Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/20
Update

『歯まん』感想と考察。キワモノホラーか恋愛映画なのか?岡部哲也監督は化物よりも恐ろしいモノを描いた|SF恐怖映画という名の観覧車37

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile037

映画の発展と共にスーパーヒーロー映画が乱立し、今もなお高い人気を保ち続けています。

「自分にもあんな能力があれば…」と思わず羨望してしまう「ヒーロー」の能力。

しかし、与えられるものが「自分が望むもの」であるとは限らないのが世の中の常。

今回は、身体の一部分が「異形」と化してしまったがために、大きな「罪」を抱え生きることになった1人の少女を描いた映画『歯まん』(2019)をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『歯まん』の作品情報


(C)2015「歯まん」

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
岡部哲也

【キャスト】
馬場野々香、小島祐輔、水井真希、中村無何有、宇野祥平

映画『歯まん』のあらすじ


(C)2015「歯まん」

高校に通う普通の少女、遥香(馬場野々香)は彼氏との初めての性行為の最中に自身の女性器に生えた歯によって男性器を食いちぎり、殺害してしまいます。

パニックを起こし逃走した彼女は、警察の捜査から逃れることに成功しますが、日ごとに罪悪感と悪夢にうなされるようになり…。

スポンサーリンク

価値観を考え直させる物語


(C)2015「歯まん」

女性器に歯が生え、「性行為」を行った相手の局部を噛み千切る。

鮮烈すぎるプロットが「コンドームが男性器を喰らう」と言ったドイツのカルトホラー『キラーコンドーム』(1999)であったり、肛門から出た化物が人を襲ったりする『バッド・マイロ!』(2014)のようなホラー&コメディな印象を与え、キワモノ映画だと感じる方も少なくないかと思います。

しかし、本作は意外にも「ホラー」要素も「コメディ」要素もほとんどなく、むしろ性行為に真摯に向き合うことで「愛」について考えさせられる「ヒューマンドラマ」色が強く、心打たれる映画でした。

真の愛情とは?


(C)2015「歯まん」

身体的、精神的な事情で「性行為」を行うことの出来ない人は多くいます。

本作の主人公である遥香も、大枠で言えばそれに当てはまる少女。

思春期に好きな人が出来て恋人になったとしても、その後いくら相手に求められても性行為に及ぶことが出来ません。

必然的に子供を作ると言った未来も期待することが出来ず、彼女は「恋愛」に対し後ろ向きな感情を抱き始めます。

そんな深い悲しみを背負った遥香を中心に描いたこの作品で訴えかけているのは、本当の意味での「愛」について。

愛の延長線上にあるはずの性行為。

ですが愛とはかけ離れた性行為の在り方を劇中で表現することにより、「人間」と言う生物にとってその行為に何の意味があるのかを再度考え直す機会を与えています。

恐ろしいのは「化物」か?


(C)2015「歯まん」

主人公の遥香は、見た目も性格も年相応の少女と何ら変わりがありません。

しかし、彼女の女性器が「異形」と化したことで「性行為」がほぼ必ず相手の「死」を意味するものとなり、そのことで少女は自らを「化物」と感じ全てに絶望してしまいます。

ですが、劇中に彼女以上の本当の化物が何人も登場することによって、本作のメッセージ性が見え始めて来ます。

「化物」となった彼女を襲う「人間」


(C)2015「歯まん」

肉食動物が草食動物を襲い喰い殺すことは、「異常」と言える現象ではありません。

その行動はあくまでも「本能的」行為であり、生きるために必要不可欠な行動であるからです。

いわば、「性行為」もその本能的行為に当たるものであり、遥香の犯した最初の罪は異常と言えるものではありませんでした。

生まれた国や育った場所によりその価値観が変わるため、「異常」や「正常」をはっきりと線引きすることは非常に難しく、議論の余地が残ることは間違いありません。

しかし、本作にはもはや誰の目から見ても本能的行為を逸脱した登場人物が何人も登場し、それぞれの歪な「欲望」から遥香と接点を持つことになります。

「化物」よりも恐ろしい「人間」


(C)2015「歯まん」

以前のコラムで「非常時における人間ほど怖いものはない」と言った人間の「裏」の部分について「ゾンビ」映画を使いお話しをさせていただきました。

非常時における一部の人間の暴走は、ゾンビと言う化物よりも怖い。

この考えは以前とは変わりないものの、本作を鑑賞するうちに通常時から既に化物よりも恐ろしい人間が存在することを思い知らされました。

人間に備わった「欲望」と言う概念も「本能」であると言えます。

ですが、劇中で遥香に関わる一部の人間たちの欲望は、明らかに「生物」としての「正常なライン」の範疇を越えた行為。

殺人と言う罪を背負い自身の「業」に向き合う化物の遥香と、他人を自分の「欲望」の赴くままに使おうとする人間。

果たして本当に恐ろしいのはどちらなのかと言うメッセージ性を内包し、サイコスリラーな一面も持ちあわせた作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2015「歯まん」

キワモノホラー映画のようでありながら、「性行為」や「人間」の「業」に真摯に向き合った作品である『歯まん』。

女性相撲を描き様々な映画賞を受賞した映画『菊とギロチン』(2018)など話題の映画から大作にまで出演する宇野祥平が脇を固め、主演の馬場野々香の鬼気迫る演技も魅力的な俳優陣。

血しぶきやレイプと言った暴力的なシーンこそ多くあれど、現代を生きる男女がもう一度考えるべき問題を訴えかける本作は、2019年3月2日(土)からアップリンク渋谷など、全国で順次公開。

岡部哲也の初監督作品となる挑戦作『歯まん』をぜひ劇場でご覧になってください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile038では、ついにサービスが開始したホラー専門映像配信サービス「OSOREZONE」の配信作品のラインナップから注目のホラー作品をご紹介致します。

2月27日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『鏡の中にある如く』ネタバレ感想と考察解説。ベルイマンが“神の沈黙三部作”で描く父の物語|電影19XX年への旅7

連載コラム「電影19XX年への旅」第7回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第7回は、『叫びとささやき』や『仮面/ペルソナ』など、数多く …

連載コラム

映画『アミューズメント・パーク』感想評価と考察解説。ロメロ監督が描いた現代社会への“風刺”|SF恐怖映画という名の観覧車151

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile151 現代の日本で暮らす以上、切っても切り離せない問題となる「少子高齢化」。 2045年には15歳以下の若者がおよそ10%、65歳以上の高齢者 …

連載コラム

映画『ザ・ペンシル』あらすじ感想と評価。監督賞と審査員特別賞をW受賞した“鉛筆”と“意志”の物語|2020SKIPシティ映画祭8

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・ナタリア・ナザロワ監督作品『ザ・ペンシル』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの …

連載コラム

ノルウェー映画『ディスコ』あらすじと感想レビュー。北欧のカルト教団事情を調査し描いたリアルな描写|TIFF2019リポート8

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『ディスコ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)ま …

連載コラム

『みんな~やってるか!』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。北野武映画(ビートたけし第1回監督)は淀川長治先生も認めた“ナンセンスコメディ”|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!6

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第6回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学