Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/09
Update

映画『スクールズ・アウト』感想と評価。キャストの演技力が結末の衝撃まで牽引する|SF恐怖映画という名の観覧車70

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile070

当コラムでは今週も引き続き「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」より、おススメの作品をピックアップして深堀していきます。

前回のコラムでは日本の特殊メイクの巨匠梅沢壮一が手掛けた、生きた粘土が人を襲う映画『血を吸う粘土 派生』(2019)が「和製ホラー」の新たな形を作り出していることについてご紹介させていただきました。

そして、今回ご紹介させていただくのは、静かな雰囲気と不気味な雰囲気が同居するフレンチムービー『スクールズ・アウト』(2019)。

サスペンス映画の秀作ともいえる本作の魅力をご紹介していこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スクールズ・アウト』の作品情報


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
L’heure de la Sortie

【監督】
セバスチャン・マルニエ

【キャスト】
ローラン・ラフィット、エマニュエル・ベルコ、グランジ、パスカル・グレゴリー、アデル・カスティヨン、ルアナ・バイラミ

映画『スクールズ・アウト』のあらすじ


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

国内屈指の成績を誇るサン・ジョセフ中学校の中でも、特に優秀な生徒を集めた3年1組を受け持つ教師が授業中に飛び降り自殺を図り、校内は騒然となります。

臨時教師として3年1組を担当することになったホフマンは、クラスの中でも不気味な思考を持つ6人の生徒の存在に気が付き…。

スポンサーリンク

描かれるのは「現代社会への絶望」


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

DCコミックスの人気ヴィランを主人公としたスピンオフ映画『ジョーカー』(2019)が10月4日より公開され、週末興行収入で1位を記録するなど大ヒットとなっています。

『ジョーカー』では病を抱えた1人の男が社会からの冷遇をきっかけに崩壊に向かっていく様子が描かれ「まるで現代社会のようだ」と話題となり、「社会への絶望」が生んだ悪の物語として考えるべきことが多い映画でした。

一方、パリで大規模なデモが発生するほどの深刻な経済悪化と貧富の格差が広がるフランスで製作された本作『スクールズ・アウト』では、「現代社会への絶望」がまるで違った形で表現されていました。

国内トップクラスの頭脳を持つ中学生が集まった3年1組の生徒は、他のクラスの生徒から嫉妬の対象として見られ激しい虐めを受けます。

さらに担当教師が自殺を図るなど、3年1組の周囲では騒動が次々と発生しますが、その全てに生徒たちは驚くほどに無関心であり、主人公のホフマンは彼らが何かを計画していることを確信します。

その計画の中身は実際に鑑賞し確かめて欲しいのですが、その動機は頭脳明晰な彼女たちが抱える「未来への絶望」を意味し、衝撃的な結末を迎えることになります。

“「現代社会」を生きる我々が変えていかなければならないこと”をもう一度考え直すきっかけとなると言える作品でした。

雰囲気を作り出した若手俳優陣の演技力


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

本作全体に漂う「不気味さ」は若手俳優陣の演技によるものが大きく、作品全体を強く牽引しています。

中でも不気味な6人組のリーダー格となる少女アポリーンを演じるルアナ・バイラミの「虚無」を具現化したような演技は怪演と言え、彼女たちが何を考え、何をしようとしているのか、と言う本作のサスペンス要素を強めています。

また主人公のホフマンを演じるローラン・ラフィットの演技も素晴らしく、「大人」としての強さと「大人」だからこその弱さを同居させながらも真実を追い、罰するためではなく止めるために動く熱血的な主人公を演じ抜き、感情移入をしやすい理想の主人公像を体現していました。

成長物としての魅力


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

本作は「不気味」や「現代社会への絶望」だけを描いた作品ではなく、新任教師ホフマンが加わることで「成長物」としての魅力も生まれています。

他の教師が生徒たちの問題行動を見て見ぬ振りをする中で、ホフマンだけがアポリーンを中心とした6人の生徒の計画を「善意」で止めようと行動。

人間らしい悩みや弱さを持ちながらもひたすらにまっすぐ子どもたちを未来に導こうとするホフマンによって、「不気味」なだけだった生徒たちに彼らなりの理由が分かり始め、物語にさらに引き込まれることになりました。

「大人たちから見た世界」と「子どもたちから見た世界」、そのどちらもが正解なわけではないと言うメッセージを感じることの出来る作品でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Avenue B Productions – 2L Productions

作中では思わず目を逸らしたくなるような過激なシーンがフラッシュバックのように多く映されます。

そのすべてが実際の映像を流用しており、アポリーンたちから見た「現代社会への絶望」を鑑賞者自身が追体験することになります。

「希望に満ちた未来」と胸を張って言うことの出来ない現代だからこそ、次世代の子供たちが何を考え生きているのかを描いた本作が重要となるのかもしれません。

フランス産の秀逸なサスペンスミステリー映画『スクールズ・アウト』は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」にて上映予定。

東京・名古屋・大阪の三都市で開催される「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」にぜひとも足を運んでみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile071も「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」の上映作品から1作を選びご紹介させていただきます。

10月16日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『ファーストラヴ』ネタバレ感想と結末ラスト解説。事件の相関図と真相に絡む“社会の闇”|映画という星空を知るひとよ50

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第50回 第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説『ファーストラヴ』が映画化。 主演は『スマホを落としただけなのに』の北川景子、共演に中村倫也、芳根京子、窪 …

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

連載コラム

屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)ネタバレありで映画と原作の違いを考察。明智ロスが最後まで残る|永遠の未完成これ完成である4

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第4回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介する作品は、2019年12月13日公開となった映画『屍人荘の殺 …

連載コラム

東京国際映画祭2019グランプリ受賞『わたしの叔父さん』あらすじと感想レビュー。監督フラレ・ピータゼンが伝えたかったメッセージとは|TIFF2019リポート12

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『わたしの叔父さん』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 コンペティション部門で東京グランプリを …

連載コラム

映画『空の瞳とカタツムリ』考察。村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』との比較から|映画道シカミミ見聞録33

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第33回 こんにちは、森田です。 今回は2月23日から池袋シネマ・ロサ他で公開となる映画『空の瞳とカタツムリ』を紹介いたします。 4人の男女をめぐる愛と喪失の物語。こ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学