Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/12/25
Update

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』ネタバレあらすじと感想。「原点も頂点もない」と「お前はお前の時代の1号なんだ」というライダー宣言|邦画特撮大全64

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第64章

令和最初の仮面ライダー“ゼロワン” と平成最後の仮面ライダー“ジオウ”が競演する仮面ライダー冬映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019)。

2010年に公開された『仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』以降、恒例になった新旧仮面ライダーのクロスオーバー映画。世界観が全く異なるゼロワンとジオウがどのように交わるのか?

今回の邦画特撮大全は『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019)を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』の作品情報


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

【公開】
2019年12月21日(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
高橋悠也

【監督】
杉原輝昭

【キャスト】
高橋文哉、奥野壮、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、 中川大輔、砂川脩弥、桜木那智、成田愛純、石井康嗣、佐伯新、児島一哉、和田聰宏、生駒里奈、山本耕史、西岡徳馬

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』の作品概要


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

“令和最初”の仮面ライダー「ゼロワン」と“平成最後”の仮面ライダー「ジオウ」の競演映画。

ゲストキャラクターであるヒューマギア・ウィル/アナザーゼロワンには話題となったTVドラマ『あなたの番です』(2019)の和田聰宏。タイムジャッカ―のフィーニス役には元「乃木坂46」の生駒里奈。

監督は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018~2019)の杉原輝昭、脚本は『仮面ライダーエグゼイド』(2016~2017)の高橋悠也が担当しました。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』のあらすじとネタバレ


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

飛電インテリジェンスの社長兼仮面ライダーゼロワンの飛電或人が会社へ向かうと、社長は或人ではなくヒューマギアのウィルになっていました。

なんと世界はヒューマギアに支配されていたのです。或人はゼロワンに変身し、ウィルが変身するアナザーゼロワンの攻撃へ対抗。

しかし変身ベルト“ゼロワンドライバー”を奪われてしまいます。

或人はレジスタンスとなっていた不破諫/仮面ライダーバルカン、刃唯阿/仮面ライダーバルキリーに救われ、人間たちが隠れる避難所へ。或人はそこで秘書であるヒューマギア・イズに再会します。

しかしウィル率いるヒューマギアの大軍が来襲。ドライバーを奪われ戦えない或人でしたが、謎の男から滅亡迅雷フォースライザーを渡され“仮面ライダー001”に変身。或人は再びアナザーゼロワンと戦いますが、イズをかばったため重症を負ってしまいます。

アナザーゼロワンの追撃を受けそうになった或人でしたが、常盤ソウゴ/仮面ライダージオウたちに助けられます。彼らは分断されたはずの仮面ライダーの世界が再びひとつになろうとしていることに気付き、動き始めていました。

事件の裏にタイムジャッカ―がいると察知したソウゴたちは、或人を連れてデイブレイク事件が起きた12年前へ飛びました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

12年前の世界に飛んだ或人とソウゴたちの前に立ちはだかったのは仮面ライダー1型。変身するのは或人の父であるヒューマギア・飛電其雄でした。

其雄は「ヒューマギアが笑える世界を作るため」には力が必要と、ゼロワンシステムを開発したのです。それは幼い頃の或人が発した「お父さん(其雄)を心から笑わせること」という夢がきっかけでした。

さらに打ち上げが予定されている人工衛星アークにはヒューマギアを攻撃的にするプログラムがされており、その衛星アークも其雄と当時社長秘書であったウィルによって作られたものでした。

ウィルはヒューマギアが人間に支配されている状況に不満を抱いており、或人の祖父である先代社長・是之助からも警戒されていたのです。

人工衛星アークが「ヒューマギアが笑える世界を作るため人類を滅亡させる」という答えを算出し、ヒューマギアを暴走させたのが12年前のデイブレイク事件の真相だったのです。

或人たちは人工衛星の発射を止めるため動きます。或人と其雄はそれぞれ仮面ライダー001と仮面ライダー1型に変身し激突!! しかし其雄が望んでいたのは「自分が笑い或人も共に笑える世界」。

それがアークによっては実現しないと認識した其雄は、アークの発射を止めようとしていたのです。そこへタイムジャッカー・フィーニスによってアナザーセロワンへと変貌したウィルがやってきます。

ウィルの邪魔によって衛星アークは発射されてしまいます。

一方、ソウゴたちはフィーニスと対面します。彼女の目的は歴史に介入する事でソウゴをおびき出し、全ての仮面ライダーの力を奪うことでした。フィーニスはソウゴから奪った力で強大なアナザー1号に変身……。

過去を守れなかった一行は現代に戻ります。或人は囚われのイズを救出するため、飛電インテリジェンスの株主総会へ乱入。人類とヒューマギアの共存の夢を訴え株主たちの心を動かします。

しかし過半数の支持を得られなかった上、ヒューマギアが暴走。窮地に陥る或人でしたが、不破たちレジスタンス、さらに明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツたちが助けに駆けつけます。

或人は再び其雄と対峙。激闘の果て或人は其雄に勝利します。其雄は12年の間アークの支配に抵抗し「人とヒューマギアが笑える世界」を目指して戦っていたのでした。

そして或人も其雄の真意に気付いていました。或人は其雄からゼロワンドライバーを返してもらい、彼を看取った後、再び戦いへ赴きます。

不破たちはアナザーゼロワンを撃破し、ゲイツたち3人は仮面ライダー滅と仮面ライダー迅を退却させます。

一方、仮面ライダージオウは巨大なアナザー1号と戦っていました。アナザー1号はゲイツのタイムマジーンを取り込みアナザー新1号へ進化‼

ゼロワンもジオウに加勢し、2人でアナザー新1号を撃破。タイムジャッカ―を倒したことで歴史の改変はなくなり、世界は元に戻りました。

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』の感想と評価


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

『仮面ライダーゼロワン』と『仮面ライダージオウ』の競演映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』。過去の仮面ライダー冬映画と同様に非常に情報量の多い濃密な映画となっています。

2018年公開された『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOEVER』(2018)と同様、『ジオウ』の持つメタフィクショナルな作風と設定が『ゼロワン』との競演を可能にしました。

杉原輝昭監督が『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で魅せた華麗な演出は本作でも健在で、スタイリッシュさと東映らしい大胆さを兼ね備えた映像は非常に見ごたえのあるものとなっています。

『ゼロワン』の物語の発端である“デイブレイク事件”の詳細が語られるため、ドラマは飛電或人と父・其雄の親子の物語を中心に進みます。

前作『ジオウ』の主人公・常盤ソウゴは本作では迷いを見せる或人を導く役割で、ソウゴの1年間での成長と先輩ライダーの風格を感じさせます。

本作の敵によって世界が支配され生き残った人類がレジスタンス活動をしているという世界観は、『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』(2003)を彷彿とさせます。

しかしヒューマギアがAI搭載型アンドロイドという点やタイムトラベルの要素などから、今年2019年に最新作が公開された『ターミネーター』シリーズを意識した世界観にも感じられます。

また或人が父・其雄を超えるというテーマも2019年最新作が公開された「スター・ウォーズ」シリーズを意識したものではないでしょうか。

本作のキーワードは劇中にも登場した“始まりのライダー”でしょう。令和最初の仮面ライダーであるゼロワンのほか、本作には『ゼロワン』の世界で最初に開発された仮面ライダー1型、全ての仮面ライダーの始まりである仮面ライダー1号をベースにした敵“アナザー1号”が登場する点も興味深いです。

スポンサーリンク

まとめ


「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

令和という新たな時代を迎えた仮面ライダーシリーズ。本作『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』。

ソウゴがアナザー1号に対して放った「仮面ライダーに原点も頂点もない」、其雄が或人に語った「お前は誰の後継者でもない。お前はお前の時代の1号なんだ」という2つの台詞は、新時代の仮面ライダーとはどういうものなのかという宣言にも感じられます。

この宣言を受けて、『仮面ライダーゼロワン』がどのような終着点に辿りつくのか、2020年の夏まで見届けましょう。

次回の『邦画特撮大全』は…

次回の邦画特撮大全は『騎士竜戦隊リュウソウジャーVS快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2020)を紹介します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

クレヨンしんちゃん映画2021ネタバレ【謎メキ!花の天カス学園】感想とあらすじ解説。延期されたオリンピックの盛り上がりを超える青春学園ミステリー|映画道シカミミ見聞録59

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第59回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年7月30日(金)より全国公開された『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』を紹介いたします。 シリーズ史 …

連載コラム

映画『バニシング』ネタバレ感想と考察レビュー。実際の失踪事件をサスペンスを2重構造へ!|サスペンスの神様の鼓動28

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、孤島を舞台に、3人の灯台守が狂気に …

連載コラム

地獄が呼んでいる5話ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。カルト支配のデストピアを描いた激ヤバ描写の韓国ドラマに注目!

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と長編アニメ映画『ソウル・ステーション パンデミック』(2016)の大ヒットで、韓国を代表するア …

連載コラム

瀬長亀次郎映画2【米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯】レビュー解説。理想と矛盾が同居する沖縄で闘った男の軌跡|だからドキュメンタリー映画は面白い23

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第23回 アメリカ占領下の沖縄で闘った不屈の男の生涯に迫る――。 今回取り上げるのは、2019年8月17日(土)から桜坂劇場で沖縄先行公開、24日(土) …

連載コラム

映画『ギャング・イン・ニューヨーク』ネタバレ感想と評価。ジョン・ゴッディの実録映画化に家族たちも協力|未体験ゾーンの映画たち2019見破録37

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第37回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はNYに君臨した、伝説のギャングの半生 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学