Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/01/07
Update

『リトル・シングス』ネタバレあらすじ感想と結末考察の評価。犯人の正体と連続殺人の動機とは⁈|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!4

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第4回

この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹介する『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』でございます。

あなたに素晴らしい作品との出会いを紹介できれば幸い、「なんじゃこりゃ!」という作品を紹介すればあなたへの災い…、と覚悟してお付き合い下さい。

第4回で紹介するのはデンゼル・ワシントン、ラミ・マレック、ジャレッド・レトが共演した映画『リトル・シングス』。

ミステリー・サスペンス映画ファン必見の一本です。ジャレッド・レトは本作の演技で、2021年ゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされました。

今回は日本では劇場公開されず、豪華キャストが共演しながら少し埋もれた感のある、ハリウッド製サスペンス映画を紹介いたします。

なぜか心ひかれた作品を、本当に見ても良いかと迷えるあなたにご紹介します。世の中には、こんな映画もあるんです…。

【連載コラム】『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『リトル・シングス』の作品情報


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

【製作】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
The Little Things

【監督・脚本・製作】
ジョン・リー・ハンコック

【出演】
デンゼル・ワシントン、ラミ・マレック、ジャレッド・レト、クリス・バウアー、テリー・キニー、ナタリー・モラレス、マイケル・ハイアット、ソフィア・ヴァジリーヴァ

【作品概要】
管轄外のロサンゼルスを訪れた保安官は、その地で連続殺人事件の捜査に加わりました。彼は現地の刑事と共に容疑者を追いつめます。しかし容疑者逮捕に執念を燃やす彼らの行動は、思わぬ展開をもたらします。

監督は『オールド・ルーキー』(2002)や『ウォルト・ディズニーの約束』(2013)、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2016)のジョン・リー・ハンコック。

『グローリー』(1989)でアカデミー助演男優賞、『トレーニング ディ』(2001)でアカデミー主演男優賞を獲得したデンゼル・ワシントン。

そして『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)でアカデミー主演男優賞を獲得したラミ・マレック、『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)でアカデミー助演男優賞を獲得したジャレッド・レトの、豪華俳優陣が共演した作品です。

映画『リトル・シングス』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

1990年10月。夜道を1人車を運転していた女性(ソフィア・ヴァジリーヴァ)は、突然現れた怪しい車に追われました。彼女は車を捨て逃げると、そこにトレーラーが走って来ます。助けを求めて道路に飛び出し、トレーラーを停める女性…。

カリフォルニア州カーン郡で保安官代理を務める、ディークことジョー・ディーコン(デンゼル・ワシントン)は、上司から起訴中の強盗犯の証拠を手に入れるよう、ロサンゼルスへの出張を命じられます。

車でロサンゼルス郡保安局の科学捜査科に向かったディークは、証拠品を受け取りにはロサンゼルス署の、ファリス警部(テリー・キニー)のサインが必要と告げられました。

彼とファリス警部は旧知の仲です。警部を訪ねたディークは、証拠品の検査が終わる明日まで待て、その間昔の同僚たちに会えと言われます。彼は以前ロサンゼルス署に務めていたのです。

ロサンゼルス署では、2ヶ月で4人の女性が殺害される事件を抱えていました。ディークはその記者会見でスピーチする男が、自分の車を駐車違反でレッカーしようとしたジム・バクスター刑事(ラミ・マレック)と気づきます。

連続殺人事件の捜査は難航していました。大卒で優秀な刑事と信頼するバクスターの反対にもかかわらず、事件をFBIに委ねようとするファリス警部。

仲の良かったサル刑事(クリス・バウアー)と言葉を交わすディークを、何者かとバクスターは同僚に尋ねました。彼があの有名なジョー・ディーコンと聞き驚くバクスター刑事。

サル刑事と語るディークの前にバクスターが現れます。彼はサルに連続殺人と思われる新たな事件が起きたと告げ、意見が聞きたいとディークにも同行を求めました。

現場は停電したアパートで、そこには何度も刺された若い女ジュリーの死体がありました。

ディークを”コロンボ”や”コジャック”(コロンボ同様、ドラマ「刑事コジャック」(1973~)の主人公の刑事)と呼ぶバクスター刑事は、挑発するように彼の意見を求めます。

ディークは久々に会った女検視官のフロ(マイケル・ハイアット)に声をかけます。バクスターの言葉にかまわず、彼は事件現場の向かい側の空き室を調べました。

窓から被害者の遺体を眺めるディーク。その状況は彼がかつて捜査した、殺人事件の現場によく似ていました。

現場に同行した女刑事のジェイミー(ナタリー・モラレス)に指示を出すバクスター。彼に意見を求められたディークは、自分の管轄内で同様の事件があったと答えます。

ロサンゼルスの夜の通りには、犠牲者のような若い女が多数立っています。そしてジョキング中の女性ロンダが1人になると、その後をつける車がありました。

翌朝、バクスターと共に朝食をとると約束した店に現れたディークは、上司から起訴中の強盗犯の件は片付き、証拠品は必要無くなったとの連絡を受けます。

現れたバクスター刑事は、事件の容疑者として近くに住むのぞき常習犯を連行したと伝えます。帰ろうとするディークに、容疑者の取り調べを見学させるバクスター。

ディークはバクスターに、容疑者にメアリー・ロバーツについて問いただせと指示しました。その名を聞いた容疑者は何も答えませんが、ひどく動揺します。

ディークは容疑者をかつて厳しく尋問していました。彼は警察署を出て科学捜査科に向かい、今回の殺人と同様の事件が自分の管轄内であったと告げ、旧知の検視官フロから事件の資料をもらおうとしました。

フロは似た事件があるとのディークの言葉は嘘で、彼が事件に強く関心を抱いていると気付きます。それでも優れた捜査官の彼を信じ、検査した結果を渡そうと用意するフロ。

彼女が姿を消すと、検死台の上の犠牲者ジュリーの横に座り、彼女の立場になりあの夜の出来事を再現し、遺体に語りかけるディーク。その姿をフロは目撃しました。

彼女はディークを信頼していましたが、彼の目に宿るものは純粋な「善」ではないと指摘し、そして「私たちがした事への戒め」と告げ、ディークにキーホルダーの付いた鍵を渡します。

ディークは犯行現場のアパートに戻り、部屋の冷蔵庫は1週間前から故障しており、電器店に修理を手配していたと大家から聞きました。そして部屋の椅子に座るディーク。

殺害された後、犯人によって移動された遺体の状況は、彼がかつてこの地で同僚のファリスやサルと共に、捜査した5年前の事件に酷似していました。

その夜、ディークは夜の女がたむろする安ホテルに部屋をとります。5年前の捜査資料を壁に貼り眺める彼の前に、殺人事件の被害者の女たちの姿が浮かびます。「事件はまだ終わっていない」とつぶやくデューク。

翌朝警察署に出勤したバクスターは、ファリス警部から昨日取り調べた容疑者が自殺したと知らされます。そしてバクスターに、ディークは事件現場で何をしたか尋ねるファリス。

類似した事件を捜査中で見学しただけと説明したバクスターに、ファリスは彼は今は刑事ではない、5年前に左遷されたと告げました。

5年前の殺人事件の捜査にのめり込み、ディークは半年の間に停職と離婚と心臓病を経験し、そして異動させられたとファリスは教えます。

奴が異動した結果、君が刑事になった。疫病神のディークに関わるなと忠告するファリス警部。ディークは休暇を取った、今回の事件の捜査に関わるつもりだと警告します。

ディークは事件現場のアパートから、冷蔵庫の修理を依頼された電器店を訪れ従業員名簿を確認します。2番目に訪れた電器店に、彼の様子を伺う怪しい男がいました。

バクスター刑事の捜査は行き詰っていました。彼はジョキング中行方不明になり、捜索願いが出された女ロンダの両親を訪ねます。

その夜、水中に遺棄され発見された遺体をバクスターが調べていると、ディークが現れました。サイレンを鳴らさずゆっくり走って現場に向かうパトカーと救急車の後をつけ、ここに来たと説明するディーク。

バクスターは彼に、取り調べた容疑者が自殺した事実を伝えます。しかしディークは全く動揺しません。

あなたはファリスたちに敬遠されている、と指摘したバクスターに、ディークは自分をかばってくれたようだが、そんな行為は君の出世に影響すると警告します。

それでも君への感謝の印だ、この中に犯人がいるかもと、ディークはバクスターに電器店の従業員名簿を渡しました。

バクスターは礼を言い、なぜ15年間検挙率トップのあなたは出世しなかった、とディークに訊ねます。

翌朝バクスターは、妻子と暮らす自宅にディークを朝食に誘いました。彼の妻に問われ、今はカーン郡で保安官代理を務める巡査だと自分を紹介するディーク。

彼を信頼したバクスターは、ファリス警部に隠れて夜に会って情報を交換し、連続殺人事件を協力して解決しようと提案します。

バクスターと別れると、離婚後他の男と再婚した元妻マーシャの家を訪れたディーク。彼はマーシャとぎこちなく言葉を交わしますが、彼女は元夫が今も過去の事件に拘り、不器用に生きていると悟りました。

自殺した容疑者の取り調べの際、ディークが名を出したメアリー・ロバーツを調べたジェイミー刑事は、彼女を含めた5年前の3人の娼婦殺しが未解決とバクスターに報告します。

その夜ディークと会ったバクスターは、現在起きている女性連続殺人事件の被害者は6人だと彼に告げました。

犯人は被害者に性的な暴行は加えず、噛みついたり拷問して快楽を得ていました。殺害後も遺体と過ごし動かして手を加えるなど、異常な行動をとっていると確認する2人。

なぜ5年前の事件を追っていると訊ねたバクスターを、ディークはその犯行現場に案内します。2人の女の遺体が岩に並べられ、もう1人の遺体は離れた場所にあったと説明するディーク。

残された証拠では犯人を逮捕できず被害者に責任を感じ、事件を心に抱え込んだとディークは告白します。

被害者たちに仕える「天使」として、彼女たちの無念を晴らそうと心身をすり減らしたディーク。彼はバクスターに、決して「天使」になるなと助言しました。

事件を終わらせると語るディークに、5年前の事件は娼婦殺しだが今回は違う、と指摘するバクスター。彼は別々の犯人と睨んでいましたが、5年前は今回の練習だと推理するディーク。

バクスターはディークに、彼が渡した電器店の従業員名簿の中に、2人の男の逮捕歴があったと教えます。ディークへの協力は事件を解決のためだ、足を引っ張るなと告げたバクスター刑事。

今回の犠牲者ジュリーは、ヴィーガンですが肉を食べていました。犯人に強要され食べた肉は何だ、と質問するディーク。ローストビーフと告げたバクスターに、彼は小さな事(The Little Things)が重要で、時にそれが命取りになると教えます。

バクスターと別れたディークは、そのまま逮捕歴のある1人の男の家に向かいました。男の車のメーターで走行距離を確認し、ゴミを捨てに現れた男に車を買いたい、トランクのサイズは大きいかと尋ねるディーク。

当惑する男の出したゴミ袋を回収し、ホテルに戻ったディークはかつての同僚サル刑事に、先程の男アルバート・スパーマ(ジャレッド・レト)に、車を売った記録があるか調べて欲しいと頼みます。

ゴミ袋の中に残っていたピザのかけらを科学捜査科に持ち込み、フロに歯型を調べさせるたディーク。犠牲者の体に残る歯形と一部は一致しますが、証拠には不十分でした。

電器店の勤務するスパーマを見張るディークは、彼がローストビーフを出す店に入る姿を目撃します。

ディークが彼の乗る車を尾行すると、スパーマはストリップクラブに入ります。そしてスパーマが夜の街に立つ女に声をかける姿を目撃するディーク。

その頃バクスターの妻は、深夜眠れずにベットから抜け出し、1人考え込む夫の姿を目撃していました…。

以下、『リトル・シングス』のネタバレ・結末の記載がございます。『リトル・シングス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

陽が昇った後も、疑わしい男スパーマの車を尾行する保安官代理のディーク。しかし気付いたスパーマは彼を翻弄し、挑発して去って行きました。

ディークはバクスター刑事に電話し、2番目の犠牲者の発見場所を確認します。マスコミに発表していないその場所に、スパーマが訪れたと確認するディーク。

スパーマが以前乗っていた車は放棄されており、警察が撤去保管しているとサル刑事から報告されたバクスター。彼はサルと共にその車を調べます。

バクスターはジェイミー刑事に、ディークを連れてスパーマを連行するよう命じます。ジェイミーから証人候補として警察署に現れた、若い女性ティナをどうするか聞かれたバクスターは、そのまま待たせるよう指示します。

そのティナこそ、映画の冒頭で何者かに追われ、トレーラーに助けを求めた女性でした。

スパーマの車に残る指紋は犯行現場の指紋と部分的にしか一致せず、証拠とならず苛立つバクスター。ジェイミーたち同行を求められたスパーマは大人しく従い、ディークは彼の家に入り中を調べるチャンスを失います。

結局連続殺人とスパーマを結び付ける証拠はありません。サルと共に連行したスパーマの尋問を開始するバクスター。

スパーマはバクスターに肝心な事は何も話しません。放棄された車は盗まれただけだ、盗難届も警察に出していると主張します。

犯行を証明する発言を引き出すトリックにも引っかからず、証拠があれば自分を逮捕するはずと告げるスパーマ。

取調室にディークが入った時に、ジュリー殺しの証拠写真をスパーマに見せますが反応はありません。苛立ったディークが彼に詰め寄ると、慌ててバクスターとサルが制止します。

ティナは自分を追った男の容疑者の写真を見た際に、スパーナの写真に反応しました。しかしジェイミー刑事の不手際で、面通しの前に連行されるスパーナの姿を目撃したため、彼女が証言しても証拠として扱われません。

結局連行したスパーマを逮捕できず、バクスターは上司のファリス警部から失態だと責められます。事件はFBIの捜査に委ねる、と告げるファリス。

スパーマには8年前に殺人を自供し、それを詳細に語り逮捕された過去がありました。しかし彼にはアリバイがあり釈放されます。虚言癖のある犯罪マニアだと判断されたのです。

まだ2日間捜査できると言うバクスターに、捜査にのめり込み身を滅ぼしたディークの様になるな、忠告する上司たち。

バクスターはディークの宿を訪れました。そこで5年前の事件の3人の犠牲者の写真を貼って眺め、暗い部屋で過ごすディークの姿を目撃します。

彼の目にもディークは過去の事件に支配され、心を病んでいるように見えました。それを認めながらも、犠牲者のために事件を解決したい、5分間だけスパーマの部屋に入って調べたいと語るディーク。

バクスターも犠牲者のために、行方不明の女性ロンダを探すために犯人逮捕を望んでいました。

そこでバクスターがスパーマに電話し、昨日連行した件を詫びたいと告げ、彼を油断させ家の外に誘い出します。その隙にスパーマの家に忍び込むディーク。

家の中には警察無線を傍受する受信機がありました。彼はこれで警察内部の情報を手に入れている様です。

ディークが捜査した事件など、過去の殺人事件の記事がありますが証拠となる品はありません。すると家の前にパトカーが現れます。

スパーマが警察に、自分の部屋で警官が撃たれたと通報したようです。バクスターは警官に事情を説明しようとしますが、管轄外で彼らを制止できません。

バクスターは屋根に逃れたディークを目撃します。彼の隣には挑発するように立つスパーマの姿がありました。どうにか逃げたディークを車に乗せ立ち去るバクスター。

結局証拠は確認できません。翌日バクスターはディークに、スパーマの車の盗難届は確かに出ていた、しかし彼は5年前の事件の後ここから引っ越していた事実を伝えます。

2人はスパーマの家を見張ります。いつまでとのディークの問いに、バクスターは必要ならいつまでも、見張っていれば犠牲者は出ないと答えます。

バスに乗って移動するスパーマを追跡する2人。彼はストリップクラブに入りました。結局彼が自宅に帰るまで無駄な尾行を続けました。

引き続き2人は監視を続けます。バクスターが1人になった時、彼にいたずらを仕掛けにスパーマが現れました。彼に銃を向け、ロンダの写真を見せどこにいると問うバクスター刑事。

するとスパーマは根負けした、彼女のいる場所に案内すると言います。彼は武器を持っていませんが、ディークを同行させる気はありません。バクスターはスパーマが運転する車に乗り込みました。

戻ってきたディークは2人を乗せた車が走り出したと気付き、慌てて後を追跡します。

スパーマの車は郊外の荒れ果てた土地に着きます。道路をふさぐ柵の鍵をバクスター刑事に開けさせたスパーマ。

その先の何もない場所に到着すると、バクスターに1人で歩くよう指示するスパーマ。ある場所に彼が立つと、地面に向かいロンダに呼びかけろ、と告げました。

シャベルを渡し、バクスターに地面を掘らせるスパーマ。ある程度掘ると場所を間違えた、多分ここだと別の場所を指し示します。

その場所が掘り進むと、スパーマはここも違う場所と言い出します。そして彼は、俺は誰も殺していないと告げました。

俺を信じるなら一緒に帰ろう、信じないなら続けろと言うスパーマ。掘り続けることを選んだバクスターに、お前の家族の写真を見たと挑発するスパーマ。

女性1人守れず、どうやって家族を救う。お前は無力だとスパーマはバクスターを嘲ります。被害者はどんどん増えるとの言葉に怒り、彼はシャベルでスパーマを殴り倒しました。

バクスターは倒れたスパーマに起きろと叫びますが、反応はありません。そこにディークの車が到着します。

ディークは3人の女性が殺された、2人の遺体が岩に並べられ、もう1人の遺体は離れた場所あった、彼が担当した5年前の事件を思い出します。

2人は犯人に殺されていましたが、生存し助けを求めて現れたもう1人の女性メアリー・ロバーツを、ディークは犯人と思い射殺していました。

そこには同僚だったファリスとサルもいました。過去は未来になり、過去になり未来になる…。自分の過ちをバクスターが繰り返したと悟るディーク。

バクスターはスパーマが真犯人だ、彼が自白したようなものだった、と主張します。それが真実だとしても、報告すれば彼がスパーマを殺害した事実が明るみになります。

何も言わず、何もするな。自分は一時立ち去り数時間後に戻る。その間にスパーマの死体を埋めろと告げたディーク。

ディークはスパーマの車で彼の自宅に戻り、彼が部屋を引き払ったかのように偽装し、彼の車をわざと盗ませバクスターの元に戻りました。

バクスターの掘った穴にスパーマの死体を埋め、他の穴も埋め戻すディーク。そしてバクスターに、ファリスにスパーマは犯人で無かったと報告しろ、と告げます。

お前は休暇を取り、俺は昨晩行動を共にせず帰ったことにしろ。スパーマとこの事件は忘れろ、と告げるディーク。

事件を捜査すれば、スパーマが甦り君を破滅させる。小さなこと(The Little Things)が君を追いつめ、命取りになる。ディークはバクスターにそう告げました。

ディークはバクスターの体を抱きしめ、それでいいのだ、と言い聞かせその場から立ち去ります。

連続殺人事件の捜査はFBIの手に委ねられました。休職したバクスターの自宅をサル刑事が訪れ、バクスターの妻にディークから預かった封筒を渡しました。

封筒の中には「天使はいない」とだけ書かれたメモと、失踪したロンダの証拠品となる赤い髪留めが入っていました。

ディークはスパーマの家から持ち帰った荷物を焼き、事件の痕跡を処分ていました。

その彼が5年前の事件で、誤って射殺したメアリー・ロバーツの遺体は、当時検視官のフロが検死していました。

体内に残る銃弾を抜き取り、メアリーは刺殺だと報告すると告げるフロ。彼女もサルもファリスも、ディークの誤殺を隠蔽する事にしたのです。

フロがディークに渡したキーホルダーは、この時の銃弾でした。5年前のあの日、物言わぬメアリーの遺体に、じっと見つめられているように感じたディーク。

彼が焼いて処分した品々の中に、どこかで購入した髪留めもあります。バクスターに送った髪留めは、彼にスパーマが真犯人と信じさせようと、彼が用意したものでした。

ディークはバクスターに小さな物(The Little Things)を与えることで、自分を苦しめ続けた罪悪感から彼を解放したかったのかもしれません。

彼が自宅に入ると、後には処分した品を焼く炎だけが残りました……。

スポンサーリンク

映画『リトル・シングス』の感想と評価


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画が動画配信で楽しめるようになった現在、爆発的な話題作・人気作は様々なメディアを通じ、より多くの観客が鑑賞するようになりました。また低予算ジャンル映画・インディーズ映画には、配信で世界の観客に提供できるチャンスが与えられています。

その一方で割を食う感がある映画が中規模の作品。知名度のある俳優が出演し、決して少くない製作費で作られる映画で、2010年代前半までは映画館に観客を集め話題となる力をもった作品が、以前のような興行収入を稼がず、注目も集めない状況に陥りました。

その結果、ハリウッドでは低予算映画以上~大作映画未満の中規模作品が作りにくい状況が続いています。映画業界は配信向けドラマ製作にシフトしたり、中規模の映画をどうセールスするか、試行錯誤を繰り返しています。

デンゼル・ワシントンはかつて『ボーン・コレクター』(1999)で、「身動きできない元科学捜査官の探偵」を演じ殺人鬼と対決、話題となっています。

その彼を主演に製作された『リトル・シングス』、かつてなら全国ロードショーされた作品ですが、本作は日本ではDVD販売及び配信での公開となりました。

映画公開のルールの変化に翻弄された作品


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

中規模の作品と紹介しましたが、ワーナー・ブラザース映画はこういった映画公開が難しい中、本作を3千万ドルの費用を投じ製作しました。アメリカでは全国劇場公開と同時に配信でも公開されています。

2021年1月29日に全米公開された本作は、劇場公開映画では初登場1位を獲得、配信でも最初の月に300万世帯が視聴したと発表されています。劇場・配信同時公開作としては健闘していますが、製作費に見合った成功かと問うと微妙な結果になりました。

感染症の影響が残る中での公開ですが、この方法が果たして正解だったのか。アカデミー賞レースもにらんで公開された作品は、急遽配信が決まった結果、満足なセールスが出来なかったのでは、と不満を述べる関係者もいたそうです。

「ゲームのルールは変わった。私たちは、それに対応する必要があった」。本作のジョン・リー・ハンコック監督は経緯をこう振り返っています。

さて本作の舞台は1990年。スマホは無くポケベルや公衆電話が現役。科学捜査技術や法的な制約が、犯罪捜査を難しくしていた時代です。

そんな背景でミステリーを描くのが目的と思いましたが、実は本作の脚本はハンコック監督自身が、1993年に書き上げたものでした。

チャンスが訪れたら、映画は作るべきだ


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

クリント・イーストウッドが監督・出演し、ケビン・コスナーが主演した『パーフェクト ワールド』(1993)の脚本を書き、一躍注目を集めたジョン・リー・ハンコック。

彼がこの時期に書いた『リトル・シングス』の脚本を、まずスティーブン・スピルバーグが映画化しようしますが、内容が暗すぎると断念します。

次いでクリント・イーストウッドが映画化を検討、またウォーレン・ベイティも興味を示します。そしてダニー・デビートが映画化を試み、脚本を読んだブランドン・リーは映画化されるなら、ぜひ自分が出演したいと望んでいました。

しかし結局製作は開始されません。その後ワーナー・ブラザース映画の重役とハンコックは、数年ごとに本作脚本のミーティングを実施、今は誰が興味を持っているという話を行います。

それでも映画化には至らず、重役からはもっと判り易い、一般受けするラストに変更してはどうか、との提案されました。その言葉は正しいと認めながらも、自分はその案に興味が持てなかったと語るハンコック。

本作のプロデューサー、マーク・ジョンソンは「この脚本は必ず映画化する」と変わらず彼に言い続けてくれました。

そしてジョエル・コーエン監督作『マクベス』(2021)撮影に入る前の、デンゼル・ワシントンが本作の主演に決まり、ハンコック自ら監督となって映画の製作が開始されます。

どんな映画にもタイムリミットがある。「脚本が完成し、映画を作れる時が来れば、行動に移り製作を開始するか、もしくは映画化のチャンスが永遠に失われるかだ」。ハンコックはインタビューでこう語っていました。

多額の製作費を費やし、3人のアカデミー賞俳優が出演した本作の撮影は2019年11月、無事終了しました。しかしその後、世界はパンデミックに襲われます。映画を公開するルール、「ゲームのルール」はまた変わったのです。

まとめ


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

残念なことに埋もれた感がある、見応えあるミステリー映画『リトル・シングス』。この作品を製作環境、公開状況を交えて解説してきました。

本作に影響を与えた作品としてオーソン・ウェルズの『黒い罠』(1958)を挙げているハンコック監督は、この映画を「良いことを行うために、悪事に手を染める男たちの物語」と紹介しています。

複雑なキャタクターを演じるデンゼル・ワシントンの、演技中の心の動きを見るだけで楽しかった、と語る監督。ラミ・マレックは彼の演技に応じる十分な力量を持っていた、とも話しています。

そして演技に遊びや、様々なチャレンジを盛り込んだジャレッド・レト。撮影現場での彼の演技は予測不能だったと説明してくれました。

3人の演技を見るだけでも興味深い、「興行の難しい中規模の作品」と片付けられない映画『リトル・シングス』。本作の存在に気付き興味を持った方は、ぜひ一度ご鑑賞下さい。

映画が配信で公開されるようになって以来、このような作品が増加しています。このコラムでは可能な限りそんな映画も紹介するつもりです。

どうか皆さんも、少し埋もれた感のある面白い映画に出会った時は、どうか身近な映画ファンに教えてあげて下さい。

【連載コラム】『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

映画『無限ファンデーション』あらすじと感想レビュー。全編“即興”で作り上げられた青春の姿|銀幕の月光遊戯 39

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第39回 『お盆の弟』の大崎章監督と若い俳優陣、ミュージシャンたちが即興で作り上げた驚くべき青春映画! 映画『無限ファンデーション』が、2019年8月24日(土)より、K’ …

連載コラム

映画『メモリーズ・オブ・サマー』感想と評価解説。観察者としての12歳の少年|銀幕の月光遊戯 33

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第33回 僕が子供でいられた最後の夏。 1970年代末のポーランドを舞台に、少年期の終わりを描いた、アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 2019年6 …

連載コラム

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』感想と評価レビュー。鏡の少女の正体とは何か解説|SF恐怖映画という名の観覧車62

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile062 新宿シネマカリテにて2019年7月13日より4週間に渡り開催された「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション20 …

連載コラム

映画『ザ・スリープ・カース 失眠』ネタバレ感想。香港ホラーに日本人俳優の姿も⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第29回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は極 …

連載コラム

【ペンギン・ハイウェイ解説】賛否感想の謎を追え!お姉さんの“信仰”からぼくの成長をたどる|映画道シカミミ見聞録12

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第12回 (C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会 こんにちは、森田です。 例によってこの夏にも多くのアニメ映画が公開されまし …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学