Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/09
Update

『メン・イン・ブラック』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【映画と都市伝説の関係を深掘り解説】|SF恐怖映画という名の観覧車131

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile131

2021年に公開される清水崇監督の映画『樹海村』。新ビジュアルとなるポスターデザインが発表され話題となりました。

シリーズの前作である2020年公開された『犬鳴村』は、インターネット上で有名な「都市伝説」を題材としており、映画化が決定した段階から注目を集めていました。

以前にも当コラムで取り上げたように「都市伝説」は映画の歴史と切っても切れない関係にあると言えます。

今回は、アメリカの有名な「都市伝説」を題材とした大ヒットSF映画『メン・イン・ブラック』(1997)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『メン・イン・ブラック』の作品情報


(c)1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1997年(アメリカ映画)

【原題】
Men in Black

【監督】
バリー・ソネンフェルド

【キャスト】
ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、リンダ・フィオレンティーノ、リップ・トーン、ヴィンセント・ドノフリオ

【作品概要】
監督デビュー作『アダムス・ファミリー』(1992)でいきなりヒット監督の仲間入りを果たしたバリー・ソネンフェルドが監督したSF映画。

ラッパーとして活躍し映画俳優としても数多の主演作を持ちハリウッドスターの代表とも言える俳優ウィル・スミスと、『逃亡者』(1993)でアカデミー助演男優賞を受賞したトミー・リー・ジョーンズがW主演を務めたことで話題となりました。

映画『メン・イン・ブラック』のあらすじとネタバレ

(c)1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

国境警備隊が不法移民を一列に並ばせている中、その場に現れた真っ黒なスーツを着た2人の男DとKが不法移民の1人を国境警備隊から引き離し草むらの中へと連れていきます。

草むらの中でKが不法移民の服を切ると、そこからは宇宙人が現れます。

明かな不法滞在であり数々の条例に反していると2人が宇宙人に言うと、様子を見に来た国境警備隊の1人がその様子を目撃。

宇宙人は国境警備隊に襲い掛かろうとしますが、Kが宇宙人を射殺しました。

Kは唖然とする国境警備隊たちに「ニューラライザー」と言う棒の先端を見つめるように言うと、眩い光が発せられます。

ニューラライザーは人の記憶を時間単位で消す能力があり、Kは国境警備隊たちにガス爆発があったと言う偽の記憶を植え付けました。

後始末を終えて座るKに対し、Dは歳を取ったことで身体が動かず、国境警備隊が襲われようとする中で何もできなかったと後悔します。

星を綺麗と感じていた頃が懐かしいと話すDにKはニューラライザー使い、「組織」の人間であった記憶をなくしました。

ニューヨーク市警のジェームズは恐るべき身体能力を持ち、見たこともない武器を持つ男を追跡していました。

ビルの屋上にその男を追い詰めることに成功しますが、男は「この世界に終末が訪れる」と言うと身を投げ自殺してしまいます。

男の自殺に対する取り調べ中、ジェームズは男が通常の向きとは逆方向にまばたきをしたことや、特殊な形の銃を持っていたことを証言しますが上司に訝しがられてしまうだけでした。

上司が去ったあと部屋にやってきた検視医のウィーバーは、飛び降り死体の異常性をジェームズに話しますが、そこに現れたKにニューラライザーで記憶を消されます。

部屋に入るとKはジェームズに死んだ男が宇宙人であることを話し、ジェームズの見た銃を調べるため彼を連れ出します。

盗品を扱う「ユニバーサル質店」を訪れたJはKが店主であるジーブスの頭を吹き飛ばし、再生していく様子を目撃します。

銃の確認が終わり起きたことに唖然とするジェームズにKはニューラライザーを使い、全てを忘れた彼に「MIB」と書かれた名刺を渡します。

ある夜、宇宙船が農場に墜落。

宇宙人は様子を見に来た農夫のエドガーを殺害するとエドガーの皮を被り擬態します。

エドガーに擬態した宇宙人はエドガーの妻に砂糖水を要求すると家を出ていき、害虫駆除業者を殺害しトラックを強奪しました。

前日のことを全く覚えていないジェームズは唯一覚えていた約束の場所に着くと、名刺を見せエレベーターに乗ることを許可されます。

エレベーターの先にはZと名乗るスーツの男がおり、何かの選考が始まります。

ジェームズの他には陸軍や海軍などの中でもエリート中のエリートが集まっており、何の選考なのかもわからないままジェームズは試験を受けることになります。

様々な試験をルールを無視した機転で突破するジェームズをZは従順性に欠けると酷評しますが、異常な身体能力を持つ宇宙人を足で追い詰めたことと柔軟性を評価するKの進言に従い、Zはジェームズを採用します。

その他の受験生が視力検査と偽りニューラライザーで記憶を消される中、ジェームズはKから地球に宇宙人がいることを教わります。

1950年代、人間は宇宙人への発信を行い1961年に実際に宇宙人と接触。

政府の高官とその場に居合わせたKは人間がパニックになることを危惧し、地球で人類と宇宙人の双方を守る組織「MIB(メン・イン・ブラック)」を設立。

人間に擬態し既に数多の宇宙人が地球にいると聞いたジェームズはKの頭を心配しますが、施設の中にいる宇宙人を実際に見せられ考えを改めることになります。

Kから警察を辞めMIBの一員にならないかと勧誘された翌日、ジェームズは覚悟を決めMIBに入ることを決めます。

本部へと案内されたジェームズは、宇宙人にとって空港や役場ともなっているMIB本部の光景に圧倒されます。

指紋と経歴を消しジェームズとして生きた過去は抹消され、新たにエージェントの「J」としてMIBに迎え入れられたジェームズ。

Kは真実が載っていると話すゴシップ誌から夫の皮を被った生物の話を見つけ、エドガーの妻に話を聞きに行きます。

エドガーの妻は見たことをJとKに全て話すと、Kによってニューラライザーで記憶を消されます。

砂糖水を好み、人の皮を被る宇宙人の正体が「バグ」であると気づいたKは、バグは巨大なゴキブリのような生物で降り立った地の生物を喰らい尽くす獰猛さと高い自尊心を持つ危険な生物であるとJに忠告します。

その頃、エドガーの皮を着るバグは老人2人に偽装した宇宙人を飲食店で殺害します。

異常な死体の話を聞き、死体安置所に来たKとJはウィーバーから内臓の無い2人の死体と死体から離れようとしない猫を見せられます。

Jが耳たぶに触れると老人の死体は顔部分が開き、中から瀕死の宇宙人が現れました。

瀕死の宇宙人は「戦争を止めろ、銀河はオリオンのベルト」と話すと息を引き取ります。

Kは宇宙人がアルキリアン帝国の皇族だと言い、ウィーバーの記憶をニューラライザーで削除。

本部に戻ったJはZから星座の「オリオン座のベルト」と呼ばれる部分には銀河系は存在せず、遺言には不可解な部分が多いと聞かされます。

その直後、地球付近にアルキリアンの戦艦が現れ皇族が死んだことを地球人のせいとして報復を匂わせ始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『メン・イン・ブラック』のネタバレ・結末の記載がございます。『メン・イン・ブラック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

宇宙人のことに詳しい情報屋のフランクに話を聞きに行くと、フランクは死亡したアルキリアンの皇族は「銀河」を守る番人であり、「銀河」は大量の原子エネルギーを生み出すことのできる物だと言います。

「銀河」はビー玉のようなサイズであると聞き、Jは死体から離れようとしなかった猫のベルトにビー玉のようなものがついていたことを思い出します。

その頃、死体安置所にいついた猫の名前が「オリオン」であることをウィーバーは知ります。

首のベルトにぶら下げたペンダントに見いるウィーバーの前にバグが現れ猫を渡すようにと脅迫。

その場にKとJも現れますが、バグは銀河のペンダントとウィーバーを奪い逃走してしまいます。

アルキリアンの戦艦は地球に向けて「銀河を返さなければ1時間後に地球を滅ぼす」とメッセージを発信。

ZとKはバグの宇宙船をMIBが保管していることからバグが宇宙に帰るための宇宙船を洗い出そうとしますが手間取ります。

Jはニューヨーク世界博覧会で建てられたパビリオン展望塔が実は宇宙船であると言うKから聞いた話を思い出し、バグの向かった先がフラッシング・メドウズ・コロナ・パークであると確信します。

爆発的な馬力を持つ強化された車で現地へと向かったJとKが展望塔にたどり着くと、ウィーバーを投げ捨てたバグが宇宙船に乗り発進していました。

JとKは宇宙銃でバグの乗る宇宙船を撃ち落とすと怒り狂ったバグと対峙します。

バグはエドガーの皮を脱ぎ捨て本来の姿に戻ると2人から銃を奪い飲み込みます。

銃無しでは勝てないと悟るKは自ら飲み込まれ銃を取りに行きました。

JはKがバグの体内で銃を取り戻すまでの間、バグをもう一つのパビリオン展望塔である宇宙船に乗り込ませないようにあの手この手で挑発します。

仲間意識の強いバグはJにゴキブリを踏み殺されたことで苛立ちJを殺害しようとしますが、わざと飲み込まれたKがバグの内側から引き金を引いたことでバグは腹部から爆散。

飲み込んでいた「銀河」も手に入れ一件落着のところで上半身だけになったバグがJを襲おうとします。

しかし、ウィーバーがJの銃でバグを殺害し全てが終わりました。

本部に戻る途中、命を助けてくれたウィーバーの記憶を消すことを躊躇うJにKはニューラライザーを渡します。

消すのは彼女の記憶ではなく俺の記憶だ、とKは言うと仕事から離れ星を見たくなったとJに話します。

まだ一人前じゃないと躊躇うJでしたが、自身の顔を見つめるKの顔を見てKにニューラライザーを使います。

月日は流れゴシップ誌には「Kが35年ぶりに意識が回復した」と言う体で恋人と再会したことが載っており、その記事を見たJとエージェントとなったウィーバーは任務に向かいます。

地球を含めた銀河系をまるでビー玉のようにして遊ぶさらに上位の存在が示されるのでした。

スポンサーリンク

映画『メン・イン・ブラック』の感想と評価


(c)1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

現代のアメリカで秘密裏に宇宙人が地球に観光や就職目的で来訪し、その活動から地球人と宇宙人の双方を守るための組織の奮闘を描く映画『メン・イン・ブラック』。

本作は5億ドル以上もの興行収入を記録し、不振の続いていたソニー・ピクチャーズに多大な恩恵を与えただけでなく、作中で使われたサングラスの売上が3倍になるなど多くの経済効果を生み出しました。

本作はアメリカの有名な「都市伝説」を映画化した作品であり、実は日本でもその「都市伝説」には目撃談があります。

都市伝説と「メン・イン・ブラック」

宇宙人や未知の生命体、超常現象など各地で起きる異常な出来事の現場に現れ口止めや脅迫を行う黒服の男たち。

「メン・イン・ブラック」と呼ばれる彼らの存在は各地で目撃され、その正体は政府の組織の人間や宇宙であるなど存在自体が「都市伝説」となっています。

彼等は日本でも複数回の目撃情報があり、UFOや超常現象の後始末を行っていると言う噂すらあります。

映画『メン・イン・ブラック』はそんなアメリカの著名な「都市伝説」である黒服の男たちをメインに「エルヴィス・プレスリー生存説」など大小様々な「都市伝説」を取り入れており、「都市伝説」好きにはたまらない作品となっています。

スポンサーリンク

「SF」要素と「恐怖」を引き立てる演出

本作は地球のみを題材としたSF映画ですが、そのスケールは壮大であり全ての「SF」の要素が魅力的に描かれています。

登場する宇宙人は多岐に及んでおり、地球で盗品を売りさばくジーブスやMIBの本部で働くムシなど小悪党から陽気な宇宙人まで画面を観ているだけでも飽きることのないように設計されています。

コミカルな作風と主人公のジェームズを始めとしたコミカルな登場人物が本作の画面としての面白味を後押しする一方で、悪役として登場する宇宙人「バグ」は並みのホラー映画を上回る恐ろしさで描写されます。

人間を見下す「バグ」はムシの駆除業者の口に殺虫剤を差し込み殺害するだけでなく、罪のないウェイターを二つ折りにして殺害するなど登場時から衰えない凶暴性を観客に見せつけます。

ジェームズが登場するシーンの陽気さとのギャップによりその恐ろしさがより高まり、鑑賞者のハラハラとドキドキを引き立てる1つの要素となっていました。

まとめ


(c)1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの代表的な映画の1つであり、後に同キャストによる続編2作と心機一転を狙ったリブート映画が製作されるに至った大ヒット映画『メン・イン・ブラック』。

目撃情報は幾度となく存在するにも関わらず、宇宙人そのものが公衆の面前に現れたことは「ロズウェル事件」などの真偽不明な事態を除きありません。

しかし、実はあなたも筆者も目撃していたにも関わらず「メン・イン・ブラック」たちによって記憶を改ざんされているのかもしれません。

もしかしたら事実なのかもしれない映画『メン・イン・ブラック』は、1997年の作品でありながら、特殊効果や物語性も一切現代の作品と見劣りしない作品。

興味のある方はぜひご覧になってみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile132では、本作の続編となる大ヒットシリーズ第2弾『メン・イン・ブラック2』(2002)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

12月16日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

【ホラー映画洋画歴代おすすめ】1950年代ベストランキング5選!SFファンの隠れた名作からハマープロ作品まで厳選|増田健ホラーセレクション2

おすすめの1950年代のホラー映画5選。ハマープロの作品が切り開いた時代 さて、ホラー映画に興味を持った方には、過去の作品を見たいと考えても、その膨大な数の前に立ちすくんでいませんか? そんな皆さまの …

連載コラム

映画『ケアニン〜こころに咲く花〜』感想と考察評価。戸塚純貴が演じた介護福祉士の仕事内容で‟咲せた花”とは|映画という星空を知るひとよ3

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第3回 映画『ケアニン〜こころに咲く花〜』は、戸塚純貴が新人の介護福祉士を演じ、介護現場の現実を描いた映画『ケアニン~あなたでよかった~』の続編です。 介護福祉 …

連載コラム

映画『聲の形』ネタバレ感想と評価考察。京都アニメーション×山田尚子がいじめをテーマにした漫画を映像化|映画という星空を知るひとよ9

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第9回 映画『聲の形』は、耳が不自由な少女とその少女をいじめたことが原因で、コミュニケーションが苦手になった少年の切なく美しい青春ストーリーです。 原作は「マン …

連載コラム

社会派映画『金環蝕』『新聞記者』考察と比較解説。日本政治が腐敗する正体と産物を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた7

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第7回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第7回のテーマは「政治の闇 …

連載コラム

映画『アングスト/不安』感想レビューと評価。実在の殺人鬼がモデルの1983年製作のサイコスリラー|SF恐怖映画という名の観覧車104

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile104 緊急事態宣言が緩和され劇場での映画公開が再開し、徐々に日常が戻りつつあります。 しかし、依然として映画館への人入りは少なく、最新作の劇場 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学