Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/25
Update

映画『さくら』感想評価レビュー。キャスト北村匠海×⼩松菜奈×吉沢亮に共通する演技力の秘密|映画という星空を知るひとよ33

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第33回

映画『さくら』は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を、その世界観に惹かれた矢崎仁司監督が映画化した作品です。

長男・次男・長女と両親の5人家族の長谷川一家は平凡な毎日を幸せに感じながら生きていました。ところが、あることがきっかけで“一家の幸せ”が崩れます。完全な崩壊を防いだのは、1匹の犬でした。

平凡な次男・薫を『君の膵臓をたべたい』の北村匠海、破天荒な長女・美貴には『渇き。』の小松菜奈、人気者の長男・一を『キングダム』の吉沢亮と、豪華な顔ぶれの兄弟妹が登場します。

彼らの両親は寺島しのぶと永瀬正敏が好演。そして犬のサクラも加えて、5人と1匹の長谷川家の物語が始まります。

映画『さくら』は2020年11月13日(金)全国公開。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『さくら』の作品情報


(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
⻄加奈⼦「さくら」(⼩学館刊)

【脚本】
朝西真砂

【監督】
矢崎仁司

【音楽】
アダム・ジョージ

【主題歌】
東京事変「⻘のI D」(EMI Records/ユニバーサルミュージック)

【キャスト】
北村匠海、⼩松菜奈、吉沢亮、⼩林由依(欅坂46)、⽔⾕果穂、⼭⾕花純、加藤雅也、趙珉和、寺島しのぶ、永瀬正敏

【作品概要】
直木賞作家・西加奈子の同名小説を、『太陽の坐る場所』(2014)、『無伴奏』(2016)など人間の複雑な感情を映し出すことに長けた矢崎仁司監督が映画化。犬のサクラと長谷川一家を通して、家族の在り方や、恋、生きることの意味を丁寧に描き出します。

平凡な次男・薫を『君の膵臓をたべたい』(2019)の北村匠海、破天荒な長女・美貴を『渇き。』の小松菜奈、人気者の長男・一を『キングダム』(2019)の吉沢亮、彼らの両親を寺島しのぶと永瀬正敏がそれぞれ演じています。

映画『さくら』のあらすじ

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

慌ただしい年の暮れ。長谷川家の次男・薫(北村匠海)は、大阪の実家へと向かっていました。

実家に通じる坂道を登りながら、思い出すのは子どもの頃のことです。

妹・美貴(小松菜奈)が生まれた時、妹に花を贈ってあげたくて薫は兄・一(吉沢亮)と2人で遠くまで探しに行って捜索願いが出されたこと。

一軒家に引っ越して小学生になった頃、美貴が犬を飼いたいと言い出し、両親を説得して犬をもらいに行って、結局自分が気に入った犬・サクラ(ちえ)をもらってしまったこと。

高校生になった兄にガールフレンドができ家によく連れて来ていましたが、そのたびに兄ちゃん大好きっ子の美貴の機嫌が悪くなったことなどなど。

犬のサクラと自分たちの成長とともに、長谷川家でおこる悲喜こもごもの出来事は、今では薫にとっても大切な思い出です。

あることがきっかけで2年前に兄が他界しました。スポーツ万能で明るくて頼りがいのあった兄の一。薫にとって兄は憧れの存在でしたのに、ふっつりと消えてしまったのです。

兄のいない家に耐え切れなくなったのか、父(永瀬正敏)が家出をします。兄の死をきっかけに長谷川家はバラバラになってしまいました。

そんな父から2年ぶりに帰宅するという手紙が来て、大学の学生寮にいた薫も帰省することにしたのです。

実家では、母(寺島しのぶ)と美貴が迎えてくれ、先に到着していた父はサクラと買い物に出かけていました。

その日の夜、暗い雰囲気で鍋を囲む4人の周りで、サクラはしきりに尻尾をふり嬉しそうです。

頃合いを見計らって、サクラはおならをします。そのニオイにみんな大爆笑。「サクラは久しぶりにみんながそろったのが嬉しんだよね」。

そして大みそか、壊れかけた家族をもう1度つなぐかのように、奇跡のような出来事が起こりました。

スポンサーリンク

映画『さくら』の感想と評価

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

映画『さくら』のナビゲーターは、次男の薫。父がいて母がいて、兄と妹がいて、そして一家のアイドルの犬1匹。これが大学生長谷川薫の家族です。

自由であけっぴろげで温かな長谷川家

サクラが貰われてきた長谷川家は、兄弟妹仲がとてもいい家族です。

スポーツマンで人気者の優秀な兄・一や、末っ子で初めての女の子ということもあり、自由に育てられた破天荒な妹・美貴と比べ、次男の薫はまるで目立たず大人しい存在でした。

ですが、薫は兄には憧れを抱き、妹には優しさ持って接していました。

何かと言えば家族で集合写真を撮り、お正月とか記念日には餃子をお腹いっぱい食べるのを家風としている長谷川家。

仲が良いのは子どもたちばかりではありません。

父と母がいちゃいちゃと仲良くしていた夜がありました。

次の朝、「昨日の夜に何してたの? お母さん、猫みたいな声出してた」と幼い美貴に聞かれます。しかも、家族が全員集合している朝食の席で。

その時母は、愛情たっぷりに、男女の秘め事とはなんたるやと、分かりやすく教えたのです。長男、次男は目を丸くして真剣に聞き、そばで父が飲みかけた味噌汁を噴き出してむせていましたが……。

両親の過剰とも思えるような愛情表現は、美貴が誕生したときにもよく表れています。

「美貴が生まれた時、スロンと出てきたんや」「なんて美しくて、尊いんや」「お父ちゃん、大泣きやで」。

ナビゲーターの薫は告げます。「母さんが世界で一番幸せなら、父さんは宇宙で一番幸せな男だった」と。

隠し事をしないあけっぴろげな父母の愛は、そのまま子どもたちにも受け継がれ、長男はガールフレンドを度々家に連れてくるようになります。

そんな家族の様子をいつも見ていたのは犬のサクラです。その存在は、兄を取られるという嫉妬から荒れる美貴の唯一の癒しでもありました。

皆にかわいがられ、犬であっても、サクラはきっとこの家に来てよかったと思っているのに違いありません。

長谷川三兄弟妹キャストの共通点

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

とても仲の良い三兄弟妹を演じるのは、北村匠海・小松菜奈・吉沢亮といった、若手俳優の先陣を切る顔ぶれです。

なぜ、この3人が兄弟妹に抜擢されたのでしょう。ご本人たちは、3人とも「三白眼の代表格だから」と思っているそうです。

三白眼は、黒目が小さくて上気味に配置され、白目が目立つという特徴の目をいいます。

構造的に「うつろな目」に見えることもありますが、何を考えているのかわからないというミステリアスな印象を与えるのも、三白眼の特徴です。

そういえば、3人ともクールで印象的な美しい瞳を持っています。

三白眼の力を発揮して演じるそれぞれの役の複雑な心理描写が、作品のコンセプトを揺るぎないものにしているようです。

これが兄弟妹の一番似ているところというのなら、納得も行くキャスティングでした。

特に魅かれたのは、美貴を演じる小松菜奈。

瞳の演技に物を言わせ、憧れが恋心に代わり、兄・一のガールフレンドに嫉妬するわがまま娘の美貴を、時にはかわいらしく、時にはミステリアスな小悪魔ともとれるキャラにしています。

ロシアンルーレットのような“当たり餃子”を食べ、仲良く白目をむく北村巧海と小松菜奈の姿は、とても微笑ましいものでした。

まとめ

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

直木賞作家・西加奈子の小説『さくら』を、矢崎仁司監督が映画化した本作。

一家に次々とおこる出来事を映し出しながら、どんな時でも長谷川一家に寄り添う犬のサクラの姿がそこにあり、とても愛おしく思えます。

北村匠海・小松菜奈・吉沢亮といった美形の俳優を取り揃えた兄弟妹。それぞれの初恋や、人生の生き方も巧みに描き出され、サクラでなくても見守りたくなるでしょう。

人生いろいろ。辛くても家族が寄り添えば苦難も何とか乗り越えられると、本作は教えてくれています。

犬が支えた長谷川一家の物語は、ほっこりと心が温まる作品となっています。

映画『さくら』は2020年11月13日(金)全国公開。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『ココディ・ココダ』あらすじ感想と考察評価。タイムループで殺人鬼サイコパスや人喰い犬からエンドレスに襲撃される!【シッチェス映画祭2020】|SF恐怖映画という名の観覧車125

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile125 一度心に根差した後悔の気持ちは、自責の念が強ければ強いほど悪夢のように何度も人の心を蝕みます。 暗く薄暗い「後悔」と言う危険なヴェール。 …

連載コラム

『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』考察とネタバレ感想。どんでん返しが評価を受ける人間の心の闇を描くドラマスペシャル|SF恐怖映画という名の観覧車114

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile114 梅雨が明け、本格的な夏の暑さが日本中を包み始めた8月。 こんな暑さの日は夏の情緒を感じる作品を鑑賞するのも良いですが、真冬の寒さを感じる …

連載コラム

映画『メガスパイダー』ネタバレ感想と結末までのあらすじ解説。巨尻な女蜘蛛バスターズならグレッグ・グランバーグにお任せください【MEGASPIDER】|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー4

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第4回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

連載コラム

映画監督ジョン・キャメロン・ミッチェルのインタビュー【パーティーで女の子に話しかけるには】FILMINK-vol.14

FILMINK-vol.14 John Cameron Mitchell: Vive Le Punk オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

パワーレンジャー(2020)|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。日本特撮とアメコミ超大作の垣根に潜む“ミッシングリンク”|B級映画ザ・虎の穴ロードショー19

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第19回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学