Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『レッド・ホークス』あらすじと感想レビュー。男の友情が泣かせるトルコ製ミリタリーアクション!|すべての映画はアクションから始まる4

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第4回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第4回は、2019年11月8日(金)~14日(木)のヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「ワールド・エクストリーム・シネマ2019」にて公開されるトルコ製ミリタリー・アクション、『レッド・ホークス』です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『レッド・ホークス』の作品情報


(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

【日本公開】
2019年(トルコ映画)

【原題】
Can Feda(英題:To Die For)

【監督】
チャアタイ・トスン

【キャスト】
ブラック・オズチビット、ケレム・バーシン

【作品概要】
紛争激しいシリアを舞台に、トルコ軍特殊部隊員の死闘を描くミリタリー・アクション。

トルコ軍が撮影に全面協力したという、リアルな戦闘シーンが見ものです。

主なキャストは、テレビドラマシリーズ『オスマントルコ帝国外伝~愛と欲望のハレム~』にも出演するブラック・オズチビットに、『シャークトパス』(2010)のケレム・バーシン。

監督は、母国トルコでテレビドラマを多数手がけてきた実績を持つチャアタイ・トスンです。

本作は、2019年11月8日(金)~14日(木)にヒューマントラストシネマ渋谷で開催される「ワールド・エクストリーム・シネマ2019」にて、日本初公開となります。

映画『レッド・ホークス』のあらすじ


(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

内戦激しいシリア。

ここで紛争鎮圧に乗り出していたキリク大尉率いるトルコ軍特殊部隊“ホーク隊”は、絶体絶命の窮地に陥っていました。

その危機を救うべく、1機のトルコ軍戦闘機が敵部隊を爆撃、見事殲滅しますが、その爆風により機体に損傷を受け、墜落してしまう事態に。

パイロットが墜落したとみられる場所は、シリア国内でも屈指の武装テロ組織が支配する危険地帯でした。

そのパイロットが、幼少時からの友人であるオヌールだと知ったキリクは、安否が絶望視されながらも、軍司令部の反対を押し切り救出に向かうことを決意、テロリストたちの巣窟へと向かいます――。

スポンサーリンク

トルコ軍全面協力のミリタリー・アクション


(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

本作『レッド・ホークス』は、日本ではなかなか目にする機会が少ないと思われるトルコ製作の戦争映画です。

トルコは良心的兵役拒否すら認めない完全な男性皆兵制国家で、NATO加盟国第2位の兵員規模を誇ります。

それゆえに、キリク大尉役のブラック・オズチビットを筆頭としたキャスト陣も兵役経験があるため、銃の構えや動きもまさに本物。

撮影もトルコ軍が全面協力しており、使用する兵器も本物なら爆破も本物という、徹底したリアルテイストで製作されているのが特徴です。

参考動画:『レッド・ホークス』メイキング

“軍事大国トルコ”アピールのプロパガンダ映画?


(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

本作の背景にあるトルコ及びシリアの関係について、ここで大まかな説明を。

両国は、歴史的にシリア地域ながら現在はトルコ領となっているハタイ県の帰属をめぐる係争などから、長らく緊張関係が続いてきました。

なかでも重要なのは、シリアをはじめトルコやイラクなど中東各国に分布する世界最大の民族クルド人との対立です。

自治・独立を訴えるクルド人を歴史的背景から長らく否定するトルコは、シリア内戦に介入。

シリア北部で勢力圏を確立しつつあるクルドの民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を、過激派組織「イスラム国(IS)」と同じテロリストと断定して攻撃しており、アサド政権に反発しYPGとも対立する「自由シリア軍」を支援しています。

劇中で「我々はアル=バーブの紛争を止めに来た」というホーク隊員のセリフがありますが、これは2017年2月に、ISが占拠していたトルコ国境に近いシリア北部の都市アル=バーブを、トルコ軍と自由シリア軍が奪回した「ユーフラテスの盾作戦」を指します。

つまりこれは、同じくISの掃討に当たっていたクルド側より早くにアル=バーブを奪回したことで、クルド側の勢力拡大を阻止するという狙いなのです。

また、ホーク隊隊長のキリクは、トルコ国内でISが仕掛けたと思われる爆破テロで、妻子を失っているという設定があります。

以上のような事情から、本作はトルコの立ち位置を国内外にアピールした、プロパガンダ要素が強い作品となっています。

(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

第二次大戦時は、日本やナチスドイツ、アメリカなどで戦意高揚を目的に作られてきたプロパガンダ映画。

現在でも形を変えて製作されており、アメリカ製ミリタリー・アクション『ネイビーシールズ』(2012)などは、米海軍特殊部隊ネイビーシールズのPRを目的としたプロパガンダ映画です。

ただ、架空の麻薬テロ組織が敵だった『ネイビーシールズ』に比べ、本作では遠巻きながらも、ISやYPGといった実在組織を敵対勢力として描いているのがポイント。

2019年10月には、クルド人の大規模な排除を目的に、トルコ軍がシリア北部の複数の町を制圧したことで、クルド側を支援するアメリカが非難声明を出したばかり。

ミリタリー・アクションながら、内実は現在進行形の民族紛争を描いているのです。

スポンサーリンク

ヒロイックな男の友情が泣かせる


(C)2018 & TAFF Pictures & BRKS Productions

デリケートな問題をテーマにしている本作『レッド・ホークス』ですが、アクション映画としての見どころはしっかり抑えています。

明らかに勝算がないながらも、死を恐れずに仲間を救いに行こうとするホーク隊の勇姿は、観ていてテンションが上がります。

また、悲しみを抱えつつも、頼もしいリーダーぶりを発揮するキリクの姿にも注目したいところ。

爆破シーンなどもCGに頼らない本物の迫力を追求したトルコ製ミリタリー・アクションを、お見逃しなく!

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

おすすめホラー映画専門の動画配信【OSOREZONE オソレゾーン】ゾンビ映画やホラーコメディを厳選6作紹介|SF恐怖映画という名の観覧車39

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile039 オリジナル作品に特化した「Netflix」や、各国のドラマ作品を多く配信する「Hulu」、そして最新作をいち早く提供する「U-NEXT」 …

連載コラム

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』感想レビューと考察。ヌーヴェルヴァーグのミューズに捧ぐフィルム式ラブレター|だからドキュメンタリー映画は面白い48

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第48回 革命のミューズにして、ヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの軌跡。 (C)Les Films du Sillage &#8 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第3講「悲劇的な知について:ヤスパースの悲劇論からコーエン兄弟作品を見る」

講義「映画と哲学」第3講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第3講では、ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンの兄弟監督の『ブラッド・シンプル』(1984)をは …

連載コラム

映画『タロウのバカ』感想とレビュー評価。大森立嗣監督が元々はデビュー作として構想した20年越しの力作|メランコリックに溺れたい1

はじめまして、こんにちは。 このたび、Cinemarcheで新コラム「メランコリックに溺れたい」を始めることになりましたライターの近藤です。よろしくお願いします。 映画の好みは人それぞれですが、最近話 …

連載コラム

映画『ティーンエイジ・パパラッチ』感想とレビュー評価。13歳少年が手にしたカメラが過熱セレブリティの実像を活写|だからドキュメンタリー映画は面白い35

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第35回 少年パパラッチが、お騒がせセレブたちに突撃取材! 今回取り上げるのは、2010年にアメリカ公開されたドキュメンタリー映画『ティーンエイジ・パパ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP