Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/10/06
Update

映画『キラー・セッション』あらすじとキャスト!劇場公開日は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

組織を裏切り逃亡したスゴ腕の殺し屋。そして彼を追い詰める最强にして最凶の快楽殺人者。

暗殺者VS暗殺者の情け容赦ないアクション・スリラー!『キラー・セッション』。

10月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、11月5日(日)よりシネ・リーブル梅田にて公開!

スポンサーリンク

1.映画『キラー・セッション』の作品情報


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

【公開】
2017年(フランス映画)

【原題】
Le serpent aux mille coupures (英題:Thousand Cuts)

【監督】
エリック・ヴァレット

【キャスト】
トメル・シスレー、テレンス・イン、パスカル・グレゴリー、エリカ・サント

【作品概要】
『ワン・ミス・コール』などで知られ、ハリウッドでも活躍するエリック・ヴァレット監督が自ら脚本を書き、殺し屋対殺し屋の戦いを描くアクション・スリラー作品。

『スリープレス・ナイト』のトメル・シスレー、『トゥームレイダー2』のテレンス・イン、『エディット・ピアフ 愛の讃歌』のパスカル・グレゴリー、『ムーン・ウォーカーズ』のエリカ・サント共演。

「ワールド・エクストリーム・シネマ(WEC)2017」上映。


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

2.映画『キラー・セッション』のあらすじ


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

ある夜、南仏の田舎町でフランスの裏組織と、コロンビアの裏組織の2カ国の間で薬物の取引が行われようとしています。

しかし、フランス側の男たちが約束の場所に辿り着くと、コロンビアの男たちは既に全員射殺されていました。

取引を台無しにしたのはスゴ腕で知られる殺し屋(トメル・シスレー)。

彼は組織を抜け、警察からも逃れながら新たに人生をやり直すつもりでしたが、逃走中に負傷してしまいます。


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

彼はやむなく民家に押し入り、その住民を人質に身を隠すことにしました。

激怒したコロンビアの裏組織が送り込んできたのは、冷たく青い目の物静かなアジア人の通称トッド(テレンス・イン)。

数々のターゲットを血祭りにする伝説の殺し屋で、人を切り刻むことに喜びを感じる快楽殺人者でもありました。

暗殺者を追う暗殺者、トッドは目撃者や関係者を次々に殺傷しながら裏取引を壊したターゲットを追い詰めていくのだが…。

スポンサーリンク

3.映画『キラー・セッション』の見どころ


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

この作品は「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマとした、特集上映「ワー ルド・エクストリーム・シネマ2017」にて上映される作品です。

今作の主演は国際派俳優トメル・シスレー。世界各国でヒットを記録した『ラルゴ・ウィンチ』シリーズの主演以来、ジェイミー・フォックス主演でハリウッドでリメイクされた『スリープレス・ナイト』や全米大ヒットコメディ『なんちゃって家族』の薬物王役など、順調にそのキャリアを重ねています。

また、彼を追うもう一方の主役ともいえる暗殺者役には、『トゥームレイダー2』などで知られる香港映画界のスター、テレンス・イン

テレンスの役どころは、秀作『ノーカントリー』でハビエル・バルデムが演じたアントン・シガーの様に印象的な快楽殺人者である暗殺者を強烈なビジュアル演じています。


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

国境を超えて活躍する2人の俳優が、それぞれに対照的な暗殺者のキャラクターを体現させて、死闘を繰り広げる展開がこの映画の見せ場となっています。

参考映像:エリック・ヴァレット監督作品『ワン・ミス・コール』

今作の演出はジャパニーズホラー『着信アリ』のリメイク版『ワン・ミス・コール』の監督を務め、ハリウッドでも活躍する俊英エリック・ヴァレット監督。

物語で見せる息苦しいほどの緊張感と粘りつくよう演出、時に目をふさぎたいほどのリアルなバイオレンスとアクションに彩られた極上のエンタテインメントになっているので、あなたの心を鷲掴みにする作品です。

4.映画『キラー・セッション』公開劇場は

この作品の東京での劇場公開日は、10月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷

また、関西では11月5日(日)よりシネ・リーブル梅田となっています。

ヒューマントラストシネマ渋谷

【公開日】
10月21日(土)

【住所】
東京都渋谷区渋谷1丁目23−16 ココチビル

【TEL】
03-5468-5551

シネ・リーブル梅田

【公開日】
11月5日(日)

【住所】
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1−88 梅田スカイビルタワー イースト

【TEL】
06-6440-5930

スポンサーリンク

まとめ


©2017 THE FRENCH CONNECTION – CAPTURE[THE FLAG]FILMS – NEXUS FACTORY – UMEDIA

ガチンコ演技力対決の俳優トメル・シスレーVS怪優テレンス・イン!

また、暗殺者VS暗殺者で生き残るのは誰だ!

そして、あなたVS映画『キラー・セッション』で、ガツン!とくる鑑賞をお楽しみください!

エリック・ヴァレット監督の『キラー・セッション』は10月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、11月5日(日)よりシネ・リーブル梅田にて公開!

お見逃しなく!

関連記事

アクション映画

ジョンウィック2あらすじとキャスト!日本公開日や試写会情報も

“ガン・フー”を駆使した大ヒット作『ジョン・ウィック』から2年! 全世界待望の最恐の暗殺者ジョン・ウィックが復活した『ジョン・ウィック:チャプター2』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENT …

アクション映画

映画『ランボー ラスト・ブラッド』感想評価と解説レビュー。“完全結末”とタイトルの意味に込めたスタローンの真意とは

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 元グリーンベレーのエリート戦闘員ランボー。ベトナムで背負った戦う宿命は、いつまでも彼に付 …

アクション映画

映画『フッド:ザ・ビギニング』あらすじネタバレと感想。2019年の社会問題を取り上げた痛快時代劇!

レオナルド・ディカプリオの率いるアピアンウェイがロビン・フッド映画を製作! 『フッド:ザ・ビギニング』は、国内でもヒットを記録している『ロケットマン』のプロモーションで13日に初来日したタロン・エジャ …

アクション映画

映画『殺しが静かにやって来る』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“その男の歩いた後は死の沈黙が訪れる…” セルジオ・コルブッチが辿り着いたマカロニ・ウエスタンの極地『殺しが静かにやって来る』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『殺しが静かにやっ …

アクション映画

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』ネタバレあらすじと感想考察。ザ・レイドの出演俳優が過激すぎるバイオレンスアクションを魅せる!

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』 疲れやストレスの溜まりやすい日常に無性に鑑賞したくなるアクション映画。 難しいことを考えずに画面内の動きを楽しむひと時は、アクション映画好きにとっては至福 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学