Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/15
Update

映画モンスターランナー怪物大戦争|ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末まで怪獣とSFを陰と陽の世界で描く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録33

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第33回

世界各地で誕生する、様々なジャンルの映画も紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第33回で紹介するのは『モンスターランナー 怪物大戦争』。

映画やゲームに登場するモンスターたち。様々な設定を与えられて姿を現します。そんな怪物と人知れず闘う、ハンターたちが存在する。今やお馴染みの設定と言って良いでしょう。

そんなファンタジーやSF要素を持つ、アドベンチャー・アクション映画が中国で誕生しました。ハリウッド映画の雰囲気に、東洋的な要素を併せ持った本作の世界観は実にユニークです。

日本で度々映画化された”妖怪大戦争”にも似た、ファン必見の中国版”モンスターハンター”映画を紹介します。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『モンスターランナー 怪物大戦争』の作品情報


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(中国映画)

【原題】
怪物先生 / Monster Run

【監督・脚本】
ヘンリー・ウォン

【出演】
ショーン・ユー、ジェシー・リー、クララ・ウェイ、トゥメン

【作品概要】
平行世界として存在する人間界と怪物界。2つの世界の均衡が破れ、怪物が人間界に現れた時にモンスターハンターが参上。1人の少女とおちこぼれハンターの活躍を描いたアドベンチャー・アクション映画です。

監督・脚本はSFXの分野で活躍し、『全力スマッシュ』(2015)で共同監督を務めたヘンリー・ウォン。主演は『誰がための日々』(2016)や『狂獣 欲望の海域』(2017)のショーン・ユー。

ヒロインを演じるのは『陰陽師 とこしえの夢』(2021)のジェシー・リー。『レディクンフー 激闘拳』(1980)など、香港カンフー映画でアクション女優と活躍したクララ・ウェイ、『草原の女』(2000)のトゥメンのベテラン俳優が共演しています。

また本作の音楽は、様々な国で暮らして成長し香港に在住し、映画やゲームの音楽で国際的に活躍している波多野裕介が手がけました。


映画『モンスターランナー 怪物大戦争』のあらすじとネタバレ


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

人の目には見えませんが、この世には無数のモンスターが存在しています。気が付かないうちに出来た、ちょっとした切り傷は小さなモンスターの仕業なのです…。

チーモウことレイ(ジェシー・リー)は幼い頃から、モンスターの姿が見えていました。しかし誰も彼女の話を理解せず、妄想症と診断されます。今も精神科医に通う彼女は、怪物たちが見えないふりをして生活していました。

今は普通の人と同じ様に振る舞って、スーパーマーケットに職を得て1人で生活しているレイ。

深夜のスーパーに勤務中のレイに、モンスターの気配が感じられますが同僚たちは何も気付きません。店長に人気の無い駐車場でのチラシ配りを命じられると、1台の車が現れます。

車から降りた男モン(ショーン・ユー)に宣伝文句を並べるレイ。そんな彼女に強い口調で、自分は”モンスターハンター”だと伝え、これから起きる出来事は忘れろと告げるモン。

モンは店内に入ると紙飛行機を飛ばします。周囲の気温は異常に下がり、レイは凍って倒れている同僚の姿を目撃します。スーパーの売り場の一部は凍結していました。

モンが飛ばした紙飛行機は、折り紙の人形に姿を変え言葉を発します。モンに仕える式神(陰陽師など術者に仕える鬼神)のシーアン(紙人)は、レイには自分の姿が見えると驚きます。

警察を呼ぼうというレイに、怪物が出たと話すのかと言うモン。彼はレイに逃げるよう言い、床にマジックで魔法陣のような絵を描きました。そして店内に雪男のようなモンスターが現れました。

うるさく喋りつつ飛び回り、雪男を翻弄して誘導する紙人のシーアン。怒った雪男が吠えると、店内に吹雪が巻き起り陳列された商品が飛ばされます。

モンは呪文を描いた紙を丸めて弾にして、専用の銃で発砲して怪物に命中させても効果はありません。雪男に捕らえられたモンを救おうと、大きな紙に乗り移り等身大の紙人になるシーアン。

勇ましく雪男を殴るシーアンですが、しょせん紙に過ぎず何の効果も無く、雪男に引き裂かれます。慌てて逃げ出すシーアンは、追って来る雪男を魔法陣に誘い込みました。

雪男は逃れられません。しかしモンの描いた魔法陣が不完全なのか、モンスターの力が勝ったのか、雪男は術を破り襲ってきます。モンスターに飛びつき、術を描いた紙を貼り付けるモン。

その効力で雪男は石化し粉々に砕け散ると、手に収まる美しいクリスタルの結晶に姿を変えます。モンはポケットに収めますが落しました。

一部始終を目撃したレイは、自分が目にして誰にも理解されなかった世界は、やはり現実だと理解しました。しかしモンは彼女を残し、式神のシーアンと共に去っていきます。

彼女は落ちていたクリスタルを拾います。彼女がその結晶を眺めると、視線の先に人間界と怪物界をつなぐ世界と、怪しげな雰囲気を漂わせるレンファ夫人(クララ・ウェイ)の姿が映し出されました。

レイを残して立ち去ったモンに、紙人のシーアンはモンスターや自分を見ることが可能な、レイの持つ能力について話します。しかし興味を示さないモン。

レイはアパートに帰ると部屋に入れません。スーパーマーケットの騒ぎは同僚たちには、全て彼女の仕業と思われていました。アパートの大家は騒ぎを知って彼女を追い出したのです。

やむなく母に電話をしますが連絡はつきません。子供の頃から怪物が見えると訴えるレイに、母は疲れ果てある日彼女を残し姿を消していました。

モンスターが姿を変えたクリスタルを買い取りに、モンの家に売買を仕切る女シャーリンが現れます。しかし先程のクリスタルが無いと気付くモン。雪男のクリスタルは、人間界と怪物界をつなぐゲートを動かすほどのエネルギーを持つものです。

クリスタルを扱うシャーリンはモンのハンターとしての能力は、亡き彼の兄アチェに及ばないと判断していました。その言葉に何の反応も示さないモン。

アパートから追い出されたレイは、荷物を手にあても無く夜の街を歩きます。怪しい気配に気付いた彼女は、自分は両生類のようなモンスターの群れに追われていると気付きました。

彼女は荷物を捨てて逃げますが、路地の奥に追い詰められます。もはやこれまで、という時にモンが現れレイを助けます。しかしモンスターの数は多く、家の屋根に逃れる2人。

しかし怪物の群れは追ってきます。レイの身に危険が迫った時、モンスターたちが逃げ出しました。モンと同じモンスターハンターたちが現れたのです。

彼らは次々怪物を始末しますが、助けたモンを半人前のモンスターハンターに過ぎないと責め立てます。彼らから見れば今は亡き優れたハンター、アチェの弟モンは実力不足のお荷物に過ぎません。

帰ろうと車に乗ったモンの前にレイが現れ、スーパーで拾ったクリスタルを渡しました。家族がいるかと聞かれ、今までの経緯を話したレイは、自分をモンスターから救って欲しいとモンに訴えます。

自分にそんな能力は無いと断ったモンですが、孤独な彼女の境遇に同情したのか自宅に連れ帰りました。

同じ頃レンファ夫人は腹心の部下スペードに、探し求めた娘レイはモンと共にいると告げていました。レイは自分がモンスターたちを従えるのに必要で、最強のクリスタルが手に入れば人間界と怪物界をつなぐ門を開けると話すレンファ夫人。

翌日モンはレイを連れ、子供たちに慕われているピングおじさん(トゥメン)の雑貨店を訪れます。にこやかに接客するピングが、店の奥の部屋で車椅子から降りると、その下半身は4つ足の獅子の姿をしていました。

あなたはモンスターか、と訊ねたレイに、人間界と怪物界からなる世界は、陰と陽のように不可分な平行世界であり、秩序を保って存在していると話すピング。しかし人々はそれを知らず、モンスターを見ることも出来ません。

人間界に現れた凶暴なモンスターは、太古からモンスターハンターが倒しクリスタルに変えて、怪物界に送り返していました。

モンスターを見る能力を持って生まれたレイは、その力が原因なのか怪物たちを引きつけていました。今から3日後、人間界と怪物界をつなぐ門が開く時、レイがその場にいれば絶大な力を得て、新たな門の主人になると語るピング。

そんな力を持つレイは狙われて危険だ、と言葉を続けます。彼女を狙うのはレンファ夫人。彼女は両世界をつなぐ門の現在の主人で、その役割をレイに譲る意志はありません。

強力な力を操るレンファは、最高のハンターでも倒すことができません。モンはレイの身を守るために、彼女をピングおじさんの元に連れて来たのです。

この部屋は血紋を記した札の力で守られていました。レイは眠っていたモンに血紋を貼り怪物から守ろうとしますが、彼はその力に耐えられ得ず悲鳴を上げます。自分の軽率な振る舞いを詫びるレイ。

ピングはモンに彼女を連れて家に帰り、3日間外に出さないように告げます。2人を帰した後、私を失望させないでくれとつぶやくピング。

モンはレイを車に乗せ走らせますが、目の前に同じ光景が繰り返されていると気付きます。モンはレンファ夫人の部下スペードが操る鎖に縛られます。紙人のシーアンはループ空間の罠だと叫びます。

柱が林立する駐車場のような空間は、過去の自分たちが乗る車で溢れました。身動きがとれないモンに代わり、レイがハンドルを操り衝突を避けました。

モンの車には術をかける血紋を記した紙が貼ってあります。シーアンは外に出て紙を剥がそうと試みますが、スペードが火を吐くモンスターと共に襲ってきます。

目の前で過去の車が事故を起こし炎に包まれます。レイが避けようとハンドルを切るとバランスが崩れます。式神のシーアンの活躍でループ空間から抜け出たものの、車は横転しました。

助手席で意識を失ったレイに、彼女をつけ狙うスペードが迫ってきます…。

以下、『モンスターランナー 怪物大戦争』のネタバレ・結末の記載がございます。『モンスターランナー 怪物大戦争』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

折り紙の式神である紙人シーアンの活躍と、自作の銃で反撃したモンによりレイは救い出されます。自宅に逃れたモンは術を使い部屋を異空間に移し、玄関の扉をシーアンを使って封印し侵入に備えます。

モンは1人で暮らす部屋の洗面所は透明のビニールカーテンで仕切られただけ、予備のベットもありません。やむなくレイはソファで眠ります。ここでレンファ夫人の力が弱まるまでの3日間を過ごさねばならないレイ。

ごく普通の人間でしかない自分が、レンファに追われる理由をレイはピングおじさんに尋ねていました。それは運命であり、自分自身を信じて対処するしかないと答えるピング。

レイが目覚めた時、洗面所を仕切るカーテンは目隠し出来るものに変わっていました。そして彼女の周囲には、身を守る血紋の護符が置かれています。

扉を守るシーアンは、口数が少なく不器用なモンが彼女のためにカーテンを交換し、護符を用意したと教えます。彼の心遣いに気付いたレイに、モンの過去を教える紙人のシーアン。

モンの兄アチェは、誰もが認める優れたモンスターハンターでした。その兄を失って以来彼は1人で暮らしていました。モンが壁に描いた絵を通して、兄弟の過去の姿をレイは目の前の出来事として体験します。

幼い頃から仲の良かったモンと兄アチェ。レイが感じた過去の兄弟の世界の中で、成長したアチェが彼女に弟の友人かと尋ねます。よく判らないがモンの手で3度救われた、と答えるレイ。

モンに自分の過去を話したレイに、先ほど彼女が会ったのは兄で、優れたモンスターハンターだったが死んでしまったと告げるモン。兄は自分にも優れたハンターになって欲しいと望んでいた、と語ります。

しかし自分は才能に恵まれず、兄のようには成れないと寂しげに話すモン。兄は最期に人間界と怪物界をつなぐ門の近くに、強大な力を秘めたクリスタルを残したと言いました。

そしてレイに、母親が生きている内に一度話しておくべきだと語ります。その言葉を聞いて、お兄さんのクリスタルを一緒に探そうと告げるレイ。

2人は共に暮らし互いを理解していきます。レイはモンから術や怪物を倒す武器について学び、モンは彼女にモンスターと交流し従える能力があると気付かされます。

同じ頃、ピングおじさんの店をレンファ夫人が訪れていました。彼にレイとモンの行方を尋ねるレンファ。答えないピングを術で眠らせると、モンの部屋を隠した封印が揺らぎました。

突然レイの元に病院から電話がかかってきます。入院中の母がぜひ会いたいと望んでいると聞かされ、動揺するレイ。

部屋を守る紙人のシーアンは3日間外に出てはいけないと言い、外にはレンファ夫人の手下スペードが待ち構えていると警告します。

どうすべきかモンが悩んでいると、レイの目が妖しく光り輝きました。すると部屋の壁が破れ、そこからイソギンチャクのような怪物が姿を現します。

レイが迷宮怪物、空間と空間をつなぐモンスターを召喚したと、シーアンは驚きました。このモンスターの力で、部屋とレイの母が入院している病院がつながったと説明するシーアン。

チーモウことレイが怪物を操る能力は、さらに強く成長していました。モンとレイは迷宮怪物がつないだ空間を進み、病院へと向かいました。

病院に到着し母と再会したレイ。その姿を見てモンも安堵しますが、突然彼は病室と切り離されます。やはりレンファ夫人の罠でした。レイの前に現れたレンファは、あなたを助けるために来たと告げます。

モンからレイの姿は見えません。式神のシーアンを紙飛行機にして飛ばし、周囲を探らせるモン。レイは車椅子の母を連れ逃げようとしますが、レンファは怪物がいると訴えても理解せず娘を叱った、過去の母の姿を思い出させます。

母に責められた記憶がレイの力を暴走させます。病院の空間は破壊され揺らぎ、レンファ夫人の部下スペードは、紙人のシーアンを倒していました。レイを探し求めるモンに襲い掛かったスペード。

お前はその力で常にモンスターを呼び寄ていた。制御できない能力で怪物を目撃し苦しんでいたと、あざ笑いながらモンスターに侵食された光景をレイに見せつけるレンファ。

レイの能力は人々を危険にさらし、世界を破壊するものだと言葉を続け、どうすべきか答えはでているとレンファは責め立てます。その言葉を聞いたレイは思わず涙を流しました。

モンを圧倒したスペードは術の力で、彼の左手首から先を焼き灰にしました。モンは苦痛にあえぎ、レイはお前を苦悩から救うとささやくレンファ夫人の言葉に惑わされます。

そしてレイは、レンファに連れられ人間界と怪物界の門の近くにある部屋に誘われます。敗北したモンを嘲り、彼の前から姿を消したスペード。

シーアンの灰は宙を舞い空間を越え、今も眠っているピングおじさんに呼びかけます。目覚めた彼は倒れたモンの前に現れました。そして2つの世界を隔てる門に向かうレイとレンファ。

レンファ夫人はレイと共に、複雑に組み合わさった門を操作します。ピングの部屋に運ばれたモンは、自分は破れて左手と式神のシーアンを失ったとつぶやき、レイと過ごした時間を思い出していました。

打ちのめされたモンに、彼女はまだ諦めていないと言い聞かせるピング。その言葉通り部屋に迷宮怪物が現れました。レイはレンファに従いながらも、モンが自分を救うことを望んでいたのです。

迷宮怪物が作った通路を進むモンに、ピングが術をかけます。紙人のシーアンの灰は宙を舞って集まり、武器となる新たなモンの左手を形作ります。モンは今、人間界と怪物界をつなぐ複雑な門の中にいました。

レイの心が拒んだおかげか、門は動きを停めました。常に孤独だったレイを運命から解放する、お前の力は私が引き受けると告げるレンファ夫人。そしてモンの前に立ちふさがるスペード。

レンファが2つの世界をつなぐ門を開いたことで、多くのモンスターが人間界に押し寄せていました。ハンターたちは世界を救おうと奮闘しますが、迫り来る強力な怪物に苦戦していました。

モンは新たに得た左腕を武器にスペードに挑みます。レイが自分に逆らいモンの助けを求めることは、彼に死をもたらすだけだと囁くレンファ。その言葉を聞いた彼女は倒れ、門は再び動き始めます。

レイの元に向かおうとして、スペードの攻撃に阻止されるモン。彼はこの場所に兄が残した最強のクリスタルがあると気付きます。同時に気付いたスペードと結晶の奪い合いになります。

格闘となった時に、モンの左腕を形作るシーアンの灰がスペードの腕を覆います。2人はクルスタルを求め、複雑な動きをする門を駆け抜けました。ジャンプしてクリスタルを先に手に入れたスペード。

それを見たモンは笑います。スペードの腕を覆った灰がモンに戻り、同時にクリスタルに触れて得た力もモンに移ります。そしてスペードの立つ場所にはモンが魔法陣を描いていました。

その場から逃れられないスペードは、複雑な動きを見せる門の衝突に巻き込まれ、砕け散り姿を消します。

しかし人間界でハンターたちは、モンスターの脅威に圧倒されていました。倒れているレイの前に現れたモンに、絶大な力を得たレンファ夫人が立ちふさがりました。

激しく攻撃するレンファですが、その攻撃に耐えるモン。彼女はモンが最強のクリスタルの力を獲得したと悟ります。

しかし門が開いた今、レンファ夫人の持つ力は強力でした。目の前に倒れているチーモウことレイに、立ち上がって戦おうと呼びかけるモン。

その声は目の前のレイではなく、時空を超えスーパーマーケットで働いていた時の彼女に聞こえていました。あの時彼女がモンスターの気配と感じたものは、未来からのモンの声だったのです。

その声を支えにモンと行動を共にしていたレイ。彼女は立ち上がるとレンファ夫人に立ち向かいます。そして雪男のモンスターが出現し彼女を助けました。

自分は孤独ではないと宣言した彼女に、必死に攻撃を加えるレンファ。しかし新たな門の主人となる運命を持ったレイにはかないません。

レンファ夫人はレイに敗れ去ります。レンファに操られ人間界を襲撃したモンスターは力を失い、ハンターたちに始末されます。モンとレイがついに勝利したと悟るピングおじさん。

運命に打ち勝ったモンとレイ。レイは自分に従ってくれた雪男のモンスターを結晶に変え、怪物界に送り返します。こうして人間界と怪物界の2つの世界は、秩序を取り戻しました。

人の目には見えませんが、この世には数多くのモンスターが今も存在しているのです。蘇った式神、紙人のシーアン(ペーパー)のすぐ側にも…。

スポンサーリンク

映画『モンスターランナー 怪物大戦争』の感想と評価


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

並行世界を描いたSF的設定を持ち、どこか愛嬌のある妖怪風の怪物たちが登場する本作。ハリウッドのファンタジー映画を思わせながらも、対決する人間は道士か陰陽師といった、東洋的雰囲気を漂わせて大活用します。

西洋と東洋の映画趣味が融合した本作。今やトレンドであるタイムループの描写や、『ドクター・ストレンジ』(2016)を思わせる平行世界をつなぐ、視覚的に工夫をこらした「門」の映像。

そしてクライマックスで主人公の語りかける言葉が、過去のスーパーマーケットの商品棚のヒロインに聞こえている。これは『インターステラー』(2014)の「本棚の幽霊」シーンと同じだ、とSF映画ファンはニヤリとしたはずです。

元ネタを指摘して批判している訳ではありません。ハリウッド映画の面白い要素を貪欲に取り入れ、ストーリー的にも技術的にも破綻なく組み上げ、娯楽映画として完成させる中国映画の実力を示す実例と考えて良いでしょう。

原作はアメリカのヤングアダルト小説


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

クレジットで紹介されていますが、この映画の原作はアメリカの作家、A・リー・マルティネスが2009年に発表したティーン向け小説の「Monster」。スーパーで働く女の子が、モンスターを退治する機関のエージェントに協力するハメになる、というSFファンタジー小説です。

いかにもライトなお話は、中国でキョンシーや幽霊と対決する道士が活躍する物語と融合します。その結果東洋的世界観で描かれたファンタジー映画となりました。このローカライズを欧米の映画ファンも好意的に受け止めています。

同時に映画は親子や兄弟の絆に訴え、因縁や宿命に向き合う物語になりました。引きこもり気味で周囲の冷たい扱いに反論しない主人公と、精神的に虐めぬかれ涙を流すヒロイン。湿っぽく明るさに乏しい展開に感情移入できるかどうかで、評価は大きく分かれるでしょう。

以上の説明でお判りの通り、本作にはティーンエイジャーが身近に感じる孤独と挫折が描かれています。それを乗り越える達成感はありますが、エンタメ映画としては妙に暗く真面目なムードが全編に漂います。

唯一のコメディリリーフ的存在、折り紙で出来た式神の紙人ことシーアン(単にペーパーとも呼ばれます)が人気になるのも判ります。我々には「陰陽師」関連の作品でお馴染みの式神、紙そのままの姿で活躍する姿は、欧米では斬新なものとして人気なようです。

香港映画の魅力が中国映画としてスケールアップ

参考映像:『レディークンフー 激闘拳』(1981)

本作の監督は香港出身のヘンリー・ウォン。そして主演のショーン・ユーは、香港ノワール映画を代表する『インファナル・アフェア』(2002)3部作で、トニー・レオンの若き日を演じた事をご存知の方も多いでしょう。

香港出身の映画人が活躍する本作。しかし特殊効果出身の監督の作品ゆえか、カンフー映画の7要素は控えめです。むしろハリウッド的アクション、CGを主体とした見せ場が楽しい映画です。

しかし映画全体からは、香港娯楽映画の雰囲気が漂ってきます。それを生み出す大きな役割を果たしているのが、宿敵・レンファ夫人を演じたクララ・ウェイ(恵英紅)。

香港映画界で監督・武術指導で活躍したラウ・カーリョン(劉家良)に見い出され、「劉家班(ラウ・アクションチーム)」の一員となった彼女は、カンフー映画で活躍します。

1981年公開のラウ監督作『レディークンフー 激闘拳』で主演を務めた彼女は、第1回香港電影金像奨の主演女優賞を獲得。香港映画界を代表する女性カンフースターとなります。

しかし香港映画、そしてカンフー映画人気の低迷と、若手アクション女優が登場する中、彼女の人気は低迷し苦しい時期を迎えます。しかしアクションシーンの無い脇役に活路を見い出したクララ・ウェイ。

そしてマレーシアのホー・ユーハン監督作で、第22回東京国際映画祭の「アジアの風」部門で上映された『心の魔』(2009)の演技で、彼女は香港・台湾・中国の映画祭で受賞し高く評価されました。

そして金城武出演作『捜査官X』(2011)では、久々に映画に出演したカンフースター、ジミー・ウォングの妻役を演じ、ドニー・イェンとのアクションシーンを披露します。

この作品の演技も絶賛され、以降優れた演技力を見せつつ『ミセスK 裏切りの一撃』(2017)など、時にアクションも披露できるベテラン女優として活躍を続けています。

本作でヒロインと対峙するクララ・ウェイが見せる、「この小娘め!」といった感じの貫禄ある姿は、彼女の女優としての経歴に培われたものでした。

まとめ


(C)2020 LINMON PICTURES AND COLUMBIA PICTURES FILM PRODUCTION ASIA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

モンスターが大活躍する現代劇のSFファンタジーでありながら、この世ならぬ者と道士が戦う『霊幻道士』(1985)や『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987)の香り漂う、娯楽大作映画『モンスターランナー 怪物大戦争』。

SF映画、怪獣映画ファンのみならず、香港映画ファンにはぜひ見て頂きたい作品です。そして青春の痛みを描いた映画と受け取り、それがハートに突き刺さる方もいるでしょう。

一番印象に残るのは、折り紙キャラクターの式神、紙人のシーアン(ペーパー)です。実はこのキャラクターを生むために、現代折り紙芸術家として長らく中国で活躍するシン・クン(秦坤)がスタッフに参加しています。

本物の折り紙の達人が創造した、折り紙キャラクターが大活躍する本作。じつは本作を見るべき一番の人物は、折り紙愛好家かもしれません。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)WHAT’S IN THE SHED, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回第34回は、裏庭の小屋に何かが潜んでいる!そこに入った者は死あるのみ!凶暴な何かに翻弄される若者の姿を描いたホラー映画『ホワッツ・イン・ザ・シェッド』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら







関連記事

連載コラム

映画『狼たちの墓標』あらすじ感想と評価解説 。韓国ノワールで描くチャンヒョクとユオソンの熾烈な抗争劇|映画という星空を知るひとよ97

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第97回 韓国屈指のビーチリゾート地・カンヌン(江陵)を舞台に、開発利権をめぐる男たちの抗争を描いたノワールアクション『狼たちの墓標』。 地元に根を張り誰よりも …

連載コラム

よい子の殺人犯|ネタバレ感想考察解説と結末ラストあらすじ。元ネタとオタクのアーナンに見た“共生あるいは寄生”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー66

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第66回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

日本映画『カウンセラー』あらすじ感想と評価解説。酒井善三監督の描いた結末に至るまでアイデアに溢れた“緊張感”|タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」5

連載コラム『タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」』第5回 今回ご紹介するのはDrunken Bird制作の短編スリラー『カウンセラー』です。 産休前最後のカウンセリングを終えた心理カウ …

連載コラム

歴代ピーター・パーカーの違いを解説!『スパイダーマンホームカミング』の評価をメインに紐解く|最強アメコミ番付評12

こんにちは、野洲川亮です。 今回は映画『スパイダーマン ホームカミング』を考察していきます。 本作のあらすじや魅力を、歴代のスパイダーマンの個性の違いなども交えて探っていきます。 【連載コラム】『最強 …

連載コラム

SF映画おすすめランキング!2010年代の隠れた名作ベスト5選【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車106

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile106 今回のコラムでは遠藤麻衣子監督による最新映画『TOKYO TELEPATH 2020』(2020)をご紹介予定でしたが、予定を変更させて …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学