Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

ワイルドスピード6ユーロミッション|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

あの大人気シリーズ『ワイルド・スピード』の6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』。

シリーズ恒例の派手なカーアクションも健在で、非常に見応えのある作品に仕上がっている『ワイルド・スピード EURO MISSION』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の作品情報


(C)Universal Pictures

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【監督】
ジャスティン・リン

【キャスト】
ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ガル・ギャドット、サン・カン、エルザ・パタキー、ルーク・エバンス、ジーナ・カラーノ、ジェイソン・ステイサム

【作品概要】
主人公ドミニクとブライアンは、恋人・妻と共に自由な暮らしを手に入れ、静かな生活を送っていたが…。

ドミニク役は「ワイルド・スピード」シリーズ恒例のヴィン・ディーゼル、ブライアンはポール・ウォーカーがそれぞれ演じています。

監督は3作目から引き続き、ジャスティン・リンが努めています。

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Pictures

国際手配の主人公ドミニクは恋人のエレナと、ブライアンは妻のミアと、大金を得て静かな暮らしを送っていました。

ある日、モスクワで軍が襲撃されて、何億円の価値を持つチップが強奪されます。元イギリス特殊部隊のオーウェン率いる、国際的な犯罪グループの仕業だと判明します。

前から組織に目をつけていたFBI捜査官のホブスは、組織を壊滅するためドミニクの元を訪ねます。

ドミニクはホブスに協力する事を渋りますが、渡された資料にはドミニクの元ファミリー「レティ」の写真がありました。

ドミニクは真相を確かめるために、自らの罪を取り消すことを条件にホブスへ協力します。ブライアンたち、いつもの仲間を集めます。

ロンドンにオーウェンたちのアジトがあることを突き止め、インターポールが捜査に向かいますが察知されていて、逃走されます。

追跡を始めたドミニクたちですが、組織の最先端の改造車に翻弄された末に取り逃してしまいます。

追跡の中、レティが運転してると思わしき車は発見します。カーチェイスで追い詰めますが、逃げられてしまいました。

ブライアンは情報を集める中、『ワイルド・スピード MAX』に登場した「ブラガ」に接触するため、アメリカへ向かいます。

ブラガから情報を引き出したブライアンは、ロンドンにいるドミニクたちにオーウェンへと近づける情報を渡します。

オーウェンに車を売ったバイヤーを突き止めました。バイヤーのもとへ向かいますが、レティたちに襲撃されました。レティと男を1人を逃してしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ワイルド・スピード EURO MISSION』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワイルド・スピード EURO MISSION』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

レティはアジトへと戻り、オーウェンに報告しますがオーウェンは仲間の死をなんとも思ってない様子でした。

その過程でレティはは記憶をなくしており、オーウェンに利用されていたことが発覚します。

オーウェンが盗んだ部品は、「ナイトシェード」と呼ばれる軍の通信を遮断する装置を作ることでした。

これを阻止するために、ブライアンとドミニクたちは最後の部品が保管されているNATO基地へと向かいます。

軍は輸送隊に保管する場所を変えるように命じるも、オーウェンたちに妨害されます。ハイウェイで戦闘を繰り広げますが、ドミニクたちの活躍でオーウェンたちを拘束します。

ですが、オーウェンはドミニクの妹でブライアンの妻である「ミア」を人質にとっていました。

何とかミアを救出したドミニクは、チップを取り返してホブスに約束通り自由にしてもらいました。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の感想と評価


(C)Universal Pictures

『ワイルド・スピード EURO MISSION』は、『ワイルド・スピード』シリーズ恒例の派手なカーアクションあり、アクションあり、筋肉ありと見ていてとても気持ちよくなれる映画です。

実在する有名なスポーツカーを数多く使っている本作は、派手な車が画面狭しと動き回るだけで非常に面白いです。

その上、ヴィン・ディーゼル・ドウェイン・ジョンソン・ジェイソン・ステイサムなどマッチョが活躍しているのを見ていると、筋トレをしたくなる一面もあります。

ストーリーは、概ね一本道でいつもの『ワイルド・スピード』という感じで王道に仕上がっています。


(C)Universal Pictures

まとめ


(C)Universal Pictures

今回は『ワイルド・スピード EURO MISSION』を紹介させていただきました。

筆者の好きな俳優のジェイソン・ステイサムや、ドウェイン・ジョンソンが出演していることもあり、『ワイルド・スピード』シリーズはお気に入りのシリーズです。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』を見て、他のシリーズも見たい方は最新作の『ICE BREAK』をおすすめしたいです。

『ワイルド・スピード』最大スケールで話が展開され、アクションシーンも洗練されています。

関連記事

アクション映画

【ネタバレ感想】キングダムの映画と原作の比較解説。どこまで実写化されたのか⁈

『キングダム』の映画と原作の比較検証 壮大な世界観で原作を読む人を圧倒し、虜にしてきた人気コミック。古代中国で繰り広げられる歴史ロマン大作『キングダム』がいよいよ実写化されました。 公開前から、原作の …

アクション映画

実写映画『曇天に笑う』あらすじとキャスト。感想レビューも【福士蒼汰】

福士蒼汰主演の映画『曇天に笑う』は、2018年3月21日より劇場公開。 発行部数120万部を超えた人気コミック『曇天に笑う』の実写映画化! 若手俳優の福士蒼汰が笑顔の印象的な主人公・曇天火演じ、演出は …

アクション映画

映画スキップ・トレースあらすじとキャスト!ジャッキー見どころ解説も

ジャッキー・チェン期待の新作『スキップ・トレース』は、9月1日より劇場公開! 香港警察のベニー刑事とアメリカ人詐欺師ワッツは、香港の闇に潜む悪の組織追われる身となり、ロシアから香港まで陸路を逃亡する様 …

アクション映画

韓国映画『監獄の首領』あらすじと感想【ハン・ソッキュ×キム・レウォン】

韓国映画『監獄の首領』は、2018年1月13日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開! ハン・ソッキュ×キム・レウォンの2大スターが躍動するクライム・アクションは、犯罪組織のボスと囚人になっ …

アクション映画

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊ネタバレ!スクリーンX感想も

待望のシリーズ第5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』作品情報をど …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学