Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ゴジラ対メカゴジラ(1974)』感想と評価。人気怪獣と“爆発の中野”の誕生!|邦画特撮大全26

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第26章

今回取り上げる作品は『ゴジラ対メカゴジラ』(1974)です。

ゴジラ誕生20周年記念作品として本作は製作されました。本作は人気怪獣メカゴジラが初登場した映画です。

スティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』(2018)や、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』(2017)など、近年ヒットした2本の映画に登場したメカゴジラ。

このことからもメカゴジラの根強い人気が分かります。

今回はそんな人気怪獣・メカゴジラの初登場作品を振り返っていきましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ゴジラ対メカゴジラ』の作品情報


©️東宝『ゴジラ対メカゴジラ』

今回特集する『ゴジラ対メカゴジラ』は、1974年に“東宝チャンピオンまつり”の一篇として公開された、ゴジラ誕生20周年記念作品です。

本作の舞台は沖縄。当時は1973年に沖縄が日本に返還されたばかりで、翌年1975年には沖縄国際海洋博覧会の開催が控えていました。

監督は福田純、特技監督は中野昭慶。本作の原作は「SFマガジン」の初代編集長で作家・翻訳家の福島正実、『ゴジラ』シリーズで数々の名作の脚本を執筆した関沢新一の2人が手掛けています。

脚本は山浦弘靖と福田純監督が共同で執筆しました。

音楽を担当したのは佐藤勝。岡本喜八監督作品や『用心棒』(1961)などの黒澤明監督作品、『日本沈没』や『幸福の黄色いハンカチ』(1977)などで知られる作曲家です。

本作では沖縄民謡やジャズをベースとした音楽で、映画を盛り上げます。

主演は大門正明。大門はその後『ウルトラマン80』(1980)、『電脳警察サイバーコップ』(1988)などの特撮ヒーロー番組にレギュラー出演しています。

また大門演じる清水敬介の弟・正彦を演じたのは青山一也。青山は本作の前年に放送されていた特撮ドラマ『流星人間ゾーン』(1973)に主演していました。

本作のヒロイン・金城冴子はアニメ『ベルサイユのばら』(1979)のオスカル役など、声優としても知られる田島令子が演じています。

そのほか睦五郎や岸田森、草野大悟と、特撮映画や特撮ドラマでお馴染みの癖のある俳優たちが脇を固めます。

またゴジラ誕生20周年記念作品ということもあり小泉博と平田昭彦と、過去のゴジラシリーズを支えた俳優もキャスティングされています。

人気怪獣メカゴジラの初登場

本作が初登場となったメカゴジラ。

今やメカゴジラは人気怪獣の1体ですが、意外にもシリーズ全体で見ると登場時期は遅い方です。

『ゴジラ対メカゴジラ』はゴジラシリーズの第14作目で、次作『メカゴジラの逆襲』(1975)でゴジラシリーズは一旦終了してしまいます。

つまり昭和に製作されたゴジラシリーズの終盤でようやく登場した怪獣なのです。

その名の通りメカゴジラはゴジラを元に製造されたロボットです。

これは『キングコングの逆襲』(1967)に登場するロボット怪獣・メカニコングが発想の元になっています。

また1970年代は『マジンガーZ』(1972~1974)など、ロボットアニメが台頭してきた時期でもあります。そうしたアニメ人気なども影響して誕生したのが、メカゴジラなのです。

メカゴジラのデザインのベースとなったのは西洋の甲冑です。

白銀一色の体や関節部分の蛇腹など、西洋甲冑を思わせる意匠が多く見られます。着ぐるみに蛇腹を取り入れることで、動きやすくなり細かなアクションが表現されました。

またメカゴジラが吐く七色の溶解光線も本作の見どころの1つです。これは特撮パートの監督助手を務めた川北紘一によるアイディアです。

複数色の光線は川北が『ウルトラマンA』(1972~1973)で試したものを発展させたものです。その他メカゴジラの設定関連も川北の手によるものでした。

ゴジラを模したロボット怪獣で全身が武器。西洋甲冑のようなシャープなデザイン。般若をイメージした凶悪な顔。メカゴジラは男の子たちが熱中する要素が盛り込まれた怪獣なのです。

スポンサーリンク

爆発の中野こと中野昭慶の特撮

本作の特技監督・中野昭慶は円谷英二、有川貞昌の後を継ぎ、東宝の3代目特技監督に就任しました。

しかしクレジット上は“特技監督”ではなく“特殊技術”という表記でした。中野が初めて“特技監督”としてクレジットされたのが小松左京原作の『日本沈没』(1973)です。

中野昭慶の特撮の特徴は“爆発”です。まず『ゴジラ対メカゴジラ』は爆発から始まります。数回のフラッシュの後に起きる爆発は、今日再見しても斬新な表現だと思います。

続いて東京湾の石油コンビナートで偽ゴジラ=メカゴジラとゴジラが戦う場面。

メカゴジラの攻撃によって辺り一面火の海と化しています。その後、炎の中で繰り広げられるゴジラとメカゴジラの激闘は圧巻です。

そしてクライマックス。ゴジラ・キングシーサーのタッグがメカゴジラと戦う場面では、これでもかと大爆発が起こるのです。

爆発の回数や状態から、かなりの火薬がつぎ込まれているはずです。このようなダイナミックな爆発描写が映画に迫力を与えるのです。

まとめ

“東宝チャンピオンまつり”の一編として上映された『ゴジラ対メカゴジラ』。

迫力ある映像と流麗なテンポで、観客を飽きさせることのない娯楽作に仕上がっています。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は『ゴジラVSビオランテ』(1989)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ポラロイド』感想と評価。ラース・クレヴバーグ監督が紡ぐ上映中止となった正統派ホラー|SF恐怖映画という名の観覧車57

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile057 伝説的なスラッシャー映画の最新作『ハロウィン』(2019)や、全世界で人気を持つホラー小説「IT」の再映画化第2弾など、往年の名作映画の …

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言|炭治郎/禰豆子兄妹の絆×累の感動の“再会”に注目【鬼滅の刃全集中の考察14】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第14回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「那田蜘蛛山編」の名言 …

連載コラム

映画『アウェイク/AWAKE』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。眠ることの出来なくなった世界で起こる崩壊と再生の物語|Netflix映画おすすめ43

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第43回 平和な日常が突如終わりを告げ、不安とパニックの渦中へと引きずり込まれる絶望感を描いた映画の数々。 私たちの身にもいつ起きるか分から …

連載コラム

『アントマン』一般人のスコットはアベンジャーズシリーズを変えた⁈映画『アントマン&ワスプ』はどうなるか|最強アメコミ番付評2

連載コラム「最強アメコミ番付評」第2回戦 こんにちは!野洲川亮です。 毎年のように新作が製作され、2018年もこれまで『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開、いずれも大 …

連載コラム

韓国映画『8番目の男』感想とレビュー評価。パク・ヒョンシクの演技力に確かな信頼を感じる|コリアンムービーおすすめ指南16

人を裁くことは初めての経験だからこそ、ちゃんとしたいのです! 韓国映画『8番目の男』が2019年11月01日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開されます。 2008年、韓国初の国民参与裁判で陪 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学