Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ』感想とレビュー評価。バンド結成50年超の軌跡を追う|だからドキュメンタリー映画は面白い26

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第26回

看板ギタリストの事故死、リードボーカルの突然の脱退、幾多のメンバー交代劇…。

転落と低迷を繰り返しつつ、それでも何故バンドは今もなお続いているのか?

今回取り上げるのは、2019年9月21日(金)から新宿シネマ・カリテほかで全国順次公開の『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー』。

結成50年を超え、現在でも活動し続けるスーパーバンド・シカゴが、これまでの軌跡を振り返ります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー』の作品情報

Package Design & Supplementary Material Compilation TM & (C) 2016 Fisher Klingenstein Ventures,LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Now More Than Ever: The History of Chicago

【監督・編集】
ピーター・パーディーニ

【キャスト】
ロバート・ラム、ジミー(ジェームズ)・パンコウ、リー・ロックネイン、ダニー・セラフィン、ウォルト・パラゼイダー、テリー・キャス(アーカイブ出演)、ピーター・セテラ(アーカイブ出演)、デビッド・フォスター、アービング・エイゾフ

【作品概要】
これまでに累計1億2200万枚のアルバムセールスを誇るロックバンド、シカゴの波乱万丈な50年を追ったドキュメンタリー。

本作が製作された2016年にロックの殿堂入りを果たした彼らの半世紀にわたる歴史を、「長い夜」「素直になれなくて」といった、数々の代表曲とともに振り返ります。

映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー』のあらすじ

Package Design & Supplementary Material Compilation TM & (C) 2016 Fisher Klingenstein Ventures,LLC. All Rights Reserved.

1967年に結成されたシカゴは、開始当初からロックミュージックにブラス(金管楽器)を導入し、音楽界に新たな息吹をもたらしたバンドとして注目を浴びます。

1億2200万枚のアルバムセールスを誇り、70枚のシングルがチャートイン、そして現在でも年に100回以上のライブ公演を行うなど、精力的に活動する彼ら。

ですが、これまでの経歴は決して順風満帆とはいえませんでした。

本作では、メンバーの不慮の事故死や、ボーカルの突然の脱退といったメンバー交代劇といった幾多の波乱万丈な歴史を、既存メンバーや彼らを支えてきたスタッフたちのインタビューを元に、多くのヒットナンバーを織り交ぜつつ振り返っていきます。

スポンサーリンク

50年のバンドの歩みをヒントナンバーと共に振り返る

参考映像:「素直になれなくて(Hard To Say I’m Sorry/Get Away)」

1967年にロバート・ラム、ジミー・パンコウらを中心に結成され、50年経った今もなお活動を続けているシカゴ。

「シカゴ」というバンド名自体を知らなくても、また、「長い夜」、「愛ある別れ」、「素直になれなくて」、「君こそすべて」といった曲名を知らなくても、メロディ自体はテレビやラジオ、映画などで耳にしたことがあるという人は多いはず。

そんな彼らのヒントナンバーを、日本語対訳付きで楽しめるのが、本作の魅力となっています。

何気ないようですが、歌詞の訳があるのは実はとても重要です。

バンド間に起こった様々な波乱


Package Design & Supplementary Material Compilation TM & (C) 2016 Fisher Klingenstein Ventures,LLC. All Rights Reserved.

50年という長いバンド活動ゆえに、当然ながら紆余曲折があります。

リードボーカルを例に挙げても、ピーター・セテラ、ジェイソン・シェフ、ジェフ・コーフィーと、年代ごとにメンバーチェンジを繰り返してきたシカゴ。

特に1985年の、「ヴォイス・オブ・シカゴ」と呼ばれたピーター・セテラの脱退は、大きな話題となりました。

本作は、そうしたシカゴの現役&元メンバーたちが、過去のいきさつについて撮り下ろしのインタビューで語っていきます。

どのメンバーがどんなコメントを発しているかは、ぜひとも本編をチェックして頂きたいのですが、彼らの大半に共通しているのが、「もう済んだことだから」といったスタンスで、シビアかつ冷静に臨んでいる点でしょうか。

辞めていった元メンバーに対する忸怩たる思いを現役メンバーが吐露すれば、元メンバー側からは反論めいたコメントが飛び出したり、中にはインタビュー自体を拒んだと思われる元メンバーも…。

また、そのインタビューもメンバー数人で受けていたり、たった一人で応じていたりと、映像からも複雑な人間関係が透けて見えます。

Package Design & Supplementary Material Compilation TM & (C) 2016 Fisher Klingenstein Ventures,LLC. All Rights Reserved.

メンバー間の確執以外にも、バンドには様々な出来事が起こります。

中でも一番の悲劇が、創設メンバーだったギタリストのテリー・キャスが、1978年に拳銃暴発事故で31歳の若さで亡くなってしまったことでしょう。

テリーの思い出を振り返っていたメンバーがつい涙ぐんでしまうことからも、バンドの中心的人物とされた彼の存在がいかに重要だったかが伺えます。

それ以外に、「売れる曲」と「バンドが進みたい方向性」のパワーバランスの調整といった、音楽ビジネスの在り方にまで目を向けているのも興味深いあたりです。

スポンサーリンク

シカゴがシカゴであり続ける理由


Package Design & Supplementary Material Compilation TM & (C) 2016 Fisher Klingenstein Ventures,LLC. All Rights Reserved.

2018年には、それまでリードボーカル兼ベースを務めていたジェフ・コーフィーに代わり、シカゴのカバー・バンドに在籍していた経歴を持つニール・ドネルが新たに加入。

そして2019年10月には37枚目となるアルバム『シカゴ・クリスマス』を発表するなど、彼らの活躍はとどまることを知りません。

僕らはお互いの協力で成り立っている。ダメな時は誰かが必ずテコ入れをしてキャリアを守ってきた。

これまで人間関係で幾多の確執や衝突をしてきたシカゴですが、創設メンバーのリー・ロックネインがこう語るように、バンド活動が続いてきた秘訣も、やはり人間関係にあります。

その一方で、もう一人の創設メンバーのロバート・ラムは語ります。

50年もやればバンドも変わる。でもただ一つ言えるのは、誰にでも代わりがいるってことだ。

ロバートの言葉に象徴されるように、シカゴが50年以上続くもう一つの秘訣は、メンバーチェンジを容易に行える柔軟性でしょう。

新メンバーの加入はバンドの新陳代謝にもなり、活動期間もそれだけ伸びて、また新たなファン層の獲得につながる。

数あるロックバンドの中でも、とりわけシカゴのファン層が幅広い理由の一端がここにあると言えます。

シカゴというバンドをよく知らない方は、これを機に彼らの音楽に耳を傾けてみるのはいかがでしょうか。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『オール・ディス・パニック』あらすじと感想。多感な10代少女たちの実態に迫る|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館1

ニューヨークに住む10代の少女7人が直面する、等身大の葛藤と成長。 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活する映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)から『ルーキー映 …

連載コラム

【ヤバイが面白いB級映画】2020年ランキングベスト5:隠れた名作からトンデモホラーまで紹介《シネマダイバー:増田健選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー増田健 格差社会をテーマにした映画、『パラサイト 半地下の家族』と『ジョーカー』が世界を席巻した2019年。その一年後の2020年がこん …

連載コラム

『ストレンジャーシングス未知の世界シーズン3』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車58

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile058 僅か4日でNETFLIX視聴者数を塗り替えたと発表されたドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。 『ゴジラ キング・オブ・モンス …

連載コラム

映画『THE LAW 刑事の掟』ネタバレ感想と考察評価。ブルースウィリスの“ダイハードを彷彿”させる作品|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第16回 様々な事情で日本劇場公開が危ぶまれた、埋もれかけた映画を紹介する劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。 …

連載コラム

クローネンバーグの名作『戦慄の絆』ラストの考察。実話をもとに悲しくも美しいハッピーエンド|偏愛洋画劇場4

連載コラム「偏愛洋画劇場」第4幕 2人の登場人物の片方がもう1人の隠れた自我であり、最後は1人に統合されるといった物語はよく映画、小説で見受けられます。 自分とは完璧に違うもう1人の自分、異なる存在無 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP