Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『ブレードランナー』ネタバレ感想。動画無料視聴方法も

  • Writer :
  • 山田 苺

2017年10月27日より公開され、続編でありながら高い評価を得ている『ブレードランナー2049』の前作。

公開時はまだ1980年代でありながら、斬新なビジュアルを叩きつけました。

同時に、人間に虐げられるレプリカントの関係性を描くことで、ネガティブなストーリーでありながら、いわゆるサイバーパンクの魅力たっぷりなSF映画となっております。

原作を意図せず、また読まずに監督を行なったリドリー・スコットの原作放置感もなかなかです。

スポンサーリンク

1.映画『ブレードランナー』の作品情報


TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

【公開】
1982年(アメリカ映画)

【原題】
Blade Runner

【監督】
リドリー・スコット

【キャスト】
ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、ダリル・ハンナ、エドワード・ジェームズ・オルモス、ジョアンナ・キャシディ、ブライオン・ジェームズ、M・エメット・ウォルシュ、ウィリアム・サンダーソン、ジョセフ・ターケル、ジェームズ・ホン

【作品概要】
酸性雨で荒廃した2019年のロサンゼルスを舞台に、人間に代わって、過酷な労働を虐げられる人造人間「レプリカント」。

彼らを「解任」というなの処分を引き受ける、デッカードが人間に反旗を翻すレプリカントたちの解任に翻弄される中、レプリカントのレイチェルと出会うことで、彼の運命は大きく変わっていきます。

『ブレードランナー2049』でデッカードを務める、若きハリソン・フォードの姿がうかがえると同時に、サントラ等も、今作が原型になっていることが、改めて聞き取れます。

▼映画『ブレードランナー』はHuluでご覧いただけます。
映画「ブレードランナー』を今すぐ見る

2.映画『ブレードランナー』のあらすじとネタバレ


TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

2019年のロサンゼルスは、環境汚染が進み常に酸性雨にさらされ、昼も夜も暗い雲に覆われてるます。

上層階級は既に地球を離れ宇宙への移住をしており、下級の人々は、雑多なネオンと人が行きかう地球で暮らしています。

ロス警察署では、人間に代わって苦役をさせられる「レプリカント」が逃れ、人間に紛れて生活をする場合、「解任」という名の処分を行います。

取調室で人間とレプリカントを見分ける「フォークト=カンプフ検査」を行うと、その最中に相手の捜査官を射殺し逃亡するレプリカントが現れます。

レプリカントの「解任」を専門とする警察官「ブレードランナー」を過去に務めていたリック・デッカードは、開拓中の惑星から、宇宙船を強奪し地球へ帰還したレプリカント4名の「解任」を命じられます。

4名のレプリカントはネクサス6型と呼ばれる最新のタイプで、熟練のブレードランナーでも見分けることが難しいといわれています。

デッカードは、ネクサス6型を製造しているタイレル社を尋ね、その博士であるタイレルに事情を聴きに行きます。

そこでデッカードは、レイチェルと言う美しい秘書と出会います。

タイレル博士はブレードランナーであるデッカードに興味を示し、レイチェルに「フォークト=カンプフ検査」にかけるように言うと、レイチェルもまたレプリカントであることが分かります。

タイレルはネクサス6型は、製造後数年経つと感情が芽生え始め、今回の脱走の件もそれが原因だと考えますが、対応策として博士はレプリカントの寿命を4年までと設定していました。

レイチェルも、最近感情が芽生えた関係で、常に何かに苛立ちを覚えるような振る舞いが見えるとも言います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブレードランナー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブレードランナー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

脱走したレプリカントのリーダー、ロイ・バティは、自らの寿命を調べるためにタイレル社に潜入します。

ところがそれらの情報は、博士により厳重な警備により保管されており、ロイは別の策を考えます。

彼はかつてタイレル社で技師として働いていたセバスチャンに、女性レプリカントのプリスと偶然を装って接触させます。

デッカードは証拠品として押収していたうろこのようなものを調べ、それが人口蛇のうろこと分かると、それを扱ってダンスのショーに出演しているゾーラに接近します。

最初は身分を隠して接触を試みるも、感ずいたゾーラは逃亡を図り、デッカードの手により「解任」されます。

その直後、彼の隙をついて、脱走した一味のレプリカント、リオンがデッカードを始末しようとしますが、済んでのところでレイチェルに救われます。

彼女には幼い頃の記憶が、外部によって移植されているため、自身をレプリカントとして認識していませんでした。

それをきっかけに、タイレル社から脱走してきた彼女は、警察からも追われる身となってしまっていました。

動揺を隠すことの出来ないレイチェルに、デッカードは惹かれて行き、自身のアパートに匿います。

ロイはセバスチャンを利用して、再びタイレル社を訪れると、博士に直接自分たちの寿命を延ばすよう訴えます。

しかしそれは不可能だといわれると、ロイは怒りに任せて、博士の目を潰して葬り、逃げ惑うセバスチャンでさえ始末します。

タイレルとセバスチャンの死を聞きつけたデッカードは、セバスチャンの住む部屋を捜索すると、そこには人形に紛れたプリスが紛れていました。

奇襲を受けるデッカードですが、プリスを「解任」しますが、そこへロイが現れます。

プリスの死を目の当たりにしたロイは、デッカードに襲い掛かり、彼は重傷を負いながらも必死で逃げようとします。

しかし外に出て、ビルを飛び移ろうとしたとき誤って失敗し、腕一本でビルにしがみつくデッカードの前に、ロイが立ちふさがります。

限界に達したデッカードは手を離してしまいますが、ロイは何故かデッカードの手をつかみ、引き上げます。

するとロイはその場に座り込み、やがて動かなくなります。彼はデッカードとの死闘の最中、自分の寿命を悟り、デッカードを救うことを選んだのです。

ロイに救われる形となったデッカードは、匿っていたレイチェルと共に、マンションを出て逃避行に向かいます。

× × ×

「タイレル社の連中は知らない。レイチェルが他のレプリカントのように寿命が短くないということを」

スポンサーリンク

3.映画『ブレードランナー』の感想と評価

TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

改めて『2049』を見た後に前作を見ると、引き継がれている演出や新たな世界観などが、より鮮明になってきます。

私が個人的に一番ショックだった、『ブレードランナー2049』の劇伴を担当するはずだった、ヨハン・ヨハンソンの降板。

理由は前作の音楽を担当したヴァンゲリスに、劇伴を寄せるためとなっています。

確かに同じフレーズを意図して使ったり、似た曲長が使われていますが、そこにヘヴィーさも加わっていると感じます。

もともとドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は、これでもかと不安を煽るシーンが多いので、『ブレードランナー』は、ある意味ではフィルム・ノワールのテイストが強いとも感じました。

さらにハリソン・フォードの若い頃の様子を見ると、『ブレードランナー2049』のライアン・ゴズリングの配役は、本当にベストだったと痛感します。

たぶん、『ブレードランナー』のデッカードからニヒルさを全滅させるとKになると思います。

まとめ


TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

2017年に公開されたドゥニ・ビルヌーブ監督の『ブレードランナー2049』は、1人のレプリカントの葛藤を描いたエモーショナルな作品とするとなら、前作『ブレードランナー』は、サイバーパンクを軸に、フィルム・ノワール作品に近いとも感じました。

全く関係ないですが、映画秘宝の表紙にある「映画雑誌はふたつでじゅうぶんですよ!」という元ネタは、冒頭でデッカードがえび天丼のえびを4本と注文したのに、何故か頑なに「ふたつでじゅうぶんですよ!」と拒否し続ける、商売下手な大将のせりふです。ニッチ過ぎて・・・。

また、『ブレードランナー』はいくつもの種類が存在し、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、『ブレードランナー2049』はそうはならないと断言してしまったので、私の妄想であるヨハン・ヨハンソンのサントラ盤『2049』が出ればなあという淡い希望も費えました。
(降板が公開2,3ヶ月前に発表されていたので、音源くらいあるかと思って・・・)

さて、『ブレードランナー』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼映画『ブレードランナー』はHuluでご覧いただけます。
映画「ブレードランナー』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

SF映画

実写映画『いぬやしき』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

想像を絶する映像トリップ!映画『いぬやしき』2018年4月20日(金)全国東宝系ロードショー! 『GANTZ』二部作で組んだ佐藤信介監督と原作奥浩哉のコンビが再びタッグを組み同題コミックを映画化したS …

SF映画

破裏拳ポリマー2017あらすじと原幹恵アクションコスプレ画像!

多くの原幹恵ファンは公開がまもなくとなった映画『破裏拳ポリマー』を楽しみにしてますよね。 今回はタツノコプロ創立55周年を記念して公開される映画『破裏拳ポリマー』のリケジョ役を演じる原幹恵に注目します …

SF映画

『黒い箱のアリス』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2018にて

映画『黒い箱のアリス』は、2018年1月14日(日)より、ヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち2018」ほか順次公開。 “美しく、奇妙で、そして恐ろしい”…新世代感覚のSFスリラー誕生 …

SF映画

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたは1975年にテレビ放映された『鋼鉄ジーグ』を知っていますか?毎週日曜日18時00分から全46話制作されたアニメーション。原作は永井豪と安田達矢、そしてダイナミック企画製作による、東映動画による …

SF映画

映画ライフ2017とスパイダーマン3の共通点をネタバレ!

ハリウッドの人気俳優ジェイク・ギレンホールやライアン・レイノルズと、真田広之が共演することはネットニュースで知った映画ファンは多いのではないでしょうか。 先日そのSFホラー映画『ライフ』の日本版予告編 …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP