Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/12/23
Update

映画『イップマン継承』あらすじネタバレと感想。ドニーイェンがマイクタイソンとバトル!|すべての映画はアクションから始まる8

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第8回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第8回は、ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズ第3弾、『イップ・マン 継承』(2017)を、ネタバレ有で内容解説いたします。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『イップ・マン 継承』の作品情報

(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2017年(中国・香港合作映画)

【原題】
葉問3(英題:Ip Man 3)

【監督】
ウィルソン・イップ

【アクション監督】
ユエン・ウーピン

【キャスト】
ドニー・イェン、リン・ホン、マックス・チャン、マイク・タイソン、パトリック・タム、チャン・クォックワン、カリーナ・ン、ケント・チェン、レオン・カーヤン

【作品概要】
ブルース・リーの師匠で、中国武術・詠春拳の達人として知られるイップ・マンの活躍を描いた、ドニー・イェン主演のシリーズ第3作。

監督は、前2作に引き続きウィルソン・イップが担当。

妻ウィンシン役を前2作から引き続きリン・ホンが演じ、同じ詠春拳の達人チョン・ティンチ役に、『大脱出3』(2019)でシルヴェスター・スタローンと共演したマックス・チャンが扮します。

さらに、ブルース・リーのそっくりさんとして有名となったチャン・クォックワンや、元ボクシング世界ヘビー級王者マイク・タイソンが特別出演しています。

映画『イップ・マン 継承』のあらすじとネタバレ

(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

1959年の香港。地元で詠春拳道場を開くイップ・マンは妻ウィンシンと、次男イップ・チンの3人で暮らしていました。

ある日、イップ・マンの元にシュウロンと名乗る一人の青年がやってきます。

小さい頃に一度道場の門を叩いたことがあるという彼は、成長して改めて拳法を習いたいと、自らの蹴りの速さをアピール。

イップ・マンがはじくタバコを次々と蹴りで落としたシュウロンですが、最後に放った水を蹴ることはできずに、意気消沈してその場を去っていきます。

そんな中、小学校でイップ・チンが同級生ホンとケンカをしてしまいます。

学校に向かったイップ・マンとウィンシンは、ホンが腹を空かせていると知り、一緒に家に連れて夕飯を食べさせることに。

ホンを迎えに来た父のチョン・ティンチは、詠春拳の同門であり、いずれ自身の道場を持つべく車夫をしながら賭け試合に出て、金を稼ぐ日々を送っていました。

闇試合を開催するアメリカ人のフランクは、イップ・チンの通う小学校の土地再開発を目論んでおり、手下のサンを使って学校への嫌がらせを繰り返します。

町の安全と学校を守るため、イップ・マンは弟子とともに警備にあたることにします。

警察の怠慢をポー刑事に訴えるイップ・マンでしたが、警察の上層部とフランクが密かにつながっていて思うように動けないとして、逆に頼られる始末。

連日の警護で帰宅が遅くなる夫を心配するウィンシンでしたが、サンの嫌がらせは次第にエスカレートしていきます。

一方その頃、チョンは大金の為に、再開発計画に邪魔な者たちを潰すようサンの依頼を受け、夜な夜な襲撃を繰り返すのでした。

「貧富の差はあっても人はみな平等。心ある者がこの町を統治すべきだ」と、改めて治安維持をポーに訴えるイップ・マン。

しかしサンは、強硬手段としてイップ・チンを含む数人の子どもたちを誘拐。助けに行くも、人質に取られて何もできないイップ・マンでしたが、そこへ同じく息子ホンをさらわれていたチョンが現れます。

チョンの助けもあり、無事に事件を解決して帰宅したイップ・マンでしたが、待っていたウィンシンに、子どもまで巻き添えにしたことを責められます。

そして彼女の口から、ガンを宣告されたと告げられるのでした。

子どもの誘拐事件を、ポーの主導により大々的にマスコミ沙汰にしたことで、フランクの学校への脅迫を止めさせることに成功。

警護から解放されてウィンシンに付き添うことにしたイップ・マンでしたが、フランクが送り出したムエタイ使いの刺客に、彼女と一緒にいるところを襲われます。

刺客を一蹴し、意を決してフランクの元に自ら足を運んだイップ・マンは、決着を申し込みます。

3分間の勝負で、負けることなく立っていられたら全ての件から手を引くという条件で、フランクと対峙するイップ・マン。

フランクの繰り出すパンチに苦戦しながらも、肘を使った防御法と蹴りで、3分間を闘い抜くのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イップ・マン 継承』ネタバレ・結末の記載がございます。『イップ・マン 継承』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

一方、チョンは次々と拳法の達人に挑戦して倒していき、その模様を新聞記事にさせて名を上げていきます。

そして、ついに道場を構え、詠春拳の正当な継承者を争うべく、イップ・マンへの挑戦を表明。

しかしイップ・マンはそれに反応せずにウィンシンとの日々を過ごし、彼女が病床に付してからは看病に尽くすのでした。

病状が悪化していく中、イップ・マンと家族写真を撮ったウィンシンは、チョンに挑戦を受ける手紙を送ったと明かし、久々に木人椿を打つ音を聞かせてほしいと頼みます。

彼女の願いを聞き入れ、無言で木人椿を打つイップ・マン。

そしてイップ・マンは、ウィンシンを帯同させてチョンの道場に向かいます。

六點半棍、八斬刀を使った闘いでは決着がつかないと、2人は詠春拳を交えることに。

長い闘いの最中、チョンによる目への手刀を受け、視界が閉ざされたイップ・マン。

ですが、目を閉じながらも、繰り出す拳を音で聞いて避け、その隙にチョンのみぞおちを寸勁でひと突きし、勝負は決しました。

道場の看板を壊し、自ら敗北を認めたチョン。

「何よりも大切なのは、いつも傍にいてくれる人だ」と告げ、その場を去るイップ・マンの声を聞き、微笑むウィンシン。

そして1960年、ウィンシンの臨終を看取ったイップ・マンは、詠春拳の継承に尽力するのでした。

スポンサーリンク

「生命」と「夫婦愛」を描くシリーズ第3弾


(C)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

本作『イップ・マン 継承』は、『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』と続く「イップ・マン」シリーズのパート3となります。

監督のウィルソン・イップによると、第1作のテーマが「生存」、2作目を「生活」とするなら、第3作となる本作は「生命」とのこと。

生ある者がその命を終えていくという真理を、イップ・マンとその妻ウィンシンになぞらえて描きつつ、前2作よりも夫婦愛の要素を強めた構成となっています。

詠春拳の鍛錬で使う木人椿を、夫婦の絆を確かめるアイテムにしているというのも、泣かせる演出す。

なお、本作の敵役となったチョン・ティンチの後日譚を描くスピンオフ、『イップ・マン外伝 マスターZ』も必見の一本。

こちらは、イップ・マンに敗れて去ったチョンが、己の再起と友人たちのために詠春拳を繰り出すという、分かりやすくも仁義に満ちた内容となっています。

至るところに散りばめられたブルース・リーへのリスペクト

参考:『イップ・マン 継承』での冒頭シーン

本作の冒頭に登場する青年シュウロンとは、言わずと知れた後のブルース・リー(李小龍)です。

彼を演じるチャン・クォックワンは、チャウ・シンチー監督・主演の『少林サッカー』(2002)でも、『ブルース・リー 死亡遊戯』(1978)のトラックスーツ姿のゴールキーパーを演じた、いわゆるそっくりさん俳優。

しかし、そのなり切りぶりが認められ、2008年のブルースの伝記ドラマ『ブルース・リー伝説』では主役に抜擢されています。

実は、『継承』に登場するブルースは当初、CGIキャラクターにする予定でした。

しかし、ブルースの遺族が設立したブルース・リー財団の反対により、その案は白紙に。

そこで、元々CGIキャラのモーションキャプチャーを務める予定だったチャンに、実際にブルース役を演じてもらう運びとなりました。

そこまでしてブルース・リーの登場にこだわったのは、他ならぬ主演のドニーの強い意向から。

作品冒頭でイップ・マンが語る「水の理論」は、生前のブルースが説いていた思想ですし、何よりも、チョンとの闘いの決着を付けたイップ・マンの寸勁は、詠春拳を学んだブルースがアメリカ在住時の演武で披露した、ワンインチ・パンチの再現です。

イップ・マンを演じつつ、ブルース・リーへのリスペクトも外さないあたりが、ドニーらしいといえましょう。

スポンサーリンク

シリーズ最終作『イップ・マン 完結』が2020年5月公開!

そして、「イップ・マン」シリーズ最終作となる『イップ・マン 完結』が、2020年5月8日に日本公開となります。

妻を亡くし、愛弟子ブルース・リーとともにサンフランシスコに渡ったイップ・マンが、現地でアメリカ海軍との抗争に巻き込まれます。

共演に、『継承』に続きブルース役を演じるチャン・クォックワン、敵対する海軍兵役をイギリス出身のアクション俳優スコット・アドキンスが演じます。

シリーズの有終の美を飾るであろう完結編に、期待しましょう!

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら



映画『追龍』あらすじと感想評価レビュー。香港実録クライムでドニーイェンとアンディラウが激突|銀幕の月光遊戯 63

関連記事

連載コラム

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』あらすじと感想評価レビュー。田辺聖子の青春恋愛小説をタムラコータローが描く|TIFF2020リポート3

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は東京国際映画祭2020の特別招待作品! 2020年実施の東京国際映画祭の特別招待作品として、上映された『ジョゼと虎と魚たち』。 芥川賞作家田辺聖子の同名小説が原作で、20 …

連載コラム

映画『バルカン・クライシス』あらすじネタバレと感想。特殊部隊アクション作品としてロシア側から見たユーゴ紛争を描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録21

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第21回 毎年恒例の劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品は青山 …

連載コラム

映画『アンデッド/ブラインド』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。 【不死身の少女と盲目の少年】を現代のお伽噺に仕立てる|未体験ゾーンの映画たち2019見破録51

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第51回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はダークファンタジーと呼ぶべきホラー映画が …

連載コラム

【面白いサスペンス・SF映画】2020年おすすめランキングベスト5:独特な世界観で現在を反映した5選《シネマダイバー:金田まこちゃ選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー金田まこちゃ 2020年は新型コロナウィルスの影響により、「007」シリーズ最新作の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、MCUシリー …

連載コラム

鬼滅の刃2期キャラ童磨・黒死牟のアニメ声優予想!漫画コミックでの描写から考察【鬼滅の刃全集中の考察4】

新キャラクターはだれが演じる? キャスティングを大胆予想! 第2回の「吉原遊郭編」堕姫・妓夫太郎編、第3回の「刀鍛冶の里編」玉壺・半天狗編と続けてきた『鬼滅の刃』CVキャスティング予想。 本記事では、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学