Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/11/12
Update

役所広司最新映画『オーバー・エベレスト』あらすじと感想レビュー。雪山を舞台に日中合作による超大作|TIFF2019リポート15

  • Writer :
  • 村松健太郎

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』

2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。令和初となる本映画祭は2019年10月28日(月)に無事開催の日を迎え、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されました。


(C)Cinemarche

そして本映画祭の特別招待作品としてワールド・プレミア上映されたのが、日中合作による山岳スペクタクル・エンタテインメント『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』。

日本を代表する名優の一人である役所広司、「レッドクリフ」シリーズで知られる名プロデューサーのテレンス・チャンがタッグを組み、世界最高峰・エベレストへ挑戦しました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』の作品情報

映画『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』は2019年11月15日(金)より全国ロードショー公開!


(C)Mirage Ltd.

【日本公開】
2019年(日本・中国合作)

【原題】
氷峰暴 Wings Over Everest

【脚本・監督】
ユー・フェイ

【プロデューサー】
テレンス・チャン

【出演】
役所広司、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ビクター・ウェブスター、ノア・ダンビー、グラハム・シールズ、ババック・ハーキー、プブツニン

【声の出演】
沢城みゆき、宮野真守、神尾佑、山野井仁、俊藤光利、高木渉、細貝光司、沖原一生

【作品概要】
『Shall We ダンス?』『うなぎ』などで知られ、日本を代表する名優・役所広司と、『M:I-2』『レッドクリフ』のプロデューサーのテレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作の山岳スペタクル映画。

本作にて役所は「ヒマラヤの鬼」と呼ばれるヒマラヤ救助隊の隊長ジアンを熱演。

また『唐山大地震』のチャン・チンチュー、ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」と日本作品への出演経験も持つリン・ボーホンらが出演しています。

東京国際映画祭レッドカーペットでの様子

2019年10月28日・東京国際映画祭レッドカーペットでの役所広司(写真:中央)


(C)Cinemarche

2019年10月28日に開催を迎えた第32回東京国際映画祭のレッドカーペットには、映画『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』にて主演を務めた役所広司をはじめ、本作を監督したユー・フェイ(写真:左)とプロデューサーのテレンス・チャン(写真:右)が登壇。

『Shall We ダンス?』『うなぎ』『三度目の殺人』『狐狼の血』など多くの代表作を持つ役所。『バベル』や『SAYURI』などの海外作品にも出演し、その演技力は国内外にて高い評価を得ています。

本作ではワイヤーアクションに初挑戦し、負傷しつつも撮影に臨み続けたという役所。2019年で63歳を迎えながらも俳優として新たな挑戦を続けるその姿には驚かされます。

そして日本を代表する名優としてのその貫禄は、レッドカーペット上での笑顔とその佇まいに深く表れていました。

スポンサーリンク

映画『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』のあらすじ


(C)Mirage Ltd.

「ヒマラヤの鬼」と呼ばれるジアン隊長を中心に活躍するヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」のもとに極秘の仕事が舞い込みます。

間もなく開催される、ヒマラヤ地域の平和のためのヒマラヤ公約を締結する会議。その会議にまつわる極秘資料を乗せた飛行機が、標高8000メートルの地域・通称「デスゾーン」に墜落したのです。

公約締結のためには欠くことのできない書類の回収のため、チーム・ウィングスは危険な任務に向かいます。

チームの中には、遭難した恋人の亡骸を探す女性クライマーのシャオタイズも加わっていました。ジアン隊長は彼女に今は亡き娘の姿を重ね、複雑な思いを募らせます。

依頼人のホーク兄弟とともに、デスゾーンに向かって飛び立ったチーム・ウィングス。一方で、地上に残った人間たちは依頼の真相とそこに潜む陰謀に迫っていきます…。

映画『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』の感想と評価


(C)Mirage Ltd.

アジア、特に中国語圏では、映画市場が驚異的な拡大を続けていったことも影響し、大作志向が強くなっています。

この『オーバー・エベレスト陰謀の氷壁』も、そのような大作志向によって生まれた「大作映画」の一本と言っていいでしょう。

ただ、本作のプロデューサー自体はジョン・ウー監督の『フェイス・オフ』や『M:I-2』、「レッドクリフ」シリーズなどを成功させた大物テレンス・チャンではあるのですが、監督のユー・フェイはこの映画が初監督作品だというのが驚きです。

ユー・フェイ監督はエクストリームスポーツに精通し、なんと南極・北極も踏破済み。本作の舞台となった世界最高峰・エベレストの登頂も経験しているという中々の本格派で、その点においてはまさに打ってつけの監督。

またゲームプロデューサーなど、異色のキャリアを積んできた人物でもあります。

ですが、映画演出についてはやはり未知数の部分も多いユー・フェイ監督。にも関わらず、これだけの大作映画で監督デビューを飾ることができる環境が今の中国映画市場には存在すること。そしてそのような決断に踏み切ったテレンス・チャンの度量には、感服の一言しかありません。

スポンサーリンク

まとめ

映画のストーリー自体はシルベスター・スタローン主演・レニー・ハーリン監督による『クリフハンガー』を彷彿とさせ、「山岳映画」と「ポリティカル・サスペンス映画」という二つのジャンルがミックスされた展開を見せます。

そこに役所広司演じるエベレストを知り尽くしたベテランクライマー、チャン・チンチュー演じる恋人の遺体を探すヒロインなど、個々の物語が入り混じることでドラマは膨らみます。さらにヘリコプターアクション、タイムリミットサスペンスのなどの要素も盛り込まれていきます。

ユー・フェイ監督は映画監督としての実績はないものの、やはりクライマーとしての実績と経験は確かなようで、山岳シーンの描写はなかなかの迫力です。

不勉強ながら本作にて標高8000メートル以上の山岳領域「デスゾーン」の存在を知り、世界に14座あると言われるこの極限地帯を物語に取り込んだのは監督ならでは構成でしょう。

またスタッフには、香港映画『インファナル・アフェア』などに参加してきたライ・イウファイが撮影監督を、国内外で活躍する「イップマン」シリーズの川崎憲次が音楽を担当するなど、一線級の人材が揃っています。

映画としてのルックがブレておらず、監督デビュー作とは思えない円熟味がある映画となっています。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『マイ・スパイ』あらすじネタバレと感想。元プロレスラー俳優デイヴ・バウティスタと少女の凸凹バディ|未体験ゾーンの映画たち2020見破録31

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第31回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第31回で紹介するのは、肉体派アクション俳優と子役のタッグで送るアクション映画『マイ・スパイ』。 …

連載コラム

ドラマ『西遊記1978』解説と考察。キャスト堺正章&夏目雅子の評価や作品変遷の紹介も|邦画特撮大全19

連載コラム「邦画特撮大全」第19章 今回取り上げる作品は今年放送から40周年をむかえるテレビドラマ『西遊記』(1978)。 NHK大河ドラマの裏番組でありながら、高視聴率を記録した作品です。翌年197 …

連載コラム

映画『モルグ 死霊病棟』ネタバレ感想と考察評価。実話だったらガチ怖!死体安置所の夜に何かがおこる。|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第6回 佳作から怪作・激コワ映画まで、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第6回で紹介するのは、 …

連載コラム

映画『ダーク・スクール』ネタバレ感想。かわいい子役が女子高校生役で開花したゴシックホラーの魅力とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第2回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

映画『響HIBIKI』感想と考察。平手の演じた鮎喰響はAI作家である|映画道シカミミ見聞録15

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第15回 (C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館 こんにちは、森田です。 秋分の日を迎えれば、さまざまな“秋”がやってきますね。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP