Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】マッドマックス2|あらすじ結末感想と評価解説。西部劇「シューン」と黒澤明の時代劇「用心棒」が発想の原風景ある!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

崩壊した世界で繰り広げられる攻防戦!「マッドマックス」シリーズの真骨頂!

家族を失ったマックスの復讐劇を描いた、1979年公開の『マッドマックス』。

それから数年後となる、崩壊した世界でのマックスの新たな戦いを描いた『マッドマックス2』(1981)

文明が発達した未来とは、正反対の未来世界を描き、後にさまざまな作品に影響を与えた『マッドマックス2』。

2015年に大ヒットした『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の基盤となった作品とも言える、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マッドマックス2』の作品情報


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

【公開】
1981年(オーストラリア映画)

【原題】
Mad Max II

【監督・脚本】
ジョージ・ミラー

【共同脚本】
テリー・ヘイズ、ブライアン・ハナント

【キャスト】
メル・ギブソン、ブルース・スペンス、バーノン・ウェルズ、エミル・ミンティ、マイク・プレストン、ケル・ニルソン、バージニア・ヘイ、シド・ヘイレン

【作品概要】
低予算ながら、世界中で異例の大ヒットを記録した『マッドマックス』の続編。前作と大きく変わった世界を舞台に、マックスとヒューマンガス率いる暴走族の、ガソリンを巡る戦いを描いたバイオレンスアクション。

主役のマックスを前作に引き続き、メル・ギブソンが演じています。演出は前作に続き、ジョージ・ミラー監督。

映画『マッドマックス2』のあらすじとネタバレ


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

2国間の戦争により、文明が崩壊した世界。

特に石油の精製機能が失われ、世界的に不足したことにより、ガソリンが貴重な資源になっていました。

荒野が広がる世界で、何もかもを失い、自暴自棄になっているマックスは、相棒の犬と共に荒野を走り、ガソリンを奪うだけの毎日を送っています。

ある時、マックスは偶然遭遇した暴走族と、激しいガソリンの奪い合いを展開します。

暴走族を蹴散らし、ガソリンを手に入れたマックスは、暴走族の一員、ウェズと睨み合いになりますが、ウェズは何もせずに立ち去ります。

荒野を走り続けるマックスは、放置されたジャイロコプターを見つけ近寄ります。そこには、ジャイロコプターの所有者である、ジャイロキャプテンが待ち構えていました。

マックスは一度ジャイロキャプテンに捕まりますが、ジャイロキャプテンが犬に噛みつかれた隙を狙い脱出します。

マックスに殺されそうになったジャイロキャプテンは「大量のガソリンがある場所を知っている」と、マックスを案内します。

そこは、ガソリンの精製工場を中心にした、小さな集落でした。集落を見張るマックスは、集落の周囲に暴走族がいることに気付きます。

暴走族もまた、集落にある大量のガソリンを狙っていました。

ジャイロキャプテンを手錠で繋ぎ、日夜集落を見張るマックスは、集落から出て来た男が、暴走族に襲撃されている場面に遭遇します。

男を助けたマックスは、男を連れて集落の内部に入ります。

男を助けた引き換えに、ガソリンを要求するマックスですが、不審に感じた集落の住人と、リーダーのパッパガーロに追い出されそうになります。

そこへ、ウェズと暴走族が現れ集落を包囲します。

暴走族のリーダー、ヒューマンガスは、集落で独占しているガソリンを渡すように要求します。そこへ、集落に住むフェラル・キッドが現れ、鉄製のブーメランで暴走族を攻撃します。

暴走族は、一時的に撤退しますが、ヒューマンガスは、集落のガソリンを全て奪うつもりです。

最初から、ヒューマンガスとの取引に応じるつもりはなかったパッパガーロは、集落のガソリンを全て、別の場所に移送することを計画していました。

その為にはトレーラーが必要でしたが、外に出れば暴走族の襲撃にあいます。

トレーラーに心当たりがあるマックスは、ガソリンと引き換えに「自分がトレーラーを持って来る」と約束します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マッドマックス2』ネタバレ・結末の記載がございます。『マッドマックス2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

手錠で繋いでいたジャイロキャプテンを解放し、ジャイロコプターで、トレーラーの場所まで辿り着いたマックス。持ち運んだガソリンを入れ、トレーラーを動かします。

ですが、その動きを暴走族に感知され、トレーラーは攻撃を受けながら疾走します。

マックスは攻撃を受けながらも、卓越した運転技術で、なんとか集落までトレーラーを乗り入れます。

集落の人々はマックスを英雄と称え、パッパガーロはマックスを仲間に迎えようとします。

ですが、マックスは約束のガソリンを手に入れると、集落を出て行きます。

マックスの乗る「V8インターセプター」を見つけたウェズは、ヒューマンガスの制止を無視して、仲間とマックスを襲撃します。

襲撃を受けたマックスは、重傷を負いながらも、大破した「V8インターセプター」から逃げ出します。

ですが、暴走族の追っ手に犬が殺され、マックスも絶対絶命のピンチを迎えます。その時、「V8インターセプター」に仕掛けていた爆弾が起動し爆発、暴走族たちは逃げ出します。

意識が朦朧としているマックスを助けたのは、ジャイロキャプテンでした。

ジャイロキャプテンにより、集落へ連れて行かれ、手当てを受けたマックスは、命を助けられたお礼に、自身がトレーラーを運転し「ガソリンを運ぶ」と志願します。

作戦決行当日、マックスが運転するトレーラーが出発します。

トレーラーが暴走族の標的になったタイミングで、パッパガーロ達も集落を抜け出し、集落ごと爆破します。

トレーラーを運転するマックスは、ジャイロキャプテンやフェラル・キッド、集落の女性戦士のサポートを受けながら、走り続けますが、ウェズとヒューマンガスの猛攻に苦しみます。

激しい戦いの中で、マックスはウェズをトレーラーで跳ね飛ばし、ヒューマンガスを車ごとバラバラにしますが、その衝撃でトレーラーが横転します。

しかし、トレーラーの中に入っていたのはガソリンではなく砂で、最初からマックスはただの囮でした。真相を知ったマックスは、ジャイロキャプテンと笑い合います。

その後、新たな土地でジャイロキャプテンが集落のリーダーになり、大人になったフェラル・キッドが、その後リーダーの座を引き継ぎます。

ですが、マックスだけは荒野に姿を消し、行方知れずとなりました。

スポンサーリンク

映画『マッドマックス2』感想と評価


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

1作目とは大きく変わった、文明が崩壊した世界で、暴走族との激しい攻防戦を描いた『マッドマックス2』

映像作品で描かれる未来世界と言えば『ブレードランナー』(1982)のような、高いビルが立ち並び、乗り物が空を飛ぶような、文明が発展したからからこその「ディストピア」が多かったのですが「何も残っていない世界」を舞台にした『マッドマックス2』の未来像は、その斬新さから衝撃を与えました

登場する暴走族も、1作目はまだ暴走族と分かる見た目だったのが『マッドマックス2』に登場する暴走族は、仮面を被った大男率いる集団が、改造バギーを乗り回すという、もはや暴走族とは違う荒くれ者集団になっています。

低予算で製作された『マッドマックス』の、10倍の予算が組まれた『マッドマックス2』ですが、予算のほとんどが車の改造や、セットの建設に使用されており、ジョージ・ミラー監督が絶望的な世界観の構築に、かなり力を入れたことが分かります

独特の世界観が広がる『マッドマックス2』ですが、この絶望的な独特の世界観が、何故現在も根強いファンを持つ人気シリーズになったのでしょうか?

『マッドマックス2』は実は西部劇


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

実は『マッドマックス2』の基盤になっているのは西部劇で、分かりやすく、受け入れやすい設定になっています。

何も無い荒野は、西部開拓時代を連想させますし、暴走族はならず者たち、そして対するマックスは、ならず者と戦うカウボーイという構図です。

2017年に日本で開催された「マッドマックス・コンベンション2017」に登壇した、ジャイロキャプテン役のブルース・スペンスは、ジョージ・ミラーから「『シェーン』と黒澤明監督の『用心棒』を観ておくように」と言われたと語っているので、西部劇または時代劇の構造を強く意識していることが分かります。

ブルース・スペンスは「ウエスタン映画によくある“ヒーロー”と“コミカルなパートナー”で言うと、ジャイロは後者」と意識しながら、ジャイロキャプテンを演じました。

世界観のビジュアルは斬新でも、根底にあるのは親しみやすい、王道の設定だった訳ですね。

無法者から英雄へとなるマックス


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

「マッドマックス」シリーズの主人公、マックスのキャラクターも『マッドマックス2』から大きく変わります。

1作目では、警察官としての正義と家族への愛を持ち、それらが暴走族への憎悪へと変わるという、実に人間らしい感情を持っていたマックスですが、『マッドマックス2』では何もかもを失い「荒野を彷徨う亡霊」と化します

荒野を走りガソリンを奪い続けるマックスは、暴走族と変わらない存在となってしまいました。

1作目でマックスは「俺も暴走族も変わらない、バッジがあるかどうかだけ」と言っていましたが、皮肉的にもその言葉通りになってしまっています。

ただ、マックスは集落の人間と出会い、助けられたことで「命を捨てるのではなく、人の為に命を使う」ことに目覚めます。

ここからマックスは、集落の人達の力になる為に戦う英雄となっていきます。

本作のラストで、マックスが命がけで運んだトレーラーには、ガソリンではなく砂が積まれていたことが分かります。

集落の民に騙されたことが分かったマックスが、ジャイロキャプテンと2人で笑うのですが、作品を通して、マックスが笑顔を見せるのはこの場面だけで、僅かながら「人間の心が戻った」ことを感じる、印象的な場面です。

『マッドマックス2』の物語は非常にシンプルで、マックスの台詞も少なく16行ぐらいしかないそうです。

それでも物語を通して、少ない台詞でマックスの心情の変化を描いているのは見事です。

無法者と英雄の攻防戦!


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

『マッドマックス2』最大の見せ場は、クライマックスのガソリンを巡る攻防戦です。

大量のガソリンを運ぶマックスと、それを狙う暴走族の激しいカーチェイスは、あちこちで爆発したバギーが宙を舞う凄まじい場面となっています。

マックスが運転するトレーラーに、次々と襲いかかって来る暴走族たちは「列車強盗」を連想させ、やはりここも西部劇を意識していますね

ただ、銃弾もほとんど無い為、マックスの武器は運転技術のみとなります。

そして激しい攻防戦の末、暴走族のリーダー、ヒューマンガスは、最後に割とあっけなく倒されます。

ボスが結構あっけないのも「マッドマックス」シリーズの定番となっていますので、そこも楽しみましょう。

まとめ


(C)Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

独特の世界観が衝撃的で、いまも根強いファンを持つ『マッドマックス2』

暴走族が捕まえた人質を、車の先端に括り付けたり、多くを語らない英雄マックスなど『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に引き継がれた要素も多いです。

多くの人を救っても、自身の根本的な問題は解決されず、マックスは孤独を抱えたまま救われないという部分は、シリーズを通しての特徴となっています。

この「孤独な英雄」というマックスのヒーロー像こそ、多くのファンの心を掴む、一番の魅力であり、それが確立されたのが『マッドマックス2』という作品です。





関連記事

アクション映画

NETFLIX【ポイントブランク】ネタバレあらすじと感想。元ネタ『この愛のために撃て(2010)』とリメイク版の比較解説

看護師とアウトロー、凸凹コンビの戦いの行方は。 フランス国内で大ヒットを記録した映画『この愛のために撃て』(2010)。 渋くそれでいて熱いサスペンス映画の秀作が2019年に、ジョー・リンチの手によっ …

アクション映画

映画バットマン|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ティム・バートンが生み出す原作漫画からのダークヒーローシリーズ

ボブ・ケイン作の大人気DCコミックスの実写映画版「バットマン」シリーズ第1弾! ティム・バートンが監督を務めた、1989年製作のアメリカのヒーローアクション映画『バットマン』。 犯罪と暴力が渦巻く都市 …

アクション映画

【ネタバレ】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションあらすじ感想と結末の評価解説。バイクと飛行機などスパイ映画がならではのアクションが見どころのイーサン・ハント活躍の人気シリーズ!

「ローグ・ネイション(ならず者の国家)」の正体とは? 大ヒットスパイアクション・シリーズ第5作! クリストファー・マッカリーが脚本・監督を務めた、2015年製作のアメリカの大ヒットスパイアクション映画 …

アクション映画

映画『ランボー』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。スタローン演じるベトナム帰還兵の怒りが爆発する

シルヴェスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ第1作! テッド・コッチェフが監督を務めた、1982年製作のアメリカのアクション映画『ランボー』。 (C)1982 STUDIO CANAL IM …

アクション映画

映画『ザ・ロック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。マイケル・ベイがニコラス・ケイジとショーン・コネリーで描くテロリスト集団との戦い

アルカトラズを占拠したテロリスト集団vs2人の男の戦いを描いたアクション! マイケル・ベイが監督を務めた、1996年製作のアメリカのアクション大作である映画『ザ・ロック』。 猛毒の神経ガス・ロケット弾 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学