Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/18
Update

【スーパーナチュラルシーズン14】第3・4・5話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて4

  • Writer :
  • 奈香じゅん

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第4回

『スーパーナチュラル』のシーズン15放送開始は、2019年10月15日に北米で放送が始まります。

本コラムでは引き続きシーズン14のあらすじをネタバレで掲載し、登場するモンスターや撮影秘話も含めてご紹介します。

最終シーズンの放送が近づいているため、スピードアップして3話ずつ(第3・4・5話)と、お届けします。

【連載コラム】『海外ドラマ絞りたて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『スーパーナチュラル』シーズン14これまでのおさらい

ディーンの体を乗っ取ったマイケルは戦争に備え、ウェアウォルフを改良し自分の軍隊要員にしようと画策。

一方、サムは何週間も行方の分からない兄・ディーンを捜索。そこへ、ディーンが現れ、突然マイケルが自分から離れて行ったと言います。

ドラマ『スーパーナチュラル』シーズン14第3話のあらすじとネタバレ

ディーンを心配するサムですが、平静を装いあご髭を生やした弟をからかうディーン。マイケルが体を支配していた間の記憶が無いと言うディーンのいつもの様子に、サムは一先ず胸を撫で下ろします。

バンカーに戻ったディーンの帰還をカスティエルとジャックが喜びます。しかし、不穏な様子を見せていたニックが個人的な用事を片付けると置き手紙して居なくなったことを聞いたウィンチェスター兄弟は、嫌な予感を抱きます。

肩に負った大きな傷の経緯を覚えていないディーンは、カスティエルに頼んで自分の記憶を探ってもらうことに。

ディーンに憑依したマイケルの行動が見えた後、黒装束の何者かに肩を刺される光景が広がります。

以前、皆でメアリーを助けにパラレルワールドへ行く為、ジャックが出会ったドリームキャッチャー・カヤに案内を頼みました。しかし、道中で彼女のドッペルゲンガーがカヤを殺害。

最強の大天使・マイケルがディーンの体を捨てて逃げ出すほどの傷を負わせたのは、そのドッペルゲンガーでした。

ジョディに電話をして自分が無事だと伝えたディーンは、カヤのドッベルゲンガーが現生に現れ、マイケルを襲ったと話します。

ジョディから同じ傷が遺体に残る猟奇事件が起きていると聞き、ウィンチェスター兄弟は早速出発の準備を開始。

ジャックは、自分も行くと主張しますが、やはりまだ戦闘は早いとして居残りをさせられます。

役に立てないことに嫌気がさしたジャックはバンカーを出ようと決めますが、瀕死になった少女が運び込まれ、カスティエルと手伝うことに。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパーナチュラル』シーズン14の第3話ネタバレ・結末の記載がございます。『スーパーナチュラル』シーズン14の第3話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一方、ジョディと合流したディーンとサムは、3つの猟奇事件現場を結んだ場所を重点的に捜索します。森の奥で切断された3つのヴァンパイアの首を発見。

ジュディは、これまでの遺体を銀や死人の血等超自然的存在が犯人であれば反応するあらゆる方法で試し、その可能性が排除され人間の仕業と判断した経緯を説明します。

そこへ長い槍を持ったカヤのドッペルゲンガーが3人を襲撃。しかし、途中で攻撃を中止し足早に逃走します。顔に殴られた痣を見たサムは、彼女も追われる側で、自分達を人間だと気づいて殺さなかったと推論を立てます。

残る足跡を辿ったディーン達3人は山小屋へ到着。隙をついてドッペルゲンガーを拘束します。

彼女は、カヤと同じドリームキャッチャーとして他の世界で生まれましたが、カヤと特殊能力を通じて繋っていた縛りを断とうとした際に誤って彼女を死なせてしまったことを認めます。

そして、彼女の持つ槍だけが唯一脅威だと知ったマイケルが送り込むモンスターを狩っていると説明します。

マイケルに対する恨みに駆られるディーンは、無理矢理に槍の隠し場所を聞きだそうとします。サムとジョディは、まだ若い女性である彼女に手荒な方法もいとわないディーンの行動に眉をひそめます。

自分の欲しい物を得る為なら脅しや暴力もお構いなしの態度はマイケルと同じであり、その怒りはマイケルを恐れているからだとドッペルゲンガーに見透かされたディーンは、やっと我に返ります。

マイケルは、近く勃発する戦争に備えて軍を編成。槍を渡して自分が率いる勝ち組に加われば命は助けるとドッペルゲンガーを脅しますが、彼女は拒否して反撃。その時にマイケルの肩を刺したと話します。

そこへドリームキャッチャーの臭いを嗅ぎ付けたウェアウォルフが襲撃。従来の弱点は全く効きません。

苦戦するディーンはドッペルゲンガーを縛っていた椅子を撃ち拘束を解きますが、彼女は窓から逃走。

ジョディが腕を折られ、怪力を持つウェアウォルフに抑え込まれた兄妹を、戻って来たドペルゲンガーに救われます。

マイケルにとって脅威となる槍を持つ限り危険が付きまとうとサムは忠告しますが、彼女は覚悟の上だと言い残し姿を消します。

バンカーへ戻る車中、ディーンは、自分がマイケルに体を差し出した為に、自由になったマイケルが軍を作って戦争を始めることを怯え、罪悪感に苛まれていることを初めてサムに明かします。

一方、バンカーに残ったジャックは、少女の命を助けることに大きく貢献。父親代わりのカスティエルは、一人前のハンターになる心の準備は出来ていると褒め、ジャックは自信を持ちます。

咳き込むジャックを見て心配するカスティエルですが、人間となり初めての風邪を引いたとジャックは答えます。

カスティエルが居なくなると、またジャックは咳き込み吐血。ゴミ箱には血で赤く染みたティッシュがたくさん捨てられていました。

ドラマ『スーパーナチュラル』シーズン14の第4話ののあらすじとネタバレ

オハイオ州、セーラム。10月29日。
コミック店の店員・スチュワートはアニメのフィギュアに襲われます。

1週間ほとんど部屋から出ずにピザを食べながらホラー映画を観ているディーンを心配したサムが様子を尋ねます。

以前はプライベードな空間だったバンカーは馴染みの無い人で溢れ、マイケル関連の手掛かりも無いことから、ディーンは少し部屋にこもりたくなったと答えます。

サムは、ディーンが好きな80年代のアニメキャラクター・サンダーキャッツのフィギュアに襲われたと訴える被害者の動画を見せ、事件へ関心を持たせることに成功。

ベッドからガバッと起き上がったディーンと一緒に調査へ向かいます。町はハロウィンを前に飾り付けがされており、コスチュームを着た子供たちが通りを歩いています。

動画をアップロードしたスチュワートは、ビデオは編集したもので事件は起きていないと主張。

保険会社の調査員を装ったディーンとサムは、病院で手当てを受けたスチュワートの記録を既に調べており、かなりの傷を負っていたことについて質問します。

するとスチュワートが怒りだし、2人は仕方なく一先ず退散し外で張り込みをすることに。新米ハンターから電話を受けたサムは、羊の血を見つけて対処するようアドバイス。

そこへ、血だらけのスチュワートが助けを求めて家から出て行きます。

サムがスチュワートに対応する間、ディーンは銃を抜いて家の中へ。床の血痕を辿り地下の部屋へ来たディーンに、突然電気のこぎりが飛んできます。

兄弟はスチュワートを病院へ搬送。ディーンは、地下の部屋で電磁波の周波数が跳ね上がったことをサムに伝え、2人は悪霊の仕業と結論。

ディーンは病院に残り、サムは付近の聞き込みをする為、兄弟は二手に分かれます。

スチュワートが働くコミック店を訪れたサムは、同僚の女性から最近店主のジョーダンが病気で亡くなったと聞かされます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパーナチュラル』シーズン14の第4話ネタバレ・結末の記載がございます。『スーパーナチュラル』シーズン14の第4話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジョーダンは、店の品を盗んだスチュワートを2回に渡って解雇しており、店主はその女性に店を譲渡していました。

スチュワートはコミックが大好きで友人でもある為、再雇用したと彼女は説明。話を聞いていたサムは、店のガラスケースが凍り付くのを目撃。店内に飾ってあった手斧を持つ等身大のフィギュアに攻撃されます。

一方、病院では、スチュワートのお見舞いに来た友人とディーンは、好きなホラー映画で意気投合。マニアなトピックで話が盛り上がります。

サムから電話を受けたディーンは、ジョーダンがそのホラー映画で手斧を持って暴れまくる等身大のフィギュアに憑りついていると知らされますが、大好きなキャラクターに会えると思い興奮。

スチュワートと彼の友達を塩を撒いた結界で守り、ディーンはジョーダンの霊を探しに行きます。

同じ頃、サムは、フィギュアに熱中するスチュワートが店の商品を未だに盗み続けて亡きジョーダンの怒りを買ったことに気づき、店主が生前使っていた店の鍵を持ち歩いていたスチュワートが行く先々で攻撃を受けたと知ります。

ディーンは、襲ってきた処刑人のフィギュアと格闘。駆けつけたサムは、ジョーダンが鍵を使って移動しているとディーンに伝えます。

ディーンが投げて寄こした鍵を消毒用アルコールと一緒に容器に入れたサムは、ライターで点火。ディーンを羽交い絞めにしていたフィギュアは燃え上がり、悪霊化したジョーダンは葬られます。

事件を解決した兄弟は帰路に着き、ディーンは、自分を連れ出してくれたサムに感謝。いつものディーンの表情を見たサムは、一先ず安心します。

ドラマ『スーパーナチュラル』シーズン14の第5話のあらすじとネタバレ

ディーンの不在中、パラレルワールドから連れて来たメンバーの指揮に当たっていたサムは、彼等がハンターとしてこの世界で生きられるよう様々な取り組みをしていました。

その内の1つが調査へ出掛けたハンター達に定時連絡を義務付けることです。しかし、マギーという見習いハンターの若い女性が連絡を入れていないことにサムは気づきます。

マギーが所持していたカメラから自動でアップロードされた動画を見ると、グールらしきモンスターに襲われている様子が映っています。

しかし、グールは通常生きた人間を捕食しない為、敵の正体が分からないまま、ディーンとサムは現場へ急行。

オクラホマ州の私有地に在る墓地に到着した兄弟は、史実上重要な土地と市が認定を検討していると作り話をして所有者に面会を求めます。

応対に出て来たニールは、同僚も先に来ていると話します。メアリーとボビーを見て驚くディーンとサム。

メアリーは、最初の狩りで神経質になっていたマギーを補佐していましが、途中で連絡が途切れた為、心配してボビーと探しに来たとサムに説明。

ニールは、所有者はハリソンで、自分は彼の看護師であると言います。

ベッドに寝かされて輸血を受けるハリソンの顔を見たディーンは、マギーを襲った敵だと分かります。

ニールがハリソンは脳卒中を患ったと話している所へ、ハリソンの娘・サーシャが帰宅。しかし、サーシャは長くハリソンとは疎遠で事情は何も知りません。

怪物の正体が掴めないまま、4人は二手に分かれて広大な敷地内を捜索する事に。ディーンは山小屋で遺体を発見。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパーナチュラル』シーズン14の第5話ネタバレ・結末の記載がございます。『スーパーナチュラル』シーズン14の第5話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一方、メアリーは、最近ハンターの仕事にのめり込むボビーが何か悩みを抱えているようだとサムに相談。

2人が親密になっていることに気づいていたサムは、ボビーを思うならもっと踏み込んで話を聞いてあげるようアドバイスします。

途中、メアリーは、ハンターが調査の為に持ち歩くFBI等複数の偽造身分証が入った財布を発見します。

屋敷へ戻った4人は、謎の敵がハンターを狩っていると結論付けます。そして、邸宅内を探っていたサムが鎖で繋がれたマギーを見つけます。

そして、ディーンは自分が過去に全く同じ目に遭ったことを思い出し、ハリソンが輸血を受けているのではなく、血を抜かれていることに気が付きます。

ニールの正体はジン。ニールは、ハンターを多く殺せばアップグレードするとマイケルが約束したことを話します。

ディーンを掴んで毒を送り込もうとしたニールは、ディーンの思考を読む途中で怯えだします。ディーンはその隙に鈍器でジンの急所である頭を狙って撲殺。

ハリソンの体に刺さる針を抜いたディーンは、体内の毒が抜ければ回復するとサーシャに話し、父娘関係を修復できるチャンスかもしれないと言葉を掛けます。

バンカーに戻って来たマギーを見て、皆が抱き合って喜びます。その光景を見たディーンとサムは、マイケルの陰謀を知りつつも、マギーを無事取り戻した1つの勝ちを噛みしめます。

その頃、ボビーは、パラレルワールを支配していた天使に殺された息子の死を乗り越えられず、苦悩していたことをメアリーに打ち明けます。ボビーを心配するメアリーは息子達に相談。

サムは、保安官でありハンターでもある旧知のドナに連絡。ドナが所有するキャビンをメアリーとボブに提供すると話しが付き、ボビーが落ち着くまでメアリーも一緒にバンカーを離れることになります。

ウィンチェスター兄弟は、マイケルが多くのモンスターを改良して軍を編成していることを他のハンター達に伝えて警戒を促します。

シーズン14の第3話~5話に登場する超自然的存在


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ウェアウォルフ

ウェアウォルフ(狼男)に関し諸説ありますが、古代ギリシア神話にも登場する伝説の生物です。

ゼウスを怒らせたアルカディア王・リュカーオンは狼男に変えられたと言われています。また、北欧の民話にも出てくる超自然的存在でもあります。

弱点はずばり銀。ウィンチェスター兄弟や他のハンターは銀を含む弾や刃物を使って撃退します。

日本でも人気を博した『ヴァンパイア・ダイアリーズ』では、トリカブトも弱点とされていました。

映画『アンダーワールド』(2003)はシリーズを通してウェアウォルフを描き、マイク・ニコルズ監督&ジャック・ニコルソン主演のヒット映画『ウォルフ』(1994)もウェアウォルフを題材にしています。

日本では馴染みが無いように思えますが、実は怪談百物語の第6話で窪塚洋介が狼男に扮しています。

悪霊

日本でもよく知られた現生に恨みを残し彷徨う魂。ウィンチェスター兄弟が過去に何度も退治したキャラクターです。

その人が埋葬された墓地を掘り起し骨に塩を撒いて燃やすことが退治する方法。殺害された犠牲者の場合、死体が発見されていないケースもあります。

襲われた時は、鉄製の物を武器にして一時的に相手を消滅させることが可能。遺体が火葬されている場合は、その霊が移動に利用する物を探し出して焚焼します。

ジン

アラブ伝承の生物で、『スーパーナチュラル』に以前も登場した超自然的生物です。

人間に強烈な幻覚を見せる能力を保持。

触れるだけで人間に毒を盛り、その人の心を読んで望むファンタジーの世界に閉じ込めて昏睡状態にさせた後、吸血鬼の様に血を飲んで力を蓄えます。

弱点は頭。或いは、仔羊の血を塗った短剣です。

イスラム教の聖典・コーランにも登場し、アッラーの神が創造したとされています。イスラム教徒の話によると、悪さをするジンは人間に憑依するそうで、特殊な能力を持つ限られた聖職者だけがジンを祓えるそうです。

グール

死体の肉を貪るモンスター。食べた人間に姿を変えることが出来るシェイプシフトの能力もあり生前の記憶も手に入れます。

グールを倒すには、頭を潰すか切断するしかありません。

スポンサーリンク

サムの髭

実は髭を生やしたかったのは、ディーン役のジェンセン・アクレス。

プロデューサーに相談したところ、シーズンの始めはマイケルを演じる為イメージに合わないとしてNG。それを聞いたサム役のジャレッド・パダレッキが髭を生やすことに決めました。

というのも、ドラマの放送を開始した2005年から14年間役柄の都合上髪形を自由に変えられないでいるジェンセンとジャレッドは、少し違うスタイルを試そうとしたかったそうです。

ディーンとは異なり、サムは、ディーンの捜索や新しい仲間の育成で寝る間もないほど忙しく、髭を剃っている暇が無いとジャレッドは製作側を説得。

晴れて髭を生やすことにO.Kが出たのです。ディーンの台詞にもありますが、繊細な顔立ちのサムには似合ってないような…?イケメンは何をやってもイケメンです。

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

毎シーズン、コメディを数話挟む『スーパーナチュラル』。第4話は、普段マッチョに振舞うディーンのオタク振りが炸裂します。

ハンターという厳しい路を歩んで来たウィンチェスター兄弟ですが、普通の青年らしさが窺えるエピソードはファンにとって魅力的です。

次回はシーズン14の第6話から8話をお届けします。

ジャックの身に危険が…。そして、家族を殺害した犯人を追うニックに異変が…。チャーリーも登場します!

【連載コラム】『海外ドラマ絞りたて』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『陰謀のデンマーク』あらすじと感想。衝撃の展開から結末で伝えたダイレクトなメッセージ【ウラー・サリム監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭6

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・ウラー・サリム監督作品『陰謀のデンマーク』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、 …

連載コラム

『クレヨンしんちゃん』の監督原恵一の語りから作家性を考える|映画道シカミミ見聞録3

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第3回 みなさんこんにちは。森田です。 映画クレヨンしんちゃんシリーズや、『河童のクゥと夏休み』(2007)などの作品で知られる原恵一監督。 実は私が同郷で、大学の授 …

連載コラム

坂田貴大映画『クマ・エロヒーム』あらすじと感想。気鋭の監督が異色作で描いた現代社会の問題とは| SF恐怖映画という名の観覧車27

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile027 20代の新進気鋭の映画監督、坂田貴大が製作した12月22日(土)公開の最新映画『クマ・エロヒーム』(2018)。 今回は私たちの住む地球 …

連載コラム

映画『モーターギャング』あらすじネタバレと感想。アウトロー・バイカーの極道ムービーの系譜|未体験ゾーンの映画たち2019見破録44

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第44回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はバイクを操る、危険な男たちを描いた映画が登 …

連載コラム

映画『左様なら』あらすじと感想レビュー。少女の不在がもたらすものと“教室ごと”描く青春|銀幕の月光遊戯 38

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第38回 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された映画『左様なら』。 監督は本作が長編映画デ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP