Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/31
Update

映画『MAKI マキ』あらすじと感想。サンドバーグ直美演じる日本人女性がNYでとった選択とは|銀幕の月光遊戯9

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第9回

こんにちは、西川ちょりです。

今回取り上げる作品は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』です。

イランの名匠アミール・ナデリに師事する新鋭女性監督ナグメ・シルハンの長編第二作である本作は、孤独な愛と欲望がゆらめくニューヨークで生きる日本人女性たちを描く日米合作映画です。

主人公のマキ役のサンドバーグ直美とトミー役のジュリアンの二人が、恋人同士として美しいシルエットを見せ、日本を代表する女優・原田美枝子がクラブオーナーのミカを圧倒的な存在感で演じています。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『MAKI マキ』のあらすじ


『MAKI マキ』

英語も話せないままアメリカ人の恋人を追って日本を飛び出したマキは、ミカという女性が経営するニューヨークの日本人高級クラブでホステスとして働いています。

源氏名は“エヴァ”。東京の家族にはたまにスカイプなどで連絡をとっていますが、母の病気の具合はあまりよくなさそうです。

マキは、密かにボーイのトミーと愛をはぐくみ、彼の部屋で暮らしていました。クラブ内は恋愛禁止で、ミカにこのことがバレれば大変なことになるかもしれません。でも、マキはトミーを愛しており、このニューヨークの街で彼だけが頼りでした。

お店に出ると最近、体調が悪い事が多く、ホステス仲間からは「風邪じゃない?」と尋ねられます。マキには心当たりがありましたが、まだ誰にも相談出来ずにいました。

仕事が終わったあと、マキはトミーと他の何人かのホステスたちと一緒に夜の街に繰り出しました。ところが、あるお店でユミコという女性と遭遇すると、トミーは皆に出ようと声をかけ、出ていこうとします。

ユミコは「挨拶ぐらいしたっていいじゃない」と絡んできましたが、トミーは彼女に詰め寄ると「こっちは見過ごそうとしてやってるんだぞ。お前は金を選んだんだろ? あいつらがミカにちくったらお前は終わりだ」と強い口調で言うのでした。

ホステスたちが言うには、ユミコは金を盗んでいるところを見つかってミカに首にされたのだそうです。マキはトミーが彼女と何かあったのではないかと胸騒ぎを覚えました。

マキはユミコの家をつきとめ、訪ねていきますが、ユミコはトミーとの関係を匂わせながらも、何も語ろうとしません。

マキは吐き気を覚え、トイレに駆け込みました。出てきたマキにユミコは尋ねました。「病院に行った?」マキが首を振ると、「トラブルに巻き込まれたくなかったらここに来たことを誰にも言わないで」と言うのでした。

マキがシャワーを浴びている最中、トミーは彼女のバッグを開けていました。取り出したのは彼女のパスポートでした。

クラブに出勤したマキにミカが声をかけてきました。「お医者さんに見てもらいなさい」そういうと、ミカはマキに医師の名刺を渡すのでした。

マキが向かった先は産婦人科でした。

トミーからマキのパスポートを受け取ったミカは、「これで出国できなくなったわね。計画通りに進んでいるからミスしないでね」と言うのでした。

トミーの子を妊娠したマキに、ミカは優しく母親のように接し、トミーはユミコも妊娠させて捨てたのだ、あなたにも同じことをするだろうと言うと、子供の将来のために生まれてくる子を養子にだすことを提案します。

親身になってくれるミカにマキは問いかけました。「なぜそんなに優しいのですか?」

全てはミカが計画したことでした。トミーとホステスを付き合わせ、ホステスが妊娠すると、その子を養子縁組しては金を儲けていたのです。ユミコもその計画に巻き込まれた一人だったのです。

何も知らないマキは、ミカがすすめる方法が一番の選択だと結論を出すのですが…。

映画『MAKI マキ』のキャスト紹介

マキ役のサンドバーグ直美とは


『MAKI マキ』

1989年東京生まれ。『SPUR』、『anan』、『Jille』などの女性誌や広告、テレビCMなどでモデルとして活躍。

女優としては2016年にアマゾンプライムドラマ『東京女子図鑑』(タナダユキ監督)に出演。

『MAKI マキ』で映画初出演にして初主演を果たします。

モデル、女優業の他に、アートディレクター、デザイナーとしても活躍中。

トミー役のジュリアンとは


『MAKI マキ』

1987年東京生まれ。ニューヨーク在住。ブラウン大学で演劇を専攻。ニューヨーク大学大学院芸術学部で演劇と国際関係学を学びました。

ブロードウェイの『ドクトル・ジバコ』、オフ・ブロードウェイの『ロミオとジュリエット』や『RENT』、『お気に召すまま』などの舞台に出演。

TVドラマ『Mr.Robot』(USA)、『Gypsy』(Netflix)、『The Outpost』(CW)、『Crashing』(HBO)、『The Tick』(Amazon Prime)などにも出演しています。

ミカ役の原田美枝子とは


『MAKI マキ』

言わずと知れた日本映画を代表する女優。

『MAKI マキ』には俳優を夢見てニューヨークに渡った人々がシルハン監督により、キャスティングされているのですが、原田美枝子の出演が決まった時、皆、一緒の現場に立てることを喜んだそうです。

1974年、『恋は緑の風の中で』(1974/家城巳代治監督)でデビュー。その後、『大地の子守歌』(1976/増村保造監督)、『青春の殺人者』(1976/長谷川和彦監督)で主演し、十代で数々の賞を授賞し、高く評価されました。

その後も『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』(1980/神代辰巳監督)、『乱』(1985/黒澤明監督)、『火宅の人』(1986/深作欣二監督)、『絵の中のぼくの村』(1996/東陽一監督)、『愛を乞うひと』(1998/平山秀幸監督)、『雨あがる』(2000/小泉堯史監督)など多くの作品に出演。

近年の出演作品に『蜩ノ記』(2014/小泉堯史監督)、『海辺のリア』(2017/小林政広監督)、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018/前田哲監督)などがあります。

スポンサーリンク

ナグメ・シルハン監督とは


『MAKI マキ』

イラン生まれ。イラン革命の前年に家族とアメリカへ移住。父親はテヘランへ戻りましたが、イランイラク戦争の影響で母親とともにアメリカに残ることになりました。

こうした移住や家族との別離が、シルハン監督の作品の主なテーマとなっています。

西島秀俊主演の『CUT』(2011)や『駆ける少年』(1985)などの作品で知られるアミール・ナデリ監督に師事.

2010年の『The Neighbor (Hamsayeh)』が映画祭で評価され、『MAKI マキ』が長編第二作となります。

黒澤明、小林正樹、溝口健二などの日本の映画監督や、村上春樹、三島由紀夫、小川洋子といった日本の小説家の作品を愛好し、日本文化にずっと興味があったというシルハン監督。

ニューヨークの日本人コミュニティーとも関わりがあったシルハン監督は、2年間、ニューヨークと東京のナイトクラブを取材し、ニューヨークの日本人裏社会コミュニティーとも言うべきスタイリッシュな世界を見事に作り上げ、そこに生きる人々を確かな目で見つめています。

映画『MAKI マキ』の感想


『MAKI マキ』

黄金に輝くニューヨークを車が通り抜けていきます。車窓からニューヨークを捉えた映像はこれまでに何度も映画の中で見てきましたが、これほど静謐で、蠱惑的なニューヨークはほとんど記憶にありません。

美しく、きらびやかで、どこか実態のない、まるで夢の世界のような都市の光景にすっかり魅了されてしまいました。多くの人を引きつけては惑わすファム・ファタールのようにすら見えてきます。

この街に憧れてやってきた日本人の面々の生活が綴られていきます。クラブでボーイをやっているトミーは俳優になりたいという明確な目的がありますが、チャンスを失いかけています。

一方、マキは、恋人を追ってきたという過去が言葉で語られるものの、現在はその積極性も垣間見られず、英語もほとんど話せず、日本人コミュニティの中に取り敢えずの居場所を見つけてはいるものの、たよりなげに浮遊している儚い人物に見えます。

ニューヨークという大都会で立ち往生していながら、故郷にも戻れない、この不安定さが、彼らだけに特有なものでなく、現代社会で誰もが持ちうる不安とシンクロしてくるところが、本作の魅力の一つです。

異国の地で迷子になったような人生を送っている女性が、辿り着く先はどんな世界なのか? 同胞の集まるコミュニティーは、本当の居場所なのか? 


『MAKI マキ』

トミーに扮するジュリアンと、マキを演じるサンドバーグ直美の組み合わせは、実にエレガントで、トミーがマキに執着するのも説得力があります。

いつまでも眺めていたくなるような二人の優れたビジュアル。これ、映画的にはとても大切な要素です。

それにしてもこのクラブのような日本人裏コミュニティーともいえる世界を垣間見てしまったことに興奮を抑えきれません。

なんといってもクラブのママを演じた原田美枝子には畏怖すら感じてしまいます。

和やかな雰囲気で登場したと思ったらふいに凄みを見せ、ただならぬ存在感が画面に漲ります。

マキに優しい言葉をかける際の彼女は、どんどん言葉が溢れて、饒舌になっていき、純真な若者を騙すことに躊躇しません。

一体どんな人生を彼女は歩んできたのか!? 『MAKI マキ』は原田美枝子の代表作の一つとなることでしょう。

これほどまでの魅力的な悪を演じてくれるとは! しばらくこの路線を突き進んでいただきたいくらいです。

スポンサーリンク

まとめ


『MAKI マキ』

『MAKI マキ』の世界では“愛”と“金”が人々を翻弄します。

漂流者の夢を埋め合わせるものは“愛”か“金”か? 

愛を求めれば金にそっぽを向かれ、金を求めれば愛を失ってしまう。

そんな中、マキはどのような選択をするのでしょうか?

映画『MAKI マキ』は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされます!

次回の銀幕の月光遊戯は…

次回の銀幕の月光遊戯は、11月10日(土)より公開の日本、ポルトガル、アメリカの3か国による合作映画『ポルトの恋人たち 時の記憶』をご紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画歴代ランキング(洋画1980年代)5選!やばい見てはいけないガチ怖を探すならこの時代へ飛び込もう!【増田健ホラーセレクション5】

おすすめの1980年代の洋画ホラー映画5選! 過去のホラー映画に興味を持った方、何を見ようか迷っていませんか? そんなアナタのために、各年代のホラー映画から5作品を厳選。今回はホラー映画全盛期、198 …

連載コラム

潜水艦映画『Uボート235潜水艦強奪作戦』あらすじネタバレと感想。ハズレなしの冒険海洋アクション活劇をベルギー製として描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録34

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第34回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第34回で紹介するのは、第2次世界大戦下の大西洋を舞台にした戦争映画『Uボート:235 潜水艦強奪 …

連載コラム

映画『旅愁』あらすじと感想。演技経験のないキャストが豊かな表情で社会的な課題を問う【呉沁遥監督と出演陣のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭5

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・呉沁遥監督作品『旅愁』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年も開幕。今 …

連載コラム

『30デイズナイト』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ホラー映画のカルト的人気のサムライミが描くヴァンパイア作品|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー9

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第9回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

連載コラム

映画『サンダーフォース 正義のスーパーヒロインズ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。無法地帯シカゴで正反対の2人によるヒーローチームの戦いを描く|Netflix映画おすすめ31

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第31回 超人的な能力を持つ悪の存在ミスクリアンにより、無法地帯となったシカゴを舞台に、2人の女性ヒーローの戦いを描いたNetflix映画『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学