Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】ビースト(2022映画)あらすじ結末感想と評価解説。ライオンとイドリス・エルバが死闘を繰り広げるアクションスリラー!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

イドリス・エルバとライオンが死闘!
サバンナを舞台に描く、手に汗握るサバイバルアクション!

バルタザール・コルマウクル監督が手がけた、アメリカのサバイバルアクション映画『ビースト(2022)』

ワイルド・スピード/スーパーコンボ』『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で知られるイドリス・エドルバが主演を務めました。

愛する妻を亡くして間もない医師が娘2人を連れ、妻と出会った思い出の地・南アフリカに旅行へ。しかし広大なサバンナには、密猟者から生き延び人間に憎悪を抱くようになった凶暴なライオンが潜んでいた……。

家族を守るために凶暴なライオンに立ち向かう医師の姿を描いた映画『ビースト(2022)』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『ビースト(2022)』の作品情報


(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【原案】
ジェイミー・プリマック・サリヴァン

【監督】
バルタザール・コルマウクル

【キャスト】
イドリス・エルバ、シャールト・コプリー、イヤナ・ハリー、リア・ジェフリーズ

【作品概要】
エベレスト3D』(2015)や『アドリフト 41日間の漂流』(2020)のバルタザール・コルマウクルが監督を務めた、アメリカのサバイバルアクション作品です。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)や『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)のイドリス・エドルバが主演を務め、『第9地区』(2009)のシャールト・コプリーと共演しています。

映画『ビースト(2022)』のあらすじとネタバレ


(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

最愛の妻アマーレに先立たれてしまった医師のネイト・サミュエルズは、2人の娘ノラとメレディス(愛称:メア)を連れて、アマーレと出会った思い出の地である南アフリカへ長期旅行にやって来ました。

ネイトの旧友である生物学者のマーティン・バトルズの家に寝泊まりした初めての日の夜、メアとネイトは些細なことがきっかけで喧嘩してしまいます。

実はネイトは、アマーレが生きていた時はお互い同意の上で別居していました。しかしそのすぐ後にアマーレに病気があると分かりました。

メアは「パパが家を出ていったせいで、ママがガンになったことを見逃した」と責め、ネイトは「できるだけのことはした」と言い返しましたが、そんな2人を見てつらくなったノラが退席したことで話は終わりました。

頭を冷やすついでにマーティンと晩酌することにしたネイトは、「何でアマーレの葬儀に来なかった?」と、これまでずっと疑問に思ってきたことを尋ねます。実はマーティンとアマーレは子供の頃からの友人で、ネイトよりも彼女とは付き合いが長かったのです。

マーティンはアマーレと子供の頃に出会い、休日はアマーレとその家族からこの土地の話を聞いていました。そのおかげでマーティンは野生動物に興味を抱いて生物学者の道を進み、マーティンの紹介によってネイトはアマーレと出会いました。

ネイトは「アマーレがコンクリートに固められた都会に埋葬されるのを見たくなかった」「どうしても耐えられなかったし、アマーレがそう望んでいるとは思えなかった」と答えました。

医師であるはずなのに病気の妻を救えなかった、そばにいなかったせいで妻や子供たちからのSOSを見逃したと、自分を責めるネイト。

2日目の朝。そんなネイトとその娘たちを気遣って、マーティンは3人を連れて広大なサバンナへドライブしに出かけました。

その途中でネイトたちは、閉鎖された山間の学校近くに生息するライオンの群れを監視しているマーティンの友人である保護区の職員バンジーと会います。

バンジー曰く、そのライオンの群れは「ナンディーの群れ」と呼ばれており、ナンディーは群れを率いているメスのライオンの名前であり、オスのライオンはクーダとその弟カーヴェだといいます。

クーダとカーヴェの兄弟ライオンは、自分たちが子供だった時に世話をしてくれたマーティンを覚えており、群れに近づいてきた彼に飛びつきじゃれつきました。

兄弟ライオンとじゃれていた時、マーティンはナンディーのある異変に気づきます。前足を怪我していたのです。

密猟者が銃で撃った傷だと推測するも、ナンディーが警戒心を剥き出しにしたため、それ以上診察することはできませんでした。

仕方なくマーティンはバンジーにそのことを伝え、獣医を呼びに行ってもらいました。その間、マーティンはネイトたちを連れて近くの村ツォンガへ行き、ナンディーの群れに何か変わったことはないか聞き込みをすることにしました。

ところが、15世帯の家族が住んでいるはずのツォンガに、村人は誰1人いませんでした。不審に思いツォンガ内を捜索すると、ネイトとマーティンは村人たちの惨たらしい死体を発見。そのほとんどは、女性か子どもでした。

すぐさまツォンガから立ち去ろうとするネイトたちでしたが、ノラの姿が見当たりません。ネイトとメアの親子でノラを必死に探していると、彼女の悲鳴が聞こえてきました。

ネイトはノラの声を頼りに探すと、彼女もまた村の女性とその子ども、その親子が飼っていたであろう牛の無残な死体を目の当たりにしていたのです。

ネイトたち4人はすぐさまマーティンの車に乗り込み、ツァンガから立ち去ります。車を走らせながらバンジーと連絡をとろうとするも、無線はつながりませんでした。

以下、『ビースト(2022)』ネタバレ・結末の記載がございます。『ビースト(2022)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

マーティンの家までの道中、車の前に1人の村人ムテンデが現れます。ムテンデは深手を負っており、何かから逃げているようでした。

用心のため姉妹を車内に残し、ネイトたちが何があったか話を聞くと、ムテンデは「仲間と一緒にライオンを倒しに来た」と言うのです。

ネイトの懸命な救命措置もむなしく、ムテンデは「ディアボロ(悪魔)」と呟き息絶えました。

周辺を捜索しに行ったマーティンがいつまで経っても戻って来ず、ネイトは姉妹の制止を振り切って彼を捜しに行こうとしました。

するとそこへ、1頭のライオンが現れます。そのライオンは、ムテンデとその仲間の密猟者グループに群れのリーダーと仲間を殺され、殺した密猟者グループを含め全ての人間への憎悪に満ちた凶暴で残忍なモンスターと化していたのです。

事実、本当の敵を知ったそのライオンは、襲った人間を捕食しません。ただ自身の鋭い爪と牙で引き裂き、殺すことだけを考えているのです。

ネイトはすぐさま姉妹がいる車の中に逃げ込むも、ライオンは3人を殺そうと車を襲撃。車は傷つけられたものの、ネイトが身を挺して追い払ったおかげでライオンを退けることができました。

しかし最悪なことに、ライオンと戦いながら車を無理に発進させたせいで、車は崖一歩手前のところで立ち往生してしまいます。

そんな時、マーティンとの無線がつながり、彼もネイトたち家族を襲ったライオンに襲われ、左足を引き裂かれて動けなくなってしまったことが判明。マーティンは意識が朦朧としながらも、無線から聞こえるネイトの指示に従い、自身に応急手当を施します。

止血時に発したマーティンの絶叫を聞いて、彼が近くにいると分かったネイトたちは彼を助けに行こうとします。

ライオンはマーティンのもとに戻るも、また姿を消しました。

それをマーティンから聞いたネイトは、何とかして組み立てた麻酔銃を構え、ライオンがどこにいるか車の上から探します。ところが、辺り一帯を探してもライオンは見つかりません。

メアはマーティンからの無線で、彼が高い位置に建てられたハンターたちの隠れ家のそばにいると分かると、車外に飛び出して1人マーティンを探しに行こうとします。

その瞬間、車の真横にある丘の上にいたライオンがネイトたちを襲撃。振り落とされたネイトは車体の下に隠れ、落ちた時に手放してしまった麻酔銃を手繰り寄せ応戦します。

窮地に追い込まれた父を助けようと、ノラは車内にあった麻酔針をライオンの体に刺しました。そのおかげで、ライオンはその場を立ち去っていきました。

メアはマーティンを見つけ出し、家族が待つ車へと帰還。ネイトはすぐさま救急キットを使って、マーティンの左足の傷を改めて手当てしました。

立ち往生した車の中で夜を越すことにした4人。

皆が寝静まった深夜、アマーレの幻覚に苛まれ目を覚ましたネイトは、助手席で眠るメアに「俺はお前のママのことを、精一杯心の底から愛していた」「もっと時間があると思ってた、そうすれば解決できると……お前にはママの精神が宿っているな」と言って許しを乞いました。

その直後、目を覚ました4人は密猟者グループと遭遇。彼らはネイトたちを守る代わりに、5000ドル貰うという取引をして用心棒となろうとしましたが、車内にいるマーティンの姿を見て態度を豹変させます。

銃を突きつけられ殺されそうになる4人。そこへ、村人とネイトたちを襲ったライオンが現れ、密猟者グループに襲いかかります。

彼らがライオンと戦っているのを逃げるチャンスだと考え、ネイトは密猟者の1人を追いかけ、密猟者グループが乗っていた車の鍵と銃を奪取しました。

その頃、3人の乗っている車はライオンの襲撃を受けていました。

姉妹が先に車外に逃げた直後、車は横転し崖に転落。姉妹を逃がすために車内に残って戦っていたマーティンは、持っていたライターで漏れ出た車のガソリンに火をつけ、自らを犠牲にしてライオンを撃退しました。

3日目の朝。ネイトたちは密猟者グループの車を奪い、昨日通った道を引き返して廃校に避難。ライオンに襲われ重傷を負ってしまったメアに応急処置を施します。

しかしその廃校は、密猟者グループのアジトとしても使われていました。憎き密猟者グループのアジトだからか、それともメアの血を嗅ぎつけてきたのか、山を越えてまで3人を追いかけてきたライオンにまたもや襲われてしまいます。

ノラの悲鳴を聞いてライオンが来たことを知ったネイトは、すぐさま姉妹のもとに駆けつけ、彼女たちを安全な場所に移しました。

ネイトはライオンを谷へと誘き寄せてから、単身でライオンと対峙します。

しかし、ネイトが持っている武器はナイフのみ。麻酔銃によってライオンを眠らせることもできず、ネイトは殺されかけました。

するとそこへ、ナンディーの群れが登場。彼女たちは自分たちの縄張りを守るため、ネイトを殺そうとするライオンに立ち向かっていきます。さらにそこへバンジーたち保護区の職員が介入し、3人は無事救助されました。

後日。杖を突いて歩けるまでに傷が回復したネイトは、娘たちと一緒に再び保護区を訪れ、アマーレが生前写真を撮ったのと同じ木の前で、3人そろって写真を撮りました。

映画『ビースト(2022)』の感想と評価


(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

医師のネイトは娘2人を連れて、亡き妻との思い出の地である南アフリカへ長期旅行に出かけました。

物語の序盤では、マーティンの案内で野生動物の姿を間近で見ることができてドライブを楽しんでいた家族でしたが、その直後に凶暴で獰猛なライオンと遭遇した時の恐怖と絶望が入り混じった表情に変わります。

車内にいようがお構いなしにネイトたちを殺さんと襲いかかってきたり、どこへ逃げても追いかけてくる執念深さを持つライオンの姿は、観ているだけでも背筋が凍りつきそうになるほど怖ろしいです。

また、ライオンが全ての人間への憎悪を抱く「モンスター」と化したのは、自分たちの私利私欲のためにライオンを狩り、闇市場へと売り捌く密猟者たちのせいでした。

群れのリーダーと仲間を殺した密猟者グループに降りかかった不幸は、ある意味自業自得、因果応報でしょう。むしろなぜ仲間とリーダーを目の前で殺されたライオンが、復讐しに来ないと思ったのか、単に捕まるのが嫌で逃げ出しただけだと思ったのか不思議で仕方ありません。

そして物語の後半、一緒に車もろとも崖から落ちたにもかかわらず、自分を殺そうと一歩一歩近づいてくるライオンに対し、マーティンは最後まで臆することなく向き合いガソリンに火をつけ、車と運命をともにしました。

他のライオンを育てた経験を持つマーティンにとって、たとえ自分とネイトたちを殺そうとするライオンであろうとも、殺すことはとても心苦しかったはずだと考えると、胸が痛みます

まとめ


(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

最愛の妻に先立たれてしまった医師が2人の娘を守るため、妻との思い出の地で、人間への憎悪に燃えるモンスターライオンに立ち向かうという、アメリカのサバイバルアクション作品でした。

本作の見どころは、ネイトたち家族の複雑な関係と、ネイトとマーティンが命懸けでライオンに立ち向かっていくアクション場面です。

作中、ネイトと長女のメアには確執があることが描かれています。それはネイトが別居するために家を出ていった後に、彼の妻の病気が発覚し死んでしまったことが原因でした。

きっと作中で髄所ネイトの幻覚として現れるアマーレは、自分の死をきっかけに関係がギクシャクしてしまった2人を心配していたのでしょう。

そして、ライオンとの戦いで互いに胸の内を明かした2人が和解したことで、最後の最後でハッキリと姿を現したアマーレは「もう心配することはない」とネイトに言ったのだと考察できます

2人の娘を守るために戦う覚悟を決めた父親と「陸のジョーズ」と化した残忍なモンスターライオンが戦うサバイバルアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。




関連記事

アクション映画

映画『ザ・ロック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。マイケル・ベイがニコラス・ケイジとショーン・コネリーで描くテロリスト集団との戦い

アルカトラズを占拠したテロリスト集団vs2人の男の戦いを描いたアクション! マイケル・ベイが監督を務めた、1996年製作のアメリカのアクション大作である映画『ザ・ロック』。 猛毒の神経ガス・ロケット弾 …

アクション映画

映画『マイル22』ネタバレあらすじと解説。ラスト結末のどんでん返しに驚愕せよ!

映画『マイル22』は、2019年1月18日(金)よりロードショー。 『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』などの作品を放ってきた、マーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督が4度目のコン …

アクション映画

映画『イップ・マン 完結』解説と考察。シリーズ最終章はバトルアクションを通して普遍的な問いを投げる

映画『イップ・マン 完結』は新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開!! 国際的アクション・スターとして知られるブルース・リーが唯一師匠とあがめた伝説的な武術家・イップ・マン。自身の誇りを …

アクション映画

韓国映画『犯罪都市』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『新感染ファイナル・エクスプレス』で襲いかかるゾンビをなぎ倒した熱い男を演じ、一躍人気を爆発させたマ・ドンソク主演映画『犯罪都市』 。 2004年実際に起こった事件を基に、強力班(強行犯係)の刑事 …

アクション映画

映画『ヴェンジェンス』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー!

外道どもに死の制裁を下す衝撃のパニッシャー・アクション!『ヴェンジェンス』は、2017年9月30日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! ニコラス・ケイジは、『リービング・ラスベガス』でアカデミ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学