Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『イップマン2葉問』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェンの詠春拳が唸る!

  • Writer :
  • 松平光冬

友のために闘う。
ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第2弾。

今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。

彼がブルース・リーの師匠イップ・マンを演じたヒットシリーズ第2弾、『イップ・マン 葉問』のあらすじ&解説です。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 葉問』の作品情報


(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

【日本公開】
2011年(香港映画)

【原題】
葉問2 Ip Man2

【監督】
ウィルソン・イップ

【キャスト】
ドニー・イェン、リン・ホン、ルイス・ファン、サモ・ハン・キンポー、ホァン・シャオミン、ダーレン・シャラヴィ、ケント・チェン、サイモン・ヤム、ロー・マン、フォン・ハックオン

【作品概要】

ブルース・リーの師匠で、中国武術・詠春拳の達人として知られるイップ・マンの活躍を描いた、ドニー・イェン主演のシリーズ第2作。

監督は、前作『イップ・マン 序章』に引き続きウィルソン・イップが担当。

前作でアクション監督を務めたサモ・ハン・キンポーは、本作では共演者としても名を連ねています。

ほかに、妻ウィンシン役のリン・ホンにカム役のルイス・ファンなど、前作から続投のキャストに加え、ロー・マン、フォン・ハックオンという往年のクンフー(功夫)映画スターも客演。

地元香港では前作を上回るヒットとなり、ドニーの“宇宙最強の男”というキャッチフレーズを確立することとなりました。

映画『イップ・マン 葉問』のあらすじとネタバレ


(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

1949年、家族を連れて広東省から香港に移住したイップ・マン。

妊娠した妻ウィンシンと長男とで暮らす彼は、知人の新聞社の編集長のつてで物件を借り、詠春拳の武館を開きます。

最初こそ門下生が集まらず、ウィンシンが内職をして支えていましたが、イップ・マンの腕っぷしに惚れた青年ウォンとその仲間が門下生となります。

しかしある日、そのウォンが町で洪拳の門下生とトラブルを起こし、彼らに拉致されてしまうことに。

事態を受けたイップ・マンは単身、ウォンが囚われた魚市場に乗り込み、彼を救い出します。

そこへ、魚市場の経営者ホンが現れます。

彼は洪拳の師範にして、香港に存在する様々な門派の武館の元締めでもありました。

ホンは、武館を開くというイップ・マンからの届出を受けていないとし、許可を得るには各門派の師範と闘い、勝利しなければならない掟があると告げます。

イップ・マンは、闘いの場となる中華料理店の円卓の上に立ち、猴(猿)拳と八卦掌の師範と対峙、これらを退けます。

最後の3人目としてホンが登壇し、彼の洪拳とイップ・マンの詠春拳が相対するも、決着がつくことなく勝負は引き分けに。

ホンは会費を納めることを条件に武館を開くことを認めるも、イップ・マンは私腹を肥やすための会費は出せないと拒否、その場を去ります。

それにより、ホンが門下生による嫌がらせ行為を黙認したことで、ウォンたちがトラブルを起こしてしまい、結果的にイップ・マンは武館閉鎖に追い込まれることに。

しかしイップ・マンはウォンを責めずに、「武術は争いのために使うものではない」と諭し、再びホンの元へと向かいます。

イップ・マンは会費を地元を統治するイギリス人の警察署長ウォーレスへの賄賂に使うホンを非難、再び相まみえることに。

闘いの最中、誤ってホンが自分の息子を蹴りかけるも、とっさにイップ・マンが救助したことで、事態は収拾となりました。

後日、公園で門下生を教えていたイップ・マンの元にホンが現れ、息子を助けた礼として、警察が主催するボクシング大会に招待します。

しかしその大会で、イギリス人ボクシングチャンピオンのツイスターが、ホンの門下生による演武披露を見て「ただのダンスだ」と侮辱。

それにより、激怒した門下生たちとツイスターとの間でいざこざが発生してしまい、事態を収拾すべく、ホンとツイスターとの異種格闘技戦が組まれることになります。

イップ・マンは、無意味な闘いだから止めるべきだとホンに言うも、彼は決戦の場に向かいます。

試合序盤こそ洪拳で怯ませるホンでしたが、ツイスターのパンチが徐々に彼を追い詰めます。

セコンドについていたイップ・マンが、中肋骨部分(脇の下辺り)を狙ってみてはとアドバイスするも、ホンはツイスターの猛攻に手が出せない様子。

ラウンドを重ねる毎にホンの動きも鈍くなっていき、パンチを連打で浴びてしまいます。

思わずタオルを投入しようとしたイップ・マンに、ホンは「自分への侮辱は許せても、中国武術への侮辱は許せない」としてそれを制止。

そしてついに、イップ・マンの目の前でマットに沈み、絶命してまうのでした。

調子づいたツイスターは、勝利会見でも中国人を罵倒し、新たな挑戦者を求めます。

名乗りを上げたのは、イップ・マンでした。

地元の中国人たちは揃ってイップ・マンを応援、地元の新聞もツイスター敗北を願う記事を書きます。

ところがウォーレスはその記事を書いた記者を不当逮捕し、警察署内でリンチする暴挙に。

数々のウォーレスの職権乱用行為を忸怩たる思いで見ていた、部下である中国人刑事のポーは、その記者に記事を書き続けるよう密かに促すのでした。

そして、イップ・マンとツイスターの試合当日を迎えます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イップ・マン 葉問』ネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

試合当日、妻のウィンシンが次男を出産。

その頃イップ・マンは、ツイスターの前に立っていました。

ツイスターの反則を辞さぬパンチに苦戦するイップ・マンでしたが、蹴り技の利用で勝負を優勢に持っていきます。

ところがウォーレスの介入により、イップ・マンが蹴りを使えば即反則負けというルールを追加されてしまいます。

蹴りを封じられたイップ・マンはツイスターの猛攻を受け、絶体絶命のピンチに…。

意識が朦朧とする中、イップ・マンはホンに告げたアドバイスを思い出します。

イップ・マンはツイスターのパンチをかいくぐり、中肋骨を集中的に攻め、なおかつ腕の関節部にダメージを与えていきます。

腕を責められ、パンチが繰り出せなくなったツイスターに、イップ・マンは追い打ちをかけて耳を突き、三半規管を狂わせます。

成す術なくマットに倒されたツイスターの顔面に、イップ・マンはホンの無念を込めた正拳を叩き込み、完全勝利するのでした。

その場を離れようとしたウォーレスの前にポーが現れ、改めて彼の不正を告げ、逮捕。

勝利者インタビューでイップ・マンは、「中国武術の強さを誇示したのではない。人の品格に優劣のない、お互いが常に尊重しあう関係でありたい」と語り、観客の喝采を受けます。

闘いを終え自宅に戻ったイップ・マンは、生まれたばかりの次男にイップ・チン(葉正)と命名。

それから後日、イップ・マンの元に一人の少年が弟子入りを志願しに訪れます。

名前を聞かれたその少年は、「李小龍=ブルース・リー」と答えました。

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 葉問』の感想と評価


(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

前作とは趣向を変えたアクション

本作『イップ・マン 葉問』では、前作『イップ・マン 序章』とはアクション面で大きく変わった部分があります。

ひとつは、ワイヤーアクションの多用です。

ワイヤーアクション自体は前作でもありますが、本作での、円卓の上で繰り広げられるバトルでは、その見せ場が発揮されています。

また、前作では中国武術VS.日本の空手(柔道)という対立構造がありましたが、本作では詠春拳と洪拳に加えて、猴拳と八卦掌といった中国武術同士の闘いが描かれます。

加えて、中国武術VS.ボクシングという異種格闘技まで盛り込んだあたりは、中国武術をひと通り心得たアクション監督サモ・ハンならではといえましょう。

悪役ボクサーは根っからの香港映画ファン


(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

そのサモ・ハンや主演のドニー・イェンと劇中で闘ったのが、イギリス人ボクサーのツイスターを演じたダーレン・シャラヴィ。

中国人を見下し罵倒するという、まさに堂々たる敵役ぶりでしたが、シャラヴィ本人はブルース・リー映画でアクションに目覚め、イギリスから単身香港に渡りスタントマンとしてキャリアをスタートしたという、ツイスターとは真逆な中国びいきな人物

素人時代からサモ・ハンやドニー・イェンのファンでもあり、本作で2人と共演できるという夢を叶えたと語る彼は、ツイスターを演じる際に、体もボクサーに見えるような体型に仕上げるなど、徹底した役作りを行っています。

その他、スティーヴン・セガール主演の『沈黙の復讐』(2010)や、テレビドラマ『ARROW/アロー』といった作品に出演したシャラヴィでしたが、2015年に42歳という若さで亡くなっています。

参考映像:ブルース・リーやサモ・ハンへのリスペクトを熱く語るダーレン・シャラヴィ

まとめ

参考映像:『イップ・マン4 完結篇(原題)』予告

本作の次に作られたシリーズ第3弾『イップ・マン 継承』(2017)は、詠春拳の正統継承者の座をかけてイップ・マンが三度闘います。

そして、シリーズ最終作となる第4作『イップ・マン4 完結篇(原題)』では、渡米したイップ・マンが最後の闘いに挑みます

2019年公開予定の『イップ・マン4 完結篇(原題)』を観る前に、改めて全シリーズをおさらいしてみてはいかがでしょうか。





関連記事

アクション映画

韓国映画『出国 造られた工作員』あらすじネタバレと感想。実話を基にイ・ボムスが北朝鮮スパイとなった男を演じる

全てを奪われスパイにされた男。衝撃の実話を基に描いたスパイ・サスペンス映画大作! 『神の一手』や『オペレーション・クロマイト』などの話題作で知られる、イ・ボムスが主演を務め、北朝鮮スパイとなった男の実 …

アクション映画

映画『攻撃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ロバート・アルドリッチ監督は問う…真の敵は何なのか?ということを… 2人の男の確執が巻き起こした壮絶な人間ドラマを描いた異色の戦争映画『攻撃』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『 …

アクション映画

香港映画『密告・者』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想

2017年10月現在、U-NEXTにて特集の組まれている、香港のダンテ・ラム監督。 ベタベタながらも、テンポのいいストーリーや芸の細かい演出が、他の大作アクション映画には無い魅力をもつクライム・サスペ …

アクション映画

映画『ブラックホーク・ダウン』ネタバレ感想とあらすじラストの考察解説。実話を基にアメリカ最強特殊部隊の戦闘記録を描く

ソマリア内戦での米軍の「失敗」を描いた戦争アクション。 リドリー・スコットが監督を務めた、2001年製作のアメリカの戦争アクション映画『ブラックホーク・ダウン』。 内戦が泥沼化するソマリアにて実際に起 …

アクション映画

映画『ジャッリカットゥ牛の怒り』感想解説と考察評価。暴走牛VS1000人のパニックスリラーを描く

映画『ジャッリカットゥ 牛の怒り』は2021年7月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 第93回アカデミー賞国際映画賞のインド代表作品として選出された牛追いスリラー・パニック映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学