Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ウォリアーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ウォルター・ヒルによるヤンキー映画/漫画のバイブル的作品|すべての映画はアクションから始まる32

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第32回

日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』。

第32回は、1979年製作のアメリカ映画『ウォリアーズ』です。

『48時間』(1982)、『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984)のウォルター・ヒル監督によるバイオレンス・アクションである本作。

日本の不良ドラマ・マンガにも影響を与えた一本といえる映画『ウォリアーズ』をあらすじネタバレ有りで紹介していきます。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ウォリアーズ』の作品情報

【公開】
1979年(アメリカ映画)

【原題】
The Warriors

【原作】
ソル・ユーリック

【監督・脚本】
ウォルター・ヒル

【共同脚本】
デヴィッド・シェイバー

【撮影】
アンドリュー・ラズロ

【製作】
ローレンス・ゴードン

【製作総指揮】
フランク・マーシャル

【キャスト】
マイケル・ベック、ジェームズ・レマー、トーマス・G・ウェイツト、ドーシー・ライト、
ブライアン・タイラー、デボラ・ヴァン・フォルケンバーグ、デヴィッド・ハリス

【作品概要】
ソル・ユーリックの原作『夜の戦士たち』を、『48時間』、『ストリート・オブ・ファイヤー』のウォルター・ヒル監督が1979年に映画化。ギャング間の抗争が激化するニューヨークを舞台に、濡れ衣を着せられたチーム「ウォリアーズ」の一夜の逃走劇を描きます。

監督のヒルとデイヴィッド・シェーバーが脚色し、『ストリート・オブ・ファイヤー』にも参加したアンドリュー・ラズロが撮影監督を担当。主要キャストの大半は無名の新人ですが、主役格に当たる青年スワンを『メガフォース』(1982)のマイケル・ベックが演じます。

映画『ウォリアーズ』のあらすじとネタバレ

夏の夜のニューヨーク。街のストリートギャングたちが、ブロンクスの公園に集結していました。彼らはニューヨーク最大のギャングチーム「リフス」のリーダーであるサイラスにより集められました。

コニーアイランドをテリトリーとする「ウォリアーズ」のメンバーも、リーダーのクレオンを筆頭に勢ぞろいしていました。

壇上に上がったサイラスは、ギャングの垣根を超えて手を組み、警察を襲ってニューヨークを奪いとろうと叫びます。

ところが、集会では一切の武器の持ち込みが禁止されていたにもかかわらず、一発の銃声が鳴り響いてサイラスが射殺されてしまいます。

会場内が大パニックとなる中、「ローグス」リーダーのルーサーが、サイラスを殺したのはクレオンだと叫びます。実は撃ったのはルーサーでしたが、濡れ衣を着せたのです。

成す術なく捕らわれたクレオンが集団リンチに遭うのを目の当たりにしたウォリアーズのメンバーは、なんとかその場を逃れます。

ウォリアーズの暫定的リーダーとなったスワンは皆を連れてコニーアイランドに戻ることにするも、サイラスを殺されたリフスのメンバーは、ウォリアーズに復讐を宣言。

さらにはニューヨーク中に事件を伝えるラジオ番組を通じて、ほかのギャンググループたちもウォリアーズを倒して名を高めようと動き出します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ウォリアーズ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

全員スキンヘッドの「ターンブル・エーシーズ」にバスで追われるも、地下鉄に乗り込めたウォリアーズ。しかし、駅で火災が発生して地下鉄は緊急停止してしまいます。

地上に上がったウォリアーズは、緑のTシャツを着こんだ「オーファンズ」と遭遇。トラブルに巻き込まれるのを恐れた彼らは、ウォリアーズと関わるのを拒みます。

そこに、オーファンズとつるんでいた女性マーシーが現れ、ウォリアーズに近づきます。スワンは、マーシーを取り返そうとするオーファンズを振り切り逃亡。マーシーもその後に続きます。

再び列車に乗り込んだウォリアーズですが、96丁目駅で停止した際にパトロール中の警察に追われることに。警察と揉み合う中、メンバーの一人であるフォックスがホームから転落し、ほかのメンバーも2組に分かれてしまいます。

その1組のスワンたちは、野球のユニフォーム姿にペイントメイクを施した「ベースボール・フューリーズ」にバットで襲撃されるも、返り討ちに。

逃げる途中、公園のベンチに一人座る女性と会ったウォリアーズ。

スワンは無視して行こうとするも、彼が暫定リーダーになったのが気に入らず、常に反抗的な態度を取っていたエイジャックスは拒絶。スワン、スノウ、カウボーイらは先を急ぎますが、エイジャックスは女性に近づきます。

実は彼女は警官で、レイプ犯を捕まえるための囮でした。エイジャックスは逮捕され、気になって引き返していたスノウ、カウボーイはその姿を遠くからみることしかできませんでした。

一方、先に駅へ着いたスワンの元にマーシーが姿を現します。スワンは「お前みたいな生き方の女は嫌いだ」と拒むも、マーシーは離れずに一緒に逃げることに。

その頃、スワンたちとはぐれたウォリアーズのメンバーであるコチーズ、レンブラント、ヴァーミンは、遭遇した女性グループたちの住居に入りますが、彼女たちは女性ギャングチーム「リジーズ」でした。

なんとかリジーズの襲撃を逃れ、地下鉄に逃げたコチーズたちは、ついにほかのメンバーと再会。

駅でデニムのオーバーオールをまとったギャング「パンクス」の待ち伏せを受けるも、彼らを撃退したウォリアーズは、ようやくコニーアイランド行きの列車に乗り込みます。

日が開け、コニーアイランドのスティルウェル・アベニュー駅に着いたウォリアーズを、ルーサー率いるローグスが待ち伏せしていました。

ルーサーは、自分がサイラス射殺の真犯人であることを認めます。

「殺した理由なんかねぇよ」……ルーサーはそう答えるとスワンの1対1の決闘を拒んで銃を向けるも、スワンの投げナイフで腕を刺され、その場に崩れ落ちます。

サイラス亡き後リフスのリーダーとなったマサイは一部始終を見ており、事のすべてを把握していました。

晴れて解放されたウォリアーズたちは朝日に照らされながら、堂々と自分たちの根城に戻っていくのでした……。

スポンサーリンク

実際のギャング事件が起こったほどの影響力

『ウォリアーズ』を題材にしたゲーム『The Warriors』

本作『ウォリアーズ』は、1979年製作のウォルター・ヒル監督によるバイオレンス映画です。

原作は1965年発表の小説『夜の戦士たち』(日本では1979年に講談社から出版)で、作者のソル・ユーリックはこれがデビュー作となりました。ニューヨークの福祉施設に勤めていた経験を元に、『ウエストサイド物語』(1961)での美化されたストリートギャングの描写へのアンチテーゼとして執筆したといわれています。

舞台となるニューヨークのブロンクスは、当時の実際のアメリカの中でも治安が悪い地区とされており、撮影も本物のギャングをボディガードに雇って行われ、冒頭の大集会の場面では1000人もの本物のストリートギャングたちがエキストラとして参加

登場人物の大半を無名キャストで占められているという点でもリアリティをもたらしていますが、これが予期せぬ波紋を引き起こすことに……。

アメリカでは1979年2月に公開されましたが、公開翌日にはカリフォルニアで本作を観て触発されたギャングが発砲して死人が出たり、ニューヨークでは地下鉄内でギャング同士が乱闘になったりと、全米各地であらすじをコピーしたような事件が多発

ついには警察から上映禁止令が出るという事態となり、その余波を受けて日本公開も同年夏予定から9月に延期されてしまったほどに、本作を観た若者たちに大きな影響をもたらしたのです。

荒ぶる若者の青春群像と個性的なギャングたち

ストリートギャングのトップ殺害の濡れ衣を着せられたウォリアーズ(原作ではコニーアイランドの支配者《ドミネーターズ》)たちが、ブロンクスの公園から地元コニーアイランドに逃げ帰るまでの一夜を、スリリングに描いた本作。

実際に殺人事件を起きてしまったという悲劇こそ生んだものの、描かれるのはあくまでも若者の青春です。

長らく不況にあえいでいたアメリカにおいて、居場所を失ったギャングたちが荒んだ境遇をバネに、暴力という形で自己を表現するギャングたち

映画終盤での、地下鉄でスワンとマーシーの向かいに裕福なカップルたちが座る場面は、格差の対比を如実に暗示しています。

裕福に着飾ったカップルに引け目を感じるマーシーに、暴力まみれの世界で生きてきたスワンが彼女の手を取り、彼らを睨みつける……原作での「カップルたちが蔑んだ目でスワン(原作ではヒントン)たちを見る」という描写を改変したその演出には、ヒル監督とデヴィッド・シェイバーの意図が感じられます。

ウォリアーズvsベースボール・フューリーズの闘い

ほかに見どころとしては、個性豊かなギャングの登場でしょう。

パンクロックバンド「KISS」のようなメイクで野球ユニフォームを着た「ベースボール・フューリーズ」、バスに乗って移動するスキンヘッド集団「ターンブル・エーシーズ」、弱いのに虚勢だけは一人前の「オーファンズ」、全員オーバーオールとボーダーシャツで揃えた「パンクス」など、中二病感覚満載のギャングたちが次々登場するので、観ていて楽しくなります。

アクションに関していえば、今の洗練されたコレオグラフィに観慣れた方は野暮ったく感じるかもしれませんが、ウォリアーズと襲いかかるギャングが広場やトイレ、地下鉄で繰り広げる乱闘も、洗練されていない荒々しさがかえって引き立ちます

撮影ではエキサイトしすぎて、マーシーを演じたデボラ・ヴァン・フォルケンバーグはバットが顔に当たってアザができたり、地下鉄内で走る場面で転んで手首を骨折するなどのケガを負っています(実は中盤でマーシーがジャケットを着て登場するのは、骨折箇所を隠すため)。

スポンサーリンク

まとめ

35年ぶりに集結した「ウォリアーズ」メンバー(2015)

ほかにも、「イーグルス」のギタリストだったジョー・ウォルシュがエンドクレジットで流れる主題曲『イン・ザ・シティ』を手がける後にボン・ジョヴィやリッキー・マーティンのプロデュースを担ったデズモンド・チャイルドも曲作りに関わるなど、音楽面でも特筆したい点が多い『ウォリアーズ』。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)の押井守監督も、初の実写作品『紅い眼鏡』(1987)を撮る際の参考にしたと語るなど、フィルムメーカーにも影響を与えています。

2005年にはテレビゲーム化されたり(原作にあるウォリアーズ結成前のエピソードや、映画では描かれなかったサイラス暗殺の真相なども加えられている)、2015年には出演者たちが集結した記念イベントが実施されるなど、時を越えてもフォロワーが存在。

血気盛んな若者たちの暴走は、いつの世も普遍的なもの「HiGH&LOW」シリーズ(2015~)や『クローズ』といった日本の不良ドラマ・マンガの原典として、外せない一本なのです。

次回の『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

松平光冬プロフィール

テレビ番組の放送作家・企画リサーチャーとしてドキュメンタリー番組やバラエティを中心に担当。主に『ガイアの夜明け』『ルビコンの決断』『クイズ雑学王』などに携わる。

2010年代からは映画ライターとしても活動。Cinemarcheでは新作レビューの他、連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』『すべてはアクションから始まる』を担当。(@PUJ920219




関連記事

連載コラム

映画『愛すべき夫妻の秘密』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。ニコールキッドマンとハビエルバルデムが演じるテレビ業界と夫婦の愛のカタチ|Amazonプライムおすすめ映画館7

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第7回 今回ご紹介する映画『愛すべき夫妻の秘密』は、『シカゴ7裁判』(2020)のアーロン・ソーキン監督による新作映画で、第79回ゴールデングローブ賞に …

連載コラム

映画『南極日誌』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。恐怖スリラーおすすめに韓国俳優ソン・ガンホとユ・ジテ共演で描いた“南極探検隊の恐怖”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー72

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第72回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『狂猿』感想評価とレビュー解説。“デスマッチのカリスマ”葛西純の最強の人生の作り方|映画道シカミミ見聞録56

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第56回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年5月28日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開されるドキュメンタリー映画『狂猿』を紹介いたします …

連載コラム

映画『英雄の証明』あらすじ感想と評価考察。アスガー・ファルディが描く借金苦にあえぐ男が遭遇する“事件の真実”|タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』10

連載コラム『タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」』第10回 『別離』(2011)、『セールスマン』(2013)でアカデミー賞外国語映画賞を二度にわたり受賞したイランの巨匠、アスガー・フ …

連載コラム

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学