Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/25
Update

映画『さくら』感想評価レビュー。キャスト北村匠海×⼩松菜奈×吉沢亮に共通する演技力の秘密|映画という星空を知るひとよ33

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第33回

映画『さくら』は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を、その世界観に惹かれた矢崎仁司監督が映画化した作品です。

長男・次男・長女と両親の5人家族の長谷川一家は平凡な毎日を幸せに感じながら生きていました。ところが、あることがきっかけで“一家の幸せ”が崩れます。完全な崩壊を防いだのは、1匹の犬でした。

平凡な次男・薫を『君の膵臓をたべたい』の北村匠海、破天荒な長女・美貴には『渇き。』の小松菜奈、人気者の長男・一を『キングダム』の吉沢亮と、豪華な顔ぶれの兄弟妹が登場します。

彼らの両親は寺島しのぶと永瀬正敏が好演。そして犬のサクラも加えて、5人と1匹の長谷川家の物語が始まります。

映画『さくら』は2020年11月13日(金)全国公開。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『さくら』の作品情報


(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
⻄加奈⼦「さくら」(⼩学館刊)

【脚本】
朝西真砂

【監督】
矢崎仁司

【音楽】
アダム・ジョージ

【主題歌】
東京事変「⻘のI D」(EMI Records/ユニバーサルミュージック)

【キャスト】
北村匠海、⼩松菜奈、吉沢亮、⼩林由依(欅坂46)、⽔⾕果穂、⼭⾕花純、加藤雅也、趙珉和、寺島しのぶ、永瀬正敏

【作品概要】
直木賞作家・西加奈子の同名小説を、『太陽の坐る場所』(2014)、『無伴奏』(2016)など人間の複雑な感情を映し出すことに長けた矢崎仁司監督が映画化。犬のサクラと長谷川一家を通して、家族の在り方や、恋、生きることの意味を丁寧に描き出します。

平凡な次男・薫を『君の膵臓をたべたい』(2019)の北村匠海、破天荒な長女・美貴を『渇き。』の小松菜奈、人気者の長男・一を『キングダム』(2019)の吉沢亮、彼らの両親を寺島しのぶと永瀬正敏がそれぞれ演じています。

映画『さくら』のあらすじ

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

慌ただしい年の暮れ。長谷川家の次男・薫(北村匠海)は、大阪の実家へと向かっていました。

実家に通じる坂道を登りながら、思い出すのは子どもの頃のことです。

妹・美貴(小松菜奈)が生まれた時、妹に花を贈ってあげたくて薫は兄・一(吉沢亮)と2人で遠くまで探しに行って捜索願いが出されたこと。

一軒家に引っ越して小学生になった頃、美貴が犬を飼いたいと言い出し、両親を説得して犬をもらいに行って、結局自分が気に入った犬・サクラ(ちえ)をもらってしまったこと。

高校生になった兄にガールフレンドができ家によく連れて来ていましたが、そのたびに兄ちゃん大好きっ子の美貴の機嫌が悪くなったことなどなど。

犬のサクラと自分たちの成長とともに、長谷川家でおこる悲喜こもごもの出来事は、今では薫にとっても大切な思い出です。

あることがきっかけで2年前に兄が他界しました。スポーツ万能で明るくて頼りがいのあった兄の一。薫にとって兄は憧れの存在でしたのに、ふっつりと消えてしまったのです。

兄のいない家に耐え切れなくなったのか、父(永瀬正敏)が家出をします。兄の死をきっかけに長谷川家はバラバラになってしまいました。

そんな父から2年ぶりに帰宅するという手紙が来て、大学の学生寮にいた薫も帰省することにしたのです。

実家では、母(寺島しのぶ)と美貴が迎えてくれ、先に到着していた父はサクラと買い物に出かけていました。

その日の夜、暗い雰囲気で鍋を囲む4人の周りで、サクラはしきりに尻尾をふり嬉しそうです。

頃合いを見計らって、サクラはおならをします。そのニオイにみんな大爆笑。「サクラは久しぶりにみんながそろったのが嬉しんだよね」。

そして大みそか、壊れかけた家族をもう1度つなぐかのように、奇跡のような出来事が起こりました。

映画『さくら』の感想と評価

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

映画『さくら』のナビゲーターは、次男の薫。父がいて母がいて、兄と妹がいて、そして一家のアイドルの犬1匹。これが大学生長谷川薫の家族です。

自由であけっぴろげで温かな長谷川家

サクラが貰われてきた長谷川家は、兄弟妹仲がとてもいい家族です。

スポーツマンで人気者の優秀な兄・一や、末っ子で初めての女の子ということもあり、自由に育てられた破天荒な妹・美貴と比べ、次男の薫はまるで目立たず大人しい存在でした。

ですが、薫は兄には憧れを抱き、妹には優しさ持って接していました。

何かと言えば家族で集合写真を撮り、お正月とか記念日には餃子をお腹いっぱい食べるのを家風としている長谷川家。

仲が良いのは子どもたちばかりではありません。

父と母がいちゃいちゃと仲良くしていた夜がありました。

次の朝、「昨日の夜に何してたの? お母さん、猫みたいな声出してた」と幼い美貴に聞かれます。しかも、家族が全員集合している朝食の席で。

その時母は、愛情たっぷりに、男女の秘め事とはなんたるやと、分かりやすく教えたのです。長男、次男は目を丸くして真剣に聞き、そばで父が飲みかけた味噌汁を噴き出してむせていましたが……。

両親の過剰とも思えるような愛情表現は、美貴が誕生したときにもよく表れています。

「美貴が生まれた時、スロンと出てきたんや」「なんて美しくて、尊いんや」「お父ちゃん、大泣きやで」。

ナビゲーターの薫は告げます。「母さんが世界で一番幸せなら、父さんは宇宙で一番幸せな男だった」と。

隠し事をしないあけっぴろげな父母の愛は、そのまま子どもたちにも受け継がれ、長男はガールフレンドを度々家に連れてくるようになります。

そんな家族の様子をいつも見ていたのは犬のサクラです。その存在は、兄を取られるという嫉妬から荒れる美貴の唯一の癒しでもありました。

皆にかわいがられ、犬であっても、サクラはきっとこの家に来てよかったと思っているのに違いありません。

長谷川三兄弟妹キャストの共通点

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

とても仲の良い三兄弟妹を演じるのは、北村匠海・小松菜奈・吉沢亮といった、若手俳優の先陣を切る顔ぶれです。

なぜ、この3人が兄弟妹に抜擢されたのでしょう。ご本人たちは、3人とも「三白眼の代表格だから」と思っているそうです。

三白眼は、黒目が小さくて上気味に配置され、白目が目立つという特徴の目をいいます。

構造的に「うつろな目」に見えることもありますが、何を考えているのかわからないというミステリアスな印象を与えるのも、三白眼の特徴です。

そういえば、3人ともクールで印象的な美しい瞳を持っています。

三白眼の力を発揮して演じるそれぞれの役の複雑な心理描写が、作品のコンセプトを揺るぎないものにしているようです。

これが兄弟妹の一番似ているところというのなら、納得も行くキャスティングでした。

特に魅かれたのは、美貴を演じる小松菜奈。

瞳の演技に物を言わせ、憧れが恋心に代わり、兄・一のガールフレンドに嫉妬するわがまま娘の美貴を、時にはかわいらしく、時にはミステリアスな小悪魔ともとれるキャラにしています。

ロシアンルーレットのような“当たり餃子”を食べ、仲良く白目をむく北村巧海と小松菜奈の姿は、とても微笑ましいものでした。

まとめ

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

直木賞作家・西加奈子の小説『さくら』を、矢崎仁司監督が映画化した本作。

一家に次々とおこる出来事を映し出しながら、どんな時でも長谷川一家に寄り添う犬のサクラの姿がそこにあり、とても愛おしく思えます。

北村匠海・小松菜奈・吉沢亮といった美形の俳優を取り揃えた兄弟妹。それぞれの初恋や、人生の生き方も巧みに描き出され、サクラでなくても見守りたくなるでしょう。

人生いろいろ。辛くても家族が寄り添えば苦難も何とか乗り越えられると、本作は教えてくれています。

犬が支えた長谷川一家の物語は、ほっこりと心が温まる作品となっています。

映画『さくら』は2020年11月13日(金)全国公開。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

韓国映画『暗数殺人』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。実話元ネタ事件の真相と刑事の執念を描く|サスペンスの神様の鼓動32

こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、狡猾な殺 …

連載コラム

映画『母の聖戦』あらすじ感想と評価解説。実話から‟市民”の母親が誘拐事件の犯人に立ち向かう姿を描く|映画という星空を知るひとよ131

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第131回 知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫り、誘拐された娘の奪還を誓った母親の愛と執念の物語『母の聖戦』。 実話を基にした社会派ドラマ『母の聖戦』は、 …

連載コラム

『ガール・ピクチャー』あらすじ感想と評価解説。フィンランドの青春映画で描く‟恋と性”に悩む少女たちの成長|山田あゆみのあしたも映画日和9

連載コラム「山田あゆみのあしたも映画日和」第9回 今回ご紹介するのは、北欧発ガールズ青春映画の『ガール・ピクチャー』です。 3人の少女が3度の金曜日に経験する、運命的な恋や性体験を巡る葛藤や成長を描い …

連載コラム

映画『愛について書く』あらすじ感想と解説レビュー。脚本家の“お仕事映画”としての愉しみ|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録8

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『愛について書く』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。コロナウイルス感染の拡大に伴い、イベントや、舞台挨拶な …

連載コラム

未体験ゾーンの映画たち2020延長戦おすすめ5選。ラインナップ23本から厳選セレクション|【延長戦】見破録24(最終回)

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第24回(最終回) さまざまな理由から日本公開が見送られていた映画を紹介する、恒例となった上映企画”未体験ゾーンの映画たち”。今年は「未体験 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学