん


(C)Cinemarche

スマートな出で立ちで登場した真木は、前作『この世界の片隅に』から企画に携わり、作品の完成とヒットに大きな貢献を果たした一人。

サインを求められるのんや片渕監督の様子を側から見守る姿には、作品の完成を最後まで見届け、見守り続けることができた真木自身の気配りと心遣いを感じられました。

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の作品情報

【上映】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
片渕須直

【キャスト】
のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、花澤香菜、澁谷天外(特別出演)

スポンサーリンク

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のあらすじ

昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃。

広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始めます。

戦況が悪化し、生活は困難を極めますが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいました。

ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会います。

境遇は異なるものの呉ではじめて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。

しかし、ふとしたことをきっかけに、すずは周作とリンの過去に触れてしまいます。

すず、リン、そして周作。

それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていました。

そして昭和20年の夏がやってきて…。

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『ハウス・イン・ザ・フィールズ』感想評価レビュー。モロッコの田舎に生きるアマズィーグ人の少女がカサブランカの都会へ嫁入りする“心柄”|映画という星空を知るひとよ59

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第59回 アトラス山脈の四季折々の自然風景と、モロッコの山奥で暮らすアマズィーグ人の姉妹の慎ましくも美しい日々の営みを記録したドキュメンタリー映画『ハウス・イン …

連載コラム

『特捜部Q カルテ番号64』あらすじネタバレと感想。映画化第4弾で明らかになるアサドの正体とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録10

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第10回 新年初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑨

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年5月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『レリック 遺物』感想解説と評価考察レビュー。結末まで“老いの恐怖”を描いたサスペンススリラーを張り巡らされた「予兆」から読み解く|サスペンスの神様の鼓動44

サスペンスの神様の鼓動44 映画『レリック -遺物-』は、2021年8月13日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開 森に囲まれた家で、1人暮らしをしていた老女エドナが突然失踪した事で、恐怖の連鎖が …

連載コラム

『ミッドナイトスワン』感想と考察評価。タイトルの意味解説と草彅剛×服部樹咲で描く母子愛|映画という星空を知るひとよ21

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第21回 今回はトランスジェンダーの主人公・凪沙と、バレエダンサーを夢見る少女の“切なくも美しい絆”を描いた『ミッドナイトスワン』をご紹介します。 本作は内田英 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学