Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/12/17
Update

【ネタバレ解説】マッドマックス4怒りのデスロード|あらすじ感想考察と結末評価。“子産み女”×輸血袋がなぜ必要かで“母乳”に飢える世紀末を探る

  • Writer :
  • 岩野陽花

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』を探るヒントは「母乳」?

荒廃した近未来を舞台に、妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」シリーズの第4作『マッドマックス 怒りのデスロード』

第3作『マッドマックス サンダードーム』(1985)以来30年ぶりのシリーズ作品となったものの、監督・脚本は過去3作と同じくジョージ・ミラーが手がけました。

過去3作でメル・ギブソンが演じた主人公マックスを『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディが演じ、フュリオサ役でシャーリーズ・セロンが出演した本作。

本記事では『マッドマックス 怒りのデスロード』のネタバレ有りあらすじを紹介しつつ、映画作中で描写されたマッド(MAD)な設定から本作の世界観を考察・解説していきます。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』の作品情報


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

【公開】
2015年(アメリカ映画)

【原題】
Mad Max:Fury Road

【監督】
ジョージ・ミラー

【脚本】
ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラザウリス

【キャスト】
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ゾーイ・クラビッツ、ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ、ライリー・キーオ、アビー・リー、コートニー・イートン、ジョシュ・ヘルマン、ネイサン・ジョーンズ、ジョン・ハワード、リチャード・カーター、アンガス・サンプソン、メリッサ・ジャファー、ジェニファー・ヘイガン

【作品概要】
荒廃した近未来を舞台に、妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」シリーズの第4作。第3作『マッドマックス サンダードーム』(1985)以来30年ぶりのシリーズ作品となった。

監督・脚本は、過去3作と同じくジョージ・ミラー。また過去3作でメル・ギブソンが演じた主人公マックスを『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディが演じた他、フュリオサ役でシャーリーズ・セロンが出演した。

第88回アカデミー賞にて作品賞・監督賞など10部門でノミネートされ、編集・美術・衣装デザイン・音響編集・録音・メイクアップ&ヘアスタイリングの計6部門を受賞した。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』のあらすじとネタバレ


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

核戦争によって荒廃し「火と血の世界」と化した近未来。わずかに生き残った人類の間では水やガソリンなどの限られた資源を奪い合う戦争が新たに勃発し、元警官のマックスはその戦争の最中で多くの人々を助けられず、失いました。

「どこにいたの?」と問い続ける、助けられなかった者たちの幻影から逃げるように、愛車「インターセプター」を駆り放浪の旅を続けていたマックス。ところが、突如現れた全身白塗りの男たちに襲撃された彼は捕まってしまい、シタデル砦へと強制的に連れて行かれます。

シタデル砦を支配するのは、「救世主」と民衆に讃えられるイモータン・ジョー。彼は「ウォーボーイズ」と呼ばれる白塗りの男たちを部下として従え、水を独占・管理することで民衆に圧倒的な独裁をしいていました。

またウォーボーイズがマックスを連行したのは、核戦争時の放射能汚染によって輸血が欠かせなくなってしまった彼らが、「名誉の死」が訪れるその日までを生きながらえるためにも、放射能汚染を免れた人間……通称「輸血袋」を欲していたからです。

ガスタウンでの新たな石油と弾薬の入手を目的に、ジョーは大隊長フュリオサによる指揮のもと、遠征部隊を派遣します。ところがフュリオサは、自らが運転する巨大トレーラー「ウォー・タンク」を本来とは異なる進路へと走らせます。

望遠鏡で監視していたジョーの息子・コーパスの報告によって、異変に気づくジョー。監禁部屋へ急ぐと、そこに閉じ込めていたはずの性奴隷5人の姿は影も形もありませんでした。

ジョーは優秀な子孫を残すために美女を拉致・監禁し、理矢理犯し妊娠させることで自身の子を産ませ続けていました。

かつて自身も性奴隷として扱われていたフュリオサは、何度も逃亡・失敗を繰り返しながらも大隊長に任命されるほどの信用を獲得し、今回の遠征によって自身の故郷「緑の地」を目指すことを改めて計画。そして性奴隷として現在監禁されている女たちも密かにウォー・タンクに乗せ、同じく逃亡しようとしたのです。

ウォー・タンクを大部隊とともに追うジョー。その中には、今回の追跡を通じて救世主ジョーに「名誉ある死」を捧げたいと目論むウォーボーイズの一員ニュークスと、彼が駆る車に「輸血袋」として括りつけられたマックスの姿もありました。

ジョーが率いる大部隊に追いつかれたため、フュリオサは追手を撒くために強烈な砂嵐が渦巻く「デス・ロード」へと突っ込みます。

追手の車が次々砂嵐に飲み込まれる中、「名誉ある死」のチャンスと感じたニュークスは車内にガソリンをブチまけると、発煙筒で火を点けてウォー・タンクへの特攻を仕掛けようとします。一部の拘束が解けたマックスはニュークスの自殺行為を何とか止めますが、二人が乗る車は結局砂嵐によって大破しました。

かろうじてデス・ロードを生き残ったマックスは、気絶しているニュークスと自身をつなぐ鎖を外そうとします。ニュークスの腕ごと吹っ飛ばそうとするも、散弾銃は砂詰まりで不発。手詰まりとなったマックスはニュークスを担ぐと、同じく無事デス・ロードを通り切ったウォー・タンクへと近づきます。

タンク内の水で砂を洗い流していたフュリオサと5人の女たちの不意をつき、銃を向けるマックス。脅して手に入れた水をガブ飲みした後、次は鎖を切るためにボルトカッターを要求します。

しかし鎖をいよいよ切るというその瞬間、フュリオサはマックスに襲いかかり、そのまま格闘へ。フュリオサに協力する女たち、意識を取り戻しフュリオサを生け捕りにしようとするニュークスまでも加わっての乱闘にまで至りますが、マックスはフュリオサを捕縛します。

ニュークスに鎖を切らせるだけ切らせると、ウォー・タンクに乗って一人でその場を去ろうとするマックス。しかしフュリオサが仕掛けておいたキルスイッチのせいでウォー・タンクはたちまち立ち往生。逃亡に協力せざるを得なくなったマックスは運転手役のフュリオサと女たちを乗せ、再び出発します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マッドマックス 怒りのデスロード』のネタバレ・結末の記載がございます。『マッドマックス 怒りのデスロード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

ジョーと協力関係にあるガスタウンの領主・人食い男爵が率いる「ガスタウンボーイズ」をはじめ、増え続けるジョーの追手。

ウォー・タンクに密かに乗り込んでいたニュークスは、運転席にまで迫りフュリオサに襲いかかろうとしますが、返り討ちに。殺されそうになりますが、女たちの温情により外へ放り出されるだけで済みました。

ウォー・タンクはやがて、モトクロスバイクを駆る「イワオニ族」のナワバリである谷へ。

フュリオサは通行した後の道を塞いでもらうために、事前にイワオニ族と積み荷の石油での取り引き交渉を行っていましたが、追手が予想以上の数であること、マックスたちの存在がバレてしまったことから交渉は決裂。

イワオニ族はウォー・タンクを追おうとしますが、追跡の邪魔となるジョーたちの行く手を阻むため、当初予定通り爆破によって道を封鎖。しかし四輪駆動モンスタートラック「ギガホース」に乗るジョーは瓦礫を物ともせず、ニュークスとともに追跡を続けます。

イワオニ族を振り切ったものの、ウォー・タンクにギガホースが迫ります。ニュークスはフュリオサを始末すべく、ジョーに託された銃を持ってウォー・タンクに飛び乗りますが、鎖が引っかかって身動きがとれなくなってしまいます。

カーチェイスが激化の一途を辿る中、ジョーの子を妊娠しているスプレンディドが誤って車から転落。ギガホースはそのまま彼女を轢いてしまい横転しました。

スプレンディドという仲間を失いながらもジョーの追手を撒き、「緑の地」へと突き進むウォー・タンク。取り残されたままだったニュークスは、ジョーの期待を裏切ったことに意気消沈しますが、5人の女のうちの一人ケイパブルに慰められたのを機に、ウォー・タンクの一行に協力することにします。

暗く不気味な湿原にてタイヤがぬかるみに入り込み、動けなくなるウォー・タンク。ジョーの協力関係である武器将軍とその部隊が迫る中、ワイヤーウィンチによる二ュークスの解決案によって無事振り切りました。

砂漠を走り続ける中、ウォー・タンクの一行は鉄塔の上で助けを呼び続ける女を発見。マックスは「罠だ」と忠告するものの、フュリオサは降車し「私も《鉄馬の娘》」「名付け親はKTコンキャノン」「メリー・ジャバサの娘」「スワドル・ドッグの一族」と女に語りかけます。

やがて集まってきた、バイクを駆る年老いた女たち。彼女らは《鉄馬の娘》と呼ばれる集団であり、フュリオサの故郷「緑の地」の生き残りでもありました。

幼い頃、母親とともに盗賊に誘拐されたフュリオサとの再会を喜ぶ《鉄馬の娘》たち。しかし一方のフュリオサは、「緑の地」がすでに放射能に汚染され荒廃してしまったことを知り、ショックのあまり泣き叫びました。

その日の晩、フュリオサは新天地を求めて「塩の湖」をバイクで渡る計画、その旅についてこないかという誘いをマックスにしますが、彼は「一人で行く」と答えました。

翌朝、一人となったマックス。しかし例の幻影が再び語りかけ、やがて「パパ行くわよ」と少女の声が告げます。マックスはその言葉に導かれるように、すでに出発していたフュリオサたちの後を追い合流しました。

マックスは、ある提案をします。それはウォー・タンクでこれまで進んできた道を戻り、ジョーたちの追手を振り切った上で、警備が手薄となったシタデル砦を乗っ取るという無謀な計画でしたが、「新天地」探しよりも現実的ではある案にフュリオサも腹を決めました。

これまで来た道を戻っているウォー・タンクを捕捉したジョーたち。すぐにその行動の意味を察したジョーは、怪力自慢なバカ息子・リクタスや自軍、人食い男爵率いるガスタウンボーイズを総動員させ、ウォー・タンクに襲いかかります。

マックスとフュリオサ、そして《鉄馬の娘》たちは応戦しますが、戦力の物量差から瞬く間に劣勢を強いられます。一時は止まってしまったウォー・タンクのエンジンもニュークスのおかげで回復したものの、劣勢が変わることはありませんでした。

脇腹を刺されてしまったものの、運転をニュークスと代わったフュリオサは接近してきたギガホースに飛び乗り、銛でジョーと対決。銛とつながっていた鎖がギガホースのタイヤに巻き込まれ、銛が引っかかっていた呼吸器が無理矢理剥がされたことでジョーの口は引き千切れ、そのまま絶命しました。

マックスもリクタスを打ち倒し、ギガホースに乗り移ります。しかし、リクタスがボンネットに乗ったままのウォー・タンクを運転し続けていたニュークスは、自分以外の仲間たちがギガホースに移り終えたのを確認していました。

イワオニ族のナワバリである例の谷で、ニュークスは「俺を見てろ」という別れの言葉だけをケイパブルたちに告げると、ウォー・タンクを横転させます。ジョー不在の烏合の衆となった追跡部隊は、道を塞いだウォー・タンクへと衝突し壊滅しました。

追手を完全に撒き砦へと向かう中、大量出血により生死の境をさまようフュリオサ。マックスは自身の血を輸血しながらも、それまで決して教えなかった「マックス」という自身の名を彼女に明かしました。

ついにシタデル砦に到着したマックスとフュリオサたち。ジョーの死体を目にし歓喜の声を挙げる民衆は、無事意識を取り戻したフュリオサを「救世主」として称えます。

ジョーが独占・管理していた水が民衆へと降り注ぐ中、マックスは別れの言葉も告げることなく、民衆の人だかりへと一人消えていこうとします。

その姿を、フュリオサはただ見つめ続けていました。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』の感想と評価


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

「母乳」が重宝されている理由

1985年のシリーズ第3作『マッドマックス サンダードーム』から30年を経て公開された第4作『マッドマックス 怒りのデスロード』。本作がそれまでのシリーズ作品と明確に異なるのは、やはり「生産資源としての女性からの搾取」を象徴的に描写している点でしょう。

眉目秀麗な女たちは、シタデル砦の領主イモータン・ジョーの子孫を産むための性奴隷へ。そうでない女たちは、シタデル砦の主要取引物資である「母乳」を生産する「ミルキング・マザー」へ……倫理も道徳も失われた世界観とはいえ、そのおぞましい搾取の形態は、水やガソリンを奪い合った『マッドマックス2』、電気の独占が描かれた『マッドマックス サンダードーム』とは一線を画したものといえます。

そもそも、「権力者の子孫を残す」という目的が存在する性奴隷に対して、『マッドマックス 怒りのデスロード』の世界において「母乳」が主要取引物資になるまでに貴重なものとして扱われている理由とは一体何でしょうか。

牛などの家畜が死に絶えてしまい、乳そのものが貴重だからでは?」「砂糖などの甘味類が貴重なものとなり、その結果母乳も《甘味を味わえるもの》として貴重になったのでは?」など様々な想像が可能ですが、その答えを探る手がかりは、ジョーが率いる「ウォーボーイズ」の一員ニュークスには欠かせないものであった「輸血袋」なのかもしれません。

荒くれ男たちが母乳で満たす歪んだ欲望


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

先の核戦争での放射能汚染により、定期的な輸血が不可欠となるまでに肉体が衰弱してしまったニュークスは、放射能汚染を免れた血液を有するマックスを自身の「輸血袋」として利用することで、映画序盤でのフュリオサ追跡戦への参加も可能にしました。

輸血によって戦士としての自信も手にし、ジョーへの狂信も加速していったニュークス。その輸血は医学的な根拠に基づく行為というよりも、「新たな血を食らう」といった儀式的行為としての意味合いが強く感じられます。

ここで重要なのは、母乳は、乳房の中の毛細血管にとり込まれた《血液》から作り出されているという点です。

母乳と血液の深いつながり。そこからは「《名誉ある戦死》に向かう戦士には不可欠な輸血という儀式的行為から転じ、同じく血液に由来する母乳を飲む行為も、作中世界では戦士にとって神聖な行為だと信じられているのではないか?」という想像もできます。

ですが、映画作中で同じく女性の搾取形態として存在する性奴隷と比較した場合、むしろ「血液が《母乳の素となるもの》であるからこそ、輸血にも儀式的行為としての意味合いが生じたのではないか?」と推察するのが的確なのかもしれません。

出産を経て誕生する子のために作り出される母乳。女性の身体からもたらされる恵みともいえる母乳を、産まれてきた子らのためでなく、自分たちが飲むために理不尽に奪い独占するジョーやウォーボーイズの姿からは、反自然的な人間の在り方以上に、男性中心社会に生きる男性が持ち得る「暴力的な父権制」と「男性的幼児性」という二つの姿が垣間見えてきます。

「暴力的な父権制」と「男性的幼児性」を同時に満足させ得る母乳を独占するために、母乳を神聖視して信仰を作り出し、その信仰に基づく母乳の歪な価値創出と搾取の構造を生み出した。そして「神聖な母乳を独占できる者」として、ジョーは自らの神格化もあわせて強化していったのではないか……そんな狂気的な想像が膨らんでしまうのです。

まとめ/等しく恵みがもたらされる社会は可能か?


(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED

映画のラスト、道中でのマックスの協力もあってジョーの討伐にも成功し、無事シタデル砦へ戻ってこれたフュリオサと女たち。

フュリオサが新たな砦の支配者として民衆に歓迎される中、ミルキング・マザーたちは水門の開閉レバーを作動させ、それまでジョーが独占・支配していた水を民衆たちの上へ降らせます

その描写からは、ミルキング・マザーたちが「恵みをもたらす者」の象徴の一部であること、彼女たちが生み出していた恵みをジョーたちが形作った男性中心社会(むしろ男性優位社会)が独占・支配していたという作品世界の背景が少なからず伝わってきます。

一方で、ジョーたち支配者層が生活していた砦の上層部へと昇ってゆくフュリオサたちを下部から仰ぐように映し出したラストショットは、ジョーたちが築き上げ維持してきた男性中心社会が崩壊した後の砦で、どのような権力体制が形作られていくのかという不安を観る者に掻き立てます。

果たして、どんな人間にも等しく恵みがもたらされる社会は実現し得るのか?」……ジョーたちの世界の狂気を知っているからこそ、「緑の地」を作る立場となったフュリオサは、新たな狂気と戦うこととなったのです。



関連記事

アクション映画

映画『パンク侍、切られて候』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『パンク侍、切られて候』は、6月30日(土)より全国ロードショー。 芥川賞作家にしてサブカルチャーのキーパーソン町田康のベストセラー小説を監督石井岳龍、脚本宮藤官九郎という現時点で最高の布陣で映像 …

アクション映画

映画『Dinerダイナー』ネタバレ感想。ラスト結末のあらすじに見えた蜷川幸雄への盛大なる鎮魂歌!

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日公開。 「登場人物全員が殺し屋」という衝撃的な宣伝コピーにより、注目度を高めた映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら …

アクション映画

『るろうに剣心 京都大火編』あらすじネタバレ感想と結末評価の解説。藤原竜也×神木隆之介らが敵として剣を交えるアクション時代劇

原作の「京都編」を2部作で描いた前編にあたる『るろうに剣心 京都大火編』 映画『るろうに剣心 京都大火編』は、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編です。 不 …

アクション映画

007トゥモロー・ネバー・ダイ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ジョブズをイメージする敵の野望をボンドが阻止する第18作

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第18作! ロジャー・スポティスウッドが監督を務めた、1997年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』 …

アクション映画

映画『SPL 狼たちの処刑台』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー!! 「イップマン」シリーズで知られるウィルソン・イップがメガホンを取り、カンフースターのサモ・ハン …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学