Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/04/29
Update

映画『イップ・マン 完結』解説と考察。シリーズ最終章はバトルアクションを通して普遍的な問いを投げる

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『イップ・マン 完結』は新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開!!

国際的アクション・スターとして知られるブルース・リーが唯一師匠とあがめた伝説的な武術家・イップ・マン。自身の誇りを賭けて戦ったその生涯を綴った『イップ・マン』シリーズの最終作が、いよいよ日本でも公開されます。

シリーズ最終作『イップ・マン 完結』は、生涯さまざまな思いに悩みながらも武術家としてのプライドを貫いたイップ・マンの晩年の姿を描いた作品です。

シリーズ全作を手掛けたウィルソン・イップ監督、不動の主演ドニー・イェン、そして前作『イップ・マン 継承』よりプロジェクトに加わったアクション監督のユエン・ウーピンが引き続いてのタッグを見せています。

映画『イップ・マン 完結』の作品情報


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

【日本公開】
2020年(中国・香港合作映画)

【英題】
IP MAN4(原題 葉問4:完結篇)

【脚本】
エドモンド・ウォン、深沢寛、チェン・タイリ、ジル・レオン

【監督】
ウィルソン・イップ

【キャスト】
ドニー・イェン、ウー・ユエ、チャン・クォックワン、ヴァネス・ウー、スコット・アドキンス、クリス・コリンズ、ケント・チェン

【作品概要】
中国・香港の伝説的な武術家イップ・マンの生涯を描いたアクション映画「イップ・マン」シリーズの完結編。彼が晩年にまで貫いた武術家としての誇りを、秀逸なバトルアクションを通して描きます。

監督は第1作から監督を務めるウィルソン・イップが引き続いて本作を手掛けます。

キャストには第一作から主役のイップ・マンを務めるドニー・イェンのほか、前作『イップ・マン 継承』でブルース・リー役を果たしたチャン・クォックワンも登場。さらに中華総会会長ワン役に『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』などのウー・ユエ、アメリカ海軍軍曹バートン役に『ゼロ・ダーク・サーティー』などのスコット・アドキンスらが出演します。

さらに音楽を、『イップ・マン』シリーズ全作を手掛けた川井憲次が担当します。

映画『イップ・マン 完結』のあらすじ


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

1964年、愛する妻と死別したイップ・マン(ドニー・イェン)は、アメリカで暮らしているまな弟子のブルース・リーから招待され、彼が暮らすアメリカ・サンフランシスコで開かれる国際空手道大会への招待状を受け取ります。

しかし彼はその返事に躊躇していました。妻と死別し、息子のチンと二人暮らしをしていた彼でしたが、息子は反抗期を迎えて退学、その先行きを心配していました。

一方でイップ・マンは、その少し前に“がん”を宣告され、命の期限を意識し始めていました。そして改めてチンの将来を思い、その留学先を見つけるのにいい機会だと、渡米することを決意します。

詠春拳の道場を開いたブルース・リーと再会、チャイナタウンの中華総会の者たちと会い、そしてアメリカの学校をめぐるイップ・マン。

その中で、いつしか自分たちを偏見の目をむけるこの国の人たちと、この国を受け入れない中華総会との対立を知りながらも、彼は自らその争いに身を投じていくのでした…。

映画『イップ・マン 完結』の感想と評価


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

本シリーズで『宇宙最強』の名を欲しいままにしたドニー・イェン。その構え、木人椿(木製で人の身体を模した稽古器具)と向き合うスタイルは、すっかりカンフー映画のアイコンの一つとなった感もあります。

しかしこのシリーズでは、そのイップ・マンという一人の武術家が過ごした激動の時代を時期ごとに描いたものとなっています。そして作品ではイップ・マン自身や中国武術といった局所的なものより、より深いものをテーマとして扱っています。

これは2013年に公開された『イップ・マン 最終章』と比較すると非常に強く感じられることでしょう。この作品はドニー・イェン主演のシリーズとは全く関連なく作られた作品ですが、同じくイップ・マンの晩年の姿を描いています。

香港のアンソニー・ウォンが主演を担当したこの作品は、時期的には本作『イップ・マン 完結』のタイムラインと重なる、あるいは近い時代の設定なっています。


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

前者はどちらかというとイップ・マンという一人の男性の生涯そのものにスポットを当てたストーリーとなっていますが、これと対照的に本作は国と国との向き合い方を武術、そしてイップ・マンという一人の武術家の姿を通して描いています。

このスタイルは、日中戦争直後に日本の占領軍に虐げられながらもその運命と向き合う姿を描いた『イップ・マン 序章』、そしてイギリスの植民地となっていた香港で誇りを守った『イップ・マン 葉問』から続いたものとなっています。

三作目『イップ・マン 継承』ではどちらかとイップ・マンと彼を取り巻く人たちの人生に視点を置いたものとなり、少し視点が違って見えるところもありましたが、闇試合の元締めであるアメリカ人・フランクとの対立、そして同門の武術家・チョンと自らの威信を賭けて戦う姿には、シリーズにつながるものがありました。

本作では公民権運動が起こり社会的意識が変わりながらも、一方で偏見の意識がまだ根付いていたアメリカからの偏見、そしてそんなアメリカに対し、あくまで険悪な表情を示す中国武術会という二つの存在の間に立つイップ・マンがその間に立つ構図で物語は進みます。


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

そしてあくまで力でねじ伏せるというよりは圧倒的な存在感、誰にも太刀打ちできないと思わせるほどの神がかった雰囲気さえ漂わせる戦いぶりが、それぞれの立場にある人々の気持ちを動かします。

そういった部分には、この映画でさらに「なぜ中国には中国武術というものがあるのか」という根本的なテーマをも網羅しているようであります。

監督を務めたウィルソン・イップは、自身の作るアクション映画として最も重要なこととしてアクション自体よりそのシーンに「なぜ戦うのか」という理由を求め、感情表現こそを最優先すべきといわれているそうです。

主演を務めたドニーの表情は、シリーズを通してそれほど強い表情を見せておらず、かつバトルでも要所で寸止めを繰り返します。それゆえにイップ・マンが最後に下す渾身の一撃により揺さぶられる対戦相手の表情が非常に光り、武術、戦いの裏にみえる背景の中に広い奥行きを感じることができます。

この傾向はシリーズを通して一貫したスタイルが築き上げられるとともに磨かれた感もあり、このエンディングではイップ・マン、武術、そしてそれを取り巻く諸々のものが映像を越えて強烈な印象を残す、秀逸な作品として仕上げられています。

まとめ


(c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

中国の拳法をもとに日本に伝えられ、沖縄空手から全国に伝わった日本の空手では、基本的な理念として「空手に先手なし」という格言が今日まで伝えられています。

これは「自身から災いを起こすようなことはしない」という武術の基本理念を示したものといわれていますが、映像から見られるイップ・マンの戦いのスタイルは、華麗でありながらまさしくこの原点を踏襲したものとみることもできます。

秀逸なアクションシーンは、さすがにシリーズを重ねて貯えられたノウハウが遺憾なく発揮された感もあり大きな見どころとなっていますが、同時にそれは中国における武術の重要性を通して、普遍的なテーマを投げかけてくるものとなっています。

映画『イップ・マン 完結』は新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開!





関連記事

アクション映画

ジョジョ実写映画ネタバレと感想!続編はある?山﨑賢人の評価も

映画界の鬼才・三池崇史監督が漫画界の奇才・荒木飛呂彦の大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を実写映画化! 主人公・東方仗助を演じる山﨑賢人をはじめとした人気実力派キャストが、ファンから最も人気の高い第4 …

アクション映画

コードネーム:バンシー|ネタバレあらすじ結末と感想評価。アントニオ・バンデラス主演映画で贈る熾烈な殺し合いが続く本格的アクションムービー

アントニオ・バンデラス主演で贈るハイアドレナリン・アクション! ジョン・キーズが製作・監督を務めた、2022年製作のアメリカのハイアドレナリン・アクション映画『コードネーム:バンシー』。 バンシー=死 …

アクション映画

【ネタバレ】ブラックライト|映画あらすじ感想と結末の評価解説。リーアムニーソン主演作品は“フィクサー”ことFBIの“影の任務”の遂行者を描く

リーアム・ニーソンがFBIの“影の任務”の遂行者を演じるクライムアクション! マーク・ウィリアムズが製作・脚本・監督を務め、日本では2023年3月に劇場公開されたオーストラリアのクライムアクション映画 …

アクション映画

【ネタバレ】ミッションインポッシブル2|あらすじ解説と感想考察。なぜつまらない?ナイア/キメラが結ぶ“想像を超える女性像”×シリーズの“試行錯誤”感じるファン必見作

シリーズ史上“試行錯誤”を最も感じられる第2作! テレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化した、トム・クルーズ主演の大人気スパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズの第2作。 前作『ミッション …

アクション映画

ドラマ銀魂ミツバ篇(北乃きい)激辛せんべいは実際に買えるのか?

『銀魂』オリジナルドラマ版のタイトルは『銀魂-ミツバ篇-』に決まり、dTVにて配信されることとなりました。 沖田の姉ミツバは病弱でおしとやかな性格、その反面、チョコレートパフェにタバスコをかける強烈キ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学