Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/04
Update

『ヘルボーイ』感想と評価。ギレルモ・デル・トロのアカデミー賞の原点とは|最強アメコミ番付評9

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第9回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回はギレルモ・デル・トロ監督の映画『ヘルボーイ』を考察していきます。

後に映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でアカデミー賞を受賞した、デル・トロ監督の原点とも言うべき作品から、その作風である“異形への偏愛”を探っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

原作愛を貫いた執念の『ヘルボーイ』映画化

(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『ヘルボーイ』の原作コミックは、1994年にダークホースコミックスから刊行されました。

第二次世界大戦の時代、ナチス・ドイツが行った儀式により、地上へと召喚された悪魔の赤ん坊、ヘルボーイが人間に育てられ、エージェントとして魑魅魍魎たちと戦っていくというストーリーです。

この原作、及び作者であるマイク・ミニョーラのファンであったのが、誰あろうギレルモ・デル・トロでした。

元々オタク気質であり、日本の特撮やアニメも愛するデル・トロは、並々ならぬ執念と妥協を許さぬ姿勢で『ヘルボーイ』の映画化を進めます。

スター俳優をヘルボーイ役に据えることを望む映画会社に対し、ロン・パールマンを起用することを譲らず、映画化に至るまで7年以上の月日を要することになりました。

さらにその執念は、『ヘルボーイ』製作への“経験値”を得るためという理由で、同じアメコミ原作のダークヒーロー映画『ブレイド2』(2002)の監督を務めるほどに燃え上がっていきます。

この『ブレイド2』ではデル・トロ憧れの存在である、『ヘルボーイ』作者のマイク・ミニョーラが美術監督を務め、『ヘルボーイ』でもミニョーラはモンスター、背景のデザインに携わります。

万全の態勢を整えたデル・トロは、2004年に念願の『ヘルボーイ』映画化にこぎつけ、全世界で予想を超えるヒットをもたらしました。

それを受けて続編『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(2008)の製作が決定。

第1作以上の製作費を得て、世界観をスケールアップさせたこの続編は、前作超えのヒットを記録します。

これらの「ヘルボーイ」シリーズは、後にデル・トロにオスカーをもたらすこととなる映画『シェイプ・オブ・ウォーター』へと連なる、あるキャラクターが登場していました。

『シェイプ・オブ・ウォーター』へと繋がる“美しき化け物”造形

shareyourwallpapers.com

ヘルボーイとコンビを組み、サイコメトリー能力を使い活躍するエイブ・サピエンは“青い半魚人”というキャラクターで、正に『シェイプ・オブ・ウォーター』で登場する“不思議な生き物”を連想させるものでした。

『シェイプ・オブ・ウォーター』の“不思議な生き物”も、『ヘルボーイ』のサピエン同様に、半魚人のごとく水中での活動を基本としており、どちらも卵が好物(サピエンは腐った卵)であり、そして演じているのは両方ダグ・ジョーンズという通底したイメージを持つキャラクターなのです。

ここで浮かび上がってくるのが、デル・トロが持つクリーチャー、“化け物”へのこだわりと揺るぎない愛情です。

ダグ・ジョーンズの起用は、この2作品のみならず全6作品に及びます。

デル・トロにとっては単なるスーツアクターではなく、異形のものが持つ未知の身体性を表現することが出来る役者として、代えのきかない存在と考えていることが伝わります。

興味深いのが、デル・トロがダグ・ジョーンズの役作りに関して、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』でジョーンズが演じたシルバーサーファーの名前を口にしたことです。

全身銀色で、高い頭脳と力を併せ持つシルバーサーファーを念頭に置くということから、“不思議な生き物”が単なる野獣、動物とは一線を画す、奥行きを持つキャラクターとして描写しようとしていることが分かります。

このようなクリーチャーへのこだわりは、人間サイズのキャラクターだけではなく、やはりデル・トロが愛する特撮作品の怪獣にも現れてきます。

その際たる例が『パシフィック・リム』(2013)でしょう。

究極に私的な作品『パシフィック・リム』

日本の特撮アニメ、映画の影響を強く感じさせる『パシフィック・リム』ですが、そこで登場するロボット、怪獣のビジュアルは、ひと際デル・トロの偏愛を感じさせるものでした。

執拗なまでにロボットの一挙手一投足、怪獣のビジュアル(鱗の一つひとつに至るまで)を画面に収めるカメラワーク。

デル・トロの過剰なまでのフェティシズムを包み隠さず、そのまま演出として表現してみせた、ある意味では“究極に私的”な作品と言っても過言ではありません。(監督が代わった続編の『パシフィック・リム:アップライジング』と見比べると、演出の違いは明らかです。)

このようなデル・トロの“異形への偏愛”と、ジャンル映画への不変なる思いが、2018年アカデミー賞にて、『シェイプ・オブ・ウォーター』の作品賞、監督賞など4部門受賞と実を結び、世界中の特撮ファン、映画ファンが歓喜しました。

残念ながら、デル・トロが企画していた「ヘルボーイ」シリーズ第3弾は頓挫してしまいましたが、最近になり2019年公開予定のリブート版『ヘルボーイ』の一部ビジュアルが発表されました。

デル・トロは直接関わることはないそうですが、その偏愛っぷりがどのような形でリブート版に影響を及ぼしているのか、今から大変気になるところです。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。
次回の第10回戦では、『スパイダーマン3』から新作公開を控える”ヴェノム”というキャラクターを考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第11講「悪の行為について:ヤスパース/カント/アーレントの観点から『デカローグ』第5話を観る」

講義「映画と哲学」第11講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第11講では、カール・ヤスパースの『真理について』、カントの『単なる理性の限界内の宗教』、ハンナ・ …

連載コラム

Netflixアニメ『虫籠のカガステル』ネタバレ感想と評価解説。最後終末のポストアポカリプスの世界で奇病が蔓延する中で出会ったキドウと少女イリ|Netflix映画おすすめ5

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第5回 千明孝一が手掛けた、橋本花鳥の漫画を原作としたNetflixオリジナルアニメシリーズ『虫籠のカガステル』。 人間が巨大な虫になってし …

連載コラム

ジーン・セバーグ映画『リリス』のあらすじと考察。 ロバート・ロッセン監督が放つ美しく危険な神話|偏愛洋画劇場17

連載コラム「偏愛洋画劇場」第17幕 ケネディ大統領の就任、公民権運動、ベトナム戦争、キング牧師やマルコム・Xの登場、そして暗殺…。アメリカだけでも数え切れないほどの出来事が起こった動乱の時代であった1 …

連載コラム

映画『連合艦隊』あらすじと感想評価。戦艦大和の悲劇を二つの家族の悲劇を通じて描く|邦画特撮大全54

連載コラム「邦画特撮大全」第54章 2019年7月26日より公開される『アルキメデスの大戦』。戦艦大和の建造を巡る人間ドラマで、山崎貴監督のVFXによって戦艦大和が描かれます。 (C)2019「アルキ …

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP