Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

バーニング・ダウン 爆発都市|感想評価と解説レビュー。アンディ・ラウの熱演で香港大破壊を阻止せよ|すべての映画はアクションから始まる29

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第29回

日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

今回は、2022年4月15日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国公開の『バーニング・ダウン 爆発都市』

香港随一のスター俳優アンディ・ラウ主演で贈る、香港アクション映画の“限界突破”に挑んだ一作です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』の作品情報

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

【日本公開】
2022年(香港・中国合作映画)

【原題】
拆弾専家2(英題:Shock Wave 2)

【監督・脚本】
ハーマン・ヤウ

【製作】
アンディ・ラウ

【共同脚本】
エリカ・リー、エリック・リー

【アクション監督】
ニッキー・リー

【キャスト】
アンディ・ラウ、ラウ・チンワン、ニー・ニー、ツェー・クワンホウ、フィリップ・キョン

【作品概要】
香港随一のスター俳優アンディ・ラウ主演のクライムドラマ。

アンディ演じる元爆弾処理班の男が、断片的に蘇る記憶に葛藤しながら、巨大テロ組織と対峙していくさまを、VFXを駆使して描きます。

共演に、『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』(2017)のラウ・チンワン、『悟空伝』(2018)のニー・ニー。

監督を『イップ・マン 最終章』(2013)、『八仙飯店之人肉饅頭』(2015)など、多岐に渡るジャンルで話題作を放ってきたハーマン・ヤウ、アクション監督を『イップ・マン 最終章』でもハーマンとタッグを組んだニッキー・リーが、それぞれ担当します。

本国の中国では、興行収入230億円を突破するヒットを記録しています。

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』のあらすじ

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

香港警察の爆弾処理班のエースとして数々の事件を解決してきたフォンは、処理作業時に発生した爆発に巻き込まれ、片脚を失ってしまいます。

それでも同じ警官で恋人のリンや親友のチョクマンの助けもあり、義足とは思えないほど身体機能を回復させるも、上層部から現場復帰を認められず、自暴自棄に。やがて辞職し、リンに別れを告げて姿をくらませてしまいます。

数年後、そのフォンが、凶悪テロ組織「復生会」によるホテル爆破事件の現場で、意識不明の状態で発見されることに。

目が覚めたフォンは容疑者として尋問を受けるも、爆発の影響で過去の記憶を失っており…。

スポンサーリンク

アンディ・ラウが爆弾処理のエキスパートを熱演

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

本作『バーニング・ダウン 爆発都市』は、主演アンディ・ラウ、監督ハーマン・ヤウによるクライムドラマで、両者のコンビとしては、2018年の『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』に次ぐ2作目となります。

テロリストと戦う香港警察爆弾処理班を描いた『ショック ウェイブ~』は、中国で興行収入60億円を記録するヒットとなり、香港のアカデミー賞である第37回香港電影金像奨で最優秀助演男優賞を受賞するなど、高く評価されました。

実は本作『バーニング・ダウン~』は、この『ショック ウェイブ~』の続編にあたります。ただし、アンディは前作に続き爆弾物処理班のエキスパートを演じるも、役どころや物語設定を変えて新たなストーリーを構築。

昨年公開の韓国映画『スティール・レイン』(2021)同様に、続編というより姉妹作品と捉えた方がよいでしょう。

参考動画:『SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班』(2017)

疑惑と記憶喪失が絡む人間模様

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

主人公のフォンは、爆弾処理中に起こった爆発事故により、左脚が義足となってしまいます。

義足の主人公が活躍するアクション作品といえば、ドウェイン・ジョンソン主演の『スカイスクレイパー』(2018)がありましたが、『スカイスクレイパー』では、アクションをする上で義足が枷となったり、時にはアイテムとして活用したりするなどの見せ場がありました。

かたや本作では、義足=障碍者となったことが、ストーリーそのものに膨らみを持たすことに。

障碍者として現場復帰の望みが絶たれたことにより、警察を辞めて行方をくらますフォン。しかし数年後、彼は爆破テロ組織「復生会」のメンバーとして、さらには記憶喪失状態で姿を現します。

警察を辞めたフォンに何があったのか?なぜ彼はテロリストの一員となったのか?

さらには同僚で親友のチョクマン、そして同じく警官で恋人リンも巻き込んでの、さまざまな疑惑が絡んだストーリーが、興味を掻き立てます。

スポンサーリンク

疾走アクションと超ド級の破壊シーンに興奮!

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

もちろん、アクションも見どころから外すわけにはいきません。

1980年代から活動を始め、ジャッキー・チュン、アーロン・クオック、レオン・ライとともに香港の四大天王として人気を博し、2021年に還暦を迎えたアンディ・ラウ。

ヒューマンドラマ『花椒(ホアジャオ)の味』(2021)では脇に回ってバイプレーヤーぶりを発揮していましたが、本作で演じるフォンは爆弾テロの容疑者ということもあり、警察から逃れるべく香港の街中を駆けまわります。

実はアンディは2017年1月に撮影中の落馬事故で大ケガを負うも、驚異の回復力でわずか半年で復帰したほどで、本作でも年齢(撮影時59歳)を感じさせない動きを披露しています。

また、前作『ショック ウェイブ~』でも話題となったVFXによる爆破シーンも、さらにパワーアップ。

テロリストによるホテルや電車、空港といった巨大施設が次々と吹き飛ぶ超ド級の映像は、破壊シーンが大好きなことで知られるマイケル・ベイ監督も嫉妬するのでは?と思うほど。

エキサイティングな激しい銃撃戦も加わった、ポリスアクションの醍醐味が詰まっています。

(C)2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

かたや元爆弾処理班のエース、かたやテロ組織のメンバーと、2つの顔を持つフォンに待ち受ける真実。

クライマックスに近づくにつれ、失われた記憶を呼び覚ましながら、チョクマンとの友情、そしてリンとの愛の行方も気になるところ。

まさに現時点での、香港アクション映画最高峰ともいえるエンターテインメント作品です。

次回の『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら





松平光冬プロフィール

テレビ番組の放送作家・企画リサーチャーとしてドキュメンタリー番組やバラエティを中心に担当。主に『ガイアの夜明け』『ルビコンの決断』『クイズ雑学王』などに携わる。

2010年代からは映画ライターとしても活動。Cinemarcheでは新作レビューの他、連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』『すべてはアクションから始まる』を担当。(@PUJ920219

関連記事

連載コラム

映画『望み』ネタバレ感想と評価レビュー。小説を原作に描くある家族の苦悩と“3つ目”の真実|映画という星空を知るひとよ27

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第27回 2020年10月9日(金)より全国ロードショー公開を迎えた映画『望み』。 雫井脩介の同名小説を『悼む人』『人魚の眠る家』などを手掛けた堤幸彦監督が映画 …

連載コラム

NETFLIX『攻殻機動隊SAC_2045 シーズン1』ネタバレ感想と考察。キャラの魅力を引き出したアニメシリーズとは|SF恐怖映画という名の観覧車100

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile100 遂に当コラムも今回で100回目を迎えます。 新型コロナウイルスという新たなる人類に対する脅威の発生が映画やドラマ、アニメ界に大打撃を与え …

連載コラム

韓国版映画『いま、会いにゆきます』感想と解説。ジャンフン監督と市川拓司(原作者)の共通点とは|シニンは映画に生かされて4

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第4回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第4回でご紹介する作品は、死者との再会を通じて夫婦と家 …

連載コラム

ゴダール作品『気狂いピエロ』ネタバレ感想とラストシーンの解説。 ある道化師の愛と言葉を永遠に|偏愛洋画劇場18

連載コラム「偏愛洋画劇場」第18幕 2018年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映、特別賞のスペシャル・パルムドールを受賞した作品が『Le Livre d’Image』。 日本語では『イメージ …

連載コラム

リティ・パン映画『照射(Irradiated)』内容解説と考察。監督はドキュメンタリーとして「人類史上の三大悲劇」より“人間の罪”を問う|2020広島国際映画祭リポート2

広島国際映画祭2020 「ヒロシマEYE」招待作品『照射(lrradiated)』 ナチスのユダヤ人大虐殺、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺、広島・長崎の原爆投下という「人類史上の三大悲劇」を、独自 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学