Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/11
Update

映画『デッドリー・ハンティング』ネタバレ結末感想とあらすじ考察。Netflixホラーが描いた猟奇狙撃犯からの逃走劇|Netflix映画おすすめ56

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第56回

人の文明の通わない広大な自然は、デジタルな世界に疲れきった現代人の癒しの場。

しかし、その癒しの場は人の文明が通わないからこそ、大事があった際には人の助けのこない恐怖の場所へと早変わりします。

2021年9月10日(金)にNetflixで配信された映画『デッドリー・ハンティング』(2021)は、そんな広大な大自然である「山」を舞台とした最新ホラー映画。

今回は助けの来ない大自然で、強い殺意を持った狙撃犯に命を狙われる恐怖を描いた本作を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『デッドリー・ハンティング』の作品情報


Netflix映画『デッドリー・ハンティング』

【配信日】
2021年(ドイツ映画)

【原題】
Prey

【監督】
トーマス・ジーベン

【キャスト】
デビッド・クロス、ハンノ・コフラー、マリア・エーリッヒ、ローベルト・フィンスター、ユン・ゴ、クラウス・シュタインバッハー、リビア・マテス、ネリー・タールバッハ

【作品概要】
キーパー ある兵士の奇跡』(2020)で実在したサッカー選手バート・トラウトマンを演じたデビッド・クロスが主演を務めた作品。

ステラ -真昼の誘拐-』(2019)を製作したトーマス・ジーベンが監督を務めました。

映画『デッドリー・ハンティング』のあらすじとネタバレ

恋人のリーザとの結婚を控えたローマンは兄のアルバート、友人のヴィンセント、ペーター、シュテファンを連れ、山の中をバチェラー・パーティ(結婚前日に友人たちと夜を過ごすこと)の代わりとしてトレッキングしていました。

職の決まらないローマンは、アルバートがペーターと企業した会社に仕事の斡旋を頼んでいましたが、腹に一物抱えるアルバートに上手く使われていると言う疑惑は晴らせずにいました。

ヴィンセントは高所恐怖症であり乗り気ではありませんでしたが、人生の岐路に立つ友人のローマンのため仕方なく同行しています。

山中の塔にたどり着いたと同時に銃声が響き渡り、5人は近隣の猟師によるものだと考えます。

アルバートは木の麓に置いてあったユニコーンの人形を土産として持ち去り、帰路に着く5人は駐車場に辿り着きます。

するとまたも銃声が響き渡り、ヴィンセントの左腕が撃ち抜かれました。

急いでヴィンセントの止血を行いハンターの誤射に文句を叫ぶ5人でしたが、次に車のタイヤが撃たれ、パンクしてしまいます。

狙撃手が殺意を持って狙撃していることを理解したアルバートは警察に通報しようとしますが、ここは深い山奥であり圏外でした。

狙撃を避けるため5人は森の中へと逃げ込みます。

ボーイスカウトのシュテファンが先導し、トレッキングの最中に見えた幹線道路で助けを求めるため、5人は幹線道路を目指しますが道中でアルバートが草間に足を取られ負傷してしまいます。

なんとか山の中の湖に辿り着いた5人は、ほとりに立つ女性を発見し助けを求めます。

しかし、その女性は傍らに置いたライフルを手に取るとシュテファンの頭部を撃ち抜き射殺し、その光景を見たローマンたちは全速力で逃走。

ペーターは足を負傷しているアルバートを鬱陶しく思い、4人バラバラで逃げることを提案しますが、兄想いのローマンがその考えを退けます。

山道を歩き、山間の売店にたどり着いた4人は店員の女性に助けを求めます。

アルバートは売店の固定電話で警察に助けを求めますが、売店の外からの銃撃で店員が死亡してしまいます。

さらに犯人の女性は銃撃を繰り返し、ヴィンセントが首を撃たれ死亡。

ローマンの機転で3人は売店を抜け出すことに成功し、コテージの立ち並ぶキャンプ場跡へとたどり着きます。

足を負傷し歩くことがままならなくなりながらも、自身を置いていくことを許さないアルバートに辟易したペーターは、日々溜まっていた愚痴を吐き出し、ローマンにリーザの件においてアルバートのことを信用するなと言いひとりで道路を目指し歩いて行ってしまいます。

兄想いのローマンではありましたが、妻となるリーザの名前が出たことでアルバートを問い詰めますが、アルバートははぐらかすばかりで答えようとせず、ローマンもまたアルバートのもとを離れました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『デッドリー・ハンティング』のネタバレ・結末の記載がございます。『デッドリー・ハンティング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

キャンプ場跡でローマンは鷹をケージに入れた家を発見します。

家の中には自分たちを襲った犯人の女性がアナという娘と撮った写真が飾ってあり、彼女が鷹狩りの名手であったことも分かります。

パソコンに保存されていた動画を再生すると、そこには犯人の女性がアナと2人で居たところを銃を所持するトレッキング中の男性たちに、アナを射殺されてしまう映像が残されていました。

その頃、ひとりで逃げたペーターは犯人の女性に遭遇し射殺されます。

銃声を聞きアルバートと合流したローマンは2人で逃走しますが、アルバートが肩を撃たれ気を失ってしまいました。

犯人の女性が近くから離れたことを確認したローマンはペーターの残した言葉が気になり、アルバートのスマホを気を失った彼の指を使いロックを解除し中を覗きます。

そこにはリーザが裸で写っている画像があり、ローマンはリーザがアルバートと浮気していることを確信しました。

意識を取り戻したアルバートを殴りつけたローマンは犯人の女性が洞窟に入っていく様子を見つけると、アルバートを安全な場所へ連れて行き、彼の拾ったユニコーンの人形を持ち洞窟へと入っていきます。

洞窟の中にはおびただしい数の射殺された男性の死体が遺棄されており、洞窟の上へと繋がるハシゴがありました。

ハシゴを登りきるとローマンは山を一望できる高台に出ます。

犯人の女性はこの場所から獲物を探して立っており、ローマンは彼女に足を撃たれます。

射殺されそうになるローマンでしたが、アナのことを話し、ユニコーンの人形を投げつけたことで犯人の女性は動揺し、その隙に銃を奪うことに成功。

しかし、ローマンは犯人の女性を撃つことなく、銃を高台から投げ捨てました。犯人の女性はローマンを見つめると高台から身を投げ自殺します。

その様子を見たローマンはその場に座り込みました。

スポンサーリンク

映画『デッドリー・ハンティング』の感想と評価


Netflix映画『デッドリー・ハンティング』

狙撃犯に襲われる恐怖

本作『デッドリー・ハンティング』は、殺人鬼に襲われ、ひとりひとり殺されていくスラッシャー映画にあたる作品です。

スラッシャー映画の中でも姿の見えない位置から一方的に殺人を行うことの出来る狙撃犯は「見えない殺人鬼」と言えます。

狙撃犯に襲われるスラッシャー映画としては『ダウンレンジ』(2018)や『ノー・エスケープ 自由への国境』(2017)が存在しますが、それぞれ異なった面白味が存在しました。

『ダウンレンジ』では遮るものが車しかない道路を軸に狙撃犯との定点での攻防が描かれています。

一方で、『ノー・エスケープ 自由への国境』では荒れた地でひたすらに主人公を追い掛け回す狙撃犯が相手であり、『デッドリー・ハンティング』はどちらかといえば『ノー・エスケープ 自由への国境』に近い作品性です。

しかし、遮るものが少ない荒地や道路と違い森で覆われた山というフィールドは、狙撃犯にとっても相手を見つけにくい舞台。

いつ襲われるかも分からない切れることのない緊張感が秀逸な作品でした。

人間的で猟奇的な殺人鬼

本作の殺人鬼はスラッシャー映画では珍しく、殺人鬼が殺人を行い始めた背景がはっきりと描かれています。

自身の子供をトレッキング中の男性に殺害されたことで、トレッキング中の男性を無作為に殺害する猟奇的な殺人鬼に変容してしまった本作の殺人鬼。

ハロウィン』(2018)の殺人鬼マイケル・マイヤーズのように内面の全く見えない純粋な暴力性も魅力的ではありますが、本作のように背景が描かれることで血の通った人間だとはっきりと分かる殺人鬼もまた魅力的に映ります。

同情してしまうと同時にその深い猟奇性に恐れを成すこと間違いなしの本作の殺人鬼をぜひその目で確かめてみてください。

まとめ

深い森で覆われた山を舞台に狙撃犯からの逃走劇を描いた映画『デッドリー・ハンティング』。

本作は狙撃犯との攻防と同時に主人公ローマンを巡る人間関係の歪みも描いています。

一瞬の判断の迷いが命に関わる緊急事態の中で徐々に明らかになってくる、上辺だけの関係と真の友情。

切ない背景を持つ殺人鬼の魅力も合わせて、スラッシャー映画好きにぜひ鑑賞して欲しい作品です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『レプリカズ』のクローン技術をめぐる倫理観。類似SF作品の比較から紐解く|SF恐怖映画という名の観覧車48

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile048 1996年、クローン技術により哺乳類初の人工的なクローン羊「ドリー」が生み出されました。 その後もクローンの技術は発展を続け、現在の技術 …

連載コラム

Cosmetic DNA主演女優:藤井愛稀さんについて【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦6】

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』 第6回「『Cosmetic DNA』主演女優:藤井愛稀さんについて」 皆様、お疲れ様です。『Cosmetic DNA』の監督の大久保健也です。 …

連載コラム

映画『スキンウォーカー|寄生体XXX』あらすじネタバレと感想。最後までラストの意味を掘り下げた監督ジャスティン・マクコーネルの秀作とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第38回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第38回で紹介するのは、恐るべき生態を持つ、謎の怪物を描いたSFスリラー映画『スキンウォーカー(寄 …

連載コラム

映画『ダーリン』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの考察。野生少女をローリン・キャニーが熱演し“人間の本質”に迫る|未体験ゾーンの映画たち2021見破録10

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第10回 埋もれかけた映画の中から、時に危険すぎる作品すら上映する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第10回で紹介するのは人間に秘められた本質 …

連載コラム

【大窪晶インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』バンクォー役への意気込みを語る| THEATRE MOMENTS2019④

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第4回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学